陽陵泉 さん プロフィール

  •  
陽陵泉さん: 岐阜市 マサゴ整骨院刊 健康小事典
ハンドル名陽陵泉 さん
ブログタイトル岐阜市 マサゴ整骨院刊 健康小事典
ブログURLhttp://ma-35.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文歪みと痛みと向き合い28年。腱賦活術・筋ツイスト等のオジナル療法や体の歪みや健康の薀蓄話
自由文体の法則、体の不思議、医学の常識のウソ・ホント、目からうろこ話、当院の最新療法等を語ります。
2年前に、自分が五十肩になった事を機に、苦手だった傷病である四・五十肩・腱鞘炎・テニス肘などに即効のある腱賦活術を考案し、骨格・神経を調整するバランス整体と共に施術の柱になっています。
「指ではじくだけで肩の痛みが治る!」「痛みもコリも一瞬でとれる筋ツイスト」など、著書に関連する記事も入っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2011/01/12 18:21

陽陵泉 さんのブログ記事

  • 筋ツイストと腱ツイスト
  • 痛みやコリが一瞬でとれる筋ツイスト 秀和システム刊前著【指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ】では、「腱を弾く」施術法とセルフ法を紹介しました。そして、今回の【痛みやコリが一瞬でとれる筋ツイスト】―この本では、筋に作用させる「筋ツイスト」と腱に作用させる「腱ツイスト」のセルフ法満載です。筋肉には、関節を構成する骨に着き、関節を動かす働きを担う腱の部分と、ポンプ作用や発熱作用 [続きを読む]
  • 重心により 全ての動きが決まる!
  • 人の行う動作には、〈左右〉〈前後〉〈捻じれ〉の動きがあり、身体の歪みも、〈前後〉〈左右〉〈捻じれ〉 の3タイプ分けられます。例えば、手首の動きを見ていくと、背屈・掌屈の動きが前後、撓屈・尺屈 の動きが左右、回内・回外の動きが捻じれとなります。回内、回外は、〈前腕の筋肉の横の流れ〉が関与します。カバンを掛け易い側、椅子に座って足を組み易い側となる側は、前腕やすねの筋肉が右側に流れており、流れの方向に [続きを読む]
  • 横座りや足組みの癖から筋肉の流れを読み取る!
  • 横座りをしている人や脚を組んでいる人の筋肉の流れを読み取るととても面白い事が解ります。実際、私の新著「コリも痛みも一瞬でとれる筋ツイスト」のヒントになったのも、これらの姿勢の癖のある法則に気付いた事にあります。脚を組む場合、股関節を閉じて組む場合が多いですね。この場合、太ももを内側に捻じって組んでいますが、すねに目をやると外側に捻じれています。この様に太ももとすねの筋肉は、膝の関節を挟んで逆方向に [続きを読む]
  • いつもと逆の肩にカバンを掛ける、逆足を組む、逆足を崩す―全てNGです!
  • 「横座りをする時、左右どちら側に脚を崩し易いですか?」「側屈をすると、左右どちらに倒し易いですか?」「脚を組む時、左右どちらの脚を上に組みますか?」改めて、問われると、考え込んでしまわれる方もおられますが、大抵、無意識のうちでに、姿勢や動きの癖って決まっている様ですね。カバンはいつも右肩に掛ける、椅子に座って右足を上に組む、右手で頬杖をつく横座りは左に足を出して崩す など・・・「どちらの脚を上にし [続きを読む]
  • 4の字検査・殿屈検査と筋ツイスト【改訂版】
  • 拙著の2作目のタイトルになりました、「筋ツイスト」は、筋肉の流れる方向に筋肉をキューッと捻じって、パッと放した時に筋肉が戻る反動で、歪みを整えて重心を調整するセルフ整体法です。治療としての筋ツイストとは別に、私がこの本のためにセルフメソッドとして考案したものです。この本において、左右どちらに筋肉が流れるかは、無意識に取っている体勢、動きのやり易い側で判断します。 施術の際に行う検査においては、体や関 [続きを読む]
  • 巻き込み肩が矯正できる筋ツイスト
  • 左右のどちらかの肩が前内方に捻じれる事を「肩が巻き込む」と言い、両肩が巻き込んでいる場合、「巻き込み肩」と言われています。「巻き込み肩」は、スマホやパソコンに向かう事の多い若者にもよく見られます。首や肩のコリ、四十肩・五十肩、腰痛等の原因になる他、胸腔が圧迫される事で、呼吸器や循環器の働きにも影響を与えます。その為、巻き込み肩の人は、疲れ易く回復し難い傾向があります。巻き込み肩は、手の甲が前を向い [続きを読む]
  • 重心と荷重の違いー日常生活に現れる重心の掛け方の癖
  • 患者さんと治療師、選手の方とスポーツトレーナーとの会話のシチュエーションで、「重心」という言葉を使われる事が、結構あるのではないかと思います。ところが、この重心を語る時、「重心」と「荷重」が混同されている事が少なくないのでは?「重心側」とは、体を左右に移動した時の 自分の正中(おへそを通る縦のライン)がくる位置です。重心側に自分の正中がくると、体は安定します。なので、重心側へ移動し易くなります。人 [続きを読む]
  • 上体と骨盤の筋肉の流れは逆になる ―筋ツイストに結び付いた気付き―
  • 約10年程前までは、手技や整体の講習会にて受講したそのまま、肋骨の筋肉と骨盤の筋肉は同じ方向に流れていると思っていました。しかし、この理屈で、実技で教わった通りに臨床で捻転操法を行ってみても、良い結果が得られずに 壁に当たっていました。そんな時、ある事を思い出しました。私の駆け出しの頃から、巷で行われていた骨盤の矯正法といえば、患者さんを横向き寝で、骨盤と肩及び肩甲骨を固定し、上体と骨盤を逆に捻じる [続きを読む]
  • 下腿と骨盤の筋肉の流れ方向に重心がズレる
  • 右に重心を移動し易いタイプの人と、左に重心を移し易いタイプの人がいます。立った時に、左足の内側と右足の外側に重心が掛る人は、右重心タイプ右足の内側と左足の外側に重心が掛る人は、左重心タイプです。重心タイプは、筋肉の流れ(ねじれ)と密接に関係があります。すね(下腿)と骨盤の筋肉が時計回りに流れる人は右に重心が移動します。すね(下腿)と骨盤の筋肉が反時計回りに流れる人は左に重心が移動します。重心が中央 [続きを読む]
  • 横座りや足組みで体をリセット! 逆転の発想から生まれた「筋ツイスト」
  • 横座りや脚を組む癖、頬杖などは、体を歪ませる元凶だ―と言われてきました。ところが、これらの悪いと言われる姿勢は、見た目が悪いだけであって、筋肉が緩み、交感神経の緊張がとれる―体をリセットしている姿―である事に気付きました。 そう、以前は、私も-横座りや脚を組む癖、頬杖などは体を歪ませる-と教わり、施術においても、患者さんに行わないように指導していた経緯があります。その主旨にて、横座りや脚を組む癖によ [続きを読む]
  • 前著と新刊では、重心の説明をあえて変えてみました!
  • 当ブログをはじめとする、当院のサイトの記事などや、 前著書 自由国民社刊「指ではじくだけで肩の痛みが治る!―江戸の秘術から生まれた凄ワザ」において、ついこの前まで、「左重心(荷重)タイプが圧倒的に多い」という、持論を展開してきました。ところが、2018年3月末29日に第2作目を出版させて頂きますタイトル 「痛みもコリも一瞬でとれる―筋ツイスト」におきましては、右重心タイプと左重心タイプに分けて、セルフケアを [続きを読む]
  • 四十肩に対する『腱賦活術』の効果を再認識
  • 以前、首や肩のツッパリの症状にて通院されていた方が、左肩関節を動かす時に痛くなり、背中や頭に手を回し難くなったと言われて、2ヶ月ぶりに来院されました。左肩に違和感を覚えられたものの、丁度、仕事が多忙な時期と重なって、施術の時間も取り難かったので、御自分で肩を大きく回す等で凌いでいたら、肩関節を動かすと引っ掛る様になり、どんどん状態が悪くなるのを自覚されたとの 経過のお話です。来院頂いた時は、四十肩 [続きを読む]
  • 鍼治療は苦手の方も刺さない針―打鍼術は気に入られました
  • 肋間神経痛と腰痛 を訴えられて初診で御来院下さった方に問診後の歪みチェック時に、御本人さんの歪みの状況を伝えて確認頂いたところ、「自身には理解できない」と、症状優先の方に有り勝ちなコメントそれでも御本人さんも、「予想外に凄く痛いね!」と肋骨の圧痛点を自覚されたので、「この様な、知覚神経の過敏な痛みには、この皮内鍼はがお勧めですよ」過敏点に 「痛くない鍼でしょ?」 と説明しながら皮内鍼施術をしましたと [続きを読む]
  • 頚の可動域が広がる―「トンボの様に首が回る感じです♪」
  • 寒くなって、冷え対策をしていたのにも拘わらず首の可動が少なくなり、「車の後方確認や、洗濯物を干すなどの動作が辛くなった」と、首の動かし辛らさを訴えられて来院された方。腱賦活術の腱弾きでの施術にて、首のみならず、肩や肩甲骨周りに加えて顎のコリをも、腱を緩めましたところ、施術前との首の向きの比較確認時に「何か、トンボの様に首が回る感じです♪」と、グルッと視界が広がった事を表現されました。味のある言い方 [続きを読む]
  • 当院のオリジナル施術法―日々進化しております!
  • 前回施術から、約10年位ぶりに「治療してもらってから、ずっと快調だったけど、腰を傷めたの」傷められ、当院を思い出して下さったと言われ ご来院下さいました。有難い事ですよね ^m^無痛療法一辺倒で施術を行ってきた時代に通院下さっており間隔の空いてた間に、解剖書等を読み込み響きひらめき探求し今や 無痛一辺倒の施術で無くなっている事で、もしかして、「以前と違って痛いけど、治療法変わっちゃったの?どうして?」 [続きを読む]
  • 皮内鍼の効果を喜んで頂けました
  • 以前の施術の際に、過敏痛を認め、皮内鍼施術をしましたところ、「施術の後から、赤いプツプツが出来て、そういえば、私金属アレルギーだったのを思い出しました。テーピングもなのかな?」と、経過報告を頂いてから、ずっと皮内鍼やテーピング施術は禁忌とカルテに記して、手技のみの施術で対応してきました患者さん。ところが、指の関節の腫れと痛みが、生活に支障が出る程、辛くなった事で、「このところ、.金属アレルギーの症状 [続きを読む]
  • まったり過ごしたのに腕が痛い!その意外な理由
  • 「何もしていないのに・・何故こんなに痛くなったのかな・・?」と、御自分の痛みの原因を思い起こせない方は結構多いです。「重い物も持ってないし、特に運動も体操もしてませんけど・・・」特に、月曜日や正月の休み明けに、腕の痛みを訴えられる方が多いです。四十肩、五十肩かと思いきや、いかにも年齢が若過ぎる方も・・「大きな動きをするのでは無く、むしろ、同じ、体勢を取り続ける事も関係有るんですけど」 と 水を向け [続きを読む]
  • 腱をはじいて体をリセット
  • 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。正月休みも終わって、そろそろ、仕事始めという方も多いのでは?年末年始、十分休養を取ったから、大丈夫! と思っていたら、思いのほか体が固まっている!?人もおられるのではないでしょうか?一日中、スマホやタブレットと向き合って過ごされた人、車や電車で長距離の帰省をした人、初詣の列に何時間も並んだ人などは、同じ体勢をし続ける事で、仕事をした訳でも無 [続きを読む]
  • 【重心と姿勢―第3章】―右を向くと気分が悪くなる
  • 患者さんの中に、椅子に腰かけて右側を向いていると気分が悪くなるという方がおられます。そのため、講習会や講演会の時は、早めに会場に行って右側の席をキープされるのだそうです。又、先日は、いきなり右側を下に横に寝る姿勢をとると気分が悪くなるので、左側を下に寝ての姿勢で施術を行わせて頂いた方もおられました。逆に、「気が付くと顔が右側を向いているので、左側に旦那や友達が座ると、何か変な感じがする」と 言われ [続きを読む]