YOSHIRJNK さん プロフィール

  •  
YOSHIRJNKさん: THE Contrail in KOMATSU
ハンドル名YOSHIRJNK さん
ブログタイトルTHE Contrail in KOMATSU
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yoshirjnk
サイト紹介文小松空港を中心に撮影した旅客機の写真・動画のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2011/01/13 21:56

YOSHIRJNK さんのブログ記事

  • ラインナップ
  •  とある夜の小松空港。離陸のためのランウェイにラインナップする777、躍動感を出すためスローシャッターで機首を止め、尾翼を振らせた一枚です。 [続きを読む]
  • 真正面のシーズン
  •  秋なのに暑さを感じる今日この頃ですが、太陽だけは徐々に低い軌道で周るようになっています。そうすると夕方、ランウェイ24にアプローチする機体には、正面方向から西日が当たるようになり、機体の細部まで写し出せます。今日撮影した新千歳からの767、普段はA321ですが団体客のため767にサイズアップしての運航でした。そしてこの機体のCF6-80C、左右でバードストライク対策の目玉ありなしが特徴でもありました。エンジンブレ [続きを読む]
  • スポットライト
  • 9月のとある日の夕方。小松空港へ向かう最中、毎年水田ショットを撮影するポイントに差しかかると、そこに広がる空に何かを感じ車を停めました。もうしばらくするとNH755のB777がやってくるので、何かしらの予感がするこの空に向けカメラを構えました。雲の隙間からわずかに差す光が、トリプルのメインギア付近のみを照らし出しシルエットでありますが印象的な一枚となりました。いい予感とは大抵外れると言いますが、この時は当た [続きを読む]
  • ゲゲゲの米子空港
  •  今週は、とある空港を初めて訪れてみました。その空港は米子空港、正式名称が美保飛行場そして郷土の漫画家水木しげる氏にちなんで、米子鬼太郎空港という愛称で呼ばれています。空港ターミナルには展望デッキがあり、金網ですが、撮影用のレンズ穴があり駐機している機体や離発着を撮影できます。ターミナルは07エンドの側なので、離発着が終始追えないのが難点です。そしてもう一つの撮影ポイントが、エプロン脇の第二駐車場。 [続きを読む]
  • さようならサバ
  •  本日、787就航特別塗装を身にまとって運航していたANA Boeing 787-8 Dremaliner JA802Aがリペイントのために伊丹空港に空輸され、これにてサバと呼ばれてきた特別塗装はJA801Aに続き二機とも姿を消すことになります。世界初就航ということで初号機と二号機にペイントされたこのデザイン、そのラインからかいつしか「サバ」と呼ばれるようになり、国内・国際線両方で運航されました。JA801AJA802A就航当初は2機とも国内線で運航 [続きを読む]
  • アイベックスの翼は700NGに受け継がれる
  •  本日、アイベックスエアラインズのCRJ-200 JA03RJがラストフライトを迎えました。これでアイベックスのCRJ-100/200型が全機退役となりました。JA01RJJA02RJJA03RJJA04RJ個人的には700NGよりも100/200の方が思い出が深く、特に成田遠征では数多く搭乗しました。かつてのダイヤで可能だった朝に小松→成田へ行き、午前のラッシュから夕方ラッシュまで撮影し、成田→小松で日帰り撮影、たまに機材トラブルで欠kこれでアイベックスエ [続きを読む]
  • トリプルの離陸
  •  航空祭シーズン、イーグルを狙っていましたが合間には、きちんと旅客機を撮影。なかなか撮れなくなった日中のトリプルの離陸。この日は朝のNH754が機種変更となり、久しぶりにデッキでその姿の撮影となりました。既に日没が早くなり、トリプルが頻繁に運用されるNH755/758は日没以降の離発着となり、またしばらく明るい時間帯にお預けです。 [続きを読む]
  • 長年の経験と感がたよりのカーゴルクス
  •  土曜日の撮影より。この日はひさしぶりに特別塗装のLX-VCMが飛来。そこで離陸をスカイパークで撮影することに。ただしここで大事なのはどこで?どんな構図を撮るか?この日のカーゴは多めの貨物を積載、風は弱いクロスウインドなどを考慮すると、離陸はタワーを超えた時点になり、アンカレッジ便のような低い上がりになると予想し、タワー前で構え、体を飛び立つ方向に向け後追いを狙うことに。予想通りアンカレッジ並みに引っ張 [続きを読む]
  • 新エンジンを搭載したエアバスの翼
  •  残念ながら中止なった航空祭、しかし私にとっては今日が航空祭でした。ANA Airbus A321-272N JA131A先週の初飛来を逃したA321 neoをようやく初撮影。まずは型式の画を撮影するかと24でシャッターを切ろうとしたら真横になる24エンドの道路上だけドンピシャのタイミングで陰りました。小松の空の神様は「初回の撮影で順光・青空バックの画を撮らせるかよ」と相変わらず意地悪です。存在Xに災いあれではこの機体のメインであるエン [続きを読む]
  • ランウェイ24の練炭
  •  航空祭も終わりましたので、本業の民間機の撮影に復帰。狙いはNH758のトリプル、今日はランウェイ24運用なので以前06で練炭を撮影したので、今回はより機体から近い24エンドから狙いました。ブラストに揺らぎぼんやりとですが、バーナー色を捉えれました。まだまだ突き詰めていかなきゃいけない画です。 [続きを読む]
  • 航空祭が近づく小松、しかし雲行きは怪しい
  •  小松基地航空祭まであと4日。先週から予行が行われ、空港周辺には多くの人々が撮影に訪れ、連日プチ航空祭状態でした。そんな中、普段は旅客機を撮影する私ですが、航空祭の期間はイーグルを撮影することにしています。普段撮影しないイーグルなどの自衛隊機の動き、そして情景派なのであまり機体を追う撮影することはないので、四苦八苦です。今年の予行は、比較的に天気に恵まれた方かと思います。しかしそこは小松、現在台風 [続きを読む]
  • 新装備ハーフNDフィルター
  •  以前から夕陽や夕焼けショットを撮影していますが、夕陽や夕焼けを撮影するには露出をアンダーにしないといけませんが、そうすると機体が真っ黒なシルエットになってしまいます。停まっている機体ならカメラのHDRで撮影できますが、複数の枚数を撮影するこの方法では動いている機体では出来ません。そこで動いている機体に対応するために導入したのが、ハーフND8フィルター、画格の必要な部分にだND効果を掛けることができる小道 [続きを読む]
  • 小松空港で撮影した練炭ジェット
  •  日没が早まったことで、出てきた課題である練炭ジェットの撮影。練炭現象が起きやすいトリプルが、NH758で運航されている今がチャンスなのですが、条件としてフローコントールが掛かり離陸が遅れることで、暗闇の時間の離陸と滑走路上での離陸待機があるので、毎日チャンスがあるわけではありません。そして管制官の「クリヤード、て」でパイロットはスラストを入れるので、この文言が聞こえた瞬間にシャッターを切らないと1秒に [続きを読む]
  • グレージャンボ
  • 昨日の小松空港。航空祭の予行もなく、本業の民間機の撮影に戻ることに。さてカーゴルクスの上がりをどうするかと、考えていくとイーグルがベイパーを曳きながら離陸して行くのを見て、これならカーゴも曳くのではと考え、06エンドで構えることに。予想通り両端から長くベイパーを曳いてくれました。グレーの明暗もいい感じでした。 [続きを読む]
  • 夜間離陸
  •  夜の訪れが一日一日と早まり、闇の中でカメラを構える時間が長くなっていきました。いつかは小松で伊丹のような練炭ショットを撮影してみたいですね。 [続きを読む]
  • トワイライト・ジャンボ
  •  本日の小松空港は、晴れ渡った青空の一日となりました。期待されていた航空祭の予行は、小松市内の学校の始業式もあったせいか行われませんでした。でもこの晴れ渡った空の夕暮れは期待できると、空港そばで待機していました。日没時間、西の空に明るさが残る中シルクウェイがプッシュバック。機体がトワイライト空の色を染まり、機体のフォルムが優雅に輝いた一枚となりました。シルクウェイ、カーゴルクスの上がりも陽のある内 [続きを読む]
  • 黄昏の空
  •  本日の小松空港。トリプルの上がりをどう撮るかを試行錯誤していると、日没方向の空が晴れてきたので、黄昏のグラデーション空に舞い上がるトリプル。NH758の撮影は、徐々に夜のステージとなっていきます。 [続きを読む]
  • 黄金色の季節
  •  8月ももうすぐ終わりを迎え、秋の足音が聞こえてくる今日この頃。空港周辺は実った稲穂の絨毯が広がり、収穫の時を迎えています。航空祭の予行が始まりますが、稲刈りも始まりますので多くのコンバインやトラックが行き交いますので、空港の周辺での撮影は、事故などトラブルに気を付けなければいけない時期でもあります。 [続きを読む]
  • C3-PO
  • ANAのC3-PO Jet、就航以来何度か撮影してきましたけど、どうもこの機体のベスト角度が定まらずヤキモキしていましたが、撮影した瞬間に、あぁこの角度だ。同じ右ターンでも小松では近くてSTAR WARSのロゴが主翼で隠れますが、羽田のデッキの高さとこの距離が絶妙の一枚でした。 [続きを読む]
  • ナイト
  •  羽田空港への到着。そこではガラス越しにエプロンに並ぶ機体たちを撮影するチャンス。この日は夜の到着、エプロンを見渡すと最終便として各地に機体たちが飛んで云った後で閑散としていました。出発準備中のA320、この時間になっても眠らない大空港の羽田です。 [続きを読む]
  • ANA A320は撮らなければ
  •  最近の小松空港は、ANAのA321ceoが新千歳便に入ることでA321に関しては日常的に見られますが、A320については機材繰りなどでしか飛来せず、希少な種となっています。そんな今では貴重になったA320の飛来した先週の火曜日。この日は大韓のホノルルチャーターを撮影しに空港へ行くと、A320がNH755/758で飛来していたので06上がりを流し気味で撮影。貴重な撮影機会としてこまつドームなどの小松の背景で撮影してみました。これから [続きを読む]