陽陵泉 さん プロフィール

  •  
陽陵泉さん: 岐阜市 マサゴ整骨院刊 健康小事典
ハンドル名陽陵泉 さん
ブログタイトル岐阜市 マサゴ整骨院刊 健康小事典
ブログURLhttps://ma-35.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文歪みと痛みと向き合い28年。腱賦活術・筋ツイスト等のオジナル療法や体の歪みや健康の薀蓄話
自由文体の法則、体の不思議、医学の常識のウソ・ホント、目からうろこ話、当院の最新療法等を語ります。
2年前に、自分が五十肩になった事を機に、苦手だった傷病である四・五十肩・腱鞘炎・テニス肘などに即効のある腱賦活術を考案し、骨格・神経を調整するバランス整体と共に施術の柱になっています。
「指ではじくだけで肩の痛みが治る!」「痛みもコリも一瞬でとれる筋ツイスト」など、著書に関連する記事も入っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2011/01/12 18:21

陽陵泉 さんのブログ記事

  • 全国柔整鍼灸協同組合 中部支部会が開催されました。
  • 12/9に名古屋マリオネットアソシアホテルにて 行われた、全国柔整鍼灸協同組合 中部支部会。平成医療学園専門学校グループの名古屋校開校が決まって初めて、かつ、平成最後の中部支部会となります。平成に開業した当院も、治療院が元号平成超えになるという感慨に浸ります。毎年、業界の最新情報と未来の展望を知る機会として行われております。昭和に発会された組合の理事の先生をはじめ、旧知のメンバーや若い先生方共 お話が [続きを読む]
  • 女性は体の歪み、男性は体の硬さー を気にされる傾向があります
  • 拙著『痛みもコリも一瞬でとれる筋ツイスト』の出版に当たり、そのタイトルを決められた経緯を、後になって担当編集者様からお聞きしました。「私としては、体の歪みが一瞬でとれる・・・としたかったのだけど、営業の男性陣からは、男は日常で歪みを気にすることはないので、痛みやコリがとれる・・・とした方がよいとの会議で意見があったから」というのがその理由だそうです。私も、『筋ツイスト』の特徴や効果を考えると、「歪 [続きを読む]
  • ねこ背と巻き肩って全くの別物なんです?!
  • 姿勢について書かれている本の中で、ねこ背と巻き肩について書かれたものが目につきます。しかし、いざ読んでみて、その違いを明確に書かれている本に未だ出会っておりません。ねこ背も巻き肩も、背中が丸くなり頭が前に出るのであれば、そのハッキリとした違いは無くなってしまいますね。これらの本を読むと、巻き肩を改善すれば、どんなねこ背でも治る様な錯覚に陥ってしまうかも?私は、ねこ背と巻き肩の定義をハッキリさせるに [続きを読む]
  • 昔の写真を見ても私はやっぱり右重心!くり返し動作で重心が偏る事を実感
  • いつも、ご訪問ありがとうございます今回は、【筋ツイスト】の著者の私メのネタを盛り込みながらの記事で試みますので、どうぞお付き合いの程、願います今年の春に、実家の断捨離をした時に、私メの写真が出てきました。自慢話で何度も聞かされていた写真スタジオを営んでいた父親が撮影した渾身の作で、写真コンテストの入賞作品となったのだそうです。親的には、あどけなく可愛い?筈?の幼い頃、撮られた覚えも無い写真です。… [続きを読む]
  • ー腕を捻じってパッと放すだけー で首が回った!
  • 何十年来の頑固な首や肩コリに悩まされている。と言われる新患さん。特に右側の首や肩に苦痛を感じるのに加え、首を右に回すのもできなくなってきているが、ストレッチや筋トレをしてみても全く解消できないとか。実際に、首を左右に回して角度を確認しますと、右に回すのは左回すのと比べて1/3程度程しか動きません。仰向きに寝られると、左の肩甲骨は床にピッタリ着くのに、右は私の手の平一つ分以上浮いています。これは、右の [続きを読む]
  • へバーデン結節にも「指のツイストテーピング」が有効!
  • 五十代の女性が、施術室の椅子に腰掛け、両手の指を見せながら、「深夜、眠気が勝ってベッドまで行けず、フロアで眠ってしまったら朝、目覚めてから、指が痛いんです! お尻の下に手を入れた姿勢でいたからかな?」この時を発端に、右小指と左人差し指の第2関節に小さな米粒の様なグリグリが出来、関節自体も腫れてきて、リュウマチを心配されていたとか。「気になって仕方なくて、触っていると痛くなるし、関節が膨らんできたよ [続きを読む]
  • 混同しがちですね! 重心と荷重の違い
  • 最近、TVの健康番組やスポーツの現場で「重心」という言葉をよく耳にしますね。「立っている時に左に重心を掛けている」「踵に重心が掛かるタイプ」「右に重心を掛けると安定する」「ゴルフで左に重心を掛ける様に言われた」等。しかし、日常生活の中で使われる「重心」には、「荷重の重心」と「重心移動の重心」が混在しています。重心側と言うのは、軸足と同じニュアンスで使う場合と、体重を移動し易い側としての意味で使う場合 [続きを読む]
  • 腕の筋ツイストで肩甲骨の歪みが整う
  • 野菜ジュース等で有名なカゴメさんのネット通販「カゴメ健康直送便」の「自然といっしょに」10月号にて、紹介頂けました巻き肩に効果のある「腕のセルフ筋ツイスト」「自然といっしょに」 2018 vol.139-10  P8https://ma-35.blog.so-net.ne.jp/2018-09-20 関連記事腕の筋ツイストは、上腕と前腕を息を吐きながら、肘を支点に逆方向に捻ってから、息を吸いながらパッと離して、逆方向に戻ろうとする反動を利用して、肩甲骨 [続きを読む]
  • 「筋ツイスト」で肘の捻じれを矯正したら、関節の変形(?)まで良くなってきた!
  • もう少し、スコアを良くしたい・・そんな思いで、誰に注意を受けたり指摘された訳でも無く「自分なりに、ゴルフスイングを矯正しようとたら、右肘が曲がら無くなった!」と 来院された、以前から、聞き取り辛い小声の言葉少なめの患者さん。肘を深く曲げると、左手は胸に密着する様に付くのに、右は胸に付かず、手と胸の間はこぶし一つ半位浮くのを確認しましたそして肘を曲げた時に痛みも伴われる様です。今までも、度々右肘が腱 [続きを読む]
  • 巻き肩が 一瞬でとれる筋ツイスト
  • 野菜・トマトジュース等で有名なカゴメさんのネット通販「カゴメ健康直送便」の会員様に、商品発送時に同梱される健康情報や・料理レシピが載った小冊子「自然といっしょに」10月号にて、巻き肩に効果のある「腕のセルフ筋ツイスト」のやり方が紹介されました。「自然といっしょに」 2018 vol.139-10  P8さすが東海地方有数の有名企業、10万部以上が顧客様のお手元に届くのです。腕の筋ツイストは、上腕と前腕を息を吐きな [続きを読む]
  • えっ!?「腱がどっか行っちゃた?」ですって?
  • 当院に通院下さっている、おそらく殆どの方は、施術を受けられ「腱弾き」や「腱ツイスト」の効果を体感して頂いておられる訳です初めての方などは、大抵は、「腱って何?」と言うところからスタートです。腱弾きに慣れられ、その効果を解って頂ける様になられる頃には、次の通院日までの間に、少しでも改善させ、又、逆戻りしない様にと、セルフ腱はじき・セルフ腱ツイストでケアをされる方も多くなります。その様な方で、「やり方 [続きを読む]
  • 足の指が開いてきた、浮指が治った!
  • お陰様にて、この世に出させて頂きました、2作の 拙著『痛みもコリも一瞬でとれる筋ツイスト』秀和システム刊『指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ』自由国民社刊通院下さっている 患者さんは、実際に施術を受けておられ“筋ツイスト” “腱弾き” “腱ツイスト”がどういうものかを認識頂いているのですがタイトルだけでは勿論、お読み下さっても、その感覚がイメージできないと思われている読者 [続きを読む]
  • 肩が巻き込むと関節の動きが悪くなる
  • 「四十肩になったみたい」「五十肩で肩を動かすと痛い」などと言われる方で、関節軟骨や関節包、腱板などの関節そのものに異常がある方ばかりではないようです。筋肉のアンバランス、腱の痙攣などにより肩が巻き込む事によって、上腕骨頭が肩甲骨の関節窩へ連結する部分でのハマり方が悪くなるので、関節を動かす時に引っ掛かりを起こす、関節の可動が狭くなると言う現象が起きます。この場合、関節が固まって動かない【拘縮】とい [続きを読む]
  • 手の重心と肩甲骨の形
  • 今年は本当に災害が多いですね。台風21号で災害を合われた方、お見舞い申し上げます。因みに当院の看板、強風に煽られ外枠から?れて敷地内に落ちました。怪我や事故に繋がる事無く、この程度で済んで安堵いたしました。手の重心を考えるに、手の内側ー親指と人差し指を中心に手を使う内重心タイプと、手の外側ー薬指と小指を中心に手を使う外重心タイプの人に分けられます。腱鞘炎も、親指の腱鞘炎は内重心の人が多く、薬指の腱鞘 [続きを読む]
  • 筋肉の流れを整えて骨盤の前傾・後傾を矯正する
  • これまで、学んできました療法や施術をする時、私共では先ず第一に[重心検査][骨盤・肩甲骨の歪みチェック]を行っております。骨盤の前後・左右の捻じれを確認するのに、フラットな床面に仰向きに寝て頂き、左右を比較して検査しますが、同時に腸骨全体の前後の傾きを観察する事で、その方が骨盤後傾タイプか骨盤前傾タイプかが解ります。【骨盤前傾タイプ】腸骨が前に傾くので、腸骨上部の後ろが浮き、腰と床の間に隙間ができ [続きを読む]
  • 座りっ放しの人は 寿命が短くなる!?
  • 先日、TBS系「教えてもらう前と後」という番組の1トークにおいて、長時間座り過ぎると寿命が短くなる―というショッキングな内容がオンエアされました。何でも、一時間座りっ放しにすると、22分余命が短くなるとか…座りっ放しでは、足の筋肉のポンプ作用が働かず、血液が環流しないと言う事で、寿命が短くなるのだそうです。その対策として、立ったままディスクワークをする会社や、30分に一回立ち上がる習慣を付けているサー [続きを読む]
  • 猛暑で足がつる人・痛む人が増えている
  • 今年の夏は、朝起きたら足がつって歩き難い、坐骨神経痛の様な痛みが入った等と、言われる患者さんが増えています。腰椎椎間板ヘルニアをはじめ、内科系疾患でも足はつり易くなりますが、病気ではなくても、足がつる事は多いです。朝起床時にこの様な症状が現れるのは、「冷え」「動かずに固まった」事が関係している事が多いです。連日の猛暑で、一日中冷房の効いた部屋で過ごし、夜も冷房の中で寝るそれに加えて、タオルケットか [続きを読む]
  • 骨の捻じれと筋肉の捻じれの違い
  • お陰様にて、私は、幸運にも二冊の書籍を世に出させて頂くご縁を賜りました。一作目の「指ではじくだけで肩の痛みが治る!江戸の秘術より生まれた凄ワザ」では、骨の捻じれによって起こる荷重を解説しました。二作目の「痛みもコリも一瞬でとれる筋ツイスト」では、筋肉の捻じれが関与する重心について解説し、重心別に歪みを整えるセルフ整体法を公開しました。しかし正直申しますと、一作目は、骨の捻じれと筋肉の捻じれの違いが [続きを読む]
  • 筋ツイストにおいて 息を吐きながら捻じる理由
  • 7/28・29・30日台風12号で被災された皆さまには謹んでお見舞い申し上げます。またしても広い範囲での被害となり、一日も早い復旧を心よりお祈り致します。セルフで行う【筋ツイスト】を患者さんに指導させて頂く時に、「息を吐きながら捻じって下さい」「息を吸った時に戻して下さい」と やり方をお伝えすると、「呼吸が関係あるのですか?」「何故、吐いた時に捻じるのですか?」と質問を受ける事がしばしばあります。【筋ツイス [続きを読む]
  • 誇張法・再現法を用いて歪みを矯正する「筋ツイスト」
  • 一般に認識されている、身体の歪みの対処法について「右に身体が捻じれていたら、左に捻じって矯正すればよいのでは?」「右に重心を掛けてしまうので、左に掛けるように気を付けている」「左肩が下がるから、右肩を下げるように習慣付けている」歪みのセルフ矯正の考え方は、おおよそこの様なイメージで行われるようです。しかし、右に捻じれたり傾いたりしている場合、左に捻じったり傾けることで、脳は危険を感じて、右に捻じる [続きを読む]
  • 姿勢は肩甲骨と骨盤で決まる!
  • 姿勢は、肩甲骨と腸骨の動き・形で決まります。まず、肩甲骨の形は2カテゴリー4つに分けられます。A 肩甲骨1 前傾 肩甲骨が前に倒れると、肩が前に出て背中が丸く猫背になる2 後傾 肩甲骨が後ろに倒れると、胸が反り鳩胸になる3 外旋 肩甲骨が?の字になると、腕が巻き込み巻き肩になる4 内旋 肩甲骨がVの字になると、腰が反り隠れ巻き肩になる次に、腸骨・仙骨の形も2カテゴリー4つに分けられます。B 骨盤1 腸骨後傾  [続きを読む]
  • ツイスト― ってイメージで 捻じり過ぎないで下さいね!
  • 西日本・東海豪雨で被災された皆さまには謹んでお見舞い申し上げます。数軒の親戚や、知人宅などでも浸水被害に遭っているとの被害状況を耳にし一日も早い復旧を心よりお祈りいたします。【筋ツイスト】を 地道に続けて下さっておられる 患者さんが、「指のツイストをしてから寝ると、朝、手足の甲のむくみや指の強張りが無くなった」と喜んでおられます。ところが、今一つ スッキリしない メソッドがある との事でその「体幹 [続きを読む]
  • 上と下を逆方向に捻じるだけで歪みが解消される―筋ツイスト
  • 例えば、仰向きに寝ると、左右片側の 肩甲骨や肋骨が浮く形になる左右片側の 爪先が内に立つ、あるいは 外方向に倒れる左右どちらか側を下にし横向きに寝る時、寝難い側がある片側にしか寝返りできない靴の片側が片減りするこんな方は、体が捻じれている可能性が大です。とは言っても、人の体は元々、捻じれています。関節を挟んだ上下の筋肉が逆方向に捻じれる事による、捻じれの連鎖により成り立ち、動きの機能が発揮されます [続きを読む]
  • 巻き肩と隠れ巻き肩―いずれにも筋ツイストがよく効く理由
  • 前傾で腕を固定し手元で操作するスマホやタブレットのやり過ぎなどより、肩が前内に巻き込む人が増えていると言われています。背中が丸まって首が前に出る形になり、姿勢が悪く見えます。自然に立った状態を、前から見てみますと、体側より手が前内側に入り、手の甲が前に向いて見えている人は、巻き肩の可能性が高いです。これは、二の腕が内に捻じれている為で、(横)巻き肩 と言われています。慢性的な肩コリ・首コリの人は、 [続きを読む]