高砂ハチ さん プロフィール

  •  
高砂ハチさん: 高砂ハチの絵とか本とか
ハンドル名高砂ハチ さん
ブログタイトル高砂ハチの絵とか本とか
ブログURLhttps://ameblo.jp/takasago8/
サイト紹介文消しゴム版画で作った絵本掲載してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2011/01/15 21:04

高砂ハチ さんのブログ記事

  • 光りが足りない。
  • 雨や台風好きだよ。天気予報は何故いつも不幸のように伝えるのか?山や蛙が喜ぶ。しかし、こうも連続雨天曇天は用心、冬季鬱に捕まる。日照時間少ない国は、公共施設なんかに光療法に使うライトが設置してあるらしい。国の生産性上がるよね。自★者も減る。曇天でもいくらか光りは届いているから、お外へ出て徒歩で振り切る。車のCMに使われてる曲(は、だいたい自分いけてる気分になれる)を聴きながら馬鹿みたいに歩く。今年は四 [続きを読む]
  • 動揺してしまう絵。
  • 古布、どのくらい昔の子供の着物だったのだろうか?他にも電気スタンド、ミルク樽?、マルチーズ?いかにも当時新しいと思われた図案が配置されています。これを見た瞬間痺れた。バイタル乱れた。美術の教科書に載ってる有名な絵画観に行ってもこんなに乱れたことはない。届くまで待ち遠しくもあり、はたまた出所のわからない怖さもあり、実際今おののきわなないている。我がものにしたかったけど手に余る。どうしたらいいのだろ [続きを読む]
  • 音楽聴くと左胸が痛い。
  • この頃好きな音楽をヘッドフォンで聴くと、直に来すぎて左胸が痛くなり、不整脈になり困る。おそらく音と脳の電圧が合っていない。外国で変圧器で日本製使って、使えるけど、これ長く使うと煙り出そう、て感じのあれ。要するに自分衰えている。思うに感動への感度、許容量は14~17才位がピークな気がする。戻りたいとは思わないけど。写真は野良金魚。夏祭りの余りを人口小川に放流するみたい。結構強い流れに鍛えられ、もう立派な [続きを読む]
  • マンドラゴーラ草、いぬ、バラン。
  • マンドラゴーラ草、またの名をマンドレイク。魅力的な植物。石を彫りました。坊らはそれぞれ夕方秋祭りに行くらしい。せっかくだから、いつもと違う感じで女子たちをハッっとさせるがいい。そうだ祭りだヤンキーぽくしてあげようと、スウェット、パーカーぽいのを組み合わせ、フードはかぶっとけ、首を蚊から守れるし、よりヤンキーぽくなるから、財布は持たずに、ポケットにてきとうにジャラジャラさせとくんだよ!座る時はこう [続きを読む]
  • 寒いと言う日が来るなんて。
  • あんなに暑かったのに、急に寒くなって、もう何十回も繰り返しているのに、はて、この時期なにを着ていたっけ?と困っている。薄着で寒い寒いと言うより術がない。この秋は、中1次男にいよいよ冷たくされ、懐かしい失恋に似た苦しい寂しさを時に本当に涙を浮かべ黄昏ている。いつもいつも一緒だったのに。こんなことではいけない。ダンス教室に電話した。私、踊るしかない。 [続きを読む]
  • 15夜20年ぶり再会。
  • 奇跡のタイミング重なり、BoBAこと田中要次さんと20年ぶり再会。なのにいきなり行基さん像の前で、ラインの文章わかりづらい、え?どこが?と言い争うという。。。私、大人になろうよ。ご活躍なBoBAちゃんのオーラはすごくて、引き籠もり主婦はエネルギーあたりしたよ。楽しいお話しありがとう。なんか、いろいろまだまだがんばろうと思った。さて、洗濯物干して運動会見にいかないと。 [続きを読む]
  • 狂気を操作調節出来る一瞬。
  • ものすごく絵が上手くて心身健康な人の造るものは、うまいなぁとしか感じない。もったいなくて、あぁこの人の生い立ちにドラマチックな不幸さえあれば、などと好意で不幸を望むというおかしな気分にさせられる。かと言ってトラウマや病みを思い切り出してるのも、あーそれ系ねもうお腹一杯です、となるし、結核だから言語中枢が活発化するのか、言語中枢が活発化していると結核になりやすいのか?どっちが先?というような、ね。 [続きを読む]
  • 枠、規制があるほうが自由になれる。
  • 篆刻用の石、3.5角、かなり大きい。大きさ比較の為、我が家のバイブル置いてみました。何だろう枠があると安心してより自由に弾けられる。消しゴム版、木版で満足いかない理由は、その軟らかさ。活版の凹凸、滲み、を愛している。ギュウウウと押したいんだ。版画と言うより判子が好きなのかも。この石はちょっと希望と違ったけれど、お稽古用にカリカリ彫ります。依然楽しいが続いている。しかし日照時間は確実に減っているからね [続きを読む]
  • 寄せ植え欲求。
  • 毎日花屋を覗いていました。秋から冬の間、手間要らずで、日々わぁ~っと咲いてくれる花を探していましたが、しっくりくるものが無く、そうだ寄せ植え、だ。と。そうなると、毎日スルーしていたのも急にキラキラしだして、ぱぱぱっと四種類選んで満足♪ん~似合う鉢がない。プラスチックでもいいかなぁ。割と本気でミニマリストなるもの目指しているのに、もう気紛れにモノを増やしたくない。白いの、真珠の木、だって。かわいい実 [続きを読む]
  • おお我の手、宇宙に繋がる。
  • それはそれは大きな大きなスマートフォンに新調しました。手にした瞬間、ん、いい奴、と感じた。しばらくよろしくな。パソコン代わり。もうねー、マウスの上に指を微妙に浮かせて待機させるのがとても疲れるから!!あれみんな平気なの?人差し指から首まで疲れて頭痛に到達するのだけれど。作りかけ放置の袋類の中にどれか合うのないかな?と、一番大きいのに入れても残念頭が出てしまう。作品的には一番お気に入りの右のシマシ [続きを読む]
  • 秋は動物園に行くんだ。
  • 10月の坊らの試験が終わったら、動物園に行くんだ。高校生と中学生連れた家族ってあまり見ないよね。待ち遠しい。そういうところに行くと赤ちゃんや幼児さんも同時に見る事が出来るから楽しい。幼児さんのお喋り聞いていると、日本語って美しいなと涙が出そうになる。今の時期は散歩に出ても、生き物とお花が少なくてさみしい。鴨は少し帰ってきたみたい。この秋はたくさんお出掛けして、たくさん染め物縫い物をしよう。でも今日 [続きを読む]
  • 借りたまま放置の部屋の夢。
  • 繰り返し見る夢のひとつに、数年前に借りたまま少ししか住んでいなくて、解約せず放置している部屋があることを思い出す、というシリーズがある。しかし記憶が曖昧で、鍵もどれかわからない…仲介業者も忘れた…なぜこの部屋を借りたかも忘れた…お家賃は忘れてる口座から引き落としされているのだろう。無駄だ。なんとかしないとな。久し振りに行ってみるか…という夢を見る。周辺の地形も部屋の間取りもだいたいいつも同じ。静 [続きを読む]
  • ラスト20年の願望。
  • 只今室温28度。28度というのは有り難いことだねぇ。呼吸が楽だ。今年の西日本は毎日毎日どうかしてるよ!てくらい36度で日向の体感はドバイかシンガポールみたいだったよ。夏の始めに熱中症で倒れそうになって、唯一人がいる建物に助けを求めたら、怪しい新興宗教イベントやってて、優しくしてもらいました♪お礼に行かなくちゃ…なぁ、と思いつつ、忘れようとしている…それから暑さが本当に恐怖で、冷房とタクシーを多用したた [続きを読む]
  • 魔法と悟り。
  • お伽噺でよくある、願いをひとつだけ叶えてあげる、と言われたら何と答えるか?知恵がついてくる頃になると、ひとつではなく、何でも叶えられる魔法の力が欲しい、などと考える。いや、ひとつはひとつでも、こんなズルいこと言うと、すべて台無しになるのでは?と心配になる。そして大人になった今、現実的に、たったひとつの欲しいものは、いつでも何があっても平安な心でいられること、つまりは悟り、得られなくても近づくこと [続きを読む]
  • 今宵の宿2017.8/1
  • 夏のリゾート地の賑やかで寂しくて懐かしいような感じ。こんな所にいる夢をよく見る。水遊びが過ぎてくたくた。ここにずっといたような気もするし、このいつも一緒にいる3人の人々は誰だろう?などと不思議な気持ちになる。二人は赤ん坊だったのに、この夏私が一番小さい人になった。昼食に寄った食堂にユミカオルさんと水戸黄門のどなたかの色褪せたサイン色紙が飾ってあった。明日の朝は個包装された味付け海苔を食すのだろう [続きを読む]
  • 究極の逃避手段は。
  • すべては「ま〜ぼ〜ろ〜し〜」と思い、いや信じ、自己など始めからないとし、この幻さえも100年後は幻でもない、と常に忘れずに事に対処し続けることではなかろうか。怖いこと平気になるためには。ずっとあるけど、ちゃんと読んでない本でも読もうか。あれからカタツムリは四匹捕らえたが、想像以上に食欲旺盛で、ニンジンなんか本当に美味しそうにそればかり食べて、オレンジ色のフンをし、それならこれは好きかな?これもどうか [続きを読む]
  • 青天の霹靂。
  • 自分に、いわゆる人間界で言うところの「不幸」に含まれる事象が起きたとき、それははたして「自分の」だろうか?それは誰のものでもなく、また誰のせいでもなく、雨が降ったり、四つ葉のクローバーだったり、意味もなく勝手に起こる地球と生物の「活動」と捉えてみれば、病気も老いも死も遺伝子たちがフォークダンスしている、し続けている、くらいのものではないか?気紛れに激しく踊ったり突然止めたり。研究者が自分が研究し [続きを読む]
  • 鹿アレルギー徒然。
  • 消防ポンプ収納庫、こんなにまでしなくても!とは思うけど、然るべき機関の然るべき大人たちが、こういうことをきっと真面目に良かれとやってしまうことは好きだよ。ところで私、奈良六年目、気のせいかな?春日山の特別な植物のアレルギーかな?と思っていた奈良公園あたりを歩くと高頻度で目が充血するのは、鹿アレルギー確定。検索すると、同じような疑問、悩みの質問が複数あったが、どれも気のせいとか花粉症だとか、奈良に [続きを読む]
  • 手遊び徒然。
  • セリアの手織りツールセット。100円。目的もなく遊んでみた。なるほどね。本物の織り機で、ガッシャン、シャー、シタタン、シタタン、と、やっていた頃が懐かしい。あの頃は苦行のようだったけれど、一定の苦しさ越えると訪れる無の境地、あれが欲しい。あと20年何をするかと毎日考えて何もしないで2年程過ぎた気がするのだけれど、やはり何かを作らねば、幼少期の自分に申し訳ない。完全に時が止まって宇宙の中にぽわんと浮いて [続きを読む]
  • ある対象に惹かれる受容体。
  • 息子は菌に。私は地層に行こうとしている。地層を、こう、一旦取り込んで自らの手で形にしたい衝動が少し前から来ている。たぶん布系でどうにかすると思う。地球含め宇宙には、何故だかわからないけれど、とても惹かれるものが沢山あるよね。甲虫とか貝殻草とか石鹸とか蝋燭とか、小さい頃から好きなものもあれば、地層とか鳥とか、今頃になって突如意識し始めるものもある。その流れで、若いイケメン、の魅力がやっとわかってき [続きを読む]
  • クルテクと、もやしもん。
  • 先日、一目惚れし、一旦冷静になるため帰宅し、うちの縫いぐるみさんとして来てもらうことに決めたのは、チェコのアニメのクルテクというモグラです。中1次男に見せると「ふっ」と笑い、「なんかムカつくこいつ」と言い、なぜか自分がいつも抱いているサンショウウオとカニを連れてきて、右上のように置いて行きました。顔合わせ?なんて可愛いことをするのだ。その後も他の縫いぐるみさんたちも集めて、クルテクを挟んで揉んで [続きを読む]
  • ”17歳のクロッキー帳”
  • 生物の本能として、もうじき終わる自分に時間と体力気力経済を費やすよりも、子どものスペックを少しでも上げたほうが進化に効率がいい。だから自己犠牲でもよく言う母性本能でもなく、純粋な計算でお世話させてもらっているんだけど、まぁ、大変ですわ・・・男子ふたり。興味あること以外なんにもしないから。彼らは彼らで、生物として少しでも長く守ってもらうつもりにプログラムされていて、姿や匂いがいまだに可愛い。いつま [続きを読む]
  • 愛鳥週間
  • 今日から1週間…いや、もう、ずっとずっと生きている限り鳥を愛するよ。愛鳥週間と言えば学校でポスターを描かされたねみんな。レタリングを学習する以前は、愛と鳥の字体のバランスに苦労して、何回も消して紙がザラザラになってしまった記憶。子どもの頃は、インコ、文鳥、ヒヨコを熱望して飼ったけれど、それはなんだか自分勝手な後ろめたい欲であって、鳥を愛していたわけではなかった。ここは、マンションだらけの町だけれ [続きを読む]
  • 五月に見た夢。
  • 駅のホームに大勢の人がいて、列車は出発間際。大勢の人々は予約で満席で諦めている様子。なんだか機嫌のいい私は、少しくらいキャンセル出てるに違いない、と、駅員さんに尋ねると、ほうら、やっぱり空いていた。ジリリリリと鳴り、急いで乗り込もうとすると、凄い勢いで顔をバンッっと両手で弾き飛ばされた。そこは夢ではない。実際に顔を、何者かに両手で弾かれて起きた。うつらうつらではなく、急に起こされた。あの列車には [続きを読む]
  • キリンジを知ってしまった。
  • キリンジ エイリアンズLINEモバイルのCMで流れていて、「あれ?サチモス?でも声違うな・・・」調べてみると17年も前の曲。全く知らなかった。丁度子育ての世界にいた空白の17年間。そして他の曲を聴いてみると、さよなら、Yes.No大ヒット以前の70年代のオフコース、20代の小田さんの新曲か?という感じで胸がざわざわします。やはりいわゆるオフコースチルドレンらしいです。聴きこむと、小田さんの爽やかさプラス不穏 [続きを読む]