カシアス耕作 さん プロフィール

  •  
カシアス耕作さん: 〜耕作の、ポップンロールパラダイス〜
ハンドル名カシアス耕作 さん
ブログタイトル〜耕作の、ポップンロールパラダイス〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/pp6t60s/
サイト紹介文替え歌や趣味の創作活動を主にした雑文日誌です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2011/01/08 10:19

カシアス耕作 さんのブログ記事

  • 過ぎ去りし日々(カルロスゴーンに捧ぐ)
  • (ライチャスブラザーズの替え歌です。『Gone=消え去る』が今の彼の立ち位置と似ている妙を感じ、作詞いたしました) 夢をくれた どんな奴より貴方がいて 僕らがいるなんて そんな信頼より(Baby) Oh Baby 大事な物? 全ては夢で終わった 貴方は驚異だったそして貴方の名前は ゴーン ゴーン ゴーン ウォウ ウォウ アー 誰かが貴方の次を継ぐ貴方の影 どこかで追いながらどんな言い訳より (Baby) 醜い 物もあるの [続きを読む]
  • 音楽も映画も人生は文句を言うより楽しんだ物勝ち by耕作
  • クイーンの映画一緒に行った母は泣いたとか。 『青春時代に聴いてた音楽だからかかった曲全部知ってたし〜』と言ってたし、我が家にも当時のクイーンの曲が入ったカセットテープが何十年の時を超えて保存してある。 良いカセットテープを使ってたんだなぁ、とか両親世代の物に対する愛着こだわりには驚かされます。食べるもの着るもの。飢えていた時代だからこそ貪欲に良い物にこだわる。僕らの世代も少し見習った方が良い。 こ [続きを読む]
  • インタビューコーナー『この人に聴きたい ヤカラエイサク』
  • (ロッキングオンの『音楽文』コーナーで採用されました。申し訳程度に読んで頂ければ幸いです) 児玉:時刻は6時半を回りました。『おのころタイムズ この人に聴きたい』今日はゲストに大スターの族永作さんをお招き致しました。 耕作:オーケーサンキュー、オレヤカラ、ヨロシク 児玉:有り難うございます。早速ですが、族さん今回新曲に込めた思いについて、少しお話しして頂きたいんですけれども 耕作:オーケーサンキ [続きを読む]
  • 夜の散歩道(詩?耕作)
  • 町の灯りが 優しい夜は心の秘密 そっと、語ろう 強い陽射しの棘から逃げて心に閉まった 四角い思い 夜の静寂の 後押し受けて僕の言葉は丸みを帯びて 貴方に今夜、小さな声で心の秘密 そっと、語ろう (間奏) 夜の静寂の 後押し受けて僕の言葉は丸みを帯びて 貴方に今夜、小さな声で心の秘密 そっと、語ろう 野田秀樹bot@bot_nodahideki きれいごとですませたり、わかったふりをしたりしているだけでは駄目だと思います [続きを読む]
  • 気品=『余裕』から生まれる
  • 今日ちょっと蜜柑の話になって僕が好きなのは皮が厚くてふっくらした奴。アレが一見無駄な様で馴染み深い味なので好き。と言う話になって。 『味に余裕がある』 『芸術とは余裕から生まれる』とトントン拍子で話が膨らみ『時間が無い。時間が無い。それは時間を作る努力をしないから』と何故か芸術論から人生論に話が着地してしまいました。 太宰治だってやっぱり金持ちの家系に生まれて、そこにコンプレックスがあったことが変 [続きを読む]
  • 愛し愛されて生きるのか?
  • 昔『いつだっておかしい程誰かが誰か愛し愛されて生きるのさ』と言う歌詞を聴いて元々ネガティブ志向の私はそこに違和感を感じていた。 唄のワンフレーズに引っかかると言うか『どうも、そうは思えんけど』と思ってしまうことが良くある。 フリッパーズギターが好きで、小山田君が今やってる音楽も小山田君のキャリアの中で今一番良いと思うくらい熱もあるんだけど、小沢君に関してはなんかチャラい軟派な雰囲気とか。 爆笑の太 [続きを読む]
  • 自宅電話の逆襲の巻
  • A:ペンは携帯よりも強く、自宅電話は携帯よりも強し!! B:なんや、いきなり下手なジャパネットみたいな広告持ってきて。今日はジャパネット高田ちゃう。ジャパネット耕作かいな? A:エエ大人が互いに顔もみんとピコピコピコピコ…お前らに食わすタンメンはねえ!!B:いきなり一時期色々問題のあった芸人の古いネタ持ってきおって。人に物売る態度ちゃうからな!要らんわ、要らんわ、そんな奴のタンメンなんか!! A:そん [続きを読む]
  • 勤労感謝の日に優しさ、労いについて思う
  • そうだ、今日の『耕作のお話、出てこい』は何を話そうか?毎回茶飲み話を楽しくするのがこのブログのコンセプト。 で、したい話があった。ちょっとだけ。『筋肉裏切らない』って、アレ元は関根勤さんが言ってたネタなんですよ。 だからと言って僕は※ 武田さんを責めてる訳ではないんですけどね。そう言うのは芸能界では多々ある話なんです。 長井秀和の『間違いない』が元は劇団ひとりのネタだったとか、サザンのデビュー曲 [続きを読む]
  • 『ひんしゅく昔話』
  • ニッサンの社長が逮捕されたか。 そう言えば名前は知れた人の割にメディアへの露出はそれ程多くなかったような印象。改めて顔を見るとMr.ビーンに良く似てるな?とか『やっちゃえニッサン』が『やっちゃったニッサン』になっちゃったな、とかツッコミどころ満載。 片言で日本語を喋る99年の映像を観てそういや、タモリが片言で日本語を喋る牧師の真似をクリスマスの『いいとも』でやってたけどアレもよく考えりゃこの人辺りが [続きを読む]
  • Nobody Is Perfect But Nobody Is Fool
  • 僕が幼い頃 学校の先生はこう言った『人間は完璧じゃない でも、だからこそ完璧を目指さなければいけないのではないだろうか?』と。 (No Body Is Perfect But Nobody Is Fool) 理解できない 言動に 怒り震えるアイ、スミマセン 勉強不足でした 思いがけない 優しさに 少し照れるアイ、スミマセン 勉強不足でした (No Body Is Perfect But Nobody Is Fool) 熱くなって 冷めて 冷や汗かいて誉められて けなされて  [続きを読む]
  • これからの人生/限りある時間
  • 色々風邪引いた理由について考えると仕事始めでエネルギー沢山使うし、その使い果たしたエネルギーがウイルス抵抗に回りきれなかったというかね。 とにかく、もう10代の頃のようにどんなにエネルギー使っても元気!ってことはもう無いよ!大人になるにつれて只の風邪が深刻な事態になる。免疫も抵抗力も衰えていくんだから! そうすると仕事以外では余計なエネルギーを使わないって事が肝心になってくるんだけど、その余計なエ [続きを読む]
  • 私の作品制作の秘訣『フォーマット選び』の話
  • 職場を紹介して下さった事業所の方から『病気川柳』の様なサイトの紹介があり、まぁ、今のところ無いかな?と。 つまり『病気』と言うテーマで作品を作ったことは今まで無かった。 僕の場合先ず着想が先にあり、その着想の種類によって作品のフォーマットを決める。 ちょっとくだけた感じのコラムは『ブログ』で。ちょっと硬めのコラムは『新聞』に。 楽しい駄洒落が浮かんだら『替え歌』『小咄』『漫才』に、と言う様に。 替 [続きを読む]
  • 近況報告
  • 便りのないのは良い便りと言うけど、今回そうでも無かったと言うか。 結局前回の風邪が未だウイルスが死んでなくて、風邪声で仕事を終えて、今日に関しては上からの指示が殆ど無くても自分で動ける様になって来たし『スッカリ慣れたわねえ』なんて言って下さる方もいて、毎日誰とでも笑顔で挨拶なんて言う訳でもなくて、サーヴィス業で皆外で笑顔を振りまくのに疲れてる。 バックヤードではそれをお互いに強要しない様にそれは [続きを読む]
  • ジョーに教えられたこと
  • 以前『たいむとんねる』で、千原Jr.が石橋と『あしたのジョー』を語るという企画を見て。 元々Jr.の芸風に注目して本も読んで彼がジョーの大ファンだと言うことも知っていたので、注目して観ていたのですが。 石橋の普段の芸風とジョーの持ってるメランコリズムみたいな物がどうも自分の中で噛み合わなくて、ところどころ芸人の端くれとして面白い視点だと思うところはあったんだけど。 梶原一騎が小池一夫と漫画家のパーティ [続きを読む]
  • 大昔ホラ話『軟便出太郎』
  • 大昔、あるところに酷い便秘に悩まされている男がおりました。便秘というと現代病と思われがちで、当時の病と言えば恋煩いか不治の病かと思われがちですが、とにかくこの男は当時では珍しい酷い便秘に悩まされておりました。 男はこの便秘がどうすれば治るかとお医者に相談に行くと『人参とブロッコリーとサラダを食べると良いよ』と言われたので人参とブロッコリーとサラダを食べました。ところが軟便は出ませんでした。 お [続きを読む]
  • 『贅沢は良い』『浪費は良くない』
  • 『貧乏』と言われる程段ボール生活した訳でもない私だが決して裕福な家庭に育った訳でもない。 そんな私が今迄生きて来て断言出来ることは『贅沢は良い』けれど『浪費は良くない』だった。 ブライアンウイルソンと言う人物について、長い間ビーチボーイズの、否、彼の音楽のファンを通してきた身として彼の人物像そのものについてあまり考えることはもしかしてあまり多く無いのかもしれない。 『ビーチボーイズにスターはい [続きを読む]
  • 私のアメブロ歴とマイコレクションの話
  • とにかく、良いことばっかりではなかった。又、かと言って悪いことばっかりでもなかったから今日までブログを続けて来た。 色々、絡まれたりもした。最初の頃から文才を買ってくれた方もいたが、正直自分でも良く分からない。 才能なんててっぺんの一部の人だけがあれば良いんで、誰だって進みたい方向に向けて努力すればそれ也の成果は出るんじゃない? グルっぽが3月で廃止になると言う報告が届いたので、アメブロ歴を振 [続きを読む]
  • 『美しい嘘』
  • 『大体ハロウィーンなんてやったらクリスマスの有り難みが減ってしまうだろう』実(みのる)は馬鹿騒ぎする若者たちを観て近年まれに見る程猛烈に気分が悪くなった。 否、馬鹿騒ぎしているのは若者ばかりではない。良い大人やおじさんオバさんも狂喜乱舞。 この事態はどうしたことだ。昔は間違ったことをやる若者を観たら『最近の若者はなっとらん』とか、世を嘆いたり、たしなめる大人がいた物だ。 そうか、あの時の若者が今、 [続きを読む]
  • 地球防衛軍『球歌斉唱』
  • 青く光る 我等が地球母なる海に 珊瑚礁 この世に生きる喜び 現す物はイルカの ジャンプさ それ、ワントゥスリー 夏の潮風 冬の木枯らし耐えて生きろよ 花草木 鳥や虫達が唄うのは 風が運んだメッセージ耳を澄ませば そう、You And Me〜♪ (台詞:虹の魔法 オーロラの奇跡 大地の歴史には、見えない恐竜の足跡現れては消えていく 幾つもの かけがえの無い 命たち) アンモナイトに バクテリアオゾンが防いだ 紫 [続きを読む]
  • 自作『キミガボク』について
  • 寒くなってきましたね。 私は仕事の疲れから来る身体の歪みで身体の節々が痛く、何とかバランスをとりながら生活しております。仕事の環境上、生活が近視眼的になっているのが気になります。 冬ソングに川本真琴さんの『微熱』と言う唄があって、今はこう言う歌が又聴きたい気分。 『gobbledygook』好きでした。『Octpus Theater』も名曲だったなぁ。 今回制作した作品はどう紹介したら良いのか分からないけど、要は児童文学 [続きを読む]
  • 『キミガボク』
  • ケイスケ君は、この学校で一番の人気者です。そして、ケイスケ君はボクです。このことを説明するのに、ケイスケ君が学校で一番の人気者だったと言うことと、それをリスペクトするボクの名前もケイスケだったと言うだけでは不十分かつ、不明瞭です。 ボクが小学六年生の頃、ボクはそれまでの周囲と波長を合わせることが出来ず、合わせようとしてもギコちなさばかりが目立つ性格から、益々校内で孤立を深めていきました。 ケイス [続きを読む]
  • La Vie En Rose
  • 最近、スーパーの仕事初めて体質が以前と変わったと言うか。前は密閉された空間でガヤガヤ人が集まるって言うのが耐えられなかったんだよね。 アウトドアを志向していたので。ところがこの世界の門を叩いて、今は逆に外の開放的な世界が疲れる様になった。もう、職業病かよって感じもするけど、工場労働の方が得意って言う人の気持ちが少し理解出来る様になった。密閉されてると集中出来るんだよね。 ビーチボーイズで言うとブ [続きを読む]
  • 家に帰れば (『Get Back』替え歌)
  • 仕事始めは みんなに挨拶 印象を良くしろ徐々にスピード 上げていこうな 仕事終われば 帰宅 帰宅 帰宅して 良く寝ろ帰宅 帰宅 帰宅して 良く寝ろ (ええ、まあ、上々 さあ、行こう) 帰宅 帰宅 帰宅して 良く寝ろ帰宅 帰宅 帰宅して 良く寝ろ (リラックスしよう) 手洗い うがい お風呂でゴシゴシ 仕上げはどうしよう湯冷めは禁物 夕食まで 先ず一眠り 帰宅 帰宅 帰宅して 良く寝ろ帰宅 帰宅 帰宅 [続きを読む]