高砂ハチ さん プロフィール

  •  
高砂ハチさん: 高砂ハチの絵とか本とか
ハンドル名高砂ハチ さん
ブログタイトル高砂ハチの絵とか本とか
ブログURLhttps://ameblo.jp/takasago8/
サイト紹介文消しゴム版画で作った絵本掲載してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2011/01/15 21:04

高砂ハチ さんのブログ記事

  • 日本酒カクテル&手作りポン酢
  • 瓶の中に、左は、角砂糖、シナモン、レモングラス、ハーブミックス。右は、みかんの皮やいろんな魚の鰹節的なの、ローレル、レモングラス、鷹の爪などいろいろ入っています。そこに左は日本酒、右はお酢と醤油をトクトク注ぎます。春に戴いて、なんて楽しそう、ゆったりしたら作ろう!と思っていたら、ゆったりしないままポン酢セットは少し期限切れていた。まぁ、すべて乾物だからいけるでしょう。子どもの頃、瓶三本に水と草を [続きを読む]
  • ダサいタオルにシフトする。
  • やっとダサいタオルにシフトする魂の準備が整いました。一人暮らしの頃は、ホテルっぽい分厚いアースカラーの無地みたいなのん好んでいましたが、あれ、かさばるし乾かないし、ファミリーでは現実的でない。その後も「実家にあるようなタオルは御法度」で、妥協してまぁ北欧風?とかね。でも私、何々酒店、など印刷してあるペラペラのタオルが一番好き。吸い込む、乾く、かさばらない。100均やホームセンターなどなかった子どもの [続きを読む]
  • 腐敗と発酵の狭間スリリング。
  • 見守った豆乳での初ヨーグルトメーカー。無事逆さまにしても落ちないほど固まってくれました。しかし!あれあれ?表面が薄いピンク色で、青カビチーズに似たツンとくる香り、、、腐ったか?腐ったのか?豆の汁と乳の汁43℃で長いこと温めたら、普通腐るよなぁ?調べてみると、他の雑菌入り込んで腐った説、いいえそれは豆乳の栄養素アントシアニンのせいだから大丈夫説。ピンク色のところ捨てて食してみました。大丈夫腐ってはい [続きを読む]
  • 2019の手帳。
  • ギリギリまで楽しく迷うつもりだったけど、あらやだもう本当にないと困る時期に。で、候補と全然違うこのシンプルなのにした。コンパクトながら無駄なく書き込める。やはりペイジェム最高。今年は〜まぁまぁだったかな。もはや普通の判断基準が不明だからわからないけど、生きてるし、スコーン焼いたし、まぁまぁだろう。あと2ヶ月もまぁまぁかな。イベントもちらほら。さて来年はどんな一年にしよう?もなにも、中2と高2のママ [続きを読む]
  • 今年は早くも冬季鬱終了あはは。
  • 春から夏の間すっかりいなくなっていた水鳥たちが戻ってきた。おかえり。オオバンはまだ大陸にいるのかな?そろそろ渡ろうかな〜と計画している頃かな?去年初めて来た白いアルビノオオバンは、また来るかな?見かけによらずけっこうイケズで、縄張りを主張し過ぎ凶暴なのでいつもひとりぼっちだった。池がいっぱいだから違う池に行くかもね。白バン。ちょっと期待してるよ。この数日で私もまた戻ってきた。台風続きに急な気温変 [続きを読む]
  • 今年最後のプルメリア
  • 涼しくなってから、もとの黄色に、もともとより黄色よりになりました。嬉しかったな。初めてのプルメリア。越冬のお世話がんばるぞ。まだ遠くのはずの台風の影響で風が強い。今朝の夢見最悪だった、、、金木犀金木犀さて寒くなる前に行楽らしきことひとつ。どこへ行こう。どこもときめかない。10月は駄目だ。何にもしないでパラマウントベッドで世界の車窓からみたいなの延々見ていたい。世界の路地ビデオあるかな?大きい犬、猫 [続きを読む]
  • 人生の目標みたいなのを思い出した。
  • 一番好きな場所を見つけること。路地、空き地、塀の跡、見慣れぬ植物、乾いた土、小川、湖もしくは海、道、大きな石、岩、火山、松林、それらがぴったりと理想的に収まり、或いは理想を超えた展開で構成された土地がきっとどこかにあるはず、と思って五歳位から歩いていることを思い出した。ここ近畿から故郷九州のどこかにあれば、生きているうち歩けるうち見つけられる可能性はある。外国と小さすぎる離島はもう面倒くさいのだ [続きを読む]
  • 2018年残り100日の運勢(これでも中吉なの?)
  • 残り100日の運勢は・・・残り100日運勢みくじをひく2018年ラストスパート!あと100日でしたいことは? って、失敗するのかよ。願うだけで宇宙が叶えてくれるってアイコンが本人の視線は空見て微笑んでいるスピリチュアルカウンセラーさんよく言うけど私の残り100日には当てはまらないのかよ。ちぇ。気持ち切り替えるって諦めろってことか、まぁ恋愛運とかどうでもいいけど。特に何事もない日もなんでもいいからこんなふうにブロ [続きを読む]
  • 十才の鯰のおとむらい。
  • 約10年共に暮らしたセルフィンプレコがしんでしまった。写真は二年前。今は、最大50センチになるという、その大きさになっていた。うちに来た時2〜3センチ。長男の8才のお誕生日にねだられて飼い始めたから、お婿に行くとき連れて行けよ、と最長寿命まで生きることを疑わなかった。ここまで雑に育てて大きくなったから、少々のことではしなないと思っていた。10年間リビングに居たから、家族の識別、言葉の理解も出来ていたかもし [続きを読む]
  • 夢で西牟田と連呼するも
  • さて、ここ奈良も台風らしい雨風になってきました。体調悪いのも気候が過酷なのも普通になってきて、特に記録しておくこともない。また夢での出来事でも記録しておくか。どういう流れか忘れたけれど、西牟田、西牟田と言って、漢字もこうだなと確認していて目が覚めた。はて?そういうときは起きてすぐ検索してみる。我が故郷の割とそばにある駅名だった。しかし大牟田はもちろん知っているが西牟田など聞いたことも行ったことも [続きを読む]
  • もう本当に暑いのつらい。
  • 寝るのが嫌だから暑さの愚痴でも書いておこう。暑くて暑くて、この頃は少し涼しい時もあったりするけれど、やっぱり暑くて、息が苦しい気持ちが悪いもううんざりだ。冷房の部屋にずっといても、身体は外の暑さを感知しているらしく、ちゃんと夏バテする。夏バテ?今年はそんなものじゃないね。そもそも奈良の蒸し暑さに辟易してじゅうぶんに限界だったところへこれだ。自律神経やられて、気温と体感が合っていない。毎晩眠るのが [続きを読む]
  • わたしの犬の夢を見た。
  • 山の中のパン屋の裏の料理屋の庭にわたしの犬が居るらしく、わたしは数年ぶりに会えるのが嬉しくてうきうきと山を登って行った。パン屋のおばさんにたずねると、やはり裏に居るらしいが、声も気配もないことに不安になる。あんなにワンワン言っていたのに。はたしてわたしの犬は居た!覚えているかな?と手の匂いを嗅がせ舐めさせてみると、劇的な喜びなど示さないものの、拒否もせず、不思議そうな目でじっとしている。思い出し [続きを読む]
  • 花鳥魚水風月
  • 暑いね〜台風も来るね。こっちに来るみたい。蝉!早朝から蝉すごい!うるさいけど嫌いじゃないよ。さて私の初めてのプルメリア同じところから咲いたのに、黄色だったのに、今回赤い。他の蕾も赤い。なぜだらう?南国の花にも暑すぎた!?過保護に肥料与え過ぎた!?何色でもいいよ。次々咲いてくれて嬉しい。右上の写真は、スマホを防水ケース、と言っても極簡易的なビニールのに入れて、水没?させて撮りました。大丈夫だったけ [続きを読む]
  • 初めて眠る部屋の不思議をどう表せば。
  • 旅行と引っ越しが好きだ。特に初めて扉を開いて入るとき、どうしようもなくときめく。豪邸やベッドの上にベッドカバーで芸術的な折り紙みたいなのして花置いてあるようなホテルは違う。それはそれでいいけれど、このモヤモヤするときめきは、そういうのでは駄目で、パラレルワールドでは、私ここに住んでいるし。みたいな生活感のある建物がいい。それが現実より生活水準としては良くはないとしても、そもそもパラレルワールドの [続きを読む]
  • 新しいお友だち。
  • 数日前、冷房つけていても寝苦しく、am3:30に起きて、今日という日はどれだけ暑くなるのだろうとスマホで天気予報など見ていたら、「晴時々曇」という文字列の美しさにはっとして、いや「曇時々晴」の方がより美しい、などと打ち込んでみたりしていると、串田孫一、と出てきた。私の中で未知の作家。調べてみるとなんだか好き。しかしあまりに多岐にわたってのその仕事、どこから近づけばいいのかわからず、取りあえず図書館で一 [続きを読む]
  • 生命のキキッ
  • ほんたうに予報どうり38℃になってしまひました。プルメリアは一昨日このような完成形になりまして、朝顔なんかと違って長くもつものですね。朝顔もとても好き。立派な大輪もきれいだし、小学校の中庭にずらりと並ぶ名前の書いてある鉢の頼り無い朝顔も好き。蕾付きを買ってきたとはいえ、我が家で初めて咲いてくれたこの花が可愛くてたまらない。蕾のひとつは落ちてしまった。まだまだ咲いてくれるのか、最後のひとつかわからな [続きを読む]
  • 或る日の子ども部屋。
  • この暑い最中大掃除をしている。もう限界。片付けないと物理的にも心理的にも一歩も進めない。で、やり方としては引っ越し並み、それしか出来ない。毎日少しずつ、というのが出来ない。全部出す。全部出してから1からやる。片付けというのは人生だね。難しい。いろいろ出すと、写真、出てくるよね〜子ども達どの写真もとても楽しそう。入院中とて楽しそう。楽しい子ども時代の思い出をいっぱい作ってあげる、と明確に意識して最 [続きを読む]
  • 奈良でプルメリアは無謀承知で。
  • 地球上で一番好きで、私にとって特別な花、プルメリア。嗚呼プルメリアよ。冬は雪は少ないくせに変なふうに寒く、夏は暑いが雲が低く眩しい程の光は届かないここ奈良で、しかもことごとく園芸の才能に乏しい主の東向きマンションベランダで果たして咲くのか?と、いつも画像を見ては諦めていたところすでに蕾付きで好みの枝振りがひょっこり特価で売られていたから、買ってしまいました。越冬させる自信はないけど、がんばるよ。 [続きを読む]
  • 地震怖かったな。
  • 2011311以来のガタガタいう大きな地震だった。あれから何日?3日か?何しろ日本人なにがあろうと通常貫くから、普通に普通のことでも忙しかった。今になって物凄い疲労感。しかし地面があんなに動くって単純に興奮するわ。もうたくさんだけど。ほんともう勘弁して。天国を描きたい。闇も描きたい。闇は案外に滑稽で愉快かもしれない。 [続きを読む]
  • 懐古趣味が止まらない。
  • 良いTシャツを見つけた。でも駄目だなぁ、もっとプリントがズレて、目の焦点合わなくなってなくちゃ!ドットの荒い、版がズレた絵はいいねぇ。点々目視出来る位のカルタとか。これは今のTシャツだけれど、この頃の私は昭和の布や変な木彫りなどをせっせと買っている。昭和の大胆で意味のない自分勝手なはっちゃけたデザインがたまらない。今のはまとまりすぎている。骨董屋やリサイクルショップは、おかしなエネルギーにやられて [続きを読む]
  • お茶目な襤褸。
  • 死ぬまでに行きたいところどれだけ行けるのだろう?作りたい物どれだけ作れるのだろう?単純に残り時間だけ当てはめることはできない。側にいるじき死にゆく人に少しでも楽しい思い出を、これから輝く人に出来るだけの手助けをしなければならない、というかそうしたいのだ。私の作る、形状的にも意味存在結果的にも「お茶目な襤褸(らんる、ぼろ)」は、現在優先順位③〜④番目。そして心身のたびたびの故障期間差し引いてみると [続きを読む]
  • 陽水のリフレインが叫んでる
  • これは、もう元の歌とは全く別の歌に聞こえる。ふと耳に入り、ふるえた。一昨年だかコンサート行ったときはこれを聴いたのかな?いやどうかな。聴いたとしてその時はこんなに響かなかったのだろう。もちろん原曲も遥か昔耳にしていたが何も感じていない。ちょうど今、なのだろう。枯れてきた今、実際はドロドロだった恋愛を都合よくきれいな思い出に記憶を操作できるようになった今。陽水さんは国宝だ。この声。中学一年生の頃、 [続きを読む]
  • アベノハルカスとキリン
  • 五月三日、天気予報は気温は20℃前後、曇りと出ていたので、暑いの苦手なので、今日しかない、と、天王寺動物園に五年?六年ぶり?に行ってきました。入り口周辺に放置?されてた壊れかけのカブトムシオブジェはなくなり、駅からの道中お洒落なお店がたくさん出来ていて、動物園内もきれいになって夜行性や爬虫類の建物の中の香りもソフトになっていた。前回、作っている途中のハルカスをバックにキリン見たなぁ。コウモリとハイ [続きを読む]
  • エーテル体が迷子
  • 春の学校関連の面倒くさい全く無駄な不毛な行事が片付き、ほっとして魂が抜けた状態になり、体温と外気の差のストレスもなく、身内の心配事もひとまず小休止、珍しく脳もフラットで、(脳フラットだと何も作らんでも済むね。どっちがいいのやら)行きたい所があちこちあって、または行った所を思い出したり、物質的な身体は日常生活を送りつつ、私の層の半分くらいは何処か行ったきり、この数日帰って来ないのです。まぁ、スケジ [続きを読む]