ダニーボーイ さん プロフィール

  •  
ダニーボーイさん: 主とともにあゆむー高原剛一郎
ハンドル名ダニーボーイ さん
ブログタイトル主とともにあゆむー高原剛一郎
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/gt516/
サイト紹介文再婚により喪失から新しい地平へと歩み始めたキリスト伝道者の随想
自由文Marutaブログから移行しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/01/26 23:07

ダニーボーイ さんのブログ記事

  • 詩集と絵本
  • 7月 19日木曜日実り豊かな伝道旅行終えて、大阪に帰りつきました。狭いながらも楽しい我が家です。自分の書斎で好きな本を手に取り、しばし沈思黙考。至福の時です。伝道旅行中、長らく創造主なる神様を求め続けながら、どうにも信じ切れないでいる科学者の方と出会いました。献身的なお医者さんであり、研究者でもあるこの方は、魂の酸欠状態でした。この方のことを思っていた時、ふっとある方の詩が思い出されました。 あいた [続きを読む]
  • 千葉伝道旅行
  • 7月13日金曜日1週間以上にわたった群馬伝道は、豊かに豊かに祝福されました。折に触れて、「神への畏敬」について考えました。あるドクターと話をしていた時、「宇宙」の話題になりました。私は大きなもの、広々したもの、開かれた世界が大好きですが、大きすぎるもの、広大無辺すぎるもの、果てしないものの代表である大宇宙について考えると、心にえも言えぬ恐怖心が湧いてきます。 そしてこの「大宇宙」を指のわざで作られた創 [続きを読む]
  • 2018年群馬伝道旅行
  • 7月3日火曜日日曜日には「西郷どんと聖書」の続編で「聖書と出会った勝海舟と坂本龍馬の1族たち」と言う講演をしました。講壇に上がると、会場に来られた全員の姿がよく見えます。驚いたのはどう見ても小学生にしか見えない少年が前から3列目にちょこんと座っていたことです。今日私がするのは、子供向けの話ではありません。1時間余り、幕末維新の人々の話についてくることができるでしょうか?ところが彼はつんのめるようにして [続きを読む]
  • キリストにあって自分自身になる
  • 6月27日水曜日この日曜日には、クリスチャン精神科医K兄弟が学びと福音集会のメッセージを取り次いでくださいました。非常に興味深い内容で、いろいろ教えられました。実は、医学部学生だった頃、彼はB型人間を見つけ出すのが得意だったと言うのです。彼が言うB型とは、going my wayで、良く言うと自分の道を極めていく、悪く言うと自己中心的な人間だと言うのです。 彼自身がB型だったので、自分と同じタイプの人鋭い嗅覚です [続きを読む]
  • 敬天愛人
  • 5月28日月曜日先週土曜日の「西郷どんと聖書」には、外部から200名以上の人々が参加してくださり、会場はほぼ満杯でした。大阪以外からも参加された方々が2割ぐらいおられました。京都や神戸、熊本や鹿児島、遠いところではなんとシンガポールやアメリカから駆けつけてくださった方もおられたのです。イスラエルでYouTubeを見て、興味を持って参加して下さった方もいらっしゃいました。何より感動したのは、長らく海外に住んでおら [続きを読む]
  • 見捨てられたものの価値
  • 5月24日木曜日月曜日の夜、出雲から戻りました。本当に充実した四日間でした。 6日前に、救急車で運び込まれた方がおられました。突然呼吸が困難になり、恐ろしくなったのでご自分で119番されたのですが、検査をしてみてもどこにも異常はありませんでした。薬をもらうこともなく、そのまま家に帰されたのですが、原因は心の重荷でした。心と体は結ばれています。心が病むと体も病みますし、体が病むますと心もしおれてしまいがち [続きを読む]
  • 出雲伝道旅行。
  • 5月18日金曜日キリストが弟子たちに教えた祈りの中に、かの有名な「主の祈り」があります。私が通っていた日曜学校では、毎週日曜日これを唱えていました。しかしマタイの福音書の6章を読むと、どうもこれは機械的に唱えることに意味があるのではなさそうです。といいますのは、異邦人のように同じ言葉をただ繰り返して祈ることを、キリストは戒められているからです。全知全能の神様は、物分かりの悪い人のように何度も繰り返し言 [続きを読む]
  • 歩く神、イエス・キリスト
  • 5月9日水曜日今週の日曜日には、2週続けて東住吉で福音メッセージを語らせていただきました。さまざまな人生の紆余曲折を経て、集会にお越しになり、キリストの福音を聞いておられる方々の姿を見ると、胸が熱くなります。小説のような人生を歩んでこられた方々から、一代記を伺う時、ある時は涙を禁じえません。しかしその険しい道のりをとることがなければ、創造主なる神様を求めることもなかったのです。神様の導きは絶妙です。 [続きを読む]
  • ユニトピア篠山バイブルセミナー
  • 5月3日木曜日今日から三日間のスケジュールで、和泉キリスト集会主催のバイブルキャンプでメッセージをします。会場の丹波篠山は、思ったよりも肌寒くさすが山だなぁと思います。 様々な立場、状態の方が一堂に会して、イエス・キリストの福音を聞きます。私はベストを尽くしますが、だからといって人間のベストが人を救うわけではありません。人を作り変えてくださるのは神様のわざだけです。パスカルのパンセの中にとても励まさ [続きを読む]
  • 近鉄南大阪線ご利用の皆様へ
  • 4月25日水曜日今週日曜日の布施キリスト集会における特別聖書講演会は、本当に幸いな時間となりました。実はこちらの集会には、ある私立小学校の校長先生がいらっしゃるのです。 昨年、教員として採用した方が中に、クリスチャンがいると言うのでした。よく話を伺うと、この方は「聖書と福音」を聞いて、キリストが明確に分かり救い主として受け入れた方だと言うのです。そしてそのご本人が、この特別集会に来てくださったのでし [続きを読む]
  • 感動で動く
  • 4月21日土曜日明日は、東大阪市の布施キリスト集会で特別集会があります。一般公開の公演は、午後2時半からです。「西郷どんと聖書」のテーマでお話しします。西郷どんと書いて、「せごどん」と読みます。薩摩地方ではAIの発音をえに読み替えて発音しました。したがってsaigou は、sego になるのです。 どんと言うのは、「殿」と言う意味で、これをどんと呼ぶことで、リスペクトしながらも親しみがこもるわけです。講演のために資 [続きを読む]
  • 視聴者との個人面談
  • 4月12日木曜日この1週間、毎日のように新しい出会いがあり感激しています。それは私のYouTube動画を見てくださった方々が、講演先にまで出向いてくださり、メッセージをした後で個人的にたっぷりとお話する機会が続いたからです。木曜日には東京で、金曜日から日曜日までは茨城県筑西市の集会所で、講演を聞いてくださった方と1対1でお話ししたのです。 初対面ですのに、何年も前からの友人のように親しく語り合うことができまし [続きを読む]
  • 聖書預言で歴史を掘り起こす
  • 4月5日木曜日昨日は、二ヵ月に一度の天満橋バイブル倶楽部でした。いつもより、少し広めの会場が満席で嬉しくも光栄なことです。最前列には、宮崎県から出てきた新大学生が陣取って熱心に聴いていました。斜め後ろには、イスラエルのテルアビブで天満橋バイブル倶楽部のYouTube講演を聴いたという方が来られています。すぐそばには、日本の大学でヘブライ語を教えている方が参加されています。後ろの方には、京都から駆けつけて来 [続きを読む]
  • ぐずぐず言わずにやってみる
  • 3月27日火曜日1ヵ月ぶりのブログ更新となってしまいました。過密スケジュールで、ついつい書きそびれていたのですが、もう1つ理由がありました。この1月の間、頭痛に悩まされて何をするのも手がつかない状態でした。はじめは、花粉症のせいだと思っていましたが、ある時気がつきました。パソコンや、iPadの画面を見ると次第にひどい痛みが始まるのです。私が画面を見つめている時間は相当なものです。といいますのは、今はほとん [続きを読む]
  • アスリートたらんと欲す
  • 2月27日火曜日あっという間に平昌オリンピックが終わったようです。終わったようです、と書くには理由があります。私はリアルタイムでオリンピックを見なかったからです。気がついたら終わっていましたと言う感じです。せいぜい深夜に帰宅して、YouTubeで結果を確認する位でした。それはオリンピックに興味がないからではありません。それどころか、第一線で戦う選手たちには親近感を感じます。 自分自身の戦うべきフィールドでベ [続きを読む]
  • 2月の集会案内
  • 1月31日水曜日この日曜日、福音集会にこられていた方が私たち夫婦の前で信仰告白に導かれました。インターネットで「聖書と福音」を知られ、聖書の正確な意味を知りたいと心底願って参加されていた方です。福音はそもそも単純なメッセージですが、様々な教えを聞かされたり、体験主義のアプローチを受け続けている間に、福音理解がもつれた糸のように絡まっていたのでした。菅平バイブルキャンプでの、メッセージを全て聞いた上で [続きを読む]
  • 聖霊のバプテスマ
  • 1月24日水曜日この日曜日、このブログを読んで集会に来てくださった女性がいらっしゃいました。メッセージの間、猛烈な勢いでメモをなさるので感心していました。聖書の言葉に飢え渇いているのです。後で話を伺うと、すでに信仰をしっかり持ったクリスチャンでした。それからマシンガンのように質問の弾丸が飛んできました。聖書を中心とした交わりは、なんと楽しいことでしょう。聖書の意味が分かれば分かるほど、嬉しくなり、元 [続きを読む]
  • 新世界の基礎工事
  • 1/20 土曜日 先日、福音プロダクションズの私書箱にぶ厚いお便りが届きました。大抵は葉書なのですが、これは違います。開けてみると、お母さんと三人の子どもたちからのお便りでした。こちらのご家庭では、毎朝BBNインターネット放送を聞いてから、登校されています。9歳のお姉ちゃんを筆頭に、「聖書と福音」を聴くのを楽しみにしているというのです。番組の終わりに、「お便りくださった方には高原剛一郎さんのメッセージCDを [続きを読む]
  • 広島伝道旅行
  • 広島伝道旅行1月13日土曜日昨日は、大阪城の目の前にあるホテルニューオータニで月に1度の聖書講演をしました。創世記をじゅんじゅんに学んでいます。今回は13章でした。そのテーマは、失敗した信仰者回復させる神です。 大干ばつと言うピンチから逃れるために、神様の御言葉よりもこの世の常識に従ってエジプトに下っていったアブラムの物語です。エジプト人を恐れるあまり、最愛の妻を黙って差し出すような大失態をしてしまうア [続きを読む]
  • しるしの民にユダヤ人を正しく知る
  • 1月8日月曜日今日は肉体のメンテナンスのために、神戸に行きました。そこに、いつも東京で世話になっている治療者の方が滞在していたからです。すべての施術が終わった後で、ささやかな家庭集会になりました。生まれて初めて聖書のメッセージを聞く方々に、今の世界情勢と聖書預言についてお話ししたのです。皆さん目をランランと輝かせて、興味津々で聞いておられました。この方々が、神の言葉に触れ、イエス・キリストを信じる [続きを読む]
  • ビジョンが見える場所
  • 1月1日 月曜日皆さま、あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。毎年のことですが、私は年賀状を取りやめております。私宛に送ってくださった方々にも失礼しております。 どうぞご容赦ください。年末から東京在住の弟一家が来阪してくれました。年老いた母親をねぎらうためです。年齢とともに、ピントはずれなことが増えた母親ですが、信仰については冴えています。見舞われる母親が心にあるのは、弟一 [続きを読む]
  • ユダヤ人に福音を語る
  • 12月26日火曜日今年最後のノンクリスチャン向け特別集会が無事に終わりました。23日の土曜日には、297名もの外部の人々が集会に参加してくださいました。そのうち3分の1 は子供たちの保護者でした。この方々に、聖書のメッセージが語られた事は本当に意義ぶかいことだと思います。また24日の日曜日には、87名もの方々がやってこられました。この日のために40,000枚の案内状配り、たくさんの友人に声をかけました。ハーモニカの演 [続きを読む]
  • クリスマスラストスパート週間
  • 12月21日木曜日今年も、全国各地の集会で聖書メッセージを取り次がせていただきました。12月は特にクリスマスのシーズンで、目の回るような忙しさでした。しかし、次の日曜日12月24日が、今年最後の東住吉での特別聖書メッセージの機会となります。その前日23日には、同じく東住吉キリスト集会で、子供のためのクリスマスお楽しみ会が開催されます。毎年、300名もの子供たちや保護者が集まってくださいます。縁日顔負けの模擬店が [続きを読む]
  • さあ、クリスマスだ!
  • 12月2日土曜日前回のブログは、誤字脱字のオンパレードで冷や汗ものでした。これからは後で読み返すようにします。たぶん。自分で言うのもなんですが、パソコンはなんとうまい具合におかしな変換をしてくれることでしょう。昔ある人が静岡と打ったとき、静雄か?と自動変換されたと聞きました。先日長野県の白馬でホームスクールやチャーチスクールを実践されている方々の集まりがありました。私の息子も、参加しました。彼はまだ [続きを読む]
  • ハワイレポート
  • 11月24日金曜日一昨日、ハワイから帰国しました。ハワイには私のキリストにある友人たちがいます。友人たちですから、全く上下関係はなく、お互いに忌憚なく何でも話し合うことができ、喜びも悲しみも分け合うことができる仲間たちです。彼らと会う事は、私の無常の喜びの1つです。忍耐強く、賢く、純粋で、私が見習うべきたくさんのものを持っている人たちだからです。 彼らを励ますと、彼らが所属している神の教会が元気になり [続きを読む]