フランク翔太 さん プロフィール

  •  
フランク翔太さん: 古き良きBCLの時代
ハンドル名フランク翔太 さん
ブログタイトル古き良きBCLの時代
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/eichan21-bcl/
サイト紹介文70年代に大ブームだったBCL。当時を振り返るアラ5世代のブログです。ラジオ時代を語り合いませんか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2011/01/23 12:46

フランク翔太 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 思い出のラジオ局⑨〜朝鮮中央放送
  • 朝鮮中央放送中学生だった当時、1976〜77年ごろでしたか、今と変わらぬ声の調子で、チョソンの声放送は流れてきていましたかね。当然当時の政治背景のことも詳しいわけではないですが、放送を聞いていると、さかんに「キミルソン同志(金日成主席のこと)」名前が出てきていましたので、今思うとそういう時代背景だったかなあと思うのです。ただ、どの国の放送局も、政治ニュースのところでは必ず国家主席だったり大統領だっ [続きを読む]
  • 経年劣化とメンテナンス
  • 経年劣化とメンテナンスよろしければワン 、ご協力お願いしますよろしくお願いします1970年代の全盛時からのBCL諸氏にとって悩みの種のひとつが、大事にされているラジオのメンテナンスではないかと思います。数少ないラジオを大切にされているリスナーの方は、ある程度管理も可能かもしれません。しかし、私のようなラジオコレクターに近い台数を保有しているマニアにとって、ラジオのメンテナンスは、まさに頭痛の [続きを読む]
  • 思い出のラジオ局⑦〜RADIO BUDAPEST
  • RADIO BUDAPESTよろしければワン 、ご協力お願いしますよろしくお願いしますBCL全盛の1970年代は、まだまだ東西冷戦の真っ只中でした。ですから、海外短波放送は、資本主義諸国と社会主義諸国の対立を如実に表す場であったり。国家の格好のプロパガンダのアイテムでした。ソビエトを中心とするワルシャワ条約機構の国々、いわゆる「東側諸国」の放送や、中国、北朝鮮、ベトナム、キューバなど、共産主 [続きを読む]
  • BCL雑誌の存在③〜懐かしのBCL大全
  • 懐かしのBCL大全よろしければワン 、ご協力お願いしますよろしくお願いします三才ムックという出版社が、ここ数年不定期的にラジオ雑誌を突如刊行します。いや、まさに私たちをターゲットにするかのように、懐かしいBCLの名器を掲載したり、当時のラジオ事情を記事にしたりと、かつてのラ製(ラジオの製作)のように、BCLマニアの少年を対象とした本を出してきます。昨日、ふらりと本屋に立ち寄ると、そのBCLオ [続きを読む]
  • 過去の記事 …