八朔 さん プロフィール

  •  
八朔さん: ワシも食いたい! 八朔のラーメン愛を探して
ハンドル名八朔 さん
ブログタイトルワシも食いたい! 八朔のラーメン愛を探して
ブログURLhttp://hassakuman.blog103.fc2.com/
サイト紹介文京都発、八朔が「明日なき暴食」を理念に関西を中心にラーメンを食べ歩きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供257回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2011/01/08 17:41

八朔 さんのブログ記事

  • 煮干しらーめん 老翁亭 / 醤油ラーメン @愛知県半田市成岩
  • ずっと気になっていたお店にようやく、半田の新星「煮干しらーめん 老翁亭」さん。看板にもあるように煮干しをメインにしたお店、さらにあの名店からアナウンスがあれば事情がわかっていなくてもドキュン、いや、バビュ〜ンです。カウンターのみ、前金制、接客にホニャララという噂を耳にしましたが、特に気になった点はなく、逆にワタシ好かれてるかも〜と思えたり・・・というかアザッすです。「醤油ラーメン(750円)」ヴィジュア [続きを読む]
  • 博多ラーメン 大晏 / 特製らーめん @三重県松阪市
  • 42号線沿いにある博多豚骨のお店、「博多ラーメン 大晏」さん。個人的な思い込みながら博多豚骨のお店にはメニュー1本でカモンな印象を受けるのですが、こちらでは台湾まぜそばやつけ麺も提供されていたりでマルチ。駐車場に出入りする車も次から次で正に土曜日のディスコティックです。「特製らーめん(950円)」豚の角煮、味玉、海苔がトッピングされた特製。マイルドな口当たりの中、凝縮された豚骨の旨味がバンバンに感じられる [続きを読む]
  • Clutch Hitter / 黒毛和牛すじ肉入り カレーつけ麺 @兵庫県伊丹市
  • ふらっと赴けば大概面白うそうな限定が提供されており、ついふらふらっと引き寄せられてしまいます、「Clutch Hitter」さん。こちら五月末頃にいただいた一杯。丁度、蒸し暑さも増し、脳も舌もシャキッとカラッとしたものが食べたいなと感じ始めていた頃です、たぶん。「黒毛和牛すじ肉入り カレーつけ麺(900円)」 ※夜のみ 期間限定動物系を軸に口当たりの良さを伝えるライトなつけ汁。スパイシー感程々で、スープカレーのように [続きを読む]
  • つけ麺本舗 ぐうりんだい / 野菜つけ麺 @京都府福知山市福知山駅前
  • 夜の福知山。選択肢があるようでないようで、ないようであるようで。この日は駅前に突撃、派手なお店「つけ麺本舗 ぐうりんだい」さん。福知山でつけ麺といえば、ここっしょー、ここっしょー、ここっしょー。スミマセン、3回言ってしまいました。いつも一言多いと言われます。「野菜つけ麺(790円)」つけ汁に盛られた野菜がたっぷり。除けるか食うかしないと麺が浸けられません。わかりやすい濃厚という印象を受けた以前とは異なり [続きを読む]
  • 中華そば専門店 珍龍 / 中華そば @京都市西京区桂
  • 雰囲気のある一杯です、「中華そば専門店 珍龍」さん。桂高校のある通りで、かつてあった「らーめん離宮」を少し東へ行ったあたりです。扉に銀閣寺。以前はそちらでお店を営まれていたと、どこかで教えていただきましたが、どこだったのか。「中華そば 並(700円)」獣感控えめの鶏がらベースに背脂チャッチャ。よくあるタイプながら、香り立つ醤油と唐辛子の風味が個性的です。その香ばしさが全体を引き締める様はあるようでないよ [続きを読む]
  • 麺切り 白流 / 特製中華そば @岐阜県瑞穂市
  • 2018年5月オープンの「麺切り 白流」さん。かつて私がオカマを掘った岐阜県瑞穂市です。スミマセン、のっけからいらんこと言ってしまいました。オープン当初、関西から訪れられた方も多かったようで、タイムラインではこのお店の画像が次々と表示されたものです。田園風景をアライグマママママママ〜しながら到着すれば「売切れ」のマントヒヒ。まったく事情を把握できていない私に「あります」の声。どうやら看板メニューの焼干し [続きを読む]
  • ラーメン モリン / 醤油ラーメン @滋賀県大津市島ノ関
  • 2016年12月にリボーンして1年8ヶ月、当時、生まれた子供なら1才8ヶ月になっていることでしょうが、このラーメンの成長スピードは尋常じゃないぐらいで、大きくなったね・・・というより大人。もちろん落ち着いたわけではなくデカイ、とにかくスケールが大きい、そして深いです。カウンターの右端、もちろん写りは暗め、それでも寸胴から溢れる骨と、Tシャツ張り裂けんばかりの店主さんの上腕二頭筋、ちょっとお茶目な寝癖を眺めな [続きを読む]
  • 青波 / 慕情 塩 @大阪市東淀川区上新庄
  • 名店が居並ぶ上新庄で気になっていたお店がこちら、「青波」さん。シュッとした外観同様に上品で洗練されたラーメンは、和食からラーメンの世界へ身を投じた店主さんのセンスが全面に感じ取れるもので、唯一無二とつい四文字熟語を使ってしまいたくなります。「慕情 塩(750円)」+味玉(100円)上品に香る鯛と、その鯛を暴走させぬように支えるふくよかな鶏がオイルも含めて綺麗に整ったスープ。鯛の癖を抑え、まろやかに仕上げる塩 [続きを読む]
  • 月光ラーメン / チャーシューメン @京都市山科区北花山
  • えーわー。幼少時から慣れ親しんだ土地で食べるラーメンは格別です。しかも古き良き時代のスタイルを踏襲したかのような獣系ガツンで来られると、昭和人にしてみれば話は尽きぬ、これぞ「オレら」のラーメンなのです、「月光ラーメン」さん。「チャーシューメン(850円)」ニューウェーヴとは一線を画す動物系の出汁感にワォ〜です。タレもバチッと強めに合わされており、わかりやすいTHEラーメン。濃度でも粘度でもなく、バランスで [続きを読む]
  • 武者麺 根来インター店 / 鶏鯛 塩らーめん @和歌山県岩出市根来
  • ありがとう京奈和道なぐらいに近くなった和歌山。道の駅「ねごろ歴史の丘」は新しく清潔感に溢れ、車中泊している人も少なく、いびきゴーゴーも気にせんでええぐらい快適です。星もキレイ、たぶん。ここで待機してめっけもん広場朝一突撃もいいんですが、忘れちゃいけない腹ごしらえ。最寄りは「武者麺 根来インター店」さんです。「鶏鯛 塩らーめん(700円)」こちらの店舗のコンセプトは豚×鶏×鯛。大地と大空と広い海でチー様とT [続きを読む]
  • らーめん 麺虎 / 麺虎ラーメン @大阪府泉南郡熊取町
  • 初訪と思いきや、なんとなく店名に憶えがあって調べてみたら移転前に訪れていました「らーめん 麺虎」さん。ごっつい店構えであった前店舗と比べれば今回はシンプルな外観です。移転して2年経ちますが清潔感溢れる店内、木のカウンターとテーブル、券売機。公式サイトが詳しすぎ〜るのでそちらをどぞ、ほな、さいなら・・・でもいいような気がしますが駄文は続きます。「麺虎ラーメン(700円)」店名を冠した一杯。泡立てられクリー [続きを読む]
  • 麺屋 いち源 / こく旨スペシャル @滋賀県草津市南草津
  • 夜のミナクサ。アンテナを張り巡らし、ビビッとくる店はないかと。界隈では未訪店が多く、今年こそいろいろ行ってみたいなと思いながらも、お店も都合がおいらも都合が、でも「九州雄」くんは行きましたよ、と。そして危ない言葉を呑み込んで「麺屋 いち源」さん。ごっつぅ学生さんで賑わっているお店です。「こく旨スペシャル(750円)」デフォとスペシャルの違いは何なのかな?テロッとした濃厚な豚骨は胃にのしかかることのない食 [続きを読む]
  • 麺屋 あまのじゃく 京田辺店 / あっさり塩 @京都府京田辺市
  • 学生で賑やかな京田辺。駅前は若さでキラキラしており、たぶん3分の2も過ぎた私などは愁いに美を求めますけど何か?視力低下で夜空の星までブレて見えるものの、手のなる方へ、香り漂う方へで、「麺屋 あまのじゃく 京田辺店」さん、5年ぶりの再訪です。22時過ぎて店内はほぼ満席。店員さんも厨房とホールを往来オーライ。最年長は私。ぼっちも私だけでした。「あっさり塩(780円)」豚骨の印象が強いお店ですが、あっさりでは鶏と魚 [続きを読む]
  • 麺屋 和 / しょうゆ麺 @岐阜県可児市
  • 2年ほど前に訪れた際にフラれ、今回19時前着で半シャッター。早じまいかよ〜と傷心モードで別の店を検索していたらガララッとオープン。営業時間が変更されたのかアバウトなのかわかりませんが、ようやく「麺屋 和」さんに初訪問となりました。カウンターとテーブルの落ち着いた空間に寡黙な店主さん。職人の店って雰囲気を感じます。「しょうゆ麺(800円)」ふんわりと漂う煮干しを軸にした魚介と堅実に支える鶏。そのバランスの良 [続きを読む]
  • ラーメンたんろん / 肉だくまぜそば @兵庫県西宮市
  • 間もなく10周年を迎えられる「ラーメンたんろん」さん。私が初めて訪れたのが2010年、既に「たんろんの油そばウメ〜ぞ〜」の荒い鼻息は限りなく滋賀に近い京都山科でもガンガンと伝わっておりました。その魅力に取り憑かれてからは他店の油そばまで食べ歩く始末。ハマったというかハメられたというか犯された気分でしたが、こんなに気持ち良かったことはありません。少し前のことですが、ふらっと赴けば限定まぜそば。23時過ぎての [続きを読む]
  • らー麺 鉄山靠 近江八幡店 / 濃厚とんこつ 塩 @滋賀県近江八幡市
  • フロントガラス越しに黄色い看板を見つけ、こんなところにラーメン屋あったんや〜と、まさかそこが目的の店だとは思えず通り過ぎた初訪時。本店同様に22時までと思い込んで閉店後に到着した再訪時。チョンボを続けてハコテン気分ながら、それでも諦めない「ワシも食いたい!」根性は我ながら流石です。2018年1月にオープンした「らー麺 鉄山靠 近江八幡店」さん。日牟禮ヴィレッジで漬物とバームクーヘン購入後、寄って帰るお店が [続きを読む]
  • 一乗寺ブギー / 広島汁なし担々麺 @京都市左京区一乗寺
  • 広島では専門店まで存在するという汁なし担々麺。関西でも数々の名作をいただいてきましたが、「一乗寺ブギー」 さんのそれはメニュー名に「広島」と冠した気になるヤツ。たっぷり盛られた肉味噌と山椒、鉢も黒くてヴィジュアル地味ながら、どこか本格派の風貌、彷彿させるはブラックジャック・マリガン・・・ですかな。「広島汁なし担々麺 200g(580円)」 ※期間限定辛さ5まで選択可。スミマセン、面白くないヤツで。3です。でも辛 [続きを読む]
  • 麺屋 號tetu / 濃厚鶏SOBA 塩 @ 滋賀県長浜市
  • 湖北の夜に再び大きな光が輝き始めました。6月より木金土の夜営業を開始された「麺屋 號tetu」さん。関西を代表する鶏白湯の名店で、細部までこだわり抜いた味には毎回衝撃を受けます・・・とか言いながらレギュラーの鶏白湯を2年食べていない私。前回訪問時にいただいた「カレーつけ麺」の土台となっていた鶏白湯にビビビビッと来ましたので、この日は家を出る瞬間から気持ちは固まっていました。「濃厚鶏SOBA 塩(780円)」なんち [続きを読む]
  • らー麺 潮騒 / 貝香る潮〜sio〜 @滋賀県彦根市
  • カーナビなかったら行けんかったかもです、彦根の「らー麺 潮騒」さん。高架下側道沿いにあるお店で直接8号線からは行けません。さぞかし穴場的かと思いきや、どえらいお客さんで賑わっていました。お隣りの海鮮居酒屋の姉妹店で、こちらも魚貝出汁のラーメンを提供されています。「貝香る潮〜sio〜(850円)」バチッと効かされた塩ダレで輪郭を描き、強めに貝の風味を漂わす、なるほどな一杯。あっさりを謳いながらもインパクトのあ [続きを読む]