migiwa5150 さん プロフィール

  •  
migiwa5150さん: MIGIWAのパースぺクティブ
ハンドル名migiwa5150 さん
ブログタイトルMIGIWAのパースぺクティブ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/skydog5150/
サイト紹介文底釣りバカなヘラウキ作者migiwaがヘラブナ釣り全般についての思いを語るブログです!
自由文ヘラブナ釣りに関するさまざまな思いを自身の趣味や出来事を交えて多角的に語っております。もちろんヘラブナ釣りに関するノウハウやウキに関する情報も満載。トーナメンターだけでなく自分のペースでヘラブナ釣りを楽しむヘラ師にも楽しめるブログとなっております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2011/01/18 23:19

migiwa5150 さんのブログ記事

  • 藍色の街
  • ここ数日、自宅のPCを使いやすいように弄っておりました。とはいえ、お休みだった今日は気持ちのいい晴天。家でこもっているのがもったいなくて、午後からバイクで西へと走りました。舞子から明石海峡大橋を望み。三宮では東門街あたりで一服し。大阪にはない空気を味わいつつ、夕暮れの街を流しておりました。元町を過ぎる頃、いよいよ夜が訪れて、街は秋の空をそのまま映した藍色に。ヘッドライトが色を切り裂き、やがて帰路へ向 [続きを読む]
  • ライブ配信してみたのよ
  • 今日は朝から作業部屋でウキを作ってたんですけど、いつものようにただYoutubeで音楽を聞きながら作るのもなんだなぁ…と思ったのでライブ配信をしてみました。あ、この画像はなんの関係もないです。作業部屋にあるChromebookのカメラを使って、デスク周辺を映して昼間から垂れ流してたんですよね。Facebookの特定のグループ内だけの配信なので見れたのは数名だけなんですけど、これはこれで面白いかなと思いましたよ。別にYoutube [続きを読む]
  • 今夜聞きたくなった
  • 深い意味はないが突然聞きたくなる曲があります。今日はリオン・ラッセルの「A SONG FOR YOU」でした。気持ちの高低。優越と自己嫌悪。そんなことの繰り返しのなか、思い出す歌と顔は意外に昔と変わらない。もう声は届かなくなったんだろうが、この曲はどこかで流れ、その耳に伝わるだろう。 [続きを読む]
  • 造る側の思い
  • 客観的に物事をとらえ。フラットな思考で。物事をジャッジできる…。そんな人物はそうそういません。どこかしら自分の経験値や願望、情報ソースによって自身の正当性を押し出す意見を強調したがるものです。先日もそういう状況に晒され、こっちは引いちゃったわけですが…。なんとも残念だなぁ…と少し哀れにも感じてしまいました。私の意見を聞きたくないのはわかりますが、それにしても稚拙です。何度も同じ事を繰り返し、何度も [続きを読む]
  • 脚と足
  • 勝手な言い分かとは思いますが、自分の場合ウキのアシは「脚」と書くようにしています。どうにも「足」ではないような気がします。足と書きますと…、このようなイメージがうかぶうかぶのでして、ちょっと違うかなと。一方、脚と書きますと…、こちらのようなイメージが浮かび、昨今のウキの脚のように見えるのであります。この話は以前も書きましたが、やはりその考えは変わりません。例えばツイッギー。彼女の脚はまるで…コレっ [続きを読む]
  • なくなってしまうと困っちゃう
  • ないものねだりをしても仕方がないんですけども、やはり手に馴染んだ釣り道具ってなものはいつまでも販売され続けてほしいものです。それが消耗品であればなおさらです。ヘラブナ釣りの場合は、エサであったり、ウキゴムやウレタンチューブであったりと、細かなものばかりなんですけれど、やはりそれはそれで細かなタックルの集合体で釣りが構成されるとすれば、各小物は非常に重要なことと言えるでしょう。例えば自分はウキの固定 [続きを読む]
  • 気の合う仲間と避暑釣行、西湖編
  • 今年も気の合う仲間たちと西湖、精進湖といった釣り場に避暑を兼ねて行ってきました。行く道中、初参加のKさんの武勇伝をネタに大笑いしながらあっという間に西湖に到着。不眠の釣行に関わらず、ガッツリ竿を出して堪能した次第です。自分にとって西湖はすでに何度も訪れた釣り場です。編集人時代は春の前浜で取材を行い、ついでに竿をだしただけでも40枚ほど釣ったものです。昔話はさておき…。今回の釣りでは西湖レストハウスさ [続きを読む]
  • AGTを見て
  • 半世紀以上生きてますと、いろんな出来事に見舞われるもんです。ほんの数分前と現在…自分の存在が大きく変わる瞬間ってのを経験したことってあるでしょうか?自分は就職の面接とかぐらいですかねぇ…その程度かなと記憶します。釣りにおける成功体験なんかもありますけど、ソレとて実際はささやかなことであり、人生を大きく変えるほどでもないのかなと思ったりもします。でも、最近Youtubeを見ておりまして、いろいろと感じたん [続きを読む]
  • トップから見える作者のスタンス
  • 久しぶりにトップのお話。自分は素材はもちろんのこと、そのテーパーの付き具合が非常に気になるんですよ。今から20年ほど前からウキへの関心が高まった私ですが、当時からトップのテーパーが気になっていました。で、ウキ製作とともにいろいろと試して来たわけですが、その答えはさほど時間がかからず解決しました。自分なりの結論は…「緩いテーパーを軸にとらえて構成するべき」です。特別な目的、理由がない限り、ナジミを入れ [続きを読む]
  • ボリュームとして捉えてみるとわかりやすいのかも
  • 単純にボディーサイズで時合にマッチさせるのにはもはや無理なのかなと思うんですよね。もちろん、トップ素材や脚の素材などの太さ長さも影響すると思うんですが、オモリ負荷、エサの背負い方が数値的に合致したとしても、ファッツなのかスレンダーなのかで機能面で大きな違いが出ると思います。仮に同じ1メートルのタナで両ダンゴの釣りをするとし、6センチのボディでウキを構成するとしても、軸になるボディー径に対し、細いも [続きを読む]
  • 半年先のウキを作ります
  • 真夏だから両ダンゴのウキでも作りたいところなんだけど、出来上がった頃にはすでにダンゴの季節はすっかり終わっちゃって、すでにセット釣りをやらなきゃいけないみたいなことが毎年のように繰り返されるんですよね。仕事して、あれこれややこしい話をこなして、わずかに残った自分の時間でウキを作るとなると、実は至難の技だったりします。ぶっちゃけ、ウキ製作の技術よりも、時間捻出のほうが難しいわけで、ましてやエアコンの [続きを読む]
  • 評価の基準
  • 何をもって良しとするのか。何をもってだめだとするのか?結果が判断基準の主とするならば、そんなものだろうと割り切るしかない。ただ、判断ができる感性は、受け手側の知識や経験でいかようにも変わるものだと思っている。悩める作者は、そこに評価を求める必要などない。理解してもらえる、受け入れてくれる場所で勝負すれば良いのだと思う。ま、人はわかりやすい結果に流されてしまうもんです。プロセスなどを語るだけ無駄な気 [続きを読む]
  • 詐欺師へのレクイエム
  • 高邁な思想による活動も、不特定多数の釣り人との約束の上でなり立つと思う。誰かの威光や名前を利用し、我欲の達成を夢物語という安物のオブラートで包んだとしても、いずれ世間の雨風があたれば脆く崩れるだろう。「なんのために釣りをするのか?」と、改めて問いたい…過去、人を裏切り続けた君に、そして自身に。 [続きを読む]
  • いまどきの不愉快なひとたちって…
  • ここ数年、高齢者に不愉快な思いをさせられることが多いように思う。例えば数日前のできごとをいくつかあげると…。●ケースその1赤信号となり停止線で止まったバイクの私に「バカか!」と罵声を浴びせつつ、横断歩道から車道へ斜めに渡ってくるチャリンコのオヤジ。自分から停止線に止まっているこちらに向かってきて要るのにもかかわらず、こちらの運転が危ないと思っている可能性大。たぶん、動体視力が落ちていて、こちらの存 [続きを読む]
  • 新たな次元へ計画中
  • migiwaを作り続けて何年ですかね?今まで作ってきたウキは未だ通用するものばかりですが、新たなモデルも地味に追加しています。それでも、新しい展開を考えているわけですが…。それはまだ具体化には程遠く。おぼろげに見える目標点に向けて、様々な方々と会い、話をしつつイメージの熟成を図っています。 [続きを読む]
  • 宵闇迫る東門街
  • 久しぶりに神戸をひとりで歩く。人でごった返す三宮から元町のあたりはあえて避けた。阪急、そして生田神社から東門街の裏通りあたりをぶらっと歩いた。そもそも、神戸にくる必要性はなかったんだけど、ハンズに用事があった。ハンズならば江坂でも、心斎橋でもいいんだけど、あえて神戸にした。さほど重要でもなく、ただなんとなく神戸とした。兵庫県民だけど神戸を知らない。知っていても断片的で、かつ偏向的。言い換えれば、地 [続きを読む]
  • 記憶
  • コンビニで買ったアイスコーヒーをイートインコーナーで飲む。梅雨前の大阪の街はすでに真夏の日照りのようで、週明けのサラリーマンのやる気を削いでいく。出向いた先がハローワークという、様々な“気”が渦巻く場所に行ったあとだけに、こちらのエネルギーが少しばかり奪われたからかもしれない。息苦しさと汗で背中に張り付いたインナーシャツの気持ち悪さに、何年か前の自分を思い出してしまう。業界新聞記者をやってたころ、 [続きを読む]
  • Mitchell 410というマイナー機種オクでゲット
  • 自分が抱くオークションというマーケットのイメージはダークだった。偽物、盗品、ジャンク以下…といった、ネガティブなイメージが常につきまとう。とはいえ、ときどき利用するのはそれ相応に魅力があるからだと思う。自分は売る側になることはほとんどなく、買う側がほとんどだ。いっときは海外のスマホにハマったが、キリがないのでやめた。竹竿や小物を買うこともあったが、同じくキリがないからやめた。そうなるとこれといって [続きを読む]
  • 53
  • 気がつけば53歳。落ち着きがないままこの年齢になってしまった。もう少しやっておきたかったことがいくつかあるが、できなかったということはそれだけの力しかなかったと素直に捉えるべきなんだろうと思う。そうは言ってもウキは作り続けなければならないし、探求は続いていく。年齢が何歳になろうが続くのかなと思う。本当は釣りをもっと楽しみたいし、旅もしたいし、様々な音楽に浸りたい。そんな欲望と現実の間で、自分は心身と [続きを読む]
  • SNSで出会うからこそ注意したいよね
  • SNSで同じ趣味を持つ人同士がつながっています。私も顔を合わせたこともない釣り人と友人になり、フィッシングショーや出張の際に「はじめまして…」となることがときどきあります。友人・知人が増えるということは基本的に「いいこと」なのかもしれませんが、そうでないこともときどきあるものです。そう、こまった「友人」がいるものです。投稿に対するリアクションがオカシナ人や、やたらグイグイと関わってくる人。また、こち [続きを読む]
  • ストーンズも情けなかった?
  • まず、先にストーンズのファンに謝罪しておく。ごめんなさい。実は、ストーンズがすっごく嫌いになったことがあった。その理由は…「サタニック・マジェスティーズ」の存在だ。「ストーンズ、やっちゃったなー!」てな感じですな!サイケデリックを意識したアルバムだというが、実際はビートルズの「サージェント・ペパー…」のパクリというか、その魅力に屈して「やっちゃいました、てへぺろ」的な、不良イメージとは間逆なアルバ [続きを読む]
  • 「I've Got A Felling」はBluesだと思っております。
  • ビートルズの中でもかなり好きな曲です。途中、ボーカルがポールからジョンへと変わります。そのテンションがなんとも微妙です。当時バンドメンバーの意思が分散していたらしいのですが…その心境を表しているのかどうかわかりませんが、テンションの高いポールに対して、やや冷めているジョン。サポートメンバーにビリー・プレストンが入ったことで、曲調も黒っぽさが深まっているからでしょうか、ブルースのフレイバーが漂ってい [続きを読む]
  • 今日もなんとか
  • GW中も釣りにはいけず。だらだらと過ごして終わってしまった。今日も休みだが、これと言ったこともせずに一日が終わってしまうのかなと思う。とりあえず今日はGeminiが届いたことが最大の収穫。 [続きを読む]
  • Riverside cafe story
  • 川の土手が望めるオープンテラスでコーヒーを飲み、話し込んでいる間にふと思い出したよ。そういえば結構な昔、こんなふうに話をしたことがあったなと。当初はデジャヴかと思ったけども、確かにそんな時間があったなと思い出した。花のない桜の木を見つつ、話してたことだけは記憶にあった。話の内容は…当時の自分の年齢からすれば相応なものだったと思うが、今から思えば、当時の話相手の煮え切らない話を聞かされてたように思う [続きを読む]