SCQ さん プロフィール

  •  
SCQさん: キッチン雑貨
ハンドル名SCQ さん
ブログタイトルキッチン雑貨
ブログURLhttp://lacuisine2.lespoir.me
サイト紹介文あったらいいと思うキッチンツールを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供254回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2011/01/23 22:41

SCQ さんのブログ記事

  • ザット / 解凍ボード
  • Thaw THAT!(ソーザット)の解凍ボードは板の中にジェルが入っていることによって、ただのアルミ板では吸収する温度に限界があるところ、さらに冷たい温度を吸収し、裏面のギザギザから冷気を放出することによって解凍速度を早くしています。板面に傾斜をつけているので、水分がスムーズに流れて食品に戻らないため、水っぽくなるのを防ぎます。水受け付きなので、水分処理も簡単です。2015年3月、シカゴのインターナショナル・ホ [続きを読む]
  • 野田琺瑯 / Luke / 深型キャセロール25cm
  • 野田琺瑯は、70年以上の歴史を持つホーローメーカーです。ひとつひとつ丁寧な手作業で生み出されるホーロー製品は、飽きのこないシンプルなデザインと実用性の高さから、根強い人気を誇ります。ルークシリーズの鍋は、ミトンでもつ持ち手が にぎりやすいこと。木へらをあてたときに かき混ぜやすい角度、熱をじゅうぶんに保有できる 鉄板の厚み、そして美しさを考えて作られました。25cmサイズ、深型タイプのキャセロールは、深 [続きを読む]
  • リッチェル / ラクール / 水切りラック&トレーセットL
  • リッチェルは、日本のプラスチック製品の製造・販売メーカーです。主にプラスチックの家庭用品や工業用品などを製造しています。こちらは大容量の水切りラック・トレーのセットです。さまざまな食器もしっかり立てて置け、まな板やカトラリーもコンパクトに収納できます。かごに使用しているワイヤーは、皮膜の付着もれが少なくサビにくい流動侵漬塗装で塗装されたワイヤーを使用。ポリエチレンの皮膜により、食器などへのあたりが [続きを読む]
  • Stelton / rigtig / Easy / スパチュラ
  • デンマークのブランド、ステルトンが手がけるリグティグシリーズ。中でもEasyキッチンツールは、素敵な機能性と美を提供するようにデザインされています。デザインを手がけたのはデンマークを代表するアーティストの一人、セシリエ・マンツです。頑丈なホワイトオークは耐久性に富み長い間使用できます。時が経つにつれ自然な艶がでてきます。こちらの丸型スパチュラは、お料理の混ぜるなど多種多様に使えるツールです。デザインの [続きを読む]
  • PartyParty OCT / ハーフプレート
  • PartyPartyシリーズは、誕生日にハロウィン、クリスマスなどのホームパーティを盛り上げてくれる楽しいアイテムが揃っています。こちらは宝石をイメージした八角形(オクタゴン)のレリーフ食器シリーズです。大人っぽい落ち着いたカラーリングに金巻きで華やかさをプラス。ハーフサイズプレートは取り皿にちょうど良いサイズです。サイズ: 横113mm × 縦110mm材質: 磁器(美濃焼)生産国: 日本食器洗浄機、電子レンジ、オーブン不 [続きを読む]
  • Aux / Leye / グリルダッチオーブン
  • オークスのレイエシリーズのアイテムは、すべて女性が考えて作り上げた商品です。女性ならではの視点で共感されるアイデア、女性の手にフィットするかたち、大人のかわいらしさをギュッとつめて、燕三条の職人さんとこころはずむアイテムに仕上げています。こちらはグリルダッチオーブンです。短時間で高温になる魚焼きグリルを使って、おうちで手軽にダッチオーブン料理が楽しめます。一般的な鉄鋳物製のダッチオーブンに比べて軽 [続きを読む]
  • Stanley / スチールキャニスターセット
  • 「確かなもの、本物は時代に関係なく愛用され続ける」というポリシーを持つ、アメリカの老舗魔法瓶メーカー、アラジン。スタンレーの真空ボトルは、そんなアラジンの商品の中でも機能性とデザイン性を両方兼ね揃えたブランドです。こちらはアウトドアでの食事をより一層楽しめるキャニスターセットです。保存性があり、アウトドアでの食事にぴったりです。ステンレス一層タイプのキャニスターで、3つの容器を1つにまとめて収納でき [続きを読む]
  • イブキクラフト / Tools / グリラー
  • 直火・オーブン・トースター・電子レンジ・魚焼きグリルに対応した、耐熱磁器のうつわです。耐熱磁器は一般的な鍋に比べて遠赤外線が3〜4倍以上多く放出されるため、食材を効率的に温めてくれ、食材が持つ本来のうまみを引き出してくれます。またうつわが冷めにくく、火を切ったあとも温かさが続くので、素材の甘味を引き出してくれます。蓋をすれば全体から食材にじっくりと熱が伝わり、おいしい蒸し焼き料理が作れます。ブランド [続きを読む]
  • magisso / カラフェ
  • 北欧デザインと新しいアイデアのプロダクションハウス、マギッソ。日常生活に役立つユニークなデザインや、新しいアイデア商品を開発、商品化することが使命としており、マギッソの多くの商品は世界的なデザイン賞であるレッド・ドット・デザイン賞を受賞しています。こちらはブラックテラコッタシリーズのカラフェです。名前の通り、黒いテラコッタで出来ており、自然冷却機能があります。使い方は最初にカラフェを水、もしくは冷 [続きを読む]
  • Tosca / 折りたたみ布巾ハンガー
  • 天然木とホワイトのナチュラルテイストが人気の山崎実業のトスカシリーズ。キッチンまわりの収納ツールなどを展開しています。こちらは折りたたみ布巾ハンガーです。簡単に広げて、布巾を干した後は折り畳んですっきり収納できます。ツールスタンドやディッシュ・スパイスラックなどアイテムが豊富なので、揃えて使用するとキッチンに統一感が生まれます。ブランド: 山崎実業サイズ: 幅275〜535mm × 奥行き23〜545mm × 高さ250mm [続きを読む]
  • Idea Label / ヨーグルトメーカー
  • 発酵において最も重要なのが「温度」と「時間」。25℃〜65℃まで1℃単位で設定できる温度調節機能と、1時間〜48時間まで1時間単位で設定できるタイマー機能を搭載しているので、ボタンを押したらあとは待つだけ。面倒な手間なく発酵フード作りにチャレンジできます。本体には500ml〜1ℓの牛乳パックがすっぽり入り、別容器に移し替える手間が不要です。牛乳パックごとヨーグルトを作れるので、毎日の習慣も無理なく続けられます。 [続きを読む]
  • Larssons Trä / プラストリベット
  • スウェーデンのラッセントレーは、1946年にスタートした木工ブランドです。主に北欧の木を使用し、家具の部品やインテリア・キッチン雑貨などを製造しています。製品の30%がアメリカや日本など、海外に輸出されています。こちらはナチュラルな色味が素敵なオーク材がプラスの形に組み合わされた、シンプルなデザインの鍋敷きです。サイズは少し小さめで、コーヒーポットを置いたり、小さめの鍋を置くのに丁度良いです。鍋敷きとし [続きを読む]
  • セラミック焼き網 / 大
  • 美味しい食材をさらに美味しくしてくれる、コンロの上に置いて焼くだけのセラミック網焼きです。セラミックの遠赤外線には、 食材の水分を逃がさず、旨味をとじ込め、ふっくらさせる効果があります。トーストを焼けば外はカリッと、なかはもっちりとした焼き上がりになります。また、美味しさだけでなく、美味しそうな格子模様の焼き目がつくのも特徴です。大はトースト一枚のほかにも野菜を置くスペースがあるので、一つでワンプ [続きを読む]
  • Costa Nova / レクタングルベイカーM
  • コスタノバは、ポルトガル発のテーブルウェアブランドで、ナチュラルで温かみのある食器を作っています。コスタノバのアイテムは丈夫で耐久性にも優れたストーンウエア製。電子レンジ、食器洗浄機はもちろん、オーブンやフリーザーでも使えます。気孔が少ないので、料理の水分や洗い物の水が浸み込みにくいものも安心です。また、コスタノバの商品はすべて職人さんの手作りで製造されています。こちらはレクタングルのベイカーです [続きを読む]
  • Robert Herder / オールドジャーマンナイフ
  • 中世から、刃物作りで世界的に有名なドイツの街、ゾーリンゲンで1872年より営むロベルト・ヘアダー。今も伝統的な技法を守り、手作業で刃付け生産を行っています。伝統のかたちを守り続けることで、変わらない使いやすさと切れ味を生み出します。こちらはロベルト・ヘアダーでもNO.1の売上を誇るオールドジャーマンナイフです。万能ナイフで、卓上パンを切ったり、そのままバターやジャムをつけたりすることができます。ブランド: [続きを読む]
  • ambai / パンチング味噌こし
  • ambaiは、日本国内でのものづくりにこだわり、そして作り手とデザイナーが関わり地域の特色や技を生かし、道具の性能/素材/形状などのバランスを整え、使い手にとっていい塩梅(ambai)となる道具を目指しています。パンチング味噌こしは、ステンレス板に穴を開けた構造で変形せず丈夫です。洗いやすいのでお手入れ簡単で使いやすいです。味噌を溶く用のスプーンも付属されているので便利です。ブランド: ambai ? 日本デザイン: [続きを読む]
  • Porvasal / イサバ / フラットプレート23cm / グリーン
  • スペインでホテル・レストラン向けのテーブルウェアメーカーとして現存する工場、ポルバサル。スペインのバルでみられるタパス用の小皿やベーシックな磁器のプレートやカップの他、有名店のリクエストに応えるなど、料理を引き立てるテーブルコレクションを数多く生産しています。こちらはシンプルで厚みのあるディナーウェアシリーズ「イサバ」のフラットプレートです。ぽってりとした雰囲気で、業務用ならではの安定感があります [続きを読む]
  • 和山 / くらわんか碗 / れんこん
  • 和山は波佐見焼の故郷、波佐見町で、使う人それぞれがその時々で手に取りたくなるような器、毎日の食卓を楽しみ、食事がより美味しくなるような器を作っています。くらわんか碗は、江戸時代に上方の商人が、くらわんか舟で使用した茶碗で、舟の上でも安定するよう、重心は低く、高台は広めに、手でしっかりと掴めるような飯碗になっています。こちらは、ところどころにちりばめられたブルーのれんこん柄。手描きの優しいタッチで食 [続きを読む]
  • Motif / Dobby / ヘキサゴンミニプレート
  • モチーフは割烹・業務用食器を企画生産している窯元・吉右エ門製陶所から誕生しました。先代達が培ってきた技術を背景に次世代の私達の感覚を通し、日々の暮らしに馴染んでいく磁器製品を提案しています。MOTIFデザインのDobbyシリーズは、有田焼のしっかりとした使い心地と落ち着きある中にユニークな絵柄が特徴的。一つずつ手で絵付けをしています。個々に少しずつ風合いが異なるのも愛着が沸きます。実用性とひとときの幸せを感 [続きを読む]
  • Jean Dubost / Laguiole / デザートフォーク
  • 1920年にフランスの刃物の町ティエールでピエール・デュボにより創立されたジャン・デュボ。製造における多くの工程が代々技術を引き継ぐ職人によりハンドメイドで作られています。数あるコレクションのうち、蜂のエンブレムで知られるライヨールシリーズは、クラシックでありながらカジュアルに食卓を楽しくコーディネートできます。25にもなる手作業のステップを、代々技術を受け継ぐ職人によって 管理・生産されているこだわり [続きを読む]
  • Oigen / 急須 / たまご型
  • 1852年創業の長い歴史を持つ南部鉄器窯元、及源鋳造の鍋は、ニューヨーク近代美術館MoMAでも紹介されるほど評価が高く、品質の良さは折り紙つきです。高い技術と豊富な経験をを必要とする砂型を使って鋳造し、出来上がった鉄器をさらに美しくするために、一つ一つ目で確かめながら仕上げています。こちらはやさしい肌合いとかわいいつまみのたまご型急須です。両方とも内面・蓋裏ホーロー加工で錆びにくい仕上げになっています。ツ [続きを読む]
  • Epicurean / カッティングボードM / ブラック
  • エピキュリアンは、本国アメリカで人気のキッチンツールメーカーです。環境に優しい天然木の繊維を合成させて作られたカッティングボードは、見た目のしなやかさに比べとてもタフ。耐久性が高く、耐熱温度は176℃まで可能です。 こちらはブラックのMサイズです。薄くて軽いスタイリッシュなデザイン。木の繊維を固めて作られた、優しい質感のカッティングボードです。包丁の刃のあたりも柔らかく、使い心地がいいのが特徴です。食 [続きを読む]
  • Pressence / ミニ両口レードル
  • 大正12年に創業した株式会社フジイは、全国の百貨店や専門店、web企業向けに、キッチンウェア・ハウスウェアを供給する専門商社のフジイが手がけるプレッセンス。日本製造にこだわったアイテムは 日本が世界に誇れる磨き抜かれた 職人の技術が感じられるツールです。こちらは小さなサイズのレードルです。一見アルミに見えますが、実は錆にも強く 臭いも付きにくいステンレスを使用しています。小さめなので、お鍋時などにテーブル [続きを読む]
  • Bianchi / チーズグレーターS
  • 古くからおろし金やコーヒーミルの産地として名高いイタリアのピエモンテ州・ペッテナスコにあるビアンキ社。現在イタリアで斬新で多品種なおろし金製造に特化した工場はここビアンキ社のみです。こちらは高品質なチェリーウッドを用いて作られたチーズグレーターです。切れ味の良い刃でなめらかにストレスなく削ることができます。おろし心地がとてもよくおすすめです。Sサイズはチーズの他、しょうが等のすりおろしにも活用でき [続きを読む]
  • 倉敷意匠分室 / 筒型コップS
  • 民藝の精神を受け継ぎ、独自の感性で ものづくりをするガラス作家 石川昌浩さんの筒型コップSサイズです。石川さんが目指すガラス器は、毎日使ってもらえるもの。ほんのりと黄味を帯びたガラスは「ハチミツ色」と呼ばれます。実際に手にすると、ほどよい重さが安心感を与えてくれます。手にしっくりと馴染む大きさ、口当たりの良い縁の厚み、積み重ねても美しいかたち、使い手のことを思ってつくられていることが伝わってきます。 [続きを読む]