ラン さん プロフィール

  •  
ランさん: 愛犬ランとシニアライフ
ハンドル名ラン さん
ブログタイトル愛犬ランとシニアライフ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yniino3
サイト紹介文長い間過ごした柴犬9匹との生活から、リタイア後初めての室内犬、白いトイプードルと過ごす日々の思い。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2011/01/24 21:52

ラン さんのブログ記事

  • 利根川下流を知る
  • 船がつなげた川と暮らしの講演の2日目は船で利根川を渡るでした。利根川は銚子市歌に坂東太郎のようようと歌われ群馬県の大水上山から322K流れて太平洋にそそいでいます。江戸時代の東遷事業により物資と人物の交流があった歴史ある川です。旧渡船場跡から船に乗って対岸の神栖市側には絶滅危惧種のコアジサシの産卵場所は工事で失った後新たに復活していました。洋々と流れる利根の流れに、20代のころの私達女子は水郷から [続きを読む]
  • 小さな訪問者
  • 夜、寝室の電気をつけたらレースのカーテンにへばりついたヤモリがくっきり浮かんで見えました。うわー!ここにも! 一瞬玄関の捕虫網を持ってきて捕獲しましたが早い!早い!スーツと逃げられました。捕虫網はチョウチョ等を捕まえるものですが前に玄関の下駄箱の中にとぐろを巻いていた小さな蛇がいて以来いつも用意していたものです。さてベットの下に逃げたヤモリ、姿は見えないので寝ているときやってきたらと思うと居間のソ [続きを読む]
  • マリーナでスカイランタン
  • 今いろいろなランタンをあげるイベントが地方で盛んだそうですがマリーナでもスカイランタンをあげるイベントがありました。今年はランタン100個をあげるそうです。昼間はたくさんの屋台も出店、銚子の地ビールも早くも完売してます。偶然避難時に使用できる一人用のトイレも体験、銚子にこんなに老若男女や小さな子供たちがいるのかと思うほどにぎわっていました。スマイルリンクという若い人たちのグループが毎年大きなイベント [続きを読む]
  • 宮家の登山
  • 秋篠宮家の長男が槍ヶ岳に登頂したニュースを聞いてびっくりすると同時に複雑な気持ちを感じました。私は若いころは山が大好きで100数十回登った記憶がありますが低い山から高い山へそしてそこから遠く見える山頂や地図に次の登山への思いをはせました。私も以前、多分登ることのない富士山の頂上を一度は見て欲しいという親の思いから小学生の3人の子供たちを富士山に連れて行ったことがありますが、数十名のお付きを伴って小 [続きを読む]
  • 今年の夏
  • 猛暑の8月も終わりましたがまだ秋の気配もなく暑い日々が続いています。この夏は気温が30度以上に上り年齢のせいか体も不調に感じました。孫達も半月以上もいて娘は朝食はお母さんが夕食は自分が作るからといっていましたが夕暮れまで海で遊んでいるので夕食の支度もバトンタッチされた感じです。子供の海水着も日焼けを防ぐウエットスーツのようです。洗濯機もフル回転。海に行けない日は庭に大きなプールをはり何時間も遊んでい [続きを読む]
  • 波の花
  • 夕方、犬の散歩で?風ヶ浦のマリーナから見た犬岩が白く見えるので波の花がわいていると思って行ってみました。波の花は日本海側の冬の寒い日に見られるといいますが犬岩でも南風の強い日は見ることが出来ます。波の花は海中の植物性プランクトンの粘液が岩に打ちつけられて泡になるのですがきれいな海でないと泡はできないそうです。岩に付着している細かい砂粒なども混ざっているので時間がたつと泡は消えて茶色っぽくなります。 [続きを読む]
  • 留学生との交流
  • 今年も千葉科学大学で大学開校以来支援しているcis学生支援市民の会としてアメリカからの留学生との交流会を行いました。まず会員による日本舞踊を披露してから男女18人の全員に浴衣を着せて一人ずつ写真を撮り撮った写真はあとで渡します。浴衣姿の皆さんとても似合って素敵ですね。そのあと盆踊りをみんなで踊りますが去年までは大漁節も踊りましたが今年は優しいキヨシのズンドコ節だけにしました。最後に会員で作っておいたお [続きを読む]
  • 西日本豪雨災害
  •   ?風ヶ浦では海水浴を楽しむ人も出始めています。暑い日々が続いています。息子達が職場の仲間と海でウニを見つけたりバーベキューを楽しんでいます。(?風ヶ浦はバーベキュー禁止です)私はちょっと様子を見に行っただけでグロッキーでともかく眠い。この暑さで思うのは西日本豪雨で被災した方たちのことです。3.11の震災では旭市に設けられた受付所で被災者支援の多くのボランテアが遠くからシャベルや道具を持っていつ活 [続きを読む]
  • ゆったりとガイド
  • 今回のジオパークのガイド申し込みのお客様はお一人でしたので電話でご希望を伺い待ち合わせをしました。年齢は80代だそうですが駅にはそれなりのお客様は見えません。電話をかけましたらすぐわきで受話器をとっていました。とても80代には見えなく若い、フットワークの良い旅慣れた服、私の80代の概念がぶっ飛びました。希望は銚子ちじみを見たいことと銚子の伊達巻を食べてはじめに資料館に行きたいという事でした。前回山 [続きを読む]
  • 子供たちの休日
  • しばらく帰っていなかったからと午後娘一家がきました。翌朝 娘は雑草取り、子供たちは朝から泥遊びが始まりました。泥団子を作ったり池や山を作ったりもう夢中です。娘も小さいころ従妹たちと水を張った中で泥遊びに大騒ぎしていたことを思い出します。午後は弁当を持ってマリーナの砂浜でランチや親子で駆け足を楽しみ、自宅へ夕方帰りました。1泊であわただしかったですが家に来るたび娘の部屋だった2階の部屋は不要になっ [続きを読む]
  • マダニが・・・
  • マダニってすごいですね、初夏の草原はマダニの季節という事をすっかり忘れて刈り取られた道を歩いたら家に帰ってからがすご〜い。白い毛に小さなダニが動き回っていました。家に戻って風呂場へ直行して私の服から犬が座ったものまで全部洗いましたがダニは犬用の低刺激シャンプーでは落ちません。ブラシや手で丹念にすくいとってもプラスチックの桶の中をすごい勢いで這い上がるので取っては熱湯をかけるしかない。目をさらにして [続きを読む]
  • ランのけが
  • それは突然でした。27日早朝2階に上がるランを何となく見守っていたら前足は階段にかかるけど後ろ足と腰が階段にひっかからずずり落ちました。階段が急なので下で見守っていたので2段ほどずり落ちた位置でランを抱くことが出来ました。それからはただ立って震えています。診断は変形性脊椎症腰の4、5番目の椎間板の変形だそうです。あまりに砂浜等をかけすぎて腰の椎間板を痛めてしまったようです。ランの変形性脊椎症は良く [続きを読む]
  • 野草調査に
  • 野草調査というのでいつもの野草観察くらいの気持ちで参加しましたが初めて聞く「コアサイト設定毎木調査」というらしいです。調査方法は君ヶ浜の森林に入り林道から2m入った場所から100m四方に杭を打ちます。今日はその中に1m×10mの面積内の木の種類と幹の太さをはかり130?以上の高さの木はその位置の幹の太さも測りそれぞれタグをつけ記録します。結構面白くはまりますが木は踏まないように注意しながら這いつくば [続きを読む]
  • 食べられる野草
  • 野草に詳しい友人による野草の観察と食べる会がありました。何年ぶりでしょうか?今回は元磯屋ホテル脇の湧き水沿いに野草の観察をし、料理開始です。ヨモギはあんを添えて草餅に、ツルナはおしたし、セイタカアワダチソウやセリは天ぷらにそしてカジイチゴ等を添えてお蕎麦で食べました。もっと野草はブタクサ西洋タンポポ等ありましたが私は覚えきれませんでした。こうして食べると野草は豪華でおいしいし楽しいですね。 [続きを読む]
  • たたずんで震えるラン
  • 2週間前のことです。夕方からランが震えながらじっと佇んでいます。病院はもう終わっていて電話は通じません。少し様子を見ましたが症状は変わらないので夜中にもっと悪化したらと心配になり今行くしかないと病院に行きました。幸い病院の電気がついていたので見てただけました。その夜は精神安定剤とかをうってひとまず収まりました。翌日も立ったまま震えています。昨日の病院は休診日なので他の病院でレントゲンを撮り変形性関 [続きを読む]
  • 友人との突然の別れ
  • 友人の突然の訃報を聞きました。今まで交通事故や入浴中に突然亡くなった友人の訃報はああ〜亡くなったんだという感じでしたが今回はとてもショックでした。彼女はさびれゆく商店街に空き店舗を利用して持ち寄った作品や商品等を売りさばく店を立ち上げようと私達を集めて門前屋として小さな小物店を開店しました。その後商店街の活性化のためにアイデアを出し毎月行う軽トラ市は地元の季節ごとの味覚を提供し歌や踊りも加えすっか [続きを読む]
  • ガイドと波の花
  • 今日は?風ヶ浦のガイドの日、歩く会のシニアの方48名が海岸線を10k近く歩く予定です。前回のガイドの時も雨の心配でしたが今度は風も強いので前日お電話したら雨が降ってもカッパを着て歩きますという明るいご返事でした。翌朝、この強い風なら波の花が出ているかもと思い犬岩に行ったら波の花が舞っていました。案内は?風ヶ浦だけでしたがその前に行った犬岩で波の花を見ていただくことが出来ほっとしました。波の花は東北の日 [続きを読む]
  • ハグって!
  • ハグという抱き合う文化は日本ではあまり見かけないですがテレビでの中ではあった人たちがハグしている映像がよく見られます。私のハグの経験は友人と行ったニューヨークの教会で帰り際若い女の子が突然寄ってきてハグされました。あっという間でこれがハグなんだとわかりました。昔、夫と初めてのデートの時、岩から飛び降りる私に手を差し伸べたのに一人で飛び降りて振り払われたと夫に言われたことがあります。このくらい降りら [続きを読む]
  • 2日間のジオガイド研修会
  • 2月に2日間伊豆大島ジオガイドの西谷さんを講師に迎えて銚子のガイドの研修会を行いました。1日目は私たちの目指す理想のガイド像についてその後自己紹介と班ごとにミニジオツアーの実践をしました。自己紹介は白紙に自分の伝えたいことを4枚の絵にかいて各班の中で自己紹介しました。これは面白いですね。絵は描いてない方が多いと思いますが簡単に相手てのことがわかります。ミニジオツアーもグループごとにお客様の対象を子供 [続きを読む]
  • 4才児に驚いたこと
  • 今は祝日は日曜を挟んで移動するので休日になってもなんの祝日かは考えることを忘れてしまいます。連休には孫たちが来て賑やかになります。夜は寒いのでエアコン等が何台か動くと電源が落ちるので注意して使っています。孫が湯たんぽを温めにきて電子レンジに入れたとたんブレーカーがとび真っ暗に。私の頭が一瞬懐中電灯を取りに行こうと思ったと同時に引き戸をあく音がして孫が廊下にさしてあった常夜灯を持ってきて照らしました [続きを読む]
  • 恵方巻に思う
  • 今日は何もしたくないのでスーパーで弁当を買おうと思ったら混雑している、何?何?と思ったら恵方巻のコーナーでした。398円うんいいな、さて添加物は?と裏をみてびっくり、裏には 風味調味料。。。アミノ酸等PH調整剤、トレハロースグリシリン増粘多糖類・・とうとうと書かれています。恵方巻って今日食べるものでしょう。売れ残った寿司は大量に処分されるとか聞きましたがなんでこんなに添加物を入れるのだろう今日一日の [続きを読む]
  • 猿田神社で初詣
  • 毎年大学に来ている日本語を学ぶ別科の留学生と日本の新年の行事としての初詣として猿田神社にいきます。きつい階段をあがって行くと最初にある手水舎でのいっぱいの水で心身の穢れを祓うの作法は皆さんためらうことなく行っています。拝殿での参拝をし、お払いのあと緩い坂道を歩いて鳥居をくぐりと猿田彦大神が降臨したという場所や参拝者がほった御神砂や御神水の場所で説明を受け写真を撮りあっています。午後の竜福寺は岩井の [続きを読む]
  • 日記を買い換えました
  • 新しい年が始まり孫たちも帰り静かな日々が始まりました。人と会う用事も少なかったので犬のランとゆったりと過ごしましたが寒さのせいかかたずけはなかなか進みません。新年とともに10年日記も新しくしました。今年は年齢も考えて5年日記にしました。日記の初めは1971年頃から子育てや家庭生活をぽつぽつと書いていましたがこの10年は日々のことの箇条書になっています。昨日のことを思い出しながら食事の前に簡単に書きますが2日 [続きを読む]
  • 小さな廃業
  • 兄が経営する小さな銭湯が今月末で閉めることになりました。当時は港にいかりを下ろした漁船の船員が銭湯に入り、今川焼を食べ映画や大衆演芸を楽しんだので映画館や銭湯が5件位あり銭湯も混んでいてお互いになじみになり背中を流しあったものでした。赤ちゃんの入浴時はガーゼにくるむこととか着替え方とかはお客さんの方法を見て覚えました。父がこの土地に来たときは周辺は野原で家が2件しかなかったそうです。燃料は当時はおが [続きを読む]
  • 銚子の遺跡と貝塚
  • 粟島台遺跡は今はキャベツ畑になっています。右後方はカスミスーパーです。余山貝塚は鮭の遡上の復元とともに地域の方たちで数年かけて整備し貝塚らしくなりましたが粟島台遺跡の段丘や低地は一面キャベツ畑になっています。車一台が通れる農道の脇にぽつんと立っている粟島台遺跡の立て札には私たちの財産である文化財を大切にしようと書かれています。でも建立した年は読み取れません。誰もそこが縄文前期〜中期に人間が生活して [続きを読む]