ムー さん プロフィール

  •  
ムーさん: Crossover the pleasure
ハンドル名ムー さん
ブログタイトルCrossover the pleasure
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/miyabayashi2001
サイト紹介文二輪人の温泉探訪・・・。 その隙間で趣味的音楽活動中のバンドマン
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2011/01/26 22:23

ムー さんのブログ記事

  • MT-09 トレーサー フォグランプ取付
  • 標準装備が増え始めたオートバイ界に於ける「LEDヘッドライト」。テールランプやウィンカーは以前より散見されたが、ここ最近は小排気量のスクーターにまで装着され始めて久しい。”HID”と云われるキセノンガス封入式の放電ヘッドライトは意外にも普及しなかったが、やはり2輪特有の震動には向かなかったのだろうと勝手に推察。新型として発表される4輪には殆ど装着されている「LEDヘッドライト」であるが、やはり光量という [続きを読む]
  • MT-09 トレーサー 脚改善企画
  • 今シーズン導入となったMT-09トレーサー。ほんのりマイルドになり、震動やピックアップが改善されたことで、荒々しさが薄れたと巷では云われておりますが、初期モデルを知らない私には十分に荒々しく震動も感じられます。BMWボクサーツインとは震動の”質”が違うので、直接比較は出来ないが、3気筒にしては細かい震動がある回転域で発生している様に感じる。それともう一つ、オーナーの間で囁かれているのプアと云われる脚廻り [続きを読む]
  • 何処へ向かっているのやら。
  • 人生も折り返し地点。死ぬ為に生きている事実を認めつつ、どう面白オカシク過ごしていくかを、ここ数年で稀に考えております。意外にも。(河に飛び込もうとしてる画像ではありません)愉しさを伝える為にこのブログを書いており、「遊び人の金さん」状態に見えるかと思いますが、私はけして裕福ではありません。節約してないだけです(笑)四肢健全な内に色々な経験をしたいので、貯蓄が追い付かないというのもありますが・・・。な [続きを読む]
  • 富士山の脇でキャンプ
  • 地味にキャンプがマイブームになっている昨今。やはりキャンプは涼しい方が良いということで決行した11月3日文化の日。台風や秋雨前線のおかげで連続して週末が台無しとなった影響からか、比較的冷え込んだにも関わらず行楽客が多いのは元より、オートバイもそれなりに見かける。「道の駅どうし」はこの賑わい。朝晩は冷え込むものの日差しは強く、真冬装備には少々汗ばむ陽気です。紅葉も進んで絶好の行楽日和となった三連休初日 [続きを読む]
  • MT-09トレーサー 2017
  • やはり普通のオートバイに戻ってきました。ギアチェンジが面倒という理由でスクーターに乗っていた時間は約1年でした。正確には”所有していた”という表現の方が正しいかもしれない。自身でもほんのり予想はしていたが、私はやはりオートバイというモノは嗜好品の最たる製品であり、それを扱うに無駄な作業があって当たり前なのだ。それが苦痛というならハナから乗らなければ良い。自己満足と人生を僅かに豊かにするだけの為の乗 [続きを読む]
  • TMAX530訣別・・・(売却時の面倒な話題付)
  • やはりダメでしたね。ビッグスクーター。本来、TMAX530はメーカーであるヤマハ内でのカテゴリもスポーツバイクになっていますが、私にとってはやはりスクーターでしかなかった。脚を揃えてカウル内に収められ、風雨や寒さがかなり凌げたり、ギアチェンジがないことで気分的に楽であり、実益としては靴やブーツを傷めないというメリットもあった。250ccスクーターでは非力であるが、500ccを超える排気量を持つこのオートバイの余裕 [続きを読む]
  • 色々あるから人生愉し・・・。
  • 変化の無い平凡な日常が幸せとも思うも、波瀾万丈とまでは言わないが、つらいこと、厳しいこと、面倒なこと、面白いこと等々、それが人生を愉しくするのではないかと思う今日この頃。それには他人から無駄と感じることにも尽力を注がねばならない。本人は無駄と思ってないから出来るともいえるが。その面倒で無駄なことと感じていたものが、そうではなくなる瞬間が必ず訪れるのだ。面倒だからやらない。手間が掛かるからやめておこ [続きを読む]
  • PCX社外マフラーなど
  • 我が通勤スペシャルであるPCXには”無限”製の社外マフラーを装着している。かれこれ1年程装着しているが、最高速が僅かに伸びた結果の他、特に不具合はなかった。さすが純正オプション採用されるだけある。ノーマルより加速時のみ音が大きい気がするものの、JMCA認定品なので公道も安心して使用できるのも良い。因みに私の車体である現行型”KF18”には無限製のマフラーは残念なことにライナップされてない。しかしこの”KF18"型 [続きを読む]
  • 今年も地味に盆ツーリング2017
  • 冷めたオートバイ熱は相変わらず低値安定ですが、今年も行きます「盆ツーリング」。なんだかんだと言いながらも、結局はワクワクしている自分が不思議です。これも老いるという事なのかと思っていましたが、まだ若いのかもしれません。というわけで、テンションアップするには整備でしょうか。オイル交換実施。少し入れ過ぎましたが長距離なのでヨシとします。おおよそ100〜200cc程オーバーでしょうか。拘りを失った私の選定は「ヤ [続きを読む]
  • アバルトプント代替
  • このフロントフェンダーの峰。そう、リア駆動のあのスポーツカー…運転席から見えるこの”峰”、或いは”太もも”と呼ばれる膨らみに憧れる人もいる事でしょう。今風といえばそうであったアバルトプントは個人的に気に入ってはいたものの、最終的に大掛かりに発展しそうな不具合を抱えており、代替え案をほんのり模索していた。無論、国産車に私の心を奪うほどの魅力的な車種は見当たらず、それ以外の選択を…と思っていた。かと言 [続きを読む]
  • アバルトプント代替
  • このフロントフェンダーの峰。そう、リア駆動のあのスポーツカー…運転席から見えるこの”峰”、或いは”太もも”と呼ばれる膨らみに憧れる人もいる事でしょう。今風といえばそうであったアバルトプントは個人的に気に入ってはいたものの、最終的に大掛かりに発展しそうな不具合を抱えており、代替え案をほんのり模索していた。無論、国産車に私の心を奪うほどの魅力的な車種は見当たらず、それ以外の選択を…と思っていた。かと言 [続きを読む]
  • アクラポヴィッチ
  • 随分と昔は全てにおいて国産が良いと思っていたオートバイ用の社外マフラー。しかし以前に乗っていたKTMに一度装着してからというもの、今まで味わったことのなかったその性能変化にすっかり陶酔した社外マフラーが唯一存在する。アクラポヴィッチ。スロベニア製のマフラー。以前にも書いた気がするが、このマフラーは手放しにオススメ出来る、私の中で唯一の海外ブランド。ヤマハのサンダーエース、KTMの660SMC、同RC8R、そして今 [続きを読む]
  • アクラポヴィッチ
  • 随分と昔は全てにおいて国産が良いと思っていたオートバイ用の社外マフラー。しかし以前に乗っていたKTMに一度装着してからというもの、今まで味わったことのなかったその性能変化にすっかり陶酔した社外マフラーが唯一存在する。アクラポヴィッチ。スロベニア製のマフラー。以前にも書いた気がするが、このマフラーは手放しにオススメ出来る、私の中で唯一の海外ブランド。ヤマハのサンダーエース、KTMの660SMC、同RC8R、そして今 [続きを読む]
  • 燃費対策及び走行性能向上
  • 今シーズンに私の愛機となった車両であるTMAX。快適な乗車姿勢、積載性、見た目等、私的にはとても満足度の高い車両。しかしながらBMWに慣れ親しんだ私にとって15Lの燃料タンク容量は少なく思えてならない。国産全般に言えるが、旅用途を謳っている車両でも燃料タンクの容量が少なく感じられる。BMWユーザーなら尚更ではなかろうか。つまり”1タンク”での走行距離がだいたい300km程度の車両が多く見受けられる。これがBMWだとRシ [続きを読む]
  • 燃費対策及び走行性能向上
  • 今シーズンに私の愛機となった車両であるTMAX。快適な乗車姿勢、積載性、見た目等、私的にはとても満足度の高い車両。しかしながらBMWに慣れ親しんだ私にとって15Lの燃料タンク容量は少なく思えてならない。国産全般に言えるが、旅用途を謳っている車両でも燃料タンクの容量が少なく感じられる。BMWユーザーなら尚更ではなかろうか。つまり”1タンク”での走行距離がだいたい300km程度の車両が多く見受けられる。これがBMWだとRシ [続きを読む]
  • IRON MAX 530
  • ライフルーティングに変化があり、このところ滞るこのブログ。オートバイへの接し方もここ10年はボクサーエンジンで落ち着いていたが、こちらにも少なからず変化があった。BMWが我家から姿を消してしばらくして、このオートバイが今の相棒。「所謂二輪人」からすると、これはオートバイとは言わないのかもしれないが、タイヤが二つである以上、私はオートバイと表現させて頂きます。ギアチェンジの必要が無く、脚は前方に放り投 [続きを読む]
  • IRON MAX 530
  • ライフルーティングに変化があり、このところ滞るこのブログ。オートバイへの接し方もここ10年はボクサーエンジンで落ち着いていたが、こちらにも少なからず変化があった。BMWが我家から姿を消してしばらくして、このオートバイが今の相棒。「所謂二輪人」からすると、これはオートバイとは言わないのかもしれないが、タイヤが二つである以上、私はオートバイと表現させて頂きます。ギアチェンジの必要が無く、脚は前方に放り投 [続きを読む]
  • BMWのない二輪生活
  • ついに・・・というか、来るべき時が来た…というか。R1150RSを手放した。当時はBMWマイブームの真っ只中で、前年に購入したR1200GS ADVとの2台体制とすべく2008年に購入。実をいうとこのRSは2台目の購入で、2004年頃に初期型を中古で1度手にしている。その時は1年程乗ってR1150GS ADVに一目惚れした為に、その下取りとして手放してしまった。その後、R1150GS ADVからR1200GS ADVへと遍歴は移り変わり、マイブーム絶頂にはR100RS [続きを読む]
  • BMWのない二輪生活
  • ついに・・・というか、来るべき時が来た…というか。R1150RSを手放した。当時はBMWマイブームの真っ只中で、前年に購入したR1200GS ADVとの2台体制とすべく2008年に購入。実をいうとこのRSは2台目の購入で、2004年頃に初期型を中古で1度手にしている。その時は1年程乗ってR1150GS ADVに一目惚れした為に、その下取りとして手放してしまった。その後、R1150GS ADVからR1200GS ADVへと遍歴は移り変わり、マイブーム絶頂にはR100RS [続きを読む]