kikakukai81 さん プロフィール

  •  
kikakukai81さん: 将棋連盟舞鶴支部(棋鶴会)
ハンドル名kikakukai81 さん
ブログタイトル将棋連盟舞鶴支部(棋鶴会)
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kikakukai81/
サイト紹介文舞鶴の将棋情報を発信します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2011/01/16 18:48

kikakukai81 さんのブログ記事

  • 役員会のご案内
  • 2月27日(火)PM7:30〜谷奥様方支部道場におきまして、支部役員会を開催致します。 役員の皆様におかれましては、万障お繰り合わせのうえご出席して頂きますよう、お願い致します。 議題は、決算報告の他、支部活動の柱の一つであります月例会行事につきまして、... [続きを読む]
  • 金メダルと新六段に拍手
  •   昨日は、ビッグニュースの連発でしたなぁ。  筆者は、職場の送別会を兼ねたお昼ごはん会に参加しておりまして、まだお天道様が高いうちから、ちょいとイッパイのつもりで〜♪ 酒夢(さかゆめ)の空間に身を寄せておりました。  と、斜交い向かいに座っておられたご年配... [続きを読む]
  • もう一人の自分
  •   筆者の趣味には、将棋の他に、もう一つ大きな柱がございます。  料理だろって?いいえ、違います。今回記事は、前回クッキングに引き続き、変化球バージョンのパート2になります。ご勘弁のほどを…。  もう一つの趣味とは、音楽なんです。聴くのも好きですが、自分が演... [続きを読む]
  • クッキングパパ
  •   Nさんの物語も益々、佳境に入っておりますところ、今回ブログは変化球のアップでございます。お許しのほどを・・・。  筆者は、料理が大好き、得意でございます。ちょっとだけ自慢させて下さい。  そもそも料理が好きになった発端は、元来の大酒呑み故、つまみ、肴を充... [続きを読む]
  • 2月ワンデートーナメント結果
  • 〜平成30年2月3日(土)舞鶴中総合会館ワンデートーナメント戦優勝  山口 則夫(4回目)準優勝 熊倉  勝3連勝バトル戦達成者     井上 隆一(6回目)     高田 英治(2回目)     神内  努 (1回目) トーナメント戦は、山口氏が4回目の... [続きを読む]
  • 月例会の実施予定
  • ワンデートーナメント及び3連勝バトル戦のご案内 2月3日(土)AM10:00~中総合会館研修室 3月3日(土)AM10:00~舞鶴市役所西支所視聴覚室 4月7日(土)AM10:00~中総合会館研修室  ※以上、会場は予約済みです。    3月のみ、会場が西支所ですの... [続きを読む]
  • リズム
  •   日本古来の武道である柔道には、決まり技の前段に、「崩し」という複合技があります。背負い投げや内股などの決まり技に脚光が浴びますが、よほどの実力差がある場合を除いて、単発技だけでは決まりません。 すなわち、足払いや引き手、つり手等により相手の体勢を崩し、... [続きを読む]
  • 無題
  •   舞鶴もとうとう大雪になりました。これまで、九州や東京等の積雪が報じられるなか、どうしたことか舞鶴はほとんど降りませんでした。  「今年は雪かきをしなくて助かる」などという甘い読みも、いっぺんに吹き飛んでしまいまして、お向かいさんの屋根をふと見ますと、一... [続きを読む]
  • とある将棋人生(9) 高3の夏
  •  Nは、高校選手権で高1では団体戦に出たが高3は個人戦に出た。その個人戦の地方大会予選は攻めまくってブッチギリで優勝した。長野の全国大会には、地方大会団体予選の優勝チームとその学校の引率の先生と一緒に行くのだが、全く知らないのでおよそ一人旅の気分だ。いまいち... [続きを読む]
  • 楽しや テレビ将棋
  •   毎週のテレビ将棋番組が楽しみです。  対局者の渾身の闘いから、思わぬ名手、妙手が観戦できた時は、感動します。かつてのNHK杯戦における羽生先生の5二銀や竜王戦での谷川先生の6八銀などは、歴史に残るといっても過言ではない絶妙手で、めったにお目にかかれないでし... [続きを読む]
  • ねんりんぴっく大会のご案内
  • 「第31回ねんりんピック富山2018」将棋交流大会京都予選会のご案内主催 京都府・京都市・日本将棋連盟京都府支部連合会 下記の通り開催いたしますので、奮ってご参加いただきますようご案内致します。日時 平成30年4月29日(日) 午前9時30分開始会場 ひと・まち交流館... [続きを読む]
  • 小学生将棋名人戦結果
  • 第24回小学生将棋名人戦 京都府北部予選結果  〜平成30年1月21日(日) 舞鶴市城南会館高学年の部 優勝   吉川 遥翔(福知山市立修斉小学校4年) 準優勝 衛藤 大知(舞鶴市立倉梯第二小学校6年)  三位 飯田 晃成(綾部市立吉見小学校5年) ... [続きを読む]
  • 遊び駒
  •   「遊び駒」とは、局面の中で、攻守ともに全く働きのない駒、無駄な駒、場合によっては無い方が良い状態にあって、「王」と「歩」を除いた駒・・・ということでしょうか。  升田幸三先生は、自らの著書の中で『将棋の勝つ近道は、全ての駒を平等に働かせること、こんな簡... [続きを読む]
  • こども将棋塾へどうぞ!
  •  舞鶴こども将棋塾は、少数精鋭ですが内容が充実していて、みんな張り切って毎週通っています。もっと強くなりたい、今のままじゃ物足りないと思い感じている、そんなこども達にお奨めです。 やっぱり、毎週あるというのが力をつけていくためには必要です。二人の講師が手... [続きを読む]
  • とある将棋人生(4) 汚れたB級優勝
  •  それから半年以上は経っただろうか。Nは腕を上げて初段格の人にも勝てるようになった。自分でも手応えを感じており、いよいよ将棋大会に出ることにした。その頃の地元の将棋大会の会場は今はもうない遺族会館だった。二階の大広間へ上がるときに階段がきしむ。 満を持し... [続きを読む]
  • 潔しの心
  •   将棋は「礼に始まり、礼に終わる」という礼節の部分がございます。  中でも、「負けました」と宣告する投了の意志表示、所作は、本当に辛いところではありますが、将棋の中で最も大切ともいえるのではないでしょうか。  元禄時代、あの著名な忠臣蔵ですが、とある初老の... [続きを読む]