河野真樹 さん プロフィール

  •  
河野真樹さん: 河野真樹の弁護士観察日記
ハンドル名河野真樹 さん
ブログタイトル河野真樹の弁護士観察日記
ブログURLhttp://kounomaki.blog84.fc2.com/
サイト紹介文専門紙記者・編集長として約30年活動してきた法曹界ウォッチャーがつづる弁護士の付き合い方、生態、裏話
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/01/03 10:37

河野真樹 さんのブログ記事

  • 資格の価値と「改革」の描き方
  •  資格の価値というと、この社会では、とかく取得する側のメリットばかりが注目されます。もちろん、取得の難易度、資格の経済的安定性に取得しようとする側が注目することは当然ですし、資格ビジネスの発想としても、そこが注目されるのは当然なのかもしれません。しかし、社会的な価値、存在意義として、より強調されなければいけないのは、いうまでもなく、利用者にとってのメリットです。 資格による一定の能力保証とその社会 [続きを読む]
  • 制度存続が自己目的化した「現実論」
  •  作ってしまった制度、実施してしまった政策を前提にするのが、現実論であるとする人たちがいます。しかし、それでも問われなければならないのは、その制度、政策の目的です。当初、それはどういう目的で作られ、また実施されたのか、そしてそれはどうなったのか。言うまでもなく、そこにこだわらなければ、その論調は自己目的化してしまう。制度や政策を維持するための、そこから逆算した「現実論」ということになってしまいます [続きを読む]
  • 対価性と需要をめぐる誤解と無理
  •  「サービスに対する適正な対価」という言葉が、かつてよりも弁護士の口から聞かれるようになりました。報酬に対する依頼者の不満に対して、弁護士がその「適正さ」を弁明する場面が、もちろんこれまでにもなかったわけではありませんが、最近、それとは明らかに違う文脈で登場しています。その違いとは、弁護士全体への処遇に対する危機感を背景に語られている点です。 「改革」の増員政策は、弁護士の競争による低廉化、つまり [続きを読む]
  • 「谷間世代」救済と志望者処遇の視点
  •  給費制の廃止から、新たな給付制の導入までの6年間に、無給での司法修習を余儀なくされた、いわゆる「谷間世代」(新65期〜70期、対象人員約1万1000人)への対応で、弁護士会内がずっとざわめいています。日弁連は5月の定期総会で、新たな給付制度について、最高裁判所、法務省等の関係諸機関と協力して支えるとともに、谷間世代について、経済的負担や不平等感によって法曹としての活動に支障が生ずることのないよう、引き続き国 [続きを読む]
  • 弁護士「需要」と処遇をめぐる疑問
  •  これまでも書いてきたことですが、弁護士増員政策の失敗は、ある意味需要論へのアプローチの当然の結果ではありました。「改革」論議の中で度々括られてきた弁護士の「需要はある」とヨミは、細かくその採算性を踏まえたもの、つまり有償性・無償性を区別したものではなく、まして増員弁護士を経済的に支え切れるのか、ということまで念頭に入れたものではなかった。要するに、それは、顕在化するだろう「需要」が、支えてくれる [続きを読む]
  • 弁護士「コミュ力」から見える不吉な未来
  •  最近、弁護士に求められるものとして、業界内でかつてよりも強調されるようになったものに、「コミュ力」(コミュニケーション能力)があります。こう書けば、いや、もともと弁護士は、依頼者とのコミュ力が求められる仕事だという人もいるでしょうし、当然、それを意識してきたという人もいるはずですが、最近のこうした傾向は、「改革」以前は求められなくてもなんとか成立してきたこの仕事が、増員政策によるビジネス化、いわば [続きを読む]
  • オウム死刑執行への抗議と日弁連の存在意義
  •  オウム真理教の教団元幹部らへの異例の大量死刑執行の報が流れた直後から、ネット空間を中心に弁護士の間では、あることが話題となり、ざわつきはじめました。「日弁連はどうするか」「日弁連はどうせやるんだろうな」と。日弁連会長が、この執行に対して抗議声明を出すということ。それを当然と受けとめられない、あるいはその影響を気にする声が溢れ始めたのです。 そんな異論、懸念をよそに、予想通り、菊地裕太郎会長は執行 [続きを読む]
  • 「改革」に被せられた経済界の思惑
  •  弁護士の経済的価値の下落による志望者減という、法曹養成の根幹を脅かすような負の影響をもたらしてしまったことが、もはや明らかになっている弁護士激増政策にあって、最も利を得たのは経済界ではないか、という指摘が、業界内には根強く存在します。端的にいえば、社会全体として、そのメリットをそれほど実感できないなかで、彼らは「改革」によって確実に弁護士について、より「使い勝手」が良い環境を手にしつつあるのでは [続きを読む]
  • 司法試験合格判定への不安の本質
  •  2015年6月の、政府の法曹養成制度改革推進会議の方針決定に従い、事実上の「最低死守ライン」となっている司法試験合格者「1500人」への懸念が、弁護士会から示されています。法曹志望者の急減に歯止めがかからないなか、このラインを死守するために、合格ラインが引き下げられると、合格者の質が担保されなくなる恐れがある、だから、この「死守ライン」を優先させず、厳正な合格判定をせよ――。こうした趣旨の会長声明が、昨 [続きを読む]
  • 増員政策に乗っかった法科大学院制度必要のロジック
  •  法曹人口大量増員の実現と、法科大学院制度の必要性を、「質の確保」ということでつなげる、司法改革のロジックがありました。要は、旧司法試験体制では、司法試験合格者を増やし、大量の法曹を輩出するうえで、質が維持できなくなる、だから、法科大学院のような、新たな養成機関が必要なのだ、というものです。 司法制度改革審議会の最終意見書は、「受験者の受験技術優先の傾向が顕著となってきたこと、大幅な合格者数増をそ [続きを読む]
  • 作られた「改革」イメージと救済対象
  •  1999年12月8日、司法制度改革審議会第8回会合で行われた、法曹三者に対するヒアリングのなかで、泉徳治・最高裁事務総長(当時)は、司法の現状に関わる次のような発言をしています。 「我が国の司法制度が以上のような課題を抱えていることにつきましては、ほぼ異論のないところかと思いますが、一部には更に進んで、我が国の司法は機能不全に陥っているのではないか、さらには、法的紛争の大きな部分が暴力団等の不健全な形態で [続きを読む]
  • 弁護士増員論のバイアス
  •  他の改革、変革でも同様ですが、司法改革においても、さまざまな「あるべき論」が語られてきました。改革にあって、理想やビジョンが語られるのは当然であり、必要なことですが、常に戒められるべきは、現状認識の在り様です。いうまでもなく、現実を正しく認識していなければ、ゴールにどうつなげるのか、という解が導き出せないからです。 結論から言ってしまうと、司法改革の法曹人口増員をめぐる現状認識には、二つのバイア [続きを読む]
  • 弁護士数と需要の非現実的な発想
  •  増やせば増える――。弁護士の数と需要をめぐり、こうしたことが「改革」推進派の中からいわれてきました。もともと「二割司法」などという言い方を含め、「改革」はすぐそこに眠る、潜在需要を連想させましたが、増員しても顕在化しないことが分かると、逆に前記論調は強まった。つまり、それは弁護士の努力不足(あるいは意識変革不足)と、その時点で増員をセーブしようとする弁護士らを批判するものとしてでした。 この話を講 [続きを読む]
  • 新法曹養成「時短化」をめぐる思惑と現実
  •  法科大学院制度を擁護する方々の論調のなかで、時々、時間的負担軽減の重視は、最短で法曹になるメリットを強調する、志望者への「誤ったメッセージ」になるという懸念論が異口同音に言われるのを目にしてきました。中教審の部会でも委員から、そんな意見が出されています。 しかし、こうした捉え方に接する度に、奇妙な気持ちになります。いうまでもなく、最短で法曹になる途を選択することは、ある意味、志望者としては当然の [続きを読む]
  • 大量懲戒請求が投げかけた課題
  •  弁護士の大量懲戒請求と、それに対する複数の弁護士による民事訴訟などの対抗措置が話題なっています。あくまで個人的な損害賠償という観点でみれば、精神的苦痛や弁護士会から課されることになる手続的な負担をどの程度のものと捉えるのかや、共同不法行為とみるのかといったことが論点にもなっています。また、今回の事態に注目しているメディアや、弁護士側の動きを支持している一般の論調のなかには、ネトウヨといわれる者た [続きを読む]
  • 弁護士過疎対策の本当の壁
  •  過疎地での弁護士確保が困難になっている現実をNHKがローカル番組で取り上げています(ホットニュース北海道「過疎地域 弁護士確保の課題」、5月11日放送)。番組は、北海道にしか流されませんでしたが、現在もネットで見ることができます(北海道 NEWS WEB)。 道内には12の日弁連設置の公設事務所があり、派遣期間2〜3年で、毎年過疎地勤務希望の弁護士が2、3人派遣されてきたが、このところ応募者が減少し、昨年度は1人だけ。 [続きを読む]
  • 伝えられない利益享受幻想と喪失
  •  「弁護士を競争させて何が悪い」と界外推進論者が強調していた激増政策は、「生き残りを優先して、利益を追求して何が悪い」と考える弁護士を、この国に増やす結果につながりました。競争・淘汰を求めた界外推進論者からすれば、こういう弁護士の意識変化は、ある意味、想定内でなければおかしいことになりますが、なぜ、彼らがそれを推奨したかにかかわる表向きの理由である、その社会が享受するはずの利の部分、つまり良質化や [続きを読む]
  • 法科大学院存続論が無視する事情
  •  最近、法科大学院出身の弁護士と見られる方のブログが、こんなタイトルの記事を掲載しました。「法科大学院は廃止したほうが良い・・・けど、」(「ka-fumの思考メモ」)。総体的にみて、自らの出身母体として、中には「改革」に対する恩恵的な受けとめ方によって、あまり「改革」について語りたがらない傾向にある法科大学院出身弁護士の意見として、注目したのですが、そこには少々意外なことが書かれていました。 詳しくはお読 [続きを読む]
  • 「失われたもの」という視点
  •  司法改革に限らず、「改革」と名の付くものは、その「成果」とされるものだけで評価することはできません。何かを変えて、何を得たのか(「改革」の目論見通り、何を得ることに成功したのか)と同時に、それと引き換えに何を現実的に失ったのかの、比較考量がなければ、その評価がアンフェアなものになるは当然と言わなければなりません。 この場合、「改革」を推進しようとした側が、それにしがみつき、ことさらに「成果」を強調 [続きを読む]
  • 依頼者からの「自己防衛」
  •  依頼者の「質」というテーマが、弁護士の中で、かつてより語られるようになっています。とりわけ、これが弁護士側の、いわば「自己防衛」として語られ、それが強調されるようになったとことは、明らかに司法改革が生み出した新たな変化であり、「改革」の副作用といえます(「『厄介な方々』と向き合う弁護士」)。  最近も、まさに「自己防衛」のためととれる提案をしている弁護士ブログの記述がありました。タイトルは「受任に [続きを読む]
  • 弁護士資格への冷淡さをめぐる疑問と本音
  •  弁護士の間では、「改革」について発言する法科大学院関係者を中心とした擁護派の、弁護士資格に対する冷淡さへの疑問がずっと言われてきました。増員政策の結果として、就職難がいわれ始めれば、いわゆる「開拓論」に立って「需要掘り起こし」の弁護士側の努力不足をいい、増員によって低廉化や良質化が生まれるという立場からの発言が繰り出される。「どんどん増やしても誰も困らない」とか「弁護士が増えて、収入が減っても、 [続きを読む]
  • 司法試験合格率「主因説」が無視するもの
  •  司法試験に合格できないからなのか、それとも合格しても、その先の魅力がなくなっているからなのか――。「改革」がもたらしている、法曹志望者減という深刻な事態に対して、新法曹養成制度が奇妙な袋小路から抜け出せなくなっています。奇妙という言葉をあえて使ったのは、これほど弁護士の経済的価値の暴落が明らかで、後者の理由は動かし難いのに、あくまで前者を理由とする声が強く言われている、つまり、こうした捉え方では [続きを読む]
  • 弁護士「既得権益」批判の「効果」と結末
  •  弁護士に批判的に被せられてきた「既得権益」というテーマについて、弁護士会内の目線が、最近変わってきたような印象があります。既得権益といえば、一般的には中身としていろいろなものが被せられそうですが、こと弁護士については、特にその「数」の問題に結び付けられてきたという特徴があります。これまでも書いてきたように、弁護士の数が少ない状態が競争を阻害している、いわばその状態を、合格者を絞ることで、維持する [続きを読む]
  • 「事後救済型社会の到来」の正体
  •  「事後救済型社会の到来」とは何であったのか、という声が聞かれます。今回の司法改革のなかで盛んに言われた、規制緩和によって、自由な競争が促進されるなかで、経済的弱者の権利などをめぐる不公正な事態に、事後的に救済される必要が生じる社会がやってくるという描き方。いわゆる「大きな司法」論につながり、規制緩和論者が司法改革のなかで、まさに法曹人口増、とりわけ弁護士増員政策の必要性の論拠としたものです。 現 [続きを読む]
  • 新司法試験批判と法科大学院の認識の問題
  •  今回の司法改革の結果として、新司法試験がここまで目の敵にされることを想定していなかった、という法曹関係者は少なくありません。どういうことかといえば、新制度が司法試験合格者を出せないという結果を招いた場合に、合格レベルに達している卒業生を出せない法科大学院側ではなく、合格させない司法試験側に責任がある、と、ここまでいわれる形になるとは考えていなかった、ということです。 確かに「点から線へ」といわれ [続きを読む]