健康維持の方法と知識 さん プロフィール

  •  
健康維持の方法と知識さん: 健康維持方法と知識とヘルシーアイテム活用術
ハンドル名健康維持の方法と知識 さん
ブログタイトル健康維持方法と知識とヘルシーアイテム活用術
ブログURLhttp://ecokenkou.com/
サイト紹介文健康に関して運動やスポーツ、サプリメント外因的。呼吸ヨガやイメージ内因的な情報を自己流の視点で紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2011/01/26 17:24

健康維持の方法と知識 さんのブログ記事

  • 禅の心得
  • 海外でも日本の座禅というのは日本に来れば経験したい観光的な要素にもなっているぐらい世界で認知されていますヨーロッパではマインドフルネスという名前で仕事の効率化精神の向上脳の休息などいろんな表現をされていますそれぐらい認知があるのに不思議と自国の日本人は [続きを読む]
  • 瞑想
  • 瞑想と聞くまったく面識のない人は宗教といいます少し知っている人は自分にはできない雑念の塊興味があり調べている人は本を読み知識を得ようとします一回から数回経験のある人は座禅や瞑想、マインドフルネルヨガなど種類を探し雑念を消すための瞑想を求めますこの様に瞑想というとハードルが高く精神的な修行をイメージしてしまいます管理人も座禅やヨガ瞑想のやり方など色々こころみましたしかしある出会いがあり瞑想の元祖とい [続きを読む]
  • 人参ジュース
  • ジュースというのは人間の手によって作られた加工食品です加工という文字が付くとどうも健康的ではない体に悪いのではというイメージが浮かびますちょっと待ってくださいイメージだけで終わってしまっていいんでしょうか確かに世の中便利に保存する100%と表示されている飲み物がありますまずは裏ラベルなどよく見て下さい濃縮還元100%など表示されています。濃縮還元って?実はよくわかりません。果物はじめ野菜や食べ物に [続きを読む]
  • 緑の魔女洗濯
  • 12月31日の年末と言えばお掃除年末以外でも定期的に掃除は必要ですが、その掃除自体をしなくてもいいえっ!そんな出来事があれば家事の時短になりませんかそもそも掃除は何のためにするのでしょうか当たり前すぎる事を聞いてしまいましたが汚れを落とすために掃除をしますでは汚れなければ・・・・・掃除をしなくてもよいという事ではなぜ汚れるでしょう?体の汚れ?確かに体の汚れですけどそこまで汚れがこびりついているので [続きを読む]
  • 学ぶ夢をかなえるゾウ
  • ドラマを毎回見れているわけじゃないけど、嘘をつくと心臓が痛くなる話の時に精神的な健康状態を感じました。それはガネーシャ(古田新太さん)が星野あすか(水川あさみさん)に指輪を渡した時だったともいます。はめてしまった星野あすかはその指輪は嘘をつくと、心臓が痛くなる仕組みになっています。それを知らされて「じゃ嘘をつかなかったらいいんでしょ」というセリフがあったと思います。毎日日常の生活をするのですが、度 [続きを読む]
  • 食物の皮全て
  • 多くの食べ物には皮というものが存在します人間も皮膚という皮でおおわれており内臓を守るため皮膚、真皮や脂肪で固めています植物、動物ほとんどがこの原理であり人間は道具を使う事で調理の為にわざわざ皮をむいたり包丁、皮剥きピーラーであったり調理の技術が発達しているので技術外見の方を重視したものが主流だが栄養の観点を考えると果たして皮など見栄えだけの調理された食物の食べ方でいいものか?多くの食の専門家の方も [続きを読む]
  • 消費者の動向
  • 日用品の使いやすさは日本の製品は日に日に進化してその使用感や使いやすさは世界の群を抜いて世界一でしょう日用品の使いやすいという事は続けやすいという事につながりますこの続ける、継続するというのがポイントなんです。本質的には日用品の製品の中身が特に何であれ指定が無くても人の心理として使い続けますそれぐらい使いやすさというのは感情的な行動なのでその製品が肌に合わなくても、意識することなく使い続け利用をや [続きを読む]
  • 保湿について
  • 寒くなる冬の乾燥する時期に健康的な肌を維持する乾燥対策は保湿です。色んな保湿、保湿剤あるのですがどれがよいかというより、肌乾燥をより防ぐ塗り方にちょっとしたコツがあります。それは乾燥した部位にたっぷり塗ると 保湿ができている気になりますが1回をたっぷり塗るよりも保湿剤、保湿クリームを薄く2、3回重ね塗り しかも部分的に塗るよりもその部位付近も含め全体的に塗る事。なぜか、保湿の考えは字の通り潤いを保持 [続きを読む]
  • 体の水分量
  • 水と体の健康は密接な関係にありますまず水の種類と知識を意識して、クラスターや硬度のなど、どんな水を飲むかによって健康の状態や体の錆び、デトックス老廃物排出や循環度が変わります。水の知識の一つにクラスターがあります化学式の事になると専門知識になりますのでここではイメージ的に表現しますとクラスターは水の粗さよく天然水やミネラルウォーターは良いイメージがあり、何がいいかといいと自然の岩、土、砂を通って濾 [続きを読む]
  • ストレスフリー
  • 精神的なストレスで鬱や落ち込みが激しくなってしまうと対処としては専門家に相談しないといけないが、鬱対策や落ち込み予防の方法として100%の完璧を捨てる意識することをオススメします。それはどういう事かというと、生活や仕事、恋愛、結婚、育児、子育てその他ほとんどに当てはまる事で、自分が求めるイメージに妥協できず、さらにそれに対して許す事ができない。自分の中のイメージ完璧にならないと許せなくて、状況に応 [続きを読む]
  • 不眠の解消法は運動
  • 心が安定している状態や心が落ち着いてる時はどのような状態か・・・・・それはほとんどの場合何かに集中し夢中になっている時その状態は夢中になっている出来事以外の余計な事を考えないのである意味では悩みを持たない時間です。その逆を考えるとよく眠れない、不眠症などは体を動かさず体が疲れてないが頭が疲れてる頭ばかり動かし体と心のバランスが乱れた状態になり眠れなくなったりします。話は最初に戻ると心の最も良く精神 [続きを読む]
  • 内側7外側3
  • 体は内側7:外側3のバランスで構成されているとよく感じます。例えば水仕事なので継続的に、洗剤などで手が荒れる場合、荒れてから中断するとある程度手荒れも戻ります。外側からの原因の場合はこのように少し間をおくと回復するが、これが毎日定期的になると荒れる原因が体内にも蓄積されるのでしょう。このタイトルの7:3は身体のバランスをイメージした数字で外側の影響は3ぐらいなので、外側からの症状なので原因も比較的 [続きを読む]
  • 身体の組織の周期
  • 「新陳代謝」と呼ばれるもので、カラダのあらゆる組織が一定の周期をもって入れ替わりを続けているという訳です。皆さんがよくご存じの肌でいうと、10歳代では、約20日周期20歳代では、約28日周期30歳代では、約40日周期40歳代では、約55日周期50歳代では、約75日周期60歳代では、なんと約100日周期になります。 肌以外では、造血組織、肝細胞などは新陳代謝が活発な細胞にあたり、 筋肉や肝臓などでは60日周期 心臓では22日周期 [続きを読む]
  • 口臭予防の道具
  • 口臭対策のケアとして歯磨きが一つの手段としてあります。歯磨きにも何種類かあり歯ブラシ、ウォターピック、歯間ブラシとあります。口臭の原因の一つに食べカスこれは口臭はもちろん、虫歯の原因でもありこのカスが全く無ければ歯磨き粉を毎日使う必要が無いぐらい口の中が綺麗な状態になります。なぜか食べカスが残ると細菌が繁殖し増殖し歯垢になる為で原因となる食べカスの固形物無ければ、口の中の雑菌や細菌は唾液で消化、殺 [続きを読む]
  • 食べる順番
  • 健康を維持する為の食事のコツは食べる順番にあり人間が生きてい行くには栄養、酵素を摂取して生体エネルギーに変えていく必要があります。そのエネルギーの摂取方法は「食べる」ことですしかし食べることは同時体に負担もかかります負担をかけながら、生きていくための栄養素えおとらなければいけません。食べるための負荷を少しだけでも軽くしていく方法がありますそれは食べる順番を意識するといいでしょう。食べることは同時に [続きを読む]
  • 虫歯予防
  • 『虫歯予防』「ミュータンス菌が虫歯(う蝕)を起こすメカニズム」を知って、しっかり虫歯予防をしよう!ミュータンス菌とは、私たちの口腔内にいる細菌のことです。私たちは生まれた瞬間にはこのような菌は存在しませんが、母から子への口移しや食器の共有などで感染します。このミュータンス菌は自分の身体の外にグルコシルトランスフェラーゼという酵素を持っており、その酵素が砂糖をグルコースとフルクトースに分解します。フ [続きを読む]
  • 口臭予防
  • 私たちは一般に口臭と聞くと、起床時や空腹時、月経時に起こる口臭を思い浮かべると思います。これは生理的口臭といって、誰にでもあるものなのです。この生理的口臭は、加齢やストレス、緊張などで唾液の分泌が低下すると口腔内の自浄作用が働きにくくなり、口臭が強くなることがあります。その他を分類していうと、病的口臭があります。病的口臭とは、口腔由来のものから言うと、虫歯や歯周病、入れ歯の清掃不良などがあげられま [続きを読む]
  • 外見と内面の意識
  • 「人のどんなところが気になるのという質問をされると」私の考えは外見重視である、その言葉を言うと不思議に聞いた人は良い印象がありません。おそら自分の言い方が悪いのかもしれませんが、外見重視ということは外見だけはないのです。目に見えるものは目に見えないものに密接に関係しており。以前合作でアトピーの絵本を描いた時、アトピーを治すというのは薬や食事療法の影響が大きいのではなく、根本の「治そう」という意識の [続きを読む]