狸サイクル さん プロフィール

  •  
狸サイクルさん: 一癖創作自転車家 狸サイクル 
ハンドル名狸サイクル さん
ブログタイトル一癖創作自転車家 狸サイクル 
ブログURLhttp://tanukicycle.blog75.fc2.com/
サイト紹介文ロード・ピスト・ママチャリ・実用車などメンテから改造、魔改造までやってはほざく天下御免のブログ!
自由文自転車文化の成熟化を目指し、買うより造れ!買うより直せ!を全面に、時流のあり方に形を以て対抗しつつ、時に思想を説いたりするが、それが半分以上当たっているから始末に悪い!とくらー!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/01/22 20:22

狸サイクル さんのブログ記事

  • 足回りを変える 劇的に・・・
  •  この車体は、キャノンデールのちょいと古めの車体なんであります、今まで何度かご紹介しました。二十年以上はしっかり経っている、といえます。ヘッドが1インチ、これだけでもふるいとわかりますが、キャノンデール特有のメガチューブにはなっている。 店主もこれほどは古くはなかったものの、1インチの元気なキャノンデールのフレーム持っていました。若い子に貸して、帰ってこない、既にボロボロにされているんだろうな。思い [続きを読む]
  • さあ、中身をいじるぞー
  •  アルミのピスト車が来た。磨きの痕跡がある。  前後の車輪のデカさが違う、26インチと700cでしょう。今回は両ホイールの中身をいじることに。地味だぞー! まずはなんちゃってバトンの前輪から。  ガタがあるというので、ベアリング交換か?しかし、かなり作り込まれているんで、シールド取り出すまでが大変だろう・・・。  案の定、ここまで取り出すまでが、非常に大変だった。立体パズル解きのような、入り組んだものを [続きを読む]
  • ヘンテコ ディスクキット・・・の登場
  •  ピクニカ・・・ですね、さらにドロップ化しているなんぞ、自転車遊び人以外に、こんなことする人はいないだろうな。 毎回に近いんだが、このお方、自転車遊びの自適の領域には行っておられる方で、見つけるもの、持ってくるもの、まあ、そのほとんどすべてが、ネジ外れています・・・。 別ないい方すると、静かにぶっ飛んでいる。・・・どっから探してきたの?ってなもんばっか・・・。 今回も腰抜け、変態、ヘンテコキットを [続きを読む]
  • 自転車の貴婦人・・・と言えばミキストだねえ・・・
  •  ヘッドチューブからエンドまで対角線状に貫かれたパイプが特徴的なんだが、それより何より、品があるわ。好きな言葉ではないが、貴婦人的な気品・・・とでも言っておこう、わかりやすいからな。 直線には違いない、変に女性性に媚びてないのがまたいいのかも知れない。  この斜め下まで伸びている、このパイプが特徴的だが。  上から見ると、実は一本ではなく、細い二本のパイプが、シートチューブを迂回して挟むように斜め [続きを読む]
  • 22インチなさ過ぎ!
  •  施工前の車体を撮り忘れていたんだが、こいつの後輪は22インチのHEだったんだが、その内のスポークが四本折れていて、もうヨレヨレの状態できていたわけだ。 リム自体が曲がっているんで、もうそれをスポークで矯正することはできない。例え振れ取り台の上で、真円ができたとしても、触ってみればわかるが、スポークのテンションがばらついているので、そこに人が乗って一踏みすれば、テンションの高いところへリムは動きそれ [続きを読む]
  • バラクーダ 立ちゴケ災難
  •  今は無き、懐かしの車体バラクーダであります。アルミの名車になるところだったが、もう作られていません、残念ですが。 こいつが、立ちゴケでちょっと痛んだというので入院。  元々ついていた、アナトミックハンドルが内側に曲がるほどの立ちゴケ、一瞬でも力がかかると、こういうことも起きるのね。 という事で、今度はアナトミックではなくマースバー、つまりは丸ハンを付けてみたいというご希望だ。 店主は深曲がり系の [続きを読む]
  • 650c ロードをつめる 短クランクの危機
  •   これもアチコチ寄せ集めで、とりあえず乗ってみよう!という勢いで組まれた650cの自転車。その割にはよくできているかもしれない。  リアディレーラーにシマノソラを使い、なんとシフターにはだ・・・ 今はもうとっくに無き、カンパキセノン(ゼノン)の9速を当てて、見事にシンクロさせている。 ただし、ここは・・・というと、 ありものクランクが付いている、長さが170ミリ。たまたま持っていたクランクを取り付ける、 [続きを読む]
  • ルックを組むぞ!
  •  クランク回りが、ビーチクルーザーのような特殊なパーツでありましたね。アダプターを使用することで、一般規格のものに変えられる、というのは朗報です。 ルックは基本フレームメーカーですんで、あのクランクは・・・他社に一定のロット数で発注したに違いない、たぶん。とすれば、それがはけたとき、まったく同じものを以後使い続けるか?というとその保証はありませんし、またはけた後、アフターのために作り続けるか?とい [続きを読む]
  • クランク物語 あまり突出したもの作るとねえ・・・
  •  ルックのカーボンフレームと、載せ替え用のコンポがやって来た。   こういうのらしい、ライトと書いてあるがごとく、実に軽い、登り用かな?まずこの手が来ると、付いているものはすべて外す、外して、処置して、内容を確認してから、再度組み付ける。 面倒なようだが、この過程で発見できるものは今まで少なくなかったのだ。 特に、ボリュームゾーン・・・、それ以下にある車種なんざ、まあ外して確認しておくに超したこと [続きを読む]
  • カード機更新 電子マネーも・・・????
  •  ヘエ、狸サイクルでも、クレジットカードなんて扱っていたの?ってか? もう旧店舗の頃からなんで、かれこれ十年くらいなるんじゃない?かな?年間数例に満たないんですが、でもクレジットカード対応店なんですよ、これでも。 このカード端末も、随分使い込まれて?埃を被っていましたが、この度更新という事になりました。  新しい端末はこれ。これまで二台に別れていたのが、この度この一台の統一されました。かなり洗練さ [続きを読む]
  • パンク無縁のタンナスざんす!
  •  営業用の自転車に見えますね。後ろの箱には何入れて走るんだろう?でもよく見るとドロップハンドルなんだが・・・、変な自転車には違いないが、意外と走りいい・・・、なんだこりゃ?と思いながらも、絶対にあっていいはず・・・と思ってしまうね。  こいつのタイヤを、パンクに無縁となる、タンナスに履き替えて欲しいというご要望が一つ。 もちろんやりますよ!  こういうタイヤね。チューブもないし、空気も入れないんで [続きを読む]
  • 屋根直し 開発者もびっくり!たぶん・・・
  • こいつに屋根がつきまして、  こうなったのは、十月のことでありました。屋根キッドが持ち込まれて、それを取り付けたんだが・・・、マニュアル通りね・・・。でもまあ、付けてはみたものの、長持ちはしねーな・・・とは思っていた。  ハンドリングでもまれて、風圧も受けるであろう、この屋根を前面で支える形式がこれなんだよね。カゴに挟んでボルトでとめる。 これじゃあ、カゴの強度に依存しすぎ・・・。こんな網のような [続きを読む]
  • すぐ済むはずが・・・旧車とはこういうもの・・・だ
  •  数年前、当店より出て行きました、旧車であります。トーエイのフレームにプロムナードハンドル付けてね、まあ、ありがちなアレンジであります。 やること自体は、そんなに難しくはない依頼だったはずなんだが・・・。  まずタイヤ交換ということ、何のことはない。  スキンサイドということで、チャレンジのタイヤに交換。こいつクリンチャーなんだが、別の呼び方がある。 なんと、オープンチューブラーと言うんだな。自称 [続きを読む]
  • 二月十二日 ヤギサワバルにて 狸サイクルコラボ 夕方六時より!
  •  ご近所でお世話様の、ヤギサワバルさん。ヤギサワバルさん、当店よりご近所です、詳細はこちら。 ここでもって、第二回のヤギサワバル(クラフトビール)と当店、狸サイクルとのコラボを行います。二月十二日月曜日です。午後六時よりですよ。  前回、昨年9月頃だったか?昼から夜までやるという、大展開でありましたが、今回は夜のみの営業ということです。 狸サイクルがなんと、料理提供。 ざっと考えているものは、今回 [続きを読む]
  • おしゃれ迷彩・・・
  •  フレーム三本持ち込んで、変わり塗りのご依頼をいただきました。 その内の一本が迷彩で、という事だったんですが、ちょっとしゃれっ気もあっていいという事で、思いっきりはねたつもりのが以下なんですが。 最初は高級海苔の缶のように見えましたが、茶系を入れて、ようやく疑似迷彩、おしゃれ迷彩てな具合になったような、気がします。  KHSというメーカーのフレームで、なぜかフォークがアルミというものでした。迷彩と [続きを読む]
  • ピアノ襲撃 自転車屋は手も足も出ない・・・木製ハンマーだし・・・
  •  かつて、店主の姉が使っていたピアノが実家の移転に伴って、響き床に入ってくることになった。ピアノはそう簡単に動かせないところからいうと、これはもう設備としての意味を持つ。 響き床は、ピアノという設備を持つ貸しスタジオとして、これからなり立つになる。それもどうも店主の想像力を大分越えていることらしい。 まず、ダンスの生徒で、ピアノはプロ級の人がその話を聞いたとき、またピアノが人を呼ぶのよ・・・と。  [続きを読む]
  • 子猫二匹とサイクリング
  •  ルイガノの、おしとやか系クロスバイクといいましょうか。買い物などを中心に使っていたこの自転車を、近いうちにやってくる子猫二匹とサイクリングできる様にしたいということで、持ってこられました。  この付いているカゴがもすでにヨレヨレ。新しい猫たちを迎えることだし・・・、いっそのこと交換・・・ということらしいです。 もちろんこのカゴに直接に置きを入れるのではないらしい。直接は、なんか底のある袋のような [続きを読む]
  • またオメーか?よく折るなあ・・・
  •  当店近くには早稲田の体育寮がある。スポーツ施設も充実しているね、乗馬クラブもあるのか、馬も飼っているよ。 あまたある部活の中で、どうも準硬式の野球部の子達が多く来てくれるんだよね。 準硬式というのは、確かB級という野球のボールの形式なんであります。ちなみに専門学校で野球大会をやっていたときの公式球は健康ボールA級でありました。 このB級は見た目は軟式なんだが、壁に当てたりするとその音は硬式のよう [続きを読む]
  • 響き床 床を張り替える ?麗内装・・・半端ない仕事
  •  こちらに越してきて、二年半になりますが、故あって、当店二階の響き床、床を張り替えることになりました。 元の床はこれ。一見木製に見えますが、実は木目印刷のFCというやつ、ソフトカーペットというやつですね。これは、自分たちで張り付けたんでありますが、ダンサーらのまあ、色々ありまして、新しい仲間への補強をかねまして、張り替えることにしたんであります。 施工依頼は、子狸の保育園友達の?麗内装(こうまないそ [続きを読む]
  • ヤフオク メルカリ 何でもこいの巻
  •  この状態で持ち込まれました。地方の個人から購入したものらしいです。 ヤフオクは、もうずいぶんな歴史がありますが、メルカリなんてもんは、最近?なんですか?ジモティとかいうのもあるそうで、適材を適所に配置するシステムとして、よくできているそうですね。 そうした複数のシステムを使って、アチコチからパーツ類を集めては一台を作っていくなんていう動きは、当店回りでは既にあるようですね。 面白いかも知れません [続きを読む]
  • 柳さんの力作 変幻自在のまずはピスト車・・・
  •  カチッとまとまっているねえ、いい車体というのはそういうもんだ。 柳サイクルの新しいヘッドバッチ。柳の葉のイメージあり。 部品点数の少ないピストだけに、パーツの選択はしっかりしている。競輪用のハブです。  DTの450のリムで君で街道仕様のホイール。 ピスト最高級のクランクに、ちょっとズレものチェーンリンク、といってもいいリンクだよ。 リアだって、競輪用のハブ。  前後にはカンパのスケルトンブレーキ [続きを読む]
  • 当店オリジナルフレームにシュパーブ載せてみた
  •  普段はよくもまあ、とあきれている方もいるとは思うが、文字数の多めな当ブログ。今日は言葉少なかな? 写真がすべてを語る・・・といってもいいかもしれない。これ当店オリジナルの650c用のフレームなんでありますが、こいつに持ち込みのシュパーブのコンポを載せてみたんであります。 これが全体、まあ、かつてはこんなのが普通に走っていたんだが。単なる懐古趣味ではない、何かを感じてもらいたいですねえ。その何かって、 [続きを読む]
  • けが人続出の BB救出劇場 まだまだ続く・・・
  •  近年まれにない・・・という事、当店始まって以来の強敵が、今当店の中に鎮座しているんであります。 そのためにけが人が続出・・・いや、もう治らないという意味では、死者続出とでも言った方がいいか?例えば、こいつ・・・、  四分割れという、無残な姿で発見されました。まあ、鍛造工具じゃ無いんだろうな、鋳鉄なんだろう・・・シマノ、手抜きやがって・・・。確かパークツールの物は鍛造くさいんだがな・・・。  元々 [続きを読む]
  • 自転車展開 あれからこうして、こうなった・・・
  •  何の変哲も無い、自転車が持ち込まれて、こいつがだな・・・、  こんな風に化けただけで、大ショックを受けてくれた方がいたわけなんです。同じフレームなのに、来たときと帰るとが格段に違ったと、静かに興奮していましたね。 自転車がこのように変身してから、西荻から浅草の道場まで自転車で通い始めるようにもなった。そんなこと今まで考えたこともないのに、やってみて、できてしまった・・・、ギア比への関心も一気に爆 [続きを読む]