北東風 まち さん プロフィール

  •  
北東風 まちさん: 静岡中部発 釣り ぼちぼちいこまいかー
ハンドル名北東風 まち さん
ブログタイトル静岡中部発 釣り ぼちぼちいこまいかー
ブログURLhttp://carangidae.blog90.fc2.com/
サイト紹介文静岡中部から 焼津・静岡サーフの青物、シーバス、ヒラメ、マゴチ 浜名湖のハゼや潮干狩りのアサリまで
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2011/01/16 22:29

北東風 まち さんのブログ記事

  • 涼しくなりました・・・
  • 酷暑でしたが、彼岸を前に彼岸花をあちらこちらで見掛けるようになりました。もう秋、秋かぁ。。明日は袖ヶ浦まで。気が付けば、今回で6回連続での参戦。自分的に、唯一ほろ酔いで楽しめるももクロのライブ。ラスト、ステージセットの上空に轟く花火をみると、夏、終わったっけ・・・と、何とも言えない寂しさを覚える。このイベントが終わると、砂もの@秋開幕目前(自社基準。こちらも気分が盛り上がってきます。今シーズンは何 [続きを読む]
  • 参考になるyoutubeer
  • もろもろの事情ですっかりと水面から遠ざかっています。見込みとして、9月末に期待するしかない状況。ホント、今年の台風の多さには、やっきりしちゃうっけよ。このところ、ものすごく参考になるyoutuberを幾つか見つけ、夜な夜な視聴してます。津本式究極の血抜き 津本さんhttps://www.youtube.com/channel/UCeRYlwTRUJGXC25hFbw2SoAなんか、自分で釣ってくるヒラメは美味しいんだけど、マダイがイマイチで・・・。この秋からは [続きを読む]
  • 何この既視感・・・
  • 7月の某日。昇る朝日に向かって漕ぐ心地よさ・・・。ライジンジサン! (謎薄っすらと富士山もシルエットが確認できる。さらに、連なるライトの灯りが・・・、ここからでは見えないって(w。この日は、前回までと一転。マダイからの反応は激渋。小魚のパッチはしばしば通りかかるのだが・・・。可愛いカザゴ。引き受けた、味噌汁の華となってくれ。いいウルメが付くのだが、海底までお届けしても何も起こらない・・・。面白いよ [続きを読む]
  • その翌日に
  • 7月の某日。悔しい思いをした翌日のこと。準備がいろいろとあるので連日の出撃は、、実は大変。絶対に明日も出られる保証はないので、道具は一旦全部洗ってしまわなければならい。この朝は残念なことに寝坊してしまった。疲れていたのか無意識に目覚ましを止めて二度寝(ヲイ。しかし、一時間後に「ふっ」と違和感を覚えて目覚めた自分に、何より驚いたっけ。現地に到着すると、すでに3、4の同業がミッション展開中。ってか、もう [続きを読む]
  • マダイ4連発! だけどとれたのは・・・
  • 7月の某日。陽の登り始めた静かな水面を進む。自分的には滑るように(思い込み)。こんな様子じゃなきゃ、出たらダメだよなぁ。しかし、なかなか好機はやってこないもの。貴重だよ、こんな日和は。振り返ると、大崩海岸、その向こうには花沢山、高草山のツートップ。いつ見ても好きだな、この光景。50mラインの掛け下がりをタイラバで狙う。一発目。感覚的に2kgクラス(自社基準)。リーダー結束がリールにお帰りなさいして、 [続きを読む]
  • 潔いほどの当たらなさ・・・
  • 7月の某日。微妙な状況。前夜では判断付かず、出発直前の天気予報で行き先を決めた。波高1m、周期6sが一つの判断基準。風はまた別。ちょっと、車で走るので到着したころには既に灯りは不要。いそいそと慌ただしく準備を進める。目の前の海を眺めると、、うーーーん。全く釣れていないのか、釣りをしていると思われる船は皆無。しゃーないので、反応を見ながら外へ外へと進む。パッチ状の小魚の反応は多いが、どれでもいいわけでは [続きを読む]
  • MomocloMania2018
  • 8月4、5日と千葉ZOZOマリンスタジアムへ。分かってはいたけど、とにかく暑かった。ただ、はるか沖の台風の影響か、ずーっと海風があったのは救い。ライブが始まる頃になると、海風は幾分昼間のそれと異なり、ヒンヤリとして凌ぎやすくなったが・・・。昼過ぎまでの酷暑と言ったら、いやはや・・・(汗。普段、釣りでいくら炎天下海上に出ることがあるとはいえ、10時過ぎにはあがっちゃうしねぇ・・・。何よりアスファルトとコンク [続きを読む]
  • 突然の濃霧
  • 7月の某日。出掛けに濃霧注意報が出ていたのは不安材料。現場で、沖をみるといつもの場所に3、4の船影が確認できる。見晴らしは普段と変わらず、問題なしと判断。船の展開状況からタチは期待薄。30mラインから開始。小魚の反応を探しながら喰わせのジグサビキを落とすも、なかなか小魚が付いてこない。回収巻きの仕掛けに30cnに満たないワカナゴが、数尾で追っては来るものの喰い付かない。サバ皮が気に入らないのか、意外と選 [続きを読む]
  • 予報が割れたら・・・
  • ヤバい方を信じろの法則。まさにそんな日よりだった6月の某日。前日昼頃の予報では、出るのはちょっとと思っていたが、夕方の予報では一転し大丈夫そうな雰囲気に。ただ、予報サイトのひとつは7時頃に東が4m程に一旦あがると。朝一釣れたのはシロサバフグ。間違いなくこの子はシロサバフグだとは思うのだが、フグだけは自分で卸して食べようとは思わない。予報通りに東が上がってきたので、やっぱり〜と、一旦陸寄りに撤収。離岸 [続きを読む]
  • 分かっちゃいるけど続かない・・・
  • 6月の某日。前回よりぐっと船数は減り、遊漁が3、その他が4程。タチウオはあまり上がってない様子が伺える。陸近くは穏やかだが、沖の方では少し吹いている予報。出れば出るほどその余波があると思われた。確かにその通りで、天気予報の精度は凄いなぁっと感心しきり。沖の風も落ちる予報だったのと、まだ波頭が巻いていないので様子をみながら漂う。いつものように船団からは大きく距離をとり探る。この日はアンチョビミサイルで [続きを読む]
  • イワシ来遊 喰わせサビキ激熱!!
  • 5月の某日。同じような時間にいつもの場所へ。前回との相違点。遊漁船が4つ、その他10程が船団を形成している。ってことは、釣れてるってことですね。今朝はタチウオからいこまいかぁ。船団には近付かずに距離をとり似たような水深で始める。魚探には、特に小魚の反応もなく底から丁寧に探るしかない。楽に釣れるとは思ってないが、結構骨が折れる。しばらくして、120m辺りでヒット。うれしーぃっ! やってたことが間違ってなかっ [続きを読む]
  • 下り坂の予報
  • 5月の某日。連日のお出掛け。行けるとき行っておかないと(キリッ。これは間違いない。10時過ぎには雨が降り出すものの、風は穏やかで西より3m程度との予報。しかし、8時過ぎに風が5m程に上がってしまったので、それを機に撤収。ほぼ真向いだったので、約3kmを漕ぎ戻るのに45分近く掛かってしまったっけ。あー、いい運動になった。自分が着岸した後に、バタバタと4つ同業が戻ってきたので、まぁ妥当なタイミングだったのかな [続きを読む]
  • ももいろクローバーZ ジャパンツアー「青春」@鹿児島 その2
  • 珍しく飛行機に乗ると舞い上がってしまって(ヲイ。当然席は窓側、窓に張り付くように景色を堪能しまくりでした。行きは中部空港からだったんだけど、737だと思い込んでいたら、バスを降りたら双発のプロペラ機でびっくらこいた。鹿児島空港で見掛けた、多分同型機(DHC8 Q400)。席は、ほぼエンジンの真横だったんだけど、プロペラと車輪の存在感がとても良かった。離陸時の加速感も昔のYS11の比でなく、ジェット機並み。技術の進 [続きを読む]
  • ももいろクローバーZ ジャパンツアー「青春」@鹿児島
  • 台風の影響もさほどなく、久々の鹿児島も満喫。ファンクラブ枠だから良席なんてことは一概に言えないけど、やっぱりプレイガイド枠は手堅く糞席だたってことは思い知った気がした(ヲイ。だって、2階席最後列って・・・。近くに居合わせた新潟から来られたという方と苦笑してしまったっけw。しかしまぁ、二千程の箱。ドームやアリーナの天空席に比べれば近いもので。いい感じで俯瞰できて良かったっけ。やっぱり現場は最高ですね。 [続きを読む]
  • サバは居るんだけど、、、それも獲れないっけ
  • 5月の某日。日の出の頃、穏やかな海を進むのはなんとも気分がいいものデス。予報によるとちょっと沖では5mのナライが吹いているようで、岸から離れるほどにちょとずつ風波が。この遊びが成立するのは、最近の素晴らしい天気予報に依るところが 大 だと常々思う。もちろん、判断するのは自分なのでチキンなハートも大切。これは陸からでも、同じことだけど。今回はイワシのような反応はみられず、たまーにサバが通っているよう [続きを読む]
  • こんな機会もないと
  • なかなか行くこともないので、鹿児島。少し前の天気予報だと、台風でダメなんじゃないかと心配していたんだけど。現時点の予報だと傘も要らないらしい・・・、マジです!?何らかしら影響があるのはさけられないだろうけど、あとは神頼み。予定通り帰ってこれますよーに。どうせチケ取るなら、最初からファンクラブにしておけばよかったけど、e+で取ったので糞席っぽいなぁ〜。いずれにしても、二千程の箱なので楽しみです。ももい [続きを読む]
  • 縁がないわぁー
  • 4月の某日。風のいい、午前の早いうちを狙いに、日の出の頃に出発。前日に引き続きの水面散歩、サワラ・サゴシよ、まだ抜けるなよ〜っと。キャスティングも当然準備しての挑戦。2日続きって、準備がいろいろと大変なのだが、出られるときに出ておかないと(キッパリ。タイミングが合わなければ、一カ月くらい不可なこともフツ―にあるので。最初のねらい目、30mライン。鳥は飛んでいないが小さなもじりを発見。早速キャスティングの [続きを読む]
  • 気配出てきた!
  • 4月某日。夜明けの頃に出発。弱く西から吹いており押される勢いで進んでいく。楽でいいわぁ〜。遠くに見える富士山の頂が朝日に照らされて神々しい。最近はここばかりなので、富士山が小さいっけ。この日は前回、一週間前とは打って変わり、サワラとサゴシがバンバン跳ねて賑やかなことったら。これなら手漕ぎでも打てそうなレベル。ちな、サワラは万が一獲れたら即撤収コースの長くて太いヤツ。魚探に、特段小魚の大きな反応はで [続きを読む]
  • 魚っ気ないなぁ
  • 4月某日。日の出の頃に出発。静かな海面を沖へと進む。ずっと沖の方に一隻、職漁か遊漁かあり。まぁ、あんな彼方まではでませんが・・・。聞くところによると魚礁らしい辺りをチェック。反応が底直上に少しだけあるが、これは狙っているものではなさそう。ってか、キンギョとかそっち系だと思われた。そくさと離れ、いつものようにタイラバでここぞと言うところを流す。この日唯一のアタリからマダイ、丁度キロほどの食べ頃サイズ [続きを読む]
  • のんびり平日散歩
  • 4月の某日。すっかりと明るくなってから出発。カンカン照りよりもこれぐらいがいいかなぁ。穏やかな水面に漂う。あの辺りの上空は不安定なのか、山肌を雲が下方向へ伸びていた。魚からのレスは薄く、出鼻に35cmほどのスリムなサバが来たものの、以降は鳴かず飛ばず。そんななか、スティンガー バタフライ ウィング110gにてデカいエソ。水面に現れたときには既にフック一本飛ばされてるし・・・。つけ揚げを作る元気がなかったので [続きを読む]
  • 盛り上がってきた!!
  • いよいよ東京ドーム!おめでとうございます、ももクロ10周年ライブ。ライブ告知のあった、真冬の幕張からはや5カ月。ラストに披露された、4人体制での「あの空・・・」には、正直ちょっと不安を覚えてしまったっけ。しかし、その後のバレイベ、青春ツアー、そして春一と、彼女達の凄さには圧倒されるばかり。当初入手できなかった23日のチケも、ファンクラブのラストチャンスで無事にゲット!!22日、23日とも参戦です。事前物販 [続きを読む]
  • 穏やかな春の海
  • 3月の某日。晴れのいい天気。日の出前、十分に明るくなってから出発。朝日の上がる方向へ漕ぎ進む。静かな海面で迎える日の出。何度見てもいいものです。朝もやの山々。最初にチェックしようと目論んでいた場所では刺し網の揚網中。次の場所へ移動。風波ともに穏やかで、素晴らしい陽気だったのだが、魚からのレスはなく、ただ時間が過ぎていく感じ・・・。延縄船が出てきて沖合数キロの所を行ったり来たり。やがて戻っていきまし [続きを読む]
  • 安ッ!
  • ちょっと前に、近所の釣具屋の中古コーナーで見つけた。ツルジグ90g グリーン&シルバーこれ、新品でしょ!?っていうような美品。ピンク&シルバーも同価格・同程度であり、値段も値段だし、、とも思ったけど。手持ちのジグが増えていく一方なので、取りあえずこれだけにしておいた。次がいつか分からないけど、もしも未だあったら引き受けてこようかなw。中古品コーナーは同じチェーンでも、店のロケーションによって値付けが [続きを読む]
  • 珍しくヒラメ
  • 3月の某日。日の出の頃に出発。お昼前までゆっくりと漂っていられそうな、恵まれた予報。たまにはこーいう日もないとw。穏やかな水面を進む。予報では、最高気温21度程と暖かくなりそうだが、朝の冷え込みは7度と結構涼し、くウェアが悩ましい。暑いのは何とかなるけど、寒いのは如何ともしがたく、朝を基準としなくては。なによりも海水温はまだ15度しかないわけだし。30mラインの根付近。小魚の反応が底層にみられた。最初の流 [続きを読む]
  • 迷走中・・・、再び虫ラバ!?
  • 3月の某日。日の出の頃に出発。狙っていた水深帯に到着すると、もうちょっと沖で待機している漁船が一隻。注意してみると、近くに間隔をあけて数本のブイが。なんだろう!? 縄か網か、操業中なのは間違いない。思っていたより風があるが落ちていく予報。現時点で、波頭も巻いてないから大丈夫と判断。この日もアオイソメを用意。余って捨てるのも勿体ないし、塩にするのも手間。冒頭から虫ラバで使い切るつもりで作戦進行。それ [続きを読む]