YOSHIRJNK さん プロフィール

  •  
YOSHIRJNKさん: THE Contrail in KOMATSU
ハンドル名YOSHIRJNK さん
ブログタイトルTHE Contrail in KOMATSU
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yoshirjnk
サイト紹介文小松空港を中心に撮影した旅客機の写真・動画のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2011/01/13 21:56

YOSHIRJNK さんのブログ記事

  • 光の明暗を利用する
  •  秋の新千歳遠征から、一枚。午前中のデッキは逆光の環境なので、光をどう表現するかが試されます。そこで側面から光を受け左右で明暗が分かれた737を、アンダー気味で撮影することで明暗を際立たせました。手前のランウェイ表示も浮き上がり、印象的な一枚となりました。 [続きを読む]
  • 光の演出
  •  今の小松空港の午後は、24の延長線上に太陽が日没近くまで居座る季節。なので順光ショットは難しいですが、逆光で印象的な画が撮れるシーズンでもあります。このショットもトップライト気味から照らしだされ、機体と地上を明暗で表現してみた一枚です。 [続きを読む]
  • さようなら、小松と那覇を結んだJTA Boeing 737-400
  • 本日、小松空港での一つの翼が、その役割を全うしました。長年小松空港と那覇空港を結んだ日本トランスオーシャン航空 Boeing 737-400が、11月13日をもって小松線での定期運航を終えました。明日からは、JTAの新しい翼Boeing 737-800が就航します。こうして小松空港の歴史の1ページが静かに閉じられました。長年にわたる安全運航、お疲れ様でした。小松空港 JTA Boeing 737-400メモリアルFarewll! [続きを読む]
  • 秋の色
  •  秋が深まる今日この頃。小松空港周辺もつかの間の秋の色に染まっていますが、背後に見える白山の山頂には冬の訪れを告げる積雪がり、冬の足音が近づいています。 [続きを読む]
  • シップへの道
  •  空港のPBBには、それぞれに空港によって個性がありますが、新千歳のは私とって好きなPBBの一つ。飛行機より、どこか宇宙船への搭乗通路のようなデザインが個人的に好きで、この通路と機体を絡められるフードコートはお気に入りの場所です。 [続きを読む]
  • 虹の窓
  •  撮影を終え、小松に帰るために搭乗待合エリアへ。すると外は通り雨、窓を打ちうける雨粒を見ながらのんびりと待っていると、日の光が差し虹のアークが出現。撮影したいところですが、窓は通路を挟んで向こう側。そこで窓枠を入れて撮影し、窓からの風景として表現してみました。千歳撮影のラストとしてよい光景を見られました。 [続きを読む]
  • 地上目線で見る新政府専用機
  •  一夜明け、早朝から空港へ。デッキで民間機を撮影しているとイヤホンから「シグナス」のコールサインが聞こえました。どうもフライトではなくグランド訓練を行うとの事だったので、誘導路ポイントへ移動。移動の途中の通路から一枚。空港の道路案内を入れることで千歳感を持たせてみました。そしてポイントに着くと、新政府専用機はタキシングの訓練を繰り返していました。機体を真横から改めて見てみると、他の航空会社のウェー [続きを読む]
  • 新777&現747政府専用機が飛ぶ今だけの光景
  •  翌朝、朝から来たのは千歳基地のランウェイ36Rエンド。新千歳には何度も訪れていますが、基地側のポイントに来たのは初めて。お目当てはもちろん新政府専用機であるBoeing 777-300ERと現Boeing 747-400。導入されたばかりの777と来年退役を控える747が飛び交うのは、この半年間だけなので今回千歳を訪れました。まずは新型のBoeing 777-3SB/ER 80-1111が訓練飛行へテイクオフ、誘導路工事のため南風時は18Lは離発着には使わない [続きを読む]
  • 雨の生コン
  •  レンタカーをピックアップすると、曇り空から一転土砂降りの雨。とりあえず予定どおりに生コンポイントへ。土砂降りの中、小松から持参した脚立に乗って撮影開始。ずぶ濡れになりながらの撮影、すでに冬の足音が近づく北海道では寒さを感じます。その寒さと引き換えに水渋りリバースを間近で撮影できるのも、このポイントの魅力です。降り続いた雨も夕方には止み、日も覗きました。これにて初日の撮影は終了、明日はいよいよこの [続きを読む]
  • 北の大地へ
  •  ひさしぶりの遠征、行先は北の大地、新千歳空港。新千歳へのフライトはNH1173 Boeing 737-881 JA52ANC4からのランウェイ06デパーチャー、海の青さが美しさを感じられます。高度37000フィートの空、地球の丸みに成層圏のダークブルーの空、絶景としか言いようがない光景です。そして機体は北海道の大地の上空に、あいにくの曇り空の新千歳空港に到着。今にも泣きそうな空ですが、荷物を引き取りレンタカーを受け取って、撮影開始 [続きを読む]
  • 能登の地で翼を休めるYS-11
  • 日本航空高等学校には、現在4機のYS-11が保管されています。これほど多くのYSを保管しているところはなく、まさにYSの聖地です。こちらは高松からフェリーされたエアラボのYS-11。唯一動体保存されている機体です。機内も見学でき、コックピットへ。グラスコッピットがメカなら、こういうアナログは機械という感じを覚えます。機体の内外を隅々まで見られて満足でした。 [続きを読む]
  • 小松空港にロシアから三頭のハヤブサが降り立つ
  •  昨夜、ひっそり小松空港に降り立った一機のヒコーキ。Tatarstan GovernmentDassault Falcon 8XRA-09606ロシア連邦を構成する共和国の一つであるタタールスタン共和国、その国の大統領であるミンニハノフ大統領が来日に使用したタタールスタンの政府専用機であるファルコン8X。機体はダッソーのファルコンシリーズの最新機の8X。この機種自体がレアで、しかも三発機、そしてロシア機!ロシア機が小松に来たのは、イルクーツ [続きを読む]
  • 能登の空に華麗に舞う赤い翼
  •  この週末、能登空港に併設する日本航空高等学校の航空祭が行われ、イベントの一つとしてREDFOX Airshowsによるアクロバット飛行が披露されました。機体は曲芸専用の複葉機 Pitts Special S-2S N8061J パイロットは高木 雄一氏フライトは午前と午後の二回行われ、華麗なるアクロバット、背面飛行、コークスクリューやナイフエッジなどが飛行されました。言葉を失う飛び方というのは、こういうフライトのことなのだと感動に酔い [続きを読む]
  • 天皇皇后両陛下のロイヤルフライト
  •  福井国体開会式にご出席のため福井県を訪問されていた、天皇皇后両陛下は台風接近のため一日早く、小松空港から御帰京されることに。JAL Boeing 737-846 JA306J羽田空港から任務機がフェリーされてきました。今回のお召し機、JALが運航します。予備機としてJA307Jも飛来し、両陛下のご搭乗を待ちます。来年退位を控えた陛下にとっては、これが石川県での最後ご公務になると思われます。 [続きを読む]
  • 小松基地航空祭2018 あとがき
  •  あとがき、と言っても特別塗装のイーグルの紹介を忘れていたのでご紹介。今年も303 306とも特別塗装のイーグルを製作し、人々を魅了していました。303はドラゴンの鱗をモチーフにした、303らしいシックなデザイン。どこかガーリーエアフォースのドーターを感じさせます。そして306はいつもどおりにド派手に、尾翼に勧進帳の登場人物を描いたデザイン。歌舞伎だけに粋な機体です。これらの機体は、既にノーマル塗装に戻り通常任 [続きを読む]
  • 小松基地航空祭2018 結び
  •  ということでお送りしてきた小松基地航空祭2018。比較的天候に恵まれた予行に、悪天候予報を覆した青空の本番と近年では恵まれた天候でした。そして航空祭開催に携わった隊員はじめ関係者の皆様に感謝を意を示し、今年の航空祭は終了とさせていただきます。それでは、また来年。 [続きを読む]
  • 小松基地航空祭2018 去りゆくエアライナー 新たなエアライナー
  • 今回の航空祭も、民間機を基地側から狙います。そして今年は見納めになる光景がJTAのBoeing 737-400、長らく小松⇔那覇を結んでいた翼も今年度で退役。小松線も11月15日からBoeing 737-800での運航となります。なのでこの小松空港のターミナルバックも、これで見納め。来年はウイングレットを付けた、うちなーの翼の光景になります。そして去る者もいれば、新たな者も。一見、普通のANAのBoeing 737-800ですが、これは新受領された [続きを読む]
  • 小松基地航空祭2018 FINAL F-4 Phantom
  •  今回の小松基地航空祭で注目された機体の一つがこちら茨城県百里基地の第302飛行隊のスペシャル塗装。引退を間近に控え、製作された白ベースに部隊マークの尾白鷲が描かれたデザインは、近年の特別塗装にないファイナルにふさわしいド派手な機体となりました。今回の航空祭、もしかしたらF-4(RFはもうしばらく大丈夫かな?)を小松で見られるのもこれが最後になるかもしれない。そんな最後になるかもしれない、にふさわしく岐阜 [続きを読む]
  • 小松基地航空祭2018 アグレッサー
  •  いよいよ始まった航空祭。天候は予報に反して雨は降らず、青空も見えた天候となりました。しかし南風の24運用、低い雲により一部内容を変更してのフライトとなりました。そんな航空祭を複数に分けてご紹介していきます。今回は頭おかしい(褒め言葉)ぶっ飛びのフライトをするアグレッサー。機動飛行はミノカサゴと夏の新色の2機で行われました。これぞアグレッサー、低い、キレキレの旋回、低速での機体コントロールと最高の [続きを読む]
  • 小松基地航空祭2018 予行2
  •  小松基地航空祭まであと4日。予行(ブルーを除く)も昨日で終わり、あとは本番を迎えるだけとなりました。今年は予行の日に休みが取れ、なおかつ空にも恵まれたので数年ぶりに充実した予行となりました。肝心の天候は、台風は避けられそうですがスッキリとしない予報ですね。はたして天はほほ笑むのかな。そして今回の予行でのベストショット。引き起こしの際に背中に、まるでフェアリーのような羽根状のベイパーを羽ばたかせた [続きを読む]