北崎 賢 さん プロフィール

  •  
北崎 賢さん: 函館の建築家北崎 賢 日々の仕事とサクラハウス
ハンドル名北崎 賢 さん
ブログタイトル函館の建築家北崎 賢 日々の仕事とサクラハウス
ブログURLhttp://www.schema.e-arc.jp/index/
サイト紹介文函館の建築家キタザキ アーキテクツ北崎 賢です。住宅設計、店舗設計業務を展開中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2011/01/22 13:38

北崎 賢 さんのブログ記事

  • 土地の探し方−1
  • 近所に売り土地があり、たまに物件見学の方が来ます。車の中から土地を見るだけだったり、土地の前で立ち止まり眺めたり、、、土地の見方で本気度が計れますね。土地購入を検討するなら、朝/昼/晩の雰囲気、季節によっての雰囲気近隣住人の生活スタイルと自分の生活スタイルの相違点、近隣状況の今後の変化や利便性、自然環境など多岐に渡り検討を重ねたいですね。 [続きを読む]
  • 考える事が多い
  • 9月初めてのブログですね、、、地震に大停電と色々な事が起こりますが、ますます家づくり/店づくりを考えるにあたって検討事項が増えた気がします。大停電時は、外の風景をリビングから見ながら、やけに静かな1日を過ごしましたが、今年の災害の多さを見ると、建築する場所の地盤/地域性、大雨や大雪、長雨/暴風雨など家に対する検討事項の多さに付いて、設計段階から検討を重ねる事が重要だと考えさせられましたね。『何とな [続きを読む]
  • 築20年は目安?
  • 毎日不動産情報をチェックしてますが、徒歩10分圏内に4LDKの一戸建て中古住宅が3軒出てます。全て、築20年で共通しているのが興味深いですねー子供が独立し、住宅ローンを終え、次のライフスタイルに移行するのでしょうか?大体1,500万円前後の発売価格が手頃なので、新築にこだわらず購入検討されても良い物件かもしれません。築20年ですと、設備機器の更新や屋根/外壁の再塗装くらいのメンテナンスをしてあげると [続きを読む]
  • 日々発見
  • ダブル台風接近の影響なのか、北斗市本町は朝から27℃の晴れ!今朝も朝食を屋外で食べ、新聞を読み、普段どおりに過ごしました。自邸設計中、中庭を作る事は考えていたのですが、毎朝食事を取るとは思いもしませんでしたね。自邸完成から8年も経つと、新たな発見はないかな、、、と思いますが、意外と毎日小さな発見があるものですね。多分来年の今頃、新たな発見をブログで報告しているかもしれません。家を持つと大変ですが、 [続きを読む]
  • 普段着な家
  • 新緑の景色を楽しみ、素足で無垢床を歩き、夕日を眺め、野鳥の声に目が覚め、庭の草木の薫りを楽しむ、、、キッチン窓辺の木々を見ながら、夕飯の支度を夫婦で行い、間接照明の明かりに照らされたテーブルで食事を楽しむ。休日は、好きなクルマを誰にも見られず好きなだけ眺めながら洗車して、中庭で風を感じながら車雑誌を読む、、フツウな事を、気取らず普段着で過ごせる家を設計するのが、『僕の仕事』 [続きを読む]
  • 出不精になる
  • 暖かな5月からは中庭で朝日を浴びながら朝食。夕日が山に沈むのを見届けながらお酒を飲む。一つのルーティーンが出来ると、出不精になりますね。夜ご飯を食べに行ったり、遠出する事が減り、自邸を満喫する時間が何より大切になりました。季節の変化に敏感になりましたし、モノを買う行為や車への興味が薄れ、日々の生活に楽しみを見いだし始め、30代なのに『老成』(笑)しているような気がする6年目。 [続きを読む]
  • 僕は運が良い!
  • 空き地になった隣家ですが、自分が設計したクライアントの住宅を建てる事になりました。全てはタイミングでしたねー解体中の隣家を見ながら設計相談にお越しになったクライアントが隣地を気に入り、既存の樹木を生かした家づくりを前向きに検討してくれました。完成したのが『クリハウス』ですね。自邸を自ら設計して5年目、自邸から眺める風景に自分で設計した雑木林に包まれた邸宅を眺める日々は幸せですね。『自分は運が良い! [続きを読む]
  • 隣家、、空き地になる
  • 家を建てる時に選べないのが隣家ですね。良い人たちだと近所付き合いもスムーズですが、そうでないと、、、住みにくいですよね。自邸の隣家は空家で、今にもトタン屋根が風で飛びそうな古い民家でした。自邸生活4年も経つと空家の存在にもなれますが、そんな空家の解体が始まり、強風時の『トタン屋根吹き飛びそうな事件』は起こらず、ほっとしましたね。さて、隣家が解体されると雑木林も伐採の憂き目に遭います。一部、土地の買 [続きを読む]
  • オープンハウス多くなる!
  • 3年を経て、オープンハウスでお会いする建主さんが多くなりましたね。見学して頂く感想が人それぞれの感想で、自邸の捉え方に多様性があり、建築設計は自分のスタイルだけでは完結せず、クライアントの『想い』が重要なんだな、、、と見学の感想を聞く度考えさせられますね。特段、僕は設計スタイルを一本化せず、敷地条件/クライアント/予算/環境などによって設計スタイルを変える事が僕の設計姿勢でもあるので、まずは自邸を [続きを読む]
  • 家具が欲しくなる
  • 自邸生活2年目になると、新しいソファが欲しくなってきました。新築当初に全ての家具を揃える建主さんも居ますが、僕は住みながら必要な家具を慎重に選ぶため、以前から使用してたソファを使ってました。ソファは15万くらいから200万くらいまで幅広い価格帯があり、革の質感や大きさ、クッション柔らかさなど多岐に渡る検討事項があり、悩みますよね。アドバイスですが、家を建てるずーと前(例えば20代独身の頃)から、質 [続きを読む]
  • オープンハウス始めよう
  • 自邸が完成し、始めたのがオープンハウス。生活している自邸を見学してもらい、デザインへの拘りや実生活の機能的な面(家事動線とか)を見て話を聞いてもらう事で、建築家の人柄や設計力を見極めていた頂き、建主オリジナルの建築を共同で作って行く仕事スタイルを始めました。結果、8年経てもオープンハウスをきっかけに設計のお仕事を頂いていますので、良かったですね。やはり、建築家の仕事を実際見てもらう事が大切ですね! [続きを読む]
  • ここからはじまり
  • 今日で自邸に引っ越して8年です。色々ありましたが、これからも自邸での生活を楽しみたいですね!自邸を設計/工事していた時期は、仕事を『リセット』するつもりで自邸完成のみに邁進した日々でした。自分が考えた建築の思考を妻の為に実現させる事だけ、一番に考えていたので、建築の流行りや新建材などには目もくれず、自分が良いと考えた製品や無いなら自ら特注制作用設計図を書いたり、思う存分腕を振るったつもりでした。完 [続きを読む]
  • 物件探し
  • 設計依頼前提の土地/中古物件探しを初めて1ヶ月、、、なかなか『これだ!』という物件がありませんねー築30年から40年だと45坪程度の立派な住宅が多く、修繕にお金が掛かりそうですし、築年数が浅いと修繕費は必要ないけど、取得費が高くなるし決め手に欠けますね。築年数が古いと組み込み車庫が付いていたりしますが、現在の車サイズでは駐車が難しいので使いない可能性があるし、、、まだまだ続きそうです。 [続きを読む]
  • 家を建てるとき
  • 『高級車は買う時も大変 維持するのも大変』その通りですね!部品交換するだけでも高く付きます(タイヤ交換でさえ)家も同じで、『大きな家は建てる時も大変 維持も大変 解体も大変 リノベーションも大変』大きな家は、屋根や外壁を塗装するだけでも面積が大きく、室内を暖房するだけでも床面積が大きいのでお金が掛かります。実際、55坪の家をリノベーションする場合の設計でも、修繕箇所が多く、現代のデザインに仕上げる [続きを読む]
  • リノベーションする時の資金計画
  • リノベーションする!まずは中古物件取得ですよね。ここで大切なのが、中古物件は自己資金で購入する事だと思っています。中古物件取得を自己資金で賄えず、リフォーム工事代金と物件取得代金を合わせて、住宅ローン契約する事は勇み足だと思います。理由は、、、、住宅ローン契約スケジュールに合わせて、リフォーム費用を概算で算出するので、実際に設計/工事をした時に予算オーバーの可能性があります。住宅ローンを組む為の概 [続きを読む]
  • 50代からの家づくり−1
  • 人生100年時代。50代から始める家づくりだって、特別『遅い』スタートではないですよね。子供が独立していて、夫婦メインで住まう住宅の場合どんな建築が良いか、、シュミレーションです。/リノベーションでも良いけど、築20年程度の築浅物件で庭木があり、利便性の良い地域 築浅物件だと改築費用が抑えれるし、庭木がある事で日々の豊かさを実感出来る/新築なら、断熱性能を高く、シンプルな暖房設備 将来負担になるよ [続きを読む]
  • 物件探し
  • 最近は、中古物件や土地探しを朝から始めるのが日課、、売買物件は早い者勝ちですから、ネット情報を頻繁にチェックしておかないと、良い物件と巡り会えませんね。今年の大雪を受け、メイン道路から閑静な住宅街に入り込んだ敷地を敬遠される方が多いですね。理由は、函館市の場合除雪体制が非常に悪く、メイン道路以外は除雪車が入る事は無いからですね。そんな苦労を体験された方々から、メイン道路近辺で除雪に苦労せず、車の出 [続きを読む]
  • 北海道にも梅雨がある?
  • 7月下半期スタートですね!しかし、、、北海道北斗市は今日も雨、、、梅雨空がしばらく続きそうです。北国の建築は、冬の寒さと雪に適応した建築でしたが、これからは、梅雨と湿気に対応した建築デザインが必要かもしれませんね!今週は、梅雨空/大雪に適合した建築を考えて行きます。 [続きを読む]
  • 結局 高くなるのか? リノベーション断熱工事編
  • 北国のリノベーション工事で大事なのが『断熱材』ですね!築20年くらいですと外壁に10センチ程度の断熱材/天井に20センチ程度の断熱材があるかと思われますが、築年数が古くなると、入っていなかったり薄い断熱材だったりする可能性があります。断熱材を現代の基準に近い厚さで入れると、壁で15センチくらい、天井で30センチ以上は欲しい所ですね。断熱材の使用量は、リノベーション工事の場合も新築と変わらないものだ [続きを読む]