グルメ投資家おーちゃん さん プロフィール

  •  
グルメ投資家おーちゃんさん: グルメ投資家おーちゃんのブログ
ハンドル名グルメ投資家おーちゃん さん
ブログタイトルグルメ投資家おーちゃんのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/toshino-ochan/
サイト紹介文GINZAX代表の大原浩が、世界情勢や経済投資をわかりやすく楽しくお話しします
自由文1984年 同志社大学法学部卒業。同年 上田短資株式会社(上田ハーロー)入社。1989年8月 フランス国営クレディ・リヨネ銀行入行。1994年9月。クレディ・リヨネ銀行を退社。株式会社大原創研を設立。
著書
「2012年に日経平均が2万円を超える15の理由」(講談社)
「韓国企業はなぜ中国から夜逃げするのか」(講談社)
「100万円を確実に1億円にする中国株投資術」(講談社)他
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供376回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2011/01/23 16:41

グルメ投資家おーちゃん さんのブログ記事

  • 藁の楯 わらのたて
  • ★藁の楯 わらのたて大沢たかお、 松嶋菜々子 、岸谷五朗、伊武雅刀他、藤原竜也他130点(80点+エンタテイメント加算50点) 三池崇史監督の作品では「悪の教典」(2012年)が最も印象深いですが、どの作品もサービス精神にあふれ、観客を喜ばせる(楽しませる)ことに全力投球している点が大いに好感を持てます。... 本作品も、最初から最後まで息つく暇もない、スピード感あふれる展開です。残念ながら、日本では [続きを読む]
  • 偉大なる、しゅららぼん
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★偉大なる、しゅららぼん濱田岳 、岡田将生、 深田恭子 、渡辺大他75点...万城目学の原作ということで大いに期待していたのですが、「鴨川ホルモー」(2009年)「鹿男あをによし」(テレビドラマ・2008年)等の作品の原液を薄めたような「薄い」内容です。 たしかに、万城目ワールドのテイストはあるのですが「弱い」です。小ネタも万城目的ではあるものの、キレが今一つです。 全体の [続きを読む]
  • 呪怨2
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★呪怨2酒井法子、新山千春、堀江慶、市川由衣他80点... シリーズもの第2作としてはそれなりに健闘しているとは思いますが・・・「焼き直し」感はぬぐえません。 第1作では斬新に思えた、登場する女性(男性)ごとのオムオニバス形式のエピソードをつないでいく手法も、2回目となると新鮮さが薄れます。 各エピソードのつながり方も、かなり工夫はしてあるものの第1作と基本的パターンが同 [続きを読む]
  • ザ・スクワッド
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★ザ・スクワッドジャン・レノ 、カテリーナ・ムリーノ 、アルバン・ルノワール、ティエリー・ヌーヴィック他55点... ジャン・レノ様主演映画ですが、中身は薄いです。冒頭の5分くらいは緊迫感があってなかなか良い出来上がりですが、それ以降はひたすら「忍耐」です。終わるのが待ち遠しかったです・・・ フランス・イギリス合作映画ですが、どちらの良いところも出ていません。むしろそれぞ [続きを読む]
  • 大収縮 1929−1933 「米国金融史」第7章
  • 備忘録:書評:読んだ本★大収縮 1929−1933 「米国金融史」第7章ミルトン・フリードマン+アンナ・シュウォーツ 著、日経BP社95点... 米国の金融に関する歴史を詳細に論じた「米国金融史」の中で、いわゆる「大恐慌」に関する部分をピックアップした書籍です。 今からは考えられないことですが、この時期にFRBが行った「金融引き締め」的政策についても詳細に論じられています。歴史の「たら・れば」は意味が [続きを読む]
  • クリープショー
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★クリープショーE・G・マーシャル 、テッド・ダンソン 、レスリー・ニールセン、フリッツ・ウィーヴァー他85点... オムニバス形式の5話によって構成されるホラー映画ですが、アメコミスタイルの演出が特徴的です。オムオニバス形式のホラーといえば、「世にも怪奇な物語」(1957年。原作:エドガー・アラン・ポー)が思い浮かびます。第1話のジェーン・フォンダの輝くような美しさや、第 [続きを読む]
  • 放送禁止 劇場版 〜密着68日 復讐執行人
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★放送禁止 劇場版 〜密着68日 復讐執行人佐伯新、伊佐美紀、寺田万里子、吉岡睦雄、山本剛史他125点... 分類としては「B級カルト・ホラー・サスペンス」とでも呼べばよいでしょうか?「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」(1999年)のように、ハンディ・カメラの撮影者目線を多用したり、ドキュメンタリー風の構成にして<虚構と現実の境目>を限りなく薄くしたりなど、色々な試みが行わ [続きを読む]
  • MARS〜ただ、君を愛してる〜
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★MARS〜ただ、君を愛してる〜藤ヶ谷太輔 、窪田正孝 、飯豊まりえ 、山崎紘菜他80点(65点+窪田正孝15点)... 普通に言えば失敗作です。ただ私にとっては、さわやかな大根芝居と力の入った実力派の演技のアンバランスさがよいかげんの作品です。・・・ 冒頭はいかにも少女漫画風のまったり・ほんわかした雰囲気でスタートするのですが、徐々に物語は核心へと進んでいきます。 ストーリー [続きを読む]
  • 「バフエット38の教え」<応用編>が発刊されました
  •  ★「バフエット38の教え」<応用編>(昇龍社)アマゾン・キンドル版 本書は既刊「バフェット38の教え」を具体的に日本の個別企業に応用するための「手法」を勉強するために夕刊フジ(産経新聞社)紙上で、2018年5月まで45週(45回)にわたって連載されていた「最強!バフェット流投資術」(応用編)の内容を加筆修正してまとめたものです。事例として登場する個別企業は、第1回から第45回までコード番号順に並 [続きを読む]
  • パンズ・ラビリンス
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★パンズ・ラビリンスイバナ・バケロ 、セルジ・ロペス 、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ他120点... 現実とファンタジーの世界が交錯する<夢現(ゆめうつつ)>の作品です。現実とファンタジーの結合という映画はよくあるのですが、本作品は現実とファンタジーが完全に一体化していて、まさに<夢現>の世界を見事に作り上げています。 ただ、全体としてはとても陰鬱な映画です。多重 [続きを読む]
  • 映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ石橋静河 、池松壮亮 、佐藤玲 、三浦貴大他95点(80点+石橋静河&池松壮亮15点)...「不機嫌な恋愛映画」です。あるいはロミオとジュリエットの「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(2000年)バージョンといえます。 いつも不機嫌な石橋静河と池松壮亮のラブ・ロマンスが物語の骨格をなしていますが、もう一つの重要な要素が「理不尽な死」であり、突 [続きを読む]
  • ジャッジ 裁かれる判事
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★ジャッジ 裁かれる判事ロバート・ダウニー・Jr 、ロバート・デュヴァル 、ヴェラ・ファーミガ、ヴィンセント・ドノフリオ他90点(75点+ロバート・ダウニー・Jr 、ロバート・デュヴァル15点)... ハリウッド映画で弁護士といえば、<ああいえば上祐>的な屁理屈のプロフェッショナルで、極悪人を無罪にし、善良な人々をどん底に突き落とす<悪徳>と相場が決まっています。ただ、米国に限 [続きを読む]
  • とことんやさしい エネルギーの本 第2版
  • 備忘録:書評:読んだ本★とことんやさしい エネルギーの本 第2版山崎 耕造 著、 日刊工業新聞社80点... 第2章の<考えよう地球環境>で、「地球温暖化教」をはじめとする怪しげな環境問題について論じられている以外は、よくまとまっていると思います。 <そもそもエネルギーとは何ぞや>という話からスタート。物質はエネルギーの一形態であることは、よく知られるようになってきましたが、エントロピー増大の法則に [続きを読む]
  • マキシマム・ブラッド
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★マキシマム・ブラッドジャン=クロード・ヴァン・ダム 、ジョン・ラルストン、ダーレン・シャラヴィ、ジェイソン・トビン 他60点(50点+聖書の正しい使い方)... あくまでも私の願望ですが、ロックスターは人気の絶頂で世間から姿を消して「伝説」になってほしいです。アクション・スターも同様です。 アクションスターは、言ってみればスポーツ選手のようなものですから、いくら鍛えられて [続きを読む]
  • 宇宙戦争(2005)
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★宇宙戦争(2005)トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス、ジャスティン・チャットウィン他60点(50点+こけおどし10点)...<H・G・ウェルズの人気小説をスティーヴン・スピルバーグ監督がトム・クルーズ主演で映画化したSF超大作!>という宣伝文句が空虚に響きます・・・ 1938年にハロウィン特別番組として、アメリカのラジオ番組「『マーキュリー放送劇場」で放送さ [続きを読む]
  • コミュニケーションは受け手が主役 ドラッカー18の教え
  • 産業新潮 http://homepage2.nifty.com/sancho/ 6月号連載記事 ドラッカー18の教え15) コミュニケーションは受け手が主役 禅問答  こんな禅問答があります。「誰一人いない山奥で大木が倒れた。音は聞こえるか?」。山奥で大木が倒れれば、空気は当然振動します。しかし、それが「音」になるためにはその音が、人間の耳の中の鼓膜を振動させ、その振動が脳の中で音として認知される必要があります。つまり、だれもいな [続きを読む]
  • 秘密 THE TOP SECRET
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★秘密 THE TOP SECRET生田斗真 、岡田将生 、吉川晃司、松坂桃李他50点... 明らかな失敗作です。脳科学の観点から突っ込みを入れたいことは山ほどありますが、この物語はSFというよりもサスペンスですからその点は観てみぬふりをしましょう。しかし、サスペンス部分も、テレビドラマ・シリーズの「火曜サスペンス」をSFタッチにしたできそこないです。確かに、人間の脳の中の記憶をとりだ [続きを読む]
  • トラスト・ミー
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★トラスト・ミーエイドリアン・シェリー 、マーティン・ドノヴァン、メリット・ネルソン、ジョン・A・マッケイ他95点... 「どこがいいのか?」と問われれば、これといった長所が無い映画なのですが、なぜか心惹かれます。冒頭の思いがけない「事件」や、最後の「爆弾騒ぎ」も含めて、平凡で退屈な物語です。 それにも関わらず、伝わってくるものがあります。1990年の作品ですから30年近 [続きを読む]
  • 資本主義と自由
  • 備忘録:書評:読んだ本★資本主義と自由ミルトン・フリードマン 著、 日経BP社140点<自由こそ資本主義の源流> 1962年にそれ以前の講義内容を基に出版された本ですが、60年近く昔の内容であるにも関わらず、現代我々が直面している諸問題に関して鋭く切り込み、かつ明確な解答を与えている名著です。 1776年に国富論の初版が発刊されてからほぼ250年、その輝きを失っていないのと同様、本書も風雪に耐えな [続きを読む]
  • 呪怨 
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★呪怨 奥菜恵 、伊東美咲、上原美佐、市川由衣他130点... 白塗りの幽霊(怨霊)がまるでアマチュアの作品のようにチープであることは否定できません。ただ、CG全盛の今、改めて観ると妙な不気味さを感じて意外に効果的なのも事実です。例えば、自宅の玄関のチャイムが鳴ってドアを開けてみると白塗りの人物が立っていたりしたらかなり怖いですよね・・・ピエロは道化ですが、白塗りがやはり [続きを読む]
  • 恐怖
  • 備忘録:映画レビュー:観た映画★恐怖スーザン・ストラスバーグ 、クリストファー・リー 、アン・トッド 、ロナルド・ルイス他130点(120点+時代性10点)... どんでん返しが「命」の映画で、意外な結末であることはわかって鑑賞したのですが、それでも「やられた」感はかなりあります。 冒頭ショッキングなシーンで始まりますが、これが重要な伏線です。その後は中盤まで比較的オーソドックスな物語の展開です。196 [続きを読む]