サンダルニャーゴ さん プロフィール

  •  
サンダルニャーゴさん: 素浪人・サンダルニャーゴの日々
ハンドル名サンダルニャーゴ さん
ブログタイトル素浪人・サンダルニャーゴの日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/sandal-nyaago/
サイト紹介文突然、会社を解雇され完全失業者となった素浪人・サンダルニャーゴの希望を求める日々の記述です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2063回 / 365日(平均39.6回/週) - 参加 2011/01/25 23:25

サンダルニャーゴ さんのブログ記事

  • テレビ視聴:「いだてん」、えっ、平沢和重が帰ってくるって。
  • 「西郷どん」の後の大河ドラマは、「いだてん」。 オリンピックに合わせて、マラソンの話である。久しぶりに、ちょんまげの付かない大河ドラマである。 ところで、この間のニュース番組で、追加キャストの発表があった。星野源が、平沢和重を演ずるらしい。 平沢和重。個人的には、懐かしい名前である。 この方、1970年代まで、NHK解説委員をしていた方。当時の子どもには、どう見ても映画「猿の惑星」のメイクをしている [続きを読む]
  • 映画三昧:「あゝ予科練」、谷隼人と太田博之。
  • 日本映画専門チャンネルで放映している「鶴田浩二劇場」。12月15日は、「あゝ予科練」が放映されていた。製作は1968年である。 さて、「予科練」の説明をせねばならぬか。正式には、「海軍飛行予科練習生」といって、旧日本海軍が持っていた航空兵養成制度のひとつだったのだそうだ。当初は、高等小学校卒の資格で、海軍機の操縦士等になる訓練を行うシステムだったとのこと。今の感覚で行ったら、中学卒業生が入学する技 [続きを読む]
  • 今日の反省、こんな時代には、まず明るさを保つ。
  • 今日の反省である。 まず、良い話は、どこからも聞こえてこない。海外でも、日本国内でも、自分の周りでも、よろしい話は、ほとんどない。 明るくなる材料もない。政府も社会も企業も、明るい未来を提示してくれない。 だったら、自分で何かやればいいじゃないかと言われるかもしれない。でも、そんなに強靭な気持ちを、ましてやこんな時代に維持し続けられる人間は、どこか一本抜けた、よく言えば図抜けた人である。 一般市民、 [続きを読む]
  • 残ったタスク、ちょっと大変。
  • さて、この休みに残ったタスクがあるのである。 詳しくは言えないが新しい書類づくりなのである。 新しい分野のための新しい準備なのである。ちょっと大変だけれども、この事態に対処していくのである。 そう、希望は、作れるのである。望みさえすれば、希望は見えないけれど、そばにいてくれるのである。 希望を持つことは、けっこうしんどい。ずっと暗いトンネルの中を目をつぶったまま進むようなものである。必ず、その先があ [続きを読む]
  • 今日の反省、時間が過ぎるのが速すぎる。
  • 今日の反省である。 最近、時間が過ぎるのが凄く早いのである。 ほとんど何もしないうちに、夜の11時を回ってしまうのである。 気が付くと、12時を越えてしまうのである。 以前は、もっと時間はゆっくり過ぎた気がするのだが、気のせいか。 まあ、時間は有意義に使わねばならぬのである。 さて、もう寝る時刻。それでは皆さん、お休みなさい。 [続きを読む]
  • 今日の仕事場:管理職が何人かお休み。
  • 今日の仕事場の話である。 本日は、管理職が何人かお休み。 行き違いやすれ違い、指示の抜けや説明不足などがあり、下っ端だけではどうしようもなくなり、月曜日に判断を仰ぐことにしたのである。課題や問題は来週に持ち越し。 とりあえず、今週の業務は、無事に終了したのである。明日から週末。 ゆっくり休もうかと思ったがそうもいかないのである。 まずは、今週の仕事場の話は、おしまい。仕事場の話は来週も続くのである。 [続きを読む]
  • 先ほど帰宅:帰ってからも忙しい。
  • 先ほど家に帰り着いたのである。忙しい仕事場からはやっと解放である。 しかし、この週末は原稿書きや法事の準備等、さまざまなスケジュールが立て込んでいるのである。 帰ってからも忙しいのである。 まずは、そんな繁忙な日常をうまく乗り切っていくのである。 今晩は、妻がパスタを茹でているのである。おいしい夕飯が待っているのである。 さて、今日の詳細は後刻報告である。 しばし待たれたし。 [続きを読む]
  • 金曜日、今週もおしまい。2018/12/14の話。
  • 私はサンダルニャーゴ。毎日誠実に生きる日常素浪人である。 今日は金曜日。やっと金曜日である。 今週もおしまい。だけれども、家での課題がたくさんあり、それも実施せねばならぬ。負けずにめげずに、一歩一歩進めるのである。 ニャーゴの未来は、明るいのである。 では、行ってきます。 [続きを読む]
  • 家での課題が三つほど重なっている。
  • 現在、家での課題が、三本ほど重なっている。 一つは、来年の母の法事の準備。もう一つは、年末に向けての同人誌の原稿の作成。最後の一つは、ちょっと内緒である。 まず、今週中には、法事の案内の原案を考えるのである。それから、原稿も徐々に書き始める。最後の一つは、土曜日に対処するつもりなのである。 さて、課題を一つ一つこなしていくのである。 [続きを読む]
  • 今日の仕事場:あまり無理をしない。
  • 今日の仕事場の話である。 仕事は山積し、緊急発進もしばしばかかる。 以前からいる同僚がそっと教えてくれた。 ひとつ前の処理が終わらないうちに、次の緊急発進はいかない方が良い。仕事が溜まってどうしようもなくなる。対応するのがルールだが、それは無理である。ずるいようだが、失敗やミスをする方が、問題なのである。 確かにそうである。ミスやトラブルは、この手の課題が重なった時に起こっている。 なので、ずるいよう [続きを読む]
  • 今日の反省、外は冬の雨、やがて雪になって。
  • 今日の反省である。 外は雨が降っている。冬の雨である。明日の朝は、どうなるか。 まさか、雪になったら、困ってしまうのである。だって、先週まで気温は20度くらいなかったか。 これでは、体調がおかしくなっても仕方がない。まずは、体調を整えておくこと。 仕事とは関係なく、自分の人生にとってプラスになることなのである。 さてもう寝る時刻。それでは皆さんお休みなさい。 [続きを読む]
  • 映画三昧:「喜劇駅前金融」、なくなってしまったものばかり。
  • さて、習慣というか、惰性になってしまった火曜夜の古い日本映画。 今回は、「喜劇駅前金融」である。 もう、常連俳優は、特に語らず。 今回のカップルは、以下の通り。森繁と淡島千景伴淳と音羽信子フランキーと大空真弓(最後は三木のり平とくっつく) そんなに熱心に見てはいなかったのだが、驚く点がいくつか。消えてしまった船原ホテルの純金風呂の案内係の女性(ほぼセミヌード)役の女優さんが気になった。誰かと思えば、 [続きを読む]
  • バスからの眺め:所要で大きな駅前まで行った。
  • 今日のバスからの眺めである。 今日は、帰りに所要があり、大きな駅の前まで行ったのである。 いつもは、仕事場そばの暗いバス停から、自宅そばのバス停までの移動である。三千円落ちていても、誰も気が付かない暗がりばかりが続く道路では、どうも、気持ちが沈滞していたことが分かった。 なぜかというと、駅前の明るいネオンサイン(古いね)をみたら、とても心がウキウキしたのである。♪東京ブギウギ、心ウキウキ、リズムズキ [続きを読む]
  • 今日の仕事場:日々発生する即興二人芝居。
  • 今日の仕事場の話である。 緊急発進時に行うことは、即興二人芝居である。 相手の言うセリフに合わせて、適切な答えを返す。専門的なことが出てきた場合、「ちょっと待ってね」といって、横に入るプロンプターに返す答を確認するのである。 今日は昨日ほどのことはなかったのだが、印象深いことばかり。 「子どもが海外に行って帰ってこない。」「ステージ4の癌にかかっている。」「もう夫は亡くなっている。」 こんな人生の転換 [続きを読む]