北崎 賢 さん プロフィール

  •  
北崎 賢さん: 函館の建築家北崎 賢 日々の仕事とサクラハウス
ハンドル名北崎 賢 さん
ブログタイトル函館の建築家北崎 賢 日々の仕事とサクラハウス
ブログURLhttp://www.schema.e-arc.jp/index/
サイト紹介文函館の建築家キタザキ アーキテクツ北崎 賢です。住宅設計、店舗設計業務を展開中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/01/22 13:38

北崎 賢 さんのブログ記事

  • 僕の仕事
  • 『クライアントの数だけ多様性ある建築が生まれる』自分のこだわりを押し付けたり、流行りもの建築デザインを積極的に取り入れる事無く、クライアントとの対話を生かしながら『ワクワクする建築』を『楽しみながら』製作する。だから、僕の仕事を一覧すると、統一感を感じさせず多様性に目が行くようです。『北欧デザインみたい』『シンプルデザインだね』『カッコいいモダンデザイン!』『自然派な感じするデザイン』自邸を見た方 [続きを読む]
  • 資産価値より感性価値
  • 北斗市に自邸を建設してから8年。地方都市では、資産価値が今後上がる事は難しいでしょうから、土地探しの基準を資産価値ではなく、感性価値に置き換えて住む場所を考えました。たまたま、理想に近い場所が函館市ではなく、お隣の北斗市本町だったという訳です。自分たちが考える理想は、、、/徒歩5分圏内に銀行、行政機関、スーパー、コンビニがある/風景が素晴らしい場所/敷地に樹木があり、野鳥が生息する/ドライブするの [続きを読む]
  • 軽装備な建築を考える
  • 今冬を乗り越え、灯油ストーブの効果的な補助暖房効果を実感し、セントラルヒーティングに頼らない軽装備な建築を構想する事になりました。さて、どんな家にするか箇条書きしてみます。/外壁断熱材を15センチから30センチに厚くする/天井断熱材を30センチから50センチに厚くする/今までも採用していたトリプルガラスを全面的採用/断熱性能を上げて、寒冷地エアコンやFFストーブ、ペレットストーブ、 薪ストーブなど設 [続きを読む]
  • 軽装備な建築は可能か?2回目
  • 昨日に引き続き軽装備/軽設備を考えたいです。アラジンを使って思った事、、『1階と2階にぞれぞれアラジンを置いたら、電気ボイラーのセントラルヒーティングは必要ないのでは??』夜中電気ボイラーで暖めた空間を、アラジンの暖房能力で補って日中過ごした素朴な感想です。高気密/高断熱(2010年度のフラット35S 省エネ基準クリア)の住宅ですから、アラジンの台数を増やすと真冬を乗り切れるのではないか、、と思う [続きを読む]
  • 軽装備な建築は可能なのか? 1回目
  • 今年の冬は寒かったー2017年12月から今年の2月は、真冬日が半分を占め暖房稼働時間が住み始めて最高となった。今冬から暖房ボイラーのセントラルヒーティングに加え、灯油式ストーブ『アラジン』を導入する事に。電気ボイラーで夜間の暖房を稼働させ、昼間はアラジンを稼働させるミックス暖房方式を試みました。結果は、半年間の電気暖房費が10万円くらいで、灯油購入費が1.6万円ほど、、、電気ボイラーだけで今冬暖房 [続きを読む]
  • 美しき壁を作る
  • 地面を模した『ごつごつ』とした壁。木漏れ日を受ける壁。自然と対比させて屹立する壁。北国で作る建築には、壁の重厚感や存在感を際立たせ風雪に耐えうる風景を作り出したいものです。建築は、北斗市本町に存在。 [続きを読む]
  • 建築を想う
  • 函館市内で進行中のリノベーション、、、実施設計図面を完成させ、工務店へ見積もり依頼しました。さてー どんな金額が提示されるのか毎回ドキドキです!リノベーションは費用を抑えられる、、、と一般的に考えられるのですが、実際は手作業での解体や追加の断熱工事、新規で暖房工事などデザインを良くする為の費用を捻出するのが意外と大変なんです。購入する中古物件によって掛かる費用も多種多様で、新築以上に慎重に設計/工 [続きを読む]
  • 今シーズンの雪は凄い!
  • 北斗市本町に居を構えてから経験した事が無い、大雪となりました。除雪で積み上げた雪の高さは建物1階を越え、道幅も狭くなり、除雪場所を確保する事すら困難です。あと少しで雪のシーズンは終わるかと思いますが(願望)雪の多い今シーズンを忘れないよう写真掲載です。夏になると雪が多かった事なんて忘れるものですから、、 [続きを読む]