狸サイクル さん プロフィール

  •  
狸サイクルさん: 一癖創作自転車家 狸サイクル 
ハンドル名狸サイクル さん
ブログタイトル一癖創作自転車家 狸サイクル 
ブログURLhttp://tanukicycle.blog75.fc2.com/
サイト紹介文ロード・ピスト・ママチャリ・実用車などメンテから改造、魔改造までやってはほざく天下御免のブログ!
自由文自転車文化の成熟化を目指し、買うより造れ!買うより直せ!を全面に、時流のあり方に形を以て対抗しつつ、時に思想を説いたりするが、それが半分以上当たっているから始末に悪い!とくらー!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/01/22 20:22

狸サイクル さんのブログ記事

  • ドッペルを少しでも軽くドロップ化?それがなんと・・・
  •  ドッペルゲンガーの車体。重いですねえ。折りたたみになっています。だから通常のパイプじゃない、そんなところも重さの一因かも知れませんが、とにかく重い。 こいつをドロップ化・・・して欲しいと。もちろんやりますが、軽くもできれば・・・という事で。 ドロップ化は可能だが、どのくらい軽くできるか?はまあ、多少・・・という程度だと思いますよ、と最初に断っておく。  このフラットバーをドロップにね。毎度同じだ [続きを読む]
  • ブル兵衛さん達へ
  •  ホイールの組み替えのご依頼です。よくあるご依頼なんだが、今回は出所が違う。 なんと、ブルベ参加者、通称ブル兵衛による依頼なのであります。 まあ、いろんな考え方があると思いますが、よくやるよ・・・の一言であります。店主は参加経験ありませんが、どうも300キロ前後で、その様相はガラリと変わるのではないか?と思います。 それは睡眠時間との関わり・・・ではないか?なんて思います。300キロまでは勢いでなんとか [続きを読む]
  • クランク交換 工具作りから・・・
  •  この自転車のクランク、BBの交換の依頼が来たんですが。  ラバネロですか・・・、柳さんと店主の共通の師匠にあたる方の作ですね。ちょいと緊張・・・。  このアルテグラクランク、BBはの形式。まあ外して交換して・・・という段取りのはずだったのだが。  さて、このBBを外しましょうと、工具をはめると、これが動かない・・・。こんなことはよくあることですね。 そういう場合は、別のセレーションにある鍛造工具 [続きを読む]
  • 小技・・・だな でも誇っていいかも・・・
  •  文鎮のような左クランク、アルテグラね。でもこいつが軽い・・・。自転車の高級パーツというのはまあ、奇跡的だよな、と思います。 軽いのに耐久性がある・・・。軽いのに固い・・・。頑丈なものは耐久性があり、頑丈だけに重い・・・という事は通常でありましょう。 また重くても柔らかい鉛のようなものはあれど、一定の固さにはそれなりの重量が必要のように思われるが、その予想を遙かに超えて軽い・・・。各社、上位クラス [続きを読む]
  • すさまじい伸びしろ・・・かもしれない・・・
  •  用件は、自落してしまい(自分でこけること、人を巻き込まない、最も健全な落車でもある)、フロントホイールを曲げてしまった、どうにかならないか?という事だったんだが。 聞いてみると、とにかく中古値段と折り合いが付いたんで、購入。走るのも実に楽しい、そして装備に関する仕事の関係上、自転車自体に対しても、大変関心があるようだった。 乗ることといじることの両立、つまり両方好きというのは、ロード乗りにはかつ [続きを読む]
  • 今月15日 やぎさわマーケットです!出店しますんで来てね!
  •  四月の半ばにやりました第二回のやぎさわマーケットですが、半年経ちまして、この10月の15日、日曜日に開催されます! 前回は、当店回りの関係の方も、自転車で大勢寄っていただきましたが、今回もまた、お待ちしていますよ! 柳沢の商店街をより身近に、より発展させようと、地元の中小企業診断士の方々が中心になって始まったイベントで、当店も実行委委員会の初っぱなから、ああだ、こうだの言いたい放題でもって、参画させ [続きを読む]
  • 郵便自転車のカゴ移動 奥が深いカゴ対策
  •  前々から申し上げているように、カゴ付けって、かなりクリエイティブな仕事の部類に入ると思います。 なんで?と思われるかも知れませんがね。 自転車に自転車カゴつけるなんて、どこが難しいの?想像的なの?てね。 そう思う人は、自転車屋というよりも、自転車の集積場に行って、一台一台よーく見てみるといい。 当店出入りのデザイナー出身者の目で見ても、実用車といわれている自転車類のデザインの豊富なところに改めて [続きを読む]
  • こんどはなんだ?ダラブッカ?君は誰だ?
  •  こんな奴がやってきた。椅子かな?と、  ひっくり返すとこうなっていた。重い・・・。どうもアルミの鋳物だね。 こいつの正体は、太鼓。ダラブッカという中東あたりで活躍する太鼓らしい。店主の上さんがベリーダンスをやっているので、どうしてもこの手の楽器がやってきやすいらしい。 しかし、君は太鼓だろう?家は自転車屋なんだが・・・。  この自転車でもよく使う、5ミリ0.8ピッチの六角ボルトでもって、このダラブッ [続きを読む]
  • 続々出そうなドロップ化
  •  エントリーモデルなんだろうが、各所手が込んでいるかも知れない、ジャイアントマウンテン。 決しておもちゃのなんちゃって系ではないというのがすごい。でも、お手頃価格なんだろうなあ、きっと、大手中の大手はすごいよね、皮肉でなくすごいと思いますよ。 なので、安売り路線等では絶対に張り合わない、ライオンに対してネコになっても絶対に勝てない、ならノミになる、ライオンに寄生し生き血をもらいつつ、その爪や牙では [続きを読む]
  • アームストロングの再来か?懐かしのチンバ自転車 
  •  自転車の神様がついているであろう、お方・・・。中心からちょっとズレたような車種がすき、というね、もう何度もこのブログに登場してくれている方なんでありますがね。  Wレバー仕様で組んだこの自転車なんだが・・・。 ご覧のようなクロスレシオなんで、実はシフティングを頻繁に行いたいんだが・・・、やはりWレバーではきつい・・・という事ですね。 昔はみんなこれでありましたが・・・というのは本当昔の話。かつて [続きを読む]
  • 電動化がだめならギア対応で・・・
  •  これ電動化?できますか?と質問が来ました。高齢の方です、米寿の方と聞いて、驚きました。いろんな意味でね。 この年になっても、自転車で外に出たいという意欲。高齢者にとっても、とってこそかもしれないが、自転車が不可欠であるということでありますね。身が引き締まります。 ただ、電動に関しては、サンスターキッドの件もありまして、あのとき色々事情を聞きましたが、どうも後付けでの電動化は、法的にダメらしい。フ [続きを読む]
  • サーリーはいらんかねー
  •  今、当店で売り出し中の車体をご紹介いたします。 車体はサーリー。鉄フレームですね。マウンテン系の車体ですね。  結構いいハブ使っていますね。そしてシングル仕様にしてありますが、  今たまたまそうしているだけで、実際は多段化可能であります。  ディレーラーハンガーが付いているので、ここにリアディレーラーを装着することも可能です。正づめでもあるので、エンド幅を調整した正真正銘のシングルハブのホイール [続きを読む]
  • 事故からの生還・・・匠のソウルレッド?
  •  青の鉄レーサーが持ち込まれています。  パナソニックの鉄レーサー。ブリジストンにしろパナソニックにしろ、華はないながら実直な自転車を作っていると思います。面白くもおかしくも、色気もないが、ひたすら実直な自転車・・・といっていいかな? だから好きな人は地味に好き・・・という自転車です。  それにまた105が付いている。実直なフレームに実直なコンポが付いている、面白くもおかしくもないが、ひたすら乗るに [続きを読む]
  • 少年よ!軽くしようぞ!
  •  車から降ろそうとした、瞬間、重い〜・・・とおもはず口から飛び出たんであります。子供用なんちゃってマウンテンといっていいんだが、なんでそんなに重い・・・。 まさかそんなはずはなかろうと思って、再度持ち上げてみると、やはり重い・・・。なんでだ?パイプの中に砂でも詰めてんのか?と思うくらい重い。 まあこのパイプ・・・、こいつで歩道の手すりを作ってもいいくらいの生鉄のパイプなんだろうか?むしろガードレー [続きを読む]
  • アローズ 元祖おしゃれ自転車かな?
  •  このチェーンカバーの形状見て、わかる人はちょいと通・・・かもしれない。 カバーというよりもフレームに溶接されているこれは、西荻のアローズさんの特徴といってもいいでしょうな。 店主も、もう随分前、自転車というものに目が行くようになってからと言うもの、まず引っかかったのが、このアローズさんのものだったと記憶しています。 もう一つの特徴は・・・、 これ、ブレーキが一つしか無いこと・・・では無くて・・・ [続きを読む]
  • ブードゥーチャイルド 風を吹かす男
  •  この自転車はまあ、何度か当ブログにも登場しているはずです。 よく乗るんだよねえ、どこに行くにもこいつで出向いているはず。いっそ自転車じゃなくて、カラスのタクシーにすればいいのに・・・、えさ代がかかるか? カラスのタクシーといえば、鬼太郎ちゃん、鬼太郎ちゃんといえば妖怪・・・。そうこの持ち主は、妖怪博士・・・といっていいかな?妖怪DJともいうが、なんと店を出したというから驚いた。 場所は阿佐ヶ谷の [続きを読む]
  • 新潟からやってきた 再塗装再組付け
  •  突然新潟からやってきたんです。しっかり段ボールにはいって・・・というかアチコチ飛び出しつつ、なんとか当店までやってきたという感じでした。 メールにて仕様書と、電話にての確認・・・。 毎回思うんだが、新潟と西東京の当店の間には一体何軒の自転車屋があるか知らないが、なぜか当店にやってきてくれる。ありがたいに尽きる・・・。  まあ、相当来ていると言っていいでしょうな。こいつを再塗装して、パーツ類も取り [続きを読む]
  • 糟糠の妻・・・?
  •  フレームがいいんですわ・・・、でもその価値は横目で見つつ、普段乗り・・・、金かける気も無いし・・・ネ。と。  旦那、キャノンデールですぜ・・・、しかも劣化ほとんどしてませんしね・・・、  キャド2・・・なんて、もう歴史的なフレーム・・・ですよね。確かレーサーだったんですがね、店主もキャド3あたり乗っていたと思うんですよ、それを山形の若い子に貸して、戻しの催促も無視され、今どこにあるのやら・・・、 [続きを読む]
  • また君か?組み替えよう・・・
  •  タイレルという非常に固いフレームの自転車がまたやってきた。ちょっと前来たばかりだったのにね・・・。そのご用内容は、前回と同じ。  これなんだが・・・、この写真じゃわからないかな?このラジアル組、交差しない組み方で組まれているホイールなんだが。  スポーク折れでやってきた。ほんの一月前に、同じ症状できて、一本入れ替えて、バランスを取ったばかりなんだが、また折れたという事だった。 もちろんその際交換 [続きを読む]
  • フォーク遊び しませんか?
  •  面白いフォークがやってきましたよ。どこが? ただのカーボンコラムのカーボンフォークにすぎないでしょ・・・ってね。 エンドを見よ!・・・なんだこりゃ・・・じゃない? んん?どうなっているのか?  全体像はこうなってます。ドミフォン用じゃないの?あの進行方向とは逆に曲がっている車体のフォークかな?とまだ錯覚している人もいるかも知れないなあ。 いえいえ、これは進行方向に向かって曲がっている、一般形状の [続きを読む]
  • 磨きの大森研魔 キャノンデールを越えたか?
  •  まるで写真スタジオか?と思うくらい、四方八方からライトを当てて確認、点検しながら研魔をすすめていくというのが、大森社長のやり方ですね。 まあ、丁寧なこと・・・。採算性なんて考えていない、目の前の金属、その性質と癖から最良の手段を考えて、客の要望に応えることしか考えない・・・、まあやっているところを見たら、絶対お値段以上!と確信するでしょうね。 元フレーム忘れましたが、キャノンデールのフレームでし [続きを読む]
  • 足は足 
  •  適度に汚れて、気軽にどこにでも・・・というのはあるタイプの自転車にとっては必然的条件とでもいえるでしょうな。 日常使いの自転車、もう下駄履きといった自転車、履き慣れたスニーカーのような自転車なんかは、まさにそんなようなもんでしょうね。 もうすでに汚れているので、汚れること自体に無関心でいられる。盗難もまあ、されないだろう、という意味で安心。乗り慣れているのでこれもまた安心。スニーカーみたいなもん [続きを読む]
  • ロケハン号にしましょう!
  •  重いしアチコチ気に入らないんで、買い換えようかなあ・・・ときた。 話を聞くと、重いのはまあ実用車でよくある話。気に入らない点を聞いてみると、鍵とライトが・・・という二点のみ・・・、雑然とした感想を整理してみると、意外と込み入ってなかったという事もあるね。 なれば、いらないもん外して・・・、気に入らないとこ交換すればいいだけの話、それで行きますか?ってことに。 ちょいとズボンの裾に気をつければ、こ [続きを読む]
  • まずは正門より・・・
  •  オイルで引くブレーキが、マウンテンバイクにはもう浸透しているらしいですね。デオーレなんて、安価で高性能なコンポもすでにオイル系になっている。その波がロードの方まで来ているようですねえ。 ワイヤーで引くメカニカルディスク、これは効くことを条件にキャリパーブレーキから交換する必然性は、ほぼないと見ていいかと思います。すでにかなり効くキャリパーブレーキありますからね。 問題は、まだまだ普及では、途上で [続きを読む]