Oikawa さん プロフィール

  •  
Oikawaさん: 良き候・松前神楽
ハンドル名Oikawa さん
ブログタイトル良き候・松前神楽
ブログURLhttp://yokisourou.com
サイト紹介文北海道の無形文化財・松前神楽と、現在も行われている道南地方に伝わる郷土芸能の取材日記です。
自由文北海道の無形文化財・松前神楽と、現在も行われている道南地方に伝わる郷土芸能の取材日記。 道南地方をまわり、いたる所の神社や会場で取材させてもらった、松前神楽・郷土芸能の魅力を公開。公開している写真を無断で使用することは、お断りいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2011/01/09 11:13

Oikawa さんのブログ記事

  • 及川修「松前神楽」写真展開催と松前神楽情報
  • 告知が遅れてしまいましたが、七飯町大沼にある、大沼国際セミナーハウス内で、松前神楽の写真展を行っております。写真は、おおよそ8年くらい遡り撮影した写真を公開します。今回は、4つのブロックある松前神楽保存会の「松前ブロック連合保存会」にスポットを当てて、展示を行います。松前町をはじめ、鹿部町、函館市、神恵内等と取材した松前神楽の世界を表現しました。全21枚ほどを出展します。最終日の10月22日(日)14時か [続きを読む]
  • 平成29年 山形県長井市「第28回ながい黒獅子まつり」前日
  • 2017年5月19日(金)に取材ダイドードリンコ「日本の祭り」のお手伝いをさせてもらいました。初めて訪問する山形県長井市に行き、取材をすることになりました。山形県長井市で行われている「黒獅子(くろしし)」の取材です。初めて山形県に行くことが出来ました。北海道から山形県長井市までは遠く、鉄路で行くことにしました。経費から見てもフェリー使用し、高速道路を使用しても距離が500?以上の道のりになりますので、鉄路に [続きを読む]
  • 平成29年 松前町・郷土芸能大公開【動画】
  • 2017年4月30日に取材毎年松前町では、桜の咲くゴールデンウィークに合わせて、郷土芸能を披露しております。毎回行こう行こうと思いつつ、まだ花が咲いていなかったりして、なかなか時間が合わないということもあります。松前神楽の公開も行われるということもあり、今回は動画でお楽しみください。Youtubeにアップさせてもらっておりますが、ブログよりも動画公開の方が先になっておりまして、このブログでも紹介したいと思ってお [続きを読む]
  • 平成29年 平取町・義経神社「初午祭」
  • 2017年2月12日に取材しました。北海道の文化と祭り・郷土芸能を撮影して行くということで、道南地方も取材しつつ、他のところはどういう神事や郷土芸能をしているというのは、現在でもインターネットの普及でそれなりに見ることが出来ております。そこで安心するのではなく、実際にその場に赴き身体で感じるというのが大切なことです。文章・写真がよくとも、現地に行っていなければ、説得力がないということをこのブログの取材を [続きを読む]
  • 平成29年 木古内町・佐女川神社 寒中みそぎ祭(海水沐浴)
  • 2017年1月15日に取材朝を迎えて行修者は、起床とともに1回だけ行われます。だいたい午前5時くらいだそうです。それ以降の水垢離(みずごり)は、控えております。最終日は、「本番」ということで身体が出来上がっているという状況ですので、水垢離(みずごり)をしないで、海水沐浴に備えます。海水沐浴に向けての準備の様子です。出御祭を行いいよいよ、海水沐浴に向けて四人の行修者が、御神体を持ち拝殿から出てきます。左から [続きを読む]
  • 平成29年 木古内町・佐女川神社 寒中みそぎ祭2日目
  • 2017年1月14日に取材初日は、夜遅くまで取材を行いましたので、午後から取材に入ることにしました。引き続き、だいたい1時間おきに、水垢離(みずごり)が行われたようでした。この2日間にどれだけ水垢離(みずごり)をして水に慣れておくかで、最終日での海水沐浴を楽に迎えられるかということらしいです。昼間の温度マイナス3度です。こういう状況下でも水垢離が行われています。だいたい1回水垢離をすると、桶に水が無くなる [続きを読む]
  • 平成29年 木古内町・佐女川神社 寒中みそぎ祭初日
  • 2017年1月13日取材1月というのは、年間通じても忙しい月です。門祓いから始まり、正月は気がつけば終わり、一息ついたな感じた時にはこの「寒中みそぎ祭」ということに流れて行きます。昨年の札幌で行なった写真展では、この「寒中みそぎ祭」を展示して、この祭りの写真をご覧いただけたようです。図録として販売させてもらったのは、現在でも木古内町の道の駅でも販売されております。行修者は3日に渡り水垢離(みずごり)をして [続きを読む]
  • 平成29年 福島町・漁師さんのお祭り「船魂講(通称・船魂さん)」
  • 2017年1月11日取材しました平成29年に入り、漁師さんのお祭りが行われる福島町の船魂(ふなだま)さんを取材しました。漁港まで門祓いを行い、各船を祓い清めて行き、祭式・松前神楽が行われます。漁師さんにとっては、この一年の大漁を祈願する祭りなので、真剣です。漁港まで行列が行きます。神社に戻り、神事が行われます。祈願する漁船の名前を全て、祝詞の中に入れて読み上げられ、今年の豊漁を祈願されます。行われた神楽舞 [続きを読む]
  • 平成29年 伊達市・刀鍛冶伝統行事「初打ち」
  • 2017年1月8日取材門祓い神事の取材から、今度は行って見たいと感じて行こうと思っていた、伊達市の刀鍛冶伝統行事「初打ち」です。北海道で刀鍛冶の存在は、ここでしか見られないかもしれないと感じ、何か神事的なことも行われるだろうと感じておりました。調べているうちに、伊達市の道の駅でこの「初打ち」のポスターが目に入ってきたので、一度取材をしようと思ってしまいました。詳細を聞くと、中での撮影が可能ということを確 [続きを読む]
  • 平成29年 松前町・原口八幡神社 新年門祓い・歳旦祭
  • 2017年1月4日に取材今年も松前町・原口の門祓いと歳旦祭を取材させてもらいました。毎年ながら、ここは神楽会の存在はありますが、神楽を行う種類(座数)が少ないのです。人口減少、少子化が進み、維持と継続が難しくなって来た場所でもあります。毎年神楽を行うのであれば、通い続けて見守り続けたいと思い、足を運んでしまう地区です。出興祭が行われて、門祓いが始まります。門祓い神事は、まず塩打ちが、玄関前で塩を撒き清め [続きを読む]
  • 平成29年 上ノ国八幡宮「新年門祓い・初神楽祭」
  • 2017年1月3日(水)に取材今年も上ノ国の新年門祓いと初神楽祭を取材しております。門祓いと神楽を見られる正月は、貴重な体験だと感じます。この貴重な門祓い風景も残しておきたい光景です。これらを記録して置くことも大切なのです。いつ途絶えるかもしれないので、注意していかなければと感じております。神社の役員さんが黒紋付袴の姿は、道南ではここだけしか見られない光景かもしれないですね。黒で締まった姿は、見ていても [続きを読む]
  • 平成29年 福島町・白符大神宮「新年祭門祓い神事」
  • 2017年1月2日取材毎年恒例になった、福島町白符地区の新春の門祓い神事に行ってきました。昨日は、松前町清部地区と2日目は、白符大神宮門祓神事というスケージュルがなりつつありましたが、昨年は招待神楽の関係上、お伺いできなかったので今年は通常モードということになりました。本年度が「松前神楽」にとって大事な年になりそうです。正月三が日に門祓いを行うのは、少ない中このように行われている光景を見ることは、素晴ら [続きを読む]
  • 平成29年 松前町清部地区・門祓神事と神楽奉納と招待神楽
  • 2017年1月1日(日)に取材今年からの記事の記載方法を変えて行きたいと思います。以前から記事を書き込むのが遅くなり、更新できないことも少なくないので、以前から訪問したことのある神社で、特別な事柄があった場合を除く時で、通常に例祭風景や神楽風景は写真の数を少なくして更新しやすい環境にもって行きたいと思います。もう少し、フットワーク良く更新したいと感じつつ、それに伴う取材数が多くなり、その他に関わる仕事か [続きを読む]
  • 松前神楽道具の撮影風景
  • 以前の記事に、国記録選択無形民俗文化財調査報告書「松前神楽」の道具を撮影して、冊子になりました。その撮影は、尻岸内八幡神社で行いました。12月15日に撮影が決まり、北海道博物館、北海道教育委員会の関係者立会いのもとに撮影いたしました。束の間の様子を記録していましたので、ご覧ください。1日、30カット以上の撮影でハードな撮影でしたが、次から次へと決めて行かないと終わりませんでした。苦労して撮影した結果が、 [続きを読む]
  • 【追悼】小樽市教育委員会・石神敏さん
  • 今回は、すいません。画像はありません。思い出だけ記させてもらいます。石神さんは小樽市の学芸員で、小樽の松前神楽等の文化財担当者でした。今の報告書作成までに尽力された方で、報告書を作成するまでの話し合いや、進め方などの道筋をつけてくれた方で小樽では、今後の神楽の行く末を見て欲しい方でした。いままでの事のことから、絡んだ紐を丁寧にほぐして、苦労された話を聞いていましたので、「松前神楽報告書」作製にあた [続きを読む]
  • 平成28年 北斗市・有川大神宮本祭
  • 2016年10月17日に拝見平成28年最後のトリの例祭といえば、北斗市の有川大神宮です。毎年ではありませんが、神楽を拝見させてもらっています。今年の最後ということで、全て見た訳ではありません。都合もあり、取材という形だと祭式から入りますので、今回は神楽だけ拝見するというスタイルで入りました。ここでは4枚ほど掲載します。これ以上に松前神楽の奏上は行われましたし、鎮釜湯立式も行われました。いろいろと見て歩き、体 [続きを読む]
  • 平成28年度 松前神楽小樽ブロック保存会合同公演 
  • 2016年10月16日に取材毎年、松前神楽小樽ブロックでは公演会を行なっています。今年の会場は倶知安町ということで、会場に入るのが少々遅れてしまいました。プログラムの最初は見れなかったが、見られた所から動画で保存していました。動画による「松前神楽小樽ブロック保存会合同公演」神恵内松前神楽保存会による、荒馬舞からご覧下さい。松前神楽瀬棚保存会による、鈴上舞の動画です。後志松前神楽による、越後大々神楽・太平楽 [続きを読む]
  • 平成28年 北斗市・上磯八幡宮本祭
  • 2016年10月5日に取材毎年ではありませんが、訪問させてもらっている上磯八幡宮です。宵宮祭にはお邪魔できませんでしたので、本祭に訪問させてもらいました。ここでの神楽も何度も見ており、「渡島風(函館風)」の松前神楽を行うところです。数年前に十数年振りに渡御が行われましたが、しばらくはないかもしれませんね。松前神楽は、通常通りに行われていました。松前神楽・鎮釜湯立式から松前神楽は、通常の神事の後に行われま [続きを読む]
  • 国記録選択無形民俗文化財調査報告書「松前神楽」完成
  • 北海道教育委員会から、報告書をいただきました。ありがとうございました。この報告書が文化庁に提出され、「国指定」への道の報告書になります。現在、中身を拝見しております。3年に及ぶ調査に現地を周り、見たこと聞いたことが織り込まれている報告書になっています。まだ読んでいる途中ですが、あらためて報告書を見ると、「なぜ今まで国指定になっていなかったのか?」と感じる貴重な民俗文化財ということを感じます。これま [続きを読む]
  • 平成28年 上ノ国町・上ノ国八幡宮宵宮祭
  • 平成28年9月17日(土)に取材昨日に福島大神宮の本祭を拝見し、本日は上ノ国町にやってきました。神楽舞をみたいと感じて、やってきました。宵宮祭だけではなく、渡御祭にも行きたいのですが、スケージュルの関係でせめて宵宮祭だけでも見たいとやってきました。(つくづく神楽が好きなんだと思います。)上ノ国町の神楽舞は、松前神楽の流れをくむ神楽です。松前神楽の基礎を知っていると、非常に似ているとに気付くと思います。 [続きを読む]
  • 【追悼】蛭子山・新出篤さんお疲れでした
  • 姥神大神宮渡御祭の際にいつもお世話になっている新出家。私の同級生の親の実家にあたり、私の笛の師匠でもある方の弟さん(新出篤さん 享年64歳)が、5月6日に亡くなられたということです。(葬儀は終了したということです)祭りの時はいつも家に泊めていただき、快く祭りのことを教えてくれました。いつも祭りの時期にお邪魔していましたが、近年身体の調子が悪いようで、2年前から祭に参加されずにずっと見ているだけでした。い [続きを読む]
  • 平成29年 松前町にて「郷土芸能大公開」お知らせ
  • 松前町もようやく桜の開花が宣言されまして、いよいよシーズン到来です。 毎年行われていますが、松前町で「郷土芸能大公開」と評しまして舞台にて、郷土芸能が披露されます。月島奴振り、松前祇園ばやし、江良杵振り舞と行われ、昨年テレビで紹介され話題になった松前神楽も行われます。写真は、以前取材した2009年の郷土芸能大公開の様子です。日時:平成29年4月30日(日)11時から12時まで内容:月島奴ぶり  11:00〜   松前 [続きを読む]
  • 平成28年 福島町・福島大神宮本祭【松前神楽奉納】
  • 2016年9月16日(金)に取材しました。本年も宵宮祭、渡御祭、本祭まで、取材をさせてもらいました。福島町内を隈無く歩き、祭りの風景、人との関わり等を勉強させてもらってきました。街の子として育った私の祭りという概念は、「夜店」というイメージでしたが、それは十数年前から「神楽」を通じて知ることになりました。もちろん、先代宮司、または近隣の神社の宮司さん、氏子さん共にお話させてもらいながら、知ることの出来る [続きを読む]