狸サイクル さん プロフィール

  •  
狸サイクルさん: 一癖創作自転車家 狸サイクル 
ハンドル名狸サイクル さん
ブログタイトル一癖創作自転車家 狸サイクル 
ブログURLhttp://tanukicycle.blog75.fc2.com/
サイト紹介文ロード・ピスト・ママチャリ・実用車などメンテから改造、魔改造までやってはほざく天下御免のブログ!
自由文自転車文化の成熟化を目指し、買うより造れ!買うより直せ!を全面に、時流のあり方に形を以て対抗しつつ、時に思想を説いたりするが、それが半分以上当たっているから始末に悪い!とくらー!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供362回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2011/01/22 20:22

狸サイクル さんのブログ記事

  • 最後の晩餐 
  • 十年くらい前に終わってしまったニュース番組に、「最後の晩餐」という特集があったと記憶している。その当時の名物ニュースキャスターが、各界の有名人、一定以上の年齢の方々だったが、インタビューをし、最後の質問に、「もし明日が人生の最後の日だとしたら、一体あなたは何を食べますか?」と問う形式だったと思う。 小沢昭一だったかな、「それは寿司でしょう」と明快に答えたのを憶えている。 皆様は一体何を所望なさるか [続きを読む]
  • もっと作りたし!ピストロード!
  •  前々から何度か登場している、サムソンのガチピスト車であります。正真正銘NJSもののピストフレーム。 その120エンドに、  ここでは9速ギアをぶち込んで、ピストロードに変身させている、という一台なんですが・・・。ピスト車って好きですか? 競輪場内を走ることを想定して作られているので、ハンガーが高いんですね。ちょっと竹馬に乗っている感じなんですが、店主の好みなんですよこれが。  下りの安定は犠牲になる [続きを読む]
  • 落書き帳計画 そろそろか・・・
  •  柳サイクルさんが、ストライダーをはじめて、三ヶ月くらい経ったかな?地道な広報と、ディスプレイが徐々に定着していったらしく、そろそろ動き出している。 近くに起伏のある公園のある、当店でのストライダー販売は商機はあるとみた。それに、その前の段階の練習場も、当店より五十メートル先にある。そこにコーンを置いて、蛇行運転、カーブ、コーナーリングなどが一通りできるようになったら、東伏見公園に行くといい。公園 [続きを読む]
  • 酷使の果てに・・・
  •  五年くらい世話になったかな?静音コンプレッサー、主にタイヤの空気入れに使っていたやつだが・・・、この数日前に、動かなくなった。そのちょっと前から、毎回リセットボタンをかけないと、作動しなくなっていたんだが・・・。通常コンプレッサーというのは、タンクに圧縮空気をためて、それが一定以下の気圧に下がったら、自動で圧縮空気の補充が行われるんだが・・・。 毎回リセットかけるということは、この自動充填がなく [続きを読む]
  • 鉄棒一体計画
  •  今を去る三年ちょっと前、まだこちらに来る寸前の仮店舗の頃のご依頼でした。 単なる折りたたみ自転車も、ちょこっと手を掛けると、意外と踏める・・・という例だったかもしれませんね。  まあ、世の中には、景品程度にしか自転車を考えていない所もあるようで、なんでここにサスペンションが必要なの?といくら問うても、答えの出ない、デザインというのか、仕様というのか?わからないものがありますね。 中途半端な用途と [続きを読む]
  • 柳狸サイクル 合わせ技 牙なしも・・・いいか
  •  これは・・・、BMXという店主にとっては専門外、全くもっての専門外の車種であります。技をする自転車・・・位はわかるが。 人と一緒に飛んだりするので、人車が離れては大変、そんなわけで人と比重を同じくするかのごとく、重くて頑丈です。あんな乗り方、使い方していたら、よほど強度を上げないと使い続けられないでしょう、という使い方をします。 で、その特徴はサドルが低い・・・こと。  ところがこちらは長い。ガ [続きを読む]
  • クロスバイクの点検ポイント
  •  ブラジル音楽の権威、ケペル木村さんがせがれの自転車なんですが、なんかアチコチダメなんて見てもらえませんか?ともってこられた。 阿佐ヶ谷にお住まいのあるケペルさん。かつてだったらご近所だったんだが、今だとちょうどいいサイクリングな距離となった。 しかし、このケペルさんには、当店二階の響き床で、音楽関係、音響関係、人間関係と様々なところで大変お世話になっている恩人の一人でもあられるお方、非常にありが [続きを読む]
  • 120ミリ化
  •  年に数えるほどしかやらない改造がいくつもあるだろう・・・、その中でロードの130エンド用に作られたリアハブを10ミリ縮める120ミリ化という改造がある。 なんでわざわざ120ミリ化するか?それは・・・世の中には好事家がいるからだ・・・。例えば、このサムソンフレーム。  クイックレバーの付いたホイールが入っているが、エンドの形状は正爪である。  反対側も正爪で、スプロケが付いていて、かつ、ディレーラー台座は [続きを読む]
  • 改良して再び誕生 イエロータブマリン!
  •  働く二輪車、アレックス先生開発中の、イエロータブマリン号、久々の登場であります。昨年の暮れに初めて登場したのでありましたね。こちらでご紹介いたしました。 といっても、ちょくちょく寄ってはいただきますが、今回は劇的に改良を加えられ、そろそろ試乗売り・・・もいいんじゃないか?というくらいのデキの良さであります。 一番の改良点は・・・。  この自転車はハンドルと前輪との間に荷物を載せる構造になっている [続きを読む]
  • 台座付け 再塗装 など合わせ技
  •  大改造計画があるようです。 台座を溶接して、カンチブレーキをつけて。色を塗り替えて。ホイールも組み替える。 全く違う自転車に変身してしまいます。台座の溶接などは、柳さんの力を借りねばならない、柳狸サイクルの合わせ技が必要となります。  元々はビーチクルーザーライクのイメージで作られたんでしょうか?それともBMX・・・的なものかしらね?コースターブレーキ専用フレームだったのかな?その辺よくわかりま [続きを読む]
  • レトロになりかけ・・・かな?
  •  今となっては過渡期の、ピナレロがやってきた。 レトロと言うにはまだ早いかな?ビンテージ・・・が付くかといえば、まだ・・・でしょう。確立されいているものとその次の確立されたものとの間のものを、過渡期のものということにすれば、それらがレトロになることって言うのはあるのだろうか? どちらかに吸収されるのか?それとも、際物扱いになるのか?どうなんだろうな? あと二十年して、この手の自転車がレトロとしても [続きを読む]
  • 未来への投資 DT585だぜ・・・
  •  通学用のメリダがやってきた。いや、メリダを通学用に使っているだけで、この車体自体は大変よくできる・・・と思う。大手のマーケティングのたまものだけあって、面白くもおかしくもないが、その分無難で、いわゆるコスパってやつも、小さい店などには及ばない、信じられない価格帯で売られているんだろうなあ・・・。  せめても、この手の非の打ち所のなさ・・・のわりに突っ込みどころはありそうな一台に関して、いたずらし [続きを読む]
  • 因縁車体野巻
  •  この自転車がやってきたのが、今を去る八年か九年前なんじゃないか?と思います。旧店舗の頃ですね。この自転車にそこまで手を掛けますか?という。 きっと何かあるんでしょう。この自転車にかける何かがね。その詳細や深浅についてはわかりませんが、当店との関わりの中で、それが抜きがたい何かであることだけはわかります。 当店が、この西東京に越してきてすぐ、メンテに来ていただきました。それからまた三年ほどが経って [続きを読む]
  • 大森研魔 その魔の手はチタンにまで・・・
  •  北海道から、わざわざ大森研魔の社長の腕を頼りに遅れてきたフレーム。 なんと総チタン製。これにヘアラインをつけてほしいという依頼・・・。 通常クロモリフレーム・・・、アルミフレームの加工依頼がほとんどなんだが、なんとチタンかよ・・・。 もう相当施工歴の長い、大森社長だけに、初めて・・・でしたっけ?というと、どうも今まで数回あったという。 ライトスピードのチタンロードを磨いたことがあると。・・・、そ [続きを読む]
  • 子育て自転車のマイブーム?
  •  世は少子化社会というのに、ちょっとだけでありますが、当店周りでは子育て自転車、ママ狸んが続いていますね。確か近々で三台目ですかね。 しかし、この少子社会、超高齢社会というのは、いかに先を見て政策を打ってこなかったのか?ということの如実な実態なんじゃないか?と思いますな。 長期的に国の展望を見るのはいったい誰なのだろうか? かつては、日本の官僚は優秀だといわれていましたが、人事権を握られるといとも [続きを読む]
  • リベンジ小径・・・相当手がかかったぞ
  •  先日、ピクニカのハブ改造悶絶日記を公開したんだが・・・実にあれは大変だったわい! でもまあ、手組ホイールだ何だといじる延長で、ハブいじりは宿命みたいなもんで、今までずいぶんやってきたもんだ。おかげで一万弱する12ミリ1ピッチなんて言う変なダイスもあるなあ・・・、加工数六つくらいかな? その他ベアリングの着脱工具、木ぎれを丸く切り抜いて作ったりね、あまり恒常化しないんだが、そうやって個別のハブいじり [続きを読む]
  • 電動ママ狸ん化
  •  パナソニックの電動。かなり使い込まれています。こいつをちょいと手間かけて、子育て号にしたい。 電池あるのかな?と乗ってみたが、少なくともこの電池には蓄電されていなかった。でも走れるがね・・・。制動部分など大丈夫なのかな?とちょいと心配でもあるが、まあ依頼を果たしてまいりましょう。  このがら空き部分に、荷台を載せて、かつその上に子のせを乗せるということですね、まずは。  色々探しても、小径車専用 [続きを読む]
  • クロスバイクにレーシング7を!
  •  実用に近いクロスバイク、こいつをもう少し本気で使おうということで、かなり堅剛なことで有名でもある、フルクラムのレーシング7をはかせようということになったが、そう簡単にはいかないことが発覚。 クロスバイクの統一規格とまではいえないと思うが、エンドの幅が135ミリで、レーサー仕様の130幅のレーシング7では、はまりが悪いことになる。 135ミリでのレーサーホイールってもうあるのか?未だに130ミリがレーサーホイ [続きを読む]
  • 柔道一直線! 自転車平行線!
  •  ものは悪くないが、扱いの悪い自転車引いて持ってきた。いかにもスポーツ選手、学生、気のいい顔。 学生寮に置いておいたが、反省して、これから屋根のあるところにしっかり管理しますんで、ちゃんと乗れるようにして欲しい。 聞いてみると、柔道部の学生だった。 東京五輪狙っている?いや層が厚すぎて・・・。まあ、そうだろう。  全後輪のパンク状態だったが、まあチューブ交換してやればなんとかね。 ところで、この自 [続きを読む]
  • 電動を乗り続ける
  •  これは珍しい症状ですね。店主は一度だけ、自らのホイールがこのように陥没したことがありました。 とにかく乗って乗って乗り倒したホイール。プラス、ブレーキシューをけちってやっているウチにシューを通り越してその枠の船の部分、つまり金属がリムに干渉していたこともあった、そういうホイールだったんですが・・・。 まだ大丈夫だろう、まだ大丈夫だろうとある日見たとき、亀裂の入ったリムの一部がこのようにまくり上が [続きを読む]
  • 頂上までの道は複数あり
  •  依頼自身は簡単で、このピクニカという自転車のここに、 このノバテックのホイールをはかせてくれないか?というものであります。もちろんポン付けできるはずがない。できれば当店には持ってこないだろうからね。 まず、シャフトの長さが足りない、圧倒的に足りない・・・・。ただしそれを利用して、中空シャフトであれば、エンドの幅で調整して、スペーサーで整えて、クイックシャフトを通してやれば、即取り付け完了とはなる [続きを読む]
  • 夏休み泥棒市から宿題でっち上げ・・・
  •  先日なんか変に好評だった、子狸どもの夏休み泥棒市。虫ゴムの手仕事には、ちょっと手間代は出たが、その他のがらくたもの・・・、まあよく工房内から拾ってきたもんだてなものは、もちろん誰も買い手は付かない・・・、当たり前だ。  しかし拾ってきたものを改めてみると、なんか一つ一つに表情があることに気づかされる・・・。もちろんそれらを再生させて・・・というようなものではない、もうそれ以下のものだからね・・・ [続きを読む]
  • 仏教の本場オランダにて
  •  昨年四月に、オランダに旅立った坊主。もちろん仏教の坊主なんであるが、なぜにオランダに?と思われる方は多いかと思う。 チベット・・・、インド、スリランカなどであればまだわかるが、なんでオランダなのか?伝統的にはピューリタンの国じゃない・・・。 その答えは、彼にとっては彼の地が仏教の本場だからなんだろうな。そもそも本場だの偽場だのは、本来意味はない。本者がいるかいないかの話である。 彼は仏教学部を卒 [続きを読む]
  • 清水の舞台から・・・
  •  来たなあ、と思いますね。オオ来たか!くらいに思いますね。 こういう自転車と、こういう自転車を引いてくる方の顔つきで、大体何がやりたいかわかるようになる、なんか共通するものがありますね。  一言で言うと清水の舞台から、飛び降りたような、またはもう一押しで飛び降りるような、そういう雰囲気がありますな。 たぶん奥さんかな?女性と一緒に来られまして、その女性がちょっと前当店で施工依頼していただいて、その [続きを読む]
  • ロングニップル宣言!
  •  当店の推しているいつくかの内、かなり強めの推しなのが、この手の手組ホイールなわけです。理由はまあ、いろいろありますが、一言で言えば、愚直で管理がしやすいということでしょうか。 すべてが専用で設計されたものが最高の状態で組み上がっている完組ホイールに喧嘩を売っているわけではありません。あれはあれですから・・・。  ただ最高ではない完組どもには、多少売ってもいいかもと思える展開はありますよ。ただリム [続きを読む]