河野真樹 さん プロフィール

  •  
河野真樹さん: 河野真樹の弁護士観察日記
ハンドル名河野真樹 さん
ブログタイトル河野真樹の弁護士観察日記
ブログURLhttp://kounomaki.blog84.fc2.com/
サイト紹介文専門紙記者・編集長として約30年活動してきた法曹界ウォッチャーがつづる弁護士の付き合い方、生態、裏話
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/01/03 10:37

河野真樹 さんのブログ記事

  • 「失われたもの」という視点
  •  司法改革に限らず、「改革」と名の付くものは、その「成果」とされるものだけで評価することはできません。何かを変えて、何を得たのか(「改革」の目論見通り、何を得ることに成功したのか)と同時に、それと引き換えに何を現実的に失ったのかの、比較考量がなければ、その評価がアンフェアなものになるは当然と言わなければなりません。 この場合、「改革」を推進しようとした側が、それにしがみつき、ことさらに「成果」を強調 [続きを読む]
  • 依頼者からの「自己防衛」
  •  依頼者の「質」というテーマが、弁護士の中で、かつてより語られるようになっています。とりわけ、これが弁護士側の、いわば「自己防衛」として語られ、それが強調されるようになったとことは、明らかに司法改革が生み出した新たな変化であり、「改革」の副作用といえます(「『厄介な方々』と向き合う弁護士」)。  最近も、まさに「自己防衛」のためととれる提案をしている弁護士ブログの記述がありました。タイトルは「受任に [続きを読む]
  • 弁護士資格への冷淡さをめぐる疑問と本音
  •  弁護士の間では、「改革」について発言する法科大学院関係者を中心とした擁護派の、弁護士資格に対する冷淡さへの疑問がずっと言われてきました。増員政策の結果として、就職難がいわれ始めれば、いわゆる「開拓論」に立って「需要掘り起こし」の弁護士側の努力不足をいい、増員によって低廉化や良質化が生まれるという立場からの発言が繰り出される。「どんどん増やしても誰も困らない」とか「弁護士が増えて、収入が減っても、 [続きを読む]
  • 司法試験合格率「主因説」が無視するもの
  •  司法試験に合格できないからなのか、それとも合格しても、その先の魅力がなくなっているからなのか――。「改革」がもたらしている、法曹志望者減という深刻な事態に対して、新法曹養成制度が奇妙な袋小路から抜け出せなくなっています。奇妙という言葉をあえて使ったのは、これほど弁護士の経済的価値の暴落が明らかで、後者の理由は動かし難いのに、あくまで前者を理由とする声が強く言われている、つまり、こうした捉え方では [続きを読む]
  • 弁護士「既得権益」批判の「効果」と結末
  •  弁護士に批判的に被せられてきた「既得権益」というテーマについて、弁護士会内の目線が、最近変わってきたような印象があります。既得権益といえば、一般的には中身としていろいろなものが被せられそうですが、こと弁護士については、特にその「数」の問題に結び付けられてきたという特徴があります。これまでも書いてきたように、弁護士の数が少ない状態が競争を阻害している、いわばその状態を、合格者を絞ることで、維持する [続きを読む]
  • 「事後救済型社会の到来」の正体
  •  「事後救済型社会の到来」とは何であったのか、という声が聞かれます。今回の司法改革のなかで盛んに言われた、規制緩和によって、自由な競争が促進されるなかで、経済的弱者の権利などをめぐる不公正な事態に、事後的に救済される必要が生じる社会がやってくるという描き方。いわゆる「大きな司法」論につながり、規制緩和論者が司法改革のなかで、まさに法曹人口増、とりわけ弁護士増員政策の必要性の論拠としたものです。 現 [続きを読む]
  • 新司法試験批判と法科大学院の認識の問題
  •  今回の司法改革の結果として、新司法試験がここまで目の敵にされることを想定していなかった、という法曹関係者は少なくありません。どういうことかといえば、新制度が司法試験合格者を出せないという結果を招いた場合に、合格レベルに達している卒業生を出せない法科大学院側ではなく、合格させない司法試験側に責任がある、と、ここまでいわれる形になるとは考えていなかった、ということです。 確かに「点から線へ」といわれ [続きを読む]
  • 「改革」のあいまいさと職業モデルの関係
  •  今回の司法改革が、弁護士の「ニーズ」と括られるものの、有償性と無償性を明確に区分してとらえなかったことは、これまでも書いてきたように、「改革」の結果に大きなツケとなって回ってきた、といえます。いうまでもなく、その最も明らかな結果は、あれほど「ある」「眠っている」あるいは「生まれる」とされたニーズも、少なくとも必要とされた大量の弁護士を経済的に支えるほど存在しなかったことです。 そして、市場原理を [続きを読む]
  • 弁護士の活動と経済的「支え」の行方
  •  この国で弁護士が「足りている」「足りていない」という議論は、ずっとぼやけた土俵のうえで、行われているような印象があります。ある分野の「足りない」という現状認識が正しいもので、だから「増やすべき」という要求が正当なものであったとしても、だから、この国の弁護士の総体を激増させるべき、という議論に果たしてなるのかという疑問が、ずっとあります。 「裾野論」といわれるような、全体を増やさなければ、局所に当 [続きを読む]
  • 「生業」と「ボランティア」というテーマ
  •  弁護士にとっての、「生業」と「ボランティア」とは、ある意味、今回の「改革」によって、彼らに突き付けられることになったテーマといえます。有り体にいえば、生活のための仕事と、それ以外の弁護士という仕事に求められることの線引きをことさらにしなくても済む経済的な環境が、かつてはあったということです。 「生業」以外でも、それが弁護士として求められている以上、仮に採算性を満たしていなくても、ましてやそれが弁 [続きを読む]
  • 「AI時代」脅威論と弁護士処遇への理解
  •  「食える弁護士」というタイトルの、2月27日付けの「週刊エコノミスト」の特集に注目された業界関係者は多いようですが、これが「AI時代の」という前置きが付くと、現段階で共通の関心事とはならない業界の現実はあるようです。媒体の性格から仕方がないことであり、予想もつくことではあるものの、企業法務を扱う大事務所の視点で、テクノロジーの活用と彼らの業務の未来にスポットを当てている企画ですから、そもそも多くの町 [続きを読む]
  • 「経済的基盤」を考慮しない「改革」の正体
  •  今回の司法改革が、弁護士の現実的な経済的基盤をいかに考慮しなかったか、そして、それはなぜだったのか――。弁護士の経済的価値の下落、新法曹養成制度と、同時に法曹界の未来をぐらつかせる、根源的な「改革」の失敗につながったはずのテーマが、「改革」の結果が出た現在においても、「改革」推進論のなかで顧みられることがない現実があります。 それは、有り体にいえば、もはや「冷淡」という言葉を当てはめたくなります [続きを読む]
  • 会長選最低投票率更新が示す日弁連の現実
  •  2月9日に行われた日弁連会長選挙の投票で、東京弁護士会所属の菊地裕太郎氏が、同会所属の武内更一氏を破り、次期会長に当選しました。同日現在の開票結果仮集計によれば、菊地氏の得票数は、武内氏に1万票以上差をつけた1万3005票で、過去最多での当選となりますが、会員数の増加で選挙人数そのものが増え、過去2回の選挙で当選者の得票は過去最多を更新しています。前回2016年選挙から選挙人数は約2400人増え、前回当選の中本 [続きを読む]
  • 資格価値の暴落と「改革」への認識
  •  司法試験出願者数の減少が止まりません。今年の出願者数(速報値) は5811人で、7年連続下降でここ3年は毎年約1000人ずつ減少し、実に7年間で半減という結果になっています。既にネット界隈の弁護士の間でも話題にはなっていますが(「Schulze BLOG」 「ちゃんおに」)、この異常事態の根本的原因が、弁護士という資格の経済的価値の暴落といっていい現実にある、ということは、もはやこの世界に限らず、多くの人が認識し始めている [続きを読む]
  • ぼやけた弁護士「足りない論」
  •  弁護士の増員必要論には、なぜかずっと、もやっとした不足論がつきまとってきたという印象があります。「就職ができないほど過剰ならば、なぜ増やすのか」と弁護士界外の人間から尋ねられる度に、本来、そのかっちりした解になるはずの「足りない論」の不透明感に改めて気付かされもしてきました。 例えば、当初、官側が強調し、弁護士会内でもいわれた、弁護士偏在解消のための増員必要論にしても、偏在の根本原因は地方の需要 [続きを読む]
  • 弁護士業の現実を伝えられない弁護士会
  •  司法改革の弁護士増員政策の結果が、一番はっきりさせたのは、社会が思っていた、あるいは思っているほど、弁護士という仕事の経済的基盤は、盤石でも安定したものでもなかった、ということではないでしょうか。全体的な経済的な沈下はもちろんのこと、高い会費の負担から弁護士会の強制加入制度に厳しい目を向け、会のあり方としてより会員利益の追求を期待し始めた会員の意識変化も、実はそこにたどりつく。むしろ、本来そうみ [続きを読む]
  • 「新弁護士会設立構想」ツイッターが意味するもの
  •  日弁連会長選挙の真っ只中、「新弁護士会設立構想」(@ShinBengoshikai) というツイッターが、にわかにネット界隈の弁護士界関係者のなかで話題になっています。「弁護士会が強制加入団体であることを自覚し、特定の思想に偏向しない、必要最小限の機能(ミニマム機能)を備えた、新しい弁護士会の設立を構想する」とうたい、現在の東京の三弁護士会に加えて4番目の単位会をつくることを目指す考えを示しています。 このツイッター [続きを読む]
  • 新法曹養成制度の実力という視点
  •  既に破綻した司法試験の年間合格者3000人という司法改革の目標を、当時の日弁連会長が「大丈夫」として受け入れたというエピソードがあります(「日弁連が『3000人』を受け入れた場面」)。ただ、この「大丈夫」というのは、あくまで10年で合格者を3倍にする急増政策について、既存のニーズによって増員弁護士が果たして経済的に支えられるのか、という問いに対するアンサーでした。 「改革」の結果として、ものの見事に外れるこ [続きを読む]
  • 「改革」で担った専門家たちの負の役割
  •  あけましておめでとうございます。 司法改革に限らず、「改革」と名のつくものが、社会とって罪深いものとなるときには、常に「幻想」がまき散らされているといえます。「改革」を提唱する側は、まさにそれを推進したいがために、時にメリットだけを切りぬいて誇張したり、「改革」後の明るい未来を提示したりします。 そして、このなかで最も罪深いといえるのは、それに加担する専門家たちの姿勢です。「改革」の幻想に対して [続きを読む]
  • 「改革」から離れる弁護士の意識
  •  残すところ任期約3ヵ月となった中本和洋・日弁連会長が、今月、弁護士ドットコムニュースのインタビューにこたえ、その中で法曹養成と弁護士の現状について、言及しています。このなかで彼は、法曹志望者の減少という事態が起きている理由について、「法科大学院の教育に時間と費用がかかること」が「指摘されている」ことと、「弁護士業界の競争激化で『試験に受かればなんとかなる』という状況ではなくなって」いる、という認 [続きを読む]
  • 困窮する若手弁護士への同業者目線の印象
  •  あるいは日弁連主導層の目にはとまらないのかもしれない(「弁護士『貧富』への認識というテーマ」)、若手弁護士の姿が報じられています(「新人弁護士『年収100万でファミレスバイト掛け持ち』貧困の実態」ダイヤモンド・オンライン12月21日付け)。 30代前半の「即独」で、スマホ一本で仕事をとり、喫茶店やファミレスで打ち合わせをする「スマ弁」。弁護士の年収は100万円を切り、それを上回るアルバイト収入年150万円で、高い [続きを読む]
  • 法科大学院修了生「モテモテ」記事の危うさ
  •  「法科大学院、企業にモテモテ 志願者・募集減の中なぜ?」というタイトルで、朝日新聞が法科大学院修了生をめぐる新たな動きとして、注目しています(11月28日付け大阪本社版夕刊、朝日デジタル12月16日付け)。大手企業が法科大学院修了生を対象とした法務部門の説明会を開くなど、採用に積極的な姿勢を示し出したととれる内容です。 正直、ここに出てくる企業はともかく、この動きがどのくらいの広がりを持っている話なのか、 [続きを読む]
  • 弁護士が転嫁できない「改革」の責任
  •  今回の司法改革は、市民が求めた「下からの改革」といえるものではありません。この事実は変わりません。弁護士の数が決定的に足りないから激増させよ、とか、現行の裁判が民意と乖離しているから、市民が直接参加しなければならない、という声の盛り上がりを背景として、起こったものではないのです。 こういう切り口の話になると、推進派は必ずといって、そうした「下からの」を待っていては、何も、そして、いつまでも変わら [続きを読む]
  • 弁護士「プロフェッション」の行方
  •  この社会で、弁護士がいかに専門的職能として、筋を通せる存在であり続けられるかは、私たちにとって極めて重要で現実的な問題だと思います。彼らの抱える経済的事情によって、あるいは「政治的」とする批判によって、彼らが本来、手を差し伸べられるものに手を差し伸べられなくなったり、沈黙をすることは、結果的に社会にとって望ましくない、この職能の形であり、そのツケは結局、国民に跳ね返ってくるのです。 「プロフェッ [続きを読む]
  • 弁護士の「生存」と「改革」の価値
  •  いうまでもないことかもしれませんが、「改革」の結果をもろにくらっている現在の弁護士たちが、いかに生存していくか、という問題と、これから弁護士がどうあるべきか、という問題は、残念ながら一致しない、必ずしも同じ解決策が導き出されるとはいえません。 例えば、業界として最も深刻に受けとめられるべき志望者減にしても、現在の経済状態でも、弁護士は生存できるということを既存の弁護士が証明すればよし、と考える人 [続きを読む]