jhm さん プロフィール

  •  
jhmさん: I shall be released
ハンドル名jhm さん
ブログタイトルI shall be released
ブログURLhttps://jhm1998.exblog.jp/
サイト紹介文函館のどこかを撮っています。たまに旅先の写真も撮ります。時々毒を吐きます。
自由文函館よ、世界に届け。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2011/01/04 10:29

jhm さんのブログ記事

  • 怪しい不動産こそ魅力がある
  • 今、テレビの報道番組で必ずと言ってもいいほど特集を組まれている、積水ハウスの五反田の物件が舞台となった詐欺事件について、たまには本職の立場から話してみようと思います。まず、皆さんは天下の積水があんなインチキな集団にいとも簡単に騙されるものなのかという疑問を持つと思いますが、それが可能性としてあるのが不動産の流通市場なのです。その理由が今回のタイトルである「怪しい不動産こそ魅力がある」故にあるからな [続きを読む]
  • 夜遊びのススメ
  • 以前も同じようなことを書いたかもしれませんが、ここ1年以上自ら進んで飲みに行くことがめっきり減りました。誰かと約束したからとか参加すべき飲み会があるからという以外にはほとんど飲みに行かなくなってしまったのです。気力体力の負のスパイラルとも言えるかもしれませんが、とにかく家に帰って休みたいという気持ちが強くしまっているのです。真直ぐ家に帰りおとなしくしているのは、一見とても真面目だと思われるかもしれ [続きを読む]
  • 苦しい時には楽しいことを考えよう
  • 誰にでも・・・恐らくどんなに環境的に恵まれていると思われている人にでも、必ず苦しい時がやって来る。どんな苦しさなのか、身体的なことなのか、経済的なことなのか、精神的なことなのか、社会的なことなのか、それは人によって違うでしょうし、時期によっても違うでしょうが、必ず来るという意味ではたぶん人々に平等に与えられていると私は考えています。そんなことはない、いつも自分は苦しいばかりで楽しいことなんてひとつ [続きを読む]
  • 函館山に抱かれて
  • それほど大きい山でもないけれど、近付くとなぜかホッとする、その山の麓で、函館山に抱かれて今日も寝ましょうおやすみなさいいつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つの お願いします。(笑) にほんブログ村 [続きを読む]
  • 戦争と性暴力(ノーベル平和賞発表を知って)
  • 昨日の報道で、今年のノーベル平和賞にコンゴ民主共和国のデニ・ムクウェゲ氏とイラクの少数派ヤジディ教徒ナディア・ムラド・バセ・タハさんに授与されることが決定されたことを知った。最初の感想は、少なくとも一部に候補として挙がっていた中国の習近平国家主席と北朝鮮の金正恩委員長のダブル受賞やトランプ大統領でなくてよかったというのが正直な気持ちだった。これらの者たちに賞を与えるのはあまりにも軽率であり、ノーベ [続きを読む]
  • 弁天町に忽然と現れた居酒屋
  • 先月のある日、私の記憶では、最初に認識したのは地震があった後だと思うが(実際の開店日は知りませんが)、こんなところに?という場所に居酒屋が突如として現れていた。それは幸坂下通りの浜側、ちょうど現在閉鎖されている布目の本工場の斜め向かい側の一軒家が、ある日突然居酒屋に変身していたのだった。普通新しいお店ができる時には、内装工事の大工さんなどが出入りをして何となく「あっ、何かできるんだな」という予備知 [続きを読む]
  • 私の席には電話がない
  • あまり仕事のことについて話をしない私ではありますが、まぁどうでもいい話なので少しだけお話ししますと、私のディスクには電話がありません。それは決して会社がケチっているわけではないのだろう(たぶんそうだろうと信じている)と思うのですが、今年社内の電話機の一斉リニューアルと同時に配線のリニューアルをした際、私の席には電話が無くなっていたのでした。私が推測する理由について話をするとかなり遡って話を始めなけ [続きを読む]
  • 女性は脚で語る
  • 彼女たちは何を語っているのでしょうか?いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つの お願いします。(笑) にほんブログ村 [続きを読む]
  • 台風・雷・地震・停電
  • 今月も最終日になりましたが、またやって来ますね。9月4日台風通過(函館)、9月5日夜雷があちこちに落ち、9月6日午前3時8分地震、その後まもなく停電。このブログを読んだ頃にはもう台風が過ぎているかもしれませんが、現在関東地方でも停電があちこち発生しています。北海道の場合、ブラックアウトの可能性もありますので。どうぞお気を付け下さい。私は恐怖を感じることのないよう、早く寝ます。朝起きてたら・・・・暴 [続きを読む]
  • Queenがやって来る
  • 1か月以上前からYOU TUBEで予告編が流れているQueenの伝記的映画「ボヘミアンラプソディ」が函館で11月9日から公開される。これには大きな期待を今から寄せている。なぜなら、Queenのファーストアルバムからすっとリアルタイムに彼らの音楽を聴くことができたのだが、実を言うと、彼らの音楽の変遷の理由について、その背景となるものがまるで知らなかったのである。だからこの機会に知りたいという強い期待をもっている。また [続きを読む]
  • 入舟漁港の夕景
  • このような色で空が染まり、対岸の山の稜線が霞んで見える幻想的な風景が見えるのは、年に1度か2度しかない。そして、それをくっきり浮き上がらせる構図を作れる場所は入舟漁港しかない。これは6年前に撮影したものだが、それ以降そのような空の色になることはあっても、たまたま仕事などで撮ることができなかった貴重な写真の内のひとつです。いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つの お願いします。( [続きを読む]
  • アメリカに対するつぶやき
  • 今、安倍首相はトランプ大統領とアメリカの貿易赤字に関しての話し合いをしている。もちろん皆さんご存知のように、アメリカの日本への輸出額に対して日本のアメリカへの輸出額の方が多いから、アメリカにとっての貿易赤字が発生するわけですが、私は、これは外交問題だとは思っていない。ただ単純にアメリカ製品に魅力を感じないから買いたいと思わないだけだ。外交問題にするよりも、もっと世界を魅了するものをつくれるかどうか [続きを読む]
  • 還暦を迎えました
  • 昨日、無事に還暦を迎えることができました。よく言われていることですが、誕生日がきたからと言っても、突然何かが大きく変わるということでもなく、日常生活上は何の変化はないわけなのですが(お祝いのメッセージやプレゼントは別ですが)、ただ区切りとして、よく60年間も入院もせず、体にメスを入れることもなく、生きて来れたことを幸福であったと改めて思うばかりです。臆病な私は、体にメスを入れるのはとても怖く、出来る [続きを読む]
  • 私が西部地区にこだわる理由
  • このブログをご覧になっている方は、私が函館の西部地区にこだわっていることに気が付かれていることでしょう。それは全くその通りで、もしそのこだわりが無かったら私はとっくの昔にブログ記事を書かなくなっていたことでしょう。それはなぜなのか、正直言って自分でも明確には自覚していません。ただ、何かを発信し続けなければという思いだけなのです。そのこだわりの理由を一言で明快に伝えることができたのなら、それでこのブ [続きを読む]
  • 歩き、そして眠る
  • この歳になって気付いたことがある。それは、午後6時台に食事をすることがとても健康的であること。そして、たっぷり睡眠時間をとること。そして歩くこと。そういうことをしていた時代に戻りたいという、わがままな還暦間近の男のないものねだりであります。いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つの お願いします。(笑) にほんブログ村 [続きを読む]
  • 世界の中の函館、函館から見る世界
  • 私が函館に戻った頃に比べて、外国人の居住者あるいは留学者は確実に増えているような気がする。それは日本全体のことであるし(東京はまるで多国籍都市のような気がする、笑)、今更驚くようなことではないのですが、それに伴って深くではなくても何かしら外国人の方々と接触する機会も増えてまいりました。特別な意味のあることも、相手に印象深く記憶に刻まれるようなこともたぶんしていないと思いますが、少なくとも、その国の [続きを読む]
  • 私は今までずっと海を見ていた
  • 今クラウドファンディングで募集する写真集のために過去6年以上の写真のピックアップをしている。とりあえず、これも候補になるのではと仕分けただけで既に400枚に達した。写真集はこれの10分の1程度に絞り込んで作らなければならない。そういう作業をしていたら、私はけっこう海のそばにいることが多かったのだな、とわかった。苫小牧に住んでいた時は、すぐ近くに海があるのに、それほど海辺には行かなかった。どちらかというと [続きを読む]
  • 地震・停電の函館で思ったこと
  • ご周知の通り、9月6日午前3時8分けたたましいスマホの音で目覚めた。地震発生を知らせるアラートだった。しかし、それと同時に地震は起きた。久し振りに体験する大きな揺れだったが、揺れている時間が短かったために強い恐怖心は持たなかった。その後の情報収集で函館は震度5弱であったことがわかり、自分が体感した感じとだいたい一致していた。1968年の十勝沖地震で当時の震度で5、1993年の北海道南西沖地震での震度4の方が [続きを読む]
  • 震災後の入舟町から
  • 今回の地震・停電からもう少しで3日間が経とうとしています。いや、まだ3日しか経っていません。まして函館は家屋が倒壊するなどの被害もなかったのに、私個人はとても疲弊しています。それは色々なストレスなのですが、まぁ、それくらいであればまだましな方かなと自分に言い聞かせております。ストレスは私だけではなくたくさんの方がお持ちでしょう。それでも、死者が出た厚真地方の方々、台風21号で壊滅的な被害を受けた大阪 [続きを読む]
  • 心を空にしたいときは空を見よ
  • 私は以前から、仕事に行き詰った時や、色々なことが頭の中に混在していて整理ができない時は空を見ることにしている。見る時は何も考えないように、ただただボーと眺めている。そこにあるのは、自分ではコントロールのできない空という地球上の自然システムだ。たまたま青空の時もあれば、雲が急激に移動していることもある。それは自分が何を考えようが、しかめつらをしようが、笑顔を見せようが変わらないことだ。自分の力が全く [続きを読む]
  • ある蕎麦屋の値上げ
  • 私は昼食で何軒かの蕎麦屋さんの中から時々選んで行くことがある。どこに行くかはその時いる場所や気分で決めるため、たまたま行かないお店は1か月以上行かないこともある。その中で、先日久し振りにある蕎麦店に行った。店内はいつもと変わらぬ様子で、私もいつものように席に座り、予め食べようと思っていたものを注文しようとして、念のためにメニューを見たら・・・・・、あれっ、値上がりしている・・・・・それも120円も・ [続きを読む]
  • アルコール62%のバーボンと厚岸ニューボーン
  • 先日、久し振りに杉の子に行ってまいりました。杉の子は行く度に、(もちろん)自分の知らないお酒が入荷してあります。ですから毎回棚に置いてあるボトルをひと通り目を巡らせるのが習慣となっているのですが、今回は珍しいことに最初はビールから始めたのですが、少し飲んでいくうちにどうしても気になるボトルがありました。一度気になったらどうしても飲んでみたくなるのが性というものでありまして、ビールがなくなりそうにな [続きを読む]
  • 名作とはどんなものだろうか?
  • 時々思うことがある。美術品などの名作を見て、どれほど自分が感銘を受けるか、それは世間の評価とは別の所にある場合がけっこうあるのです。例えば、私はゴッホを何度見ても素晴らしいと手放しで絶賛できない                   モネもそれほど感動しない。いわゆるその画家の真似が多いものは、本家本元を見てもそれほど感銘を受けなくなってしまっているのです。これらは4月に行った西洋美術館所蔵のものだ [続きを読む]