黒潮 さん プロフィール

  •  
黒潮さん: 黒潮ボルダリング日記
ハンドル名黒潮 さん
ブログタイトル黒潮ボルダリング日記
ブログURLhttp://kurobol.blog67.fc2.com/
サイト紹介文南国土佐のボルダリング情報発信
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2011/01/27 10:19

黒潮 さんのブログ記事

  • 勝手に岩雪 No.4
  • 昔、インターネットがまだ軍事用にしか利用されてなかった頃、フリークライミングに魅せられた若者たちは、唯一の専門誌「岩と雪」の発売日を、アパートの鴨居にぶら下がりながら、じっと待ち侘びていた。そこには、今もしつこく岩にしがみつき続ける男達の胸を熱くさせる物語が掲載されていた。その中からとっておきを勝手に紹介する企画、久しぶりの第四弾。【ダウンアンダーからの報告 堀地清次】(岩と雪 130号より抜粋)半年 [続きを読む]
  • Kuroshio Academy
  • 昔、インターネットがまだ軍事用にしか利用されてなかった頃、フリークライミングに魅せられた若者たちは、唯一の専門誌「岩と雪」の発売日を、アパートの鴨居にぶら下がりながら、じっと待ち侘びていた。そこには、今もしつこく岩にしがみつき続ける男達の胸を熱くさせる物語が掲載されていた。その中からとっておきを勝手に紹介する企画、久しぶりの第四弾。【ダウンアンダーからの報告 堀地清次】(岩と雪 130号より抜粋)半年 [続きを読む]
  • Mission Complete
  • 昔、インターネットがまだ軍事用にしか利用されてなかった頃、フリークライミングに魅せられた若者たちは、唯一の専門誌「岩と雪」の発売日を、アパートの鴨居にぶら下がりながら、じっと待ち侘びていた。そこには、今もしつこく岩にしがみつき続ける男達の胸を熱くさせる物語が掲載されていた。その中からとっておきを勝手に紹介する企画、久しぶりの第四弾。【ダウンアンダーからの報告 堀地清次】(岩と雪 130号より抜粋)半年 [続きを読む]
  • 光と影の季節
  • 昔、インターネットがまだ軍事用にしか利用されてなかった頃、フリークライミングに魅せられた若者たちは、唯一の専門誌「岩と雪」の発売日を、アパートの鴨居にぶら下がりながら、じっと待ち侘びていた。そこには、今もしつこく岩にしがみつき続ける男達の胸を熱くさせる物語が掲載されていた。その中からとっておきを勝手に紹介する企画、久しぶりの第四弾。【ダウンアンダーからの報告 堀地清次】(岩と雪 130号より抜粋)半年 [続きを読む]
  • 楽園の泉
  • 昔、インターネットがまだ軍事用にしか利用されてなかった頃、フリークライミングに魅せられた若者たちは、唯一の専門誌「岩と雪」の発売日を、アパートの鴨居にぶら下がりながら、じっと待ち侘びていた。そこには、今もしつこく岩にしがみつき続ける男達の胸を熱くさせる物語が掲載されていた。その中からとっておきを勝手に紹介する企画、久しぶりの第四弾。【ダウンアンダーからの報告 堀地清次】(岩と雪 130号より抜粋)半年 [続きを読む]
  • September 29
  • 昔、インターネットがまだ軍事用にしか利用されてなかった頃、フリークライミングに魅せられた若者たちは、唯一の専門誌「岩と雪」の発売日を、アパートの鴨居にぶら下がりながら、じっと待ち侘びていた。そこには、今もしつこく岩にしがみつき続ける男達の胸を熱くさせる物語が掲載されていた。その中からとっておきを勝手に紹介する企画、久しぶりの第四弾。【ダウンアンダーからの報告 堀地清次】(岩と雪 130号より抜粋)半年 [続きを読む]
  • Time to Say Goodbye
  • 昔、インターネットがまだ軍事用にしか利用されてなかった頃、フリークライミングに魅せられた若者たちは、唯一の専門誌「岩と雪」の発売日を、アパートの鴨居にぶら下がりながら、じっと待ち侘びていた。そこには、今もしつこく岩にしがみつき続ける男達の胸を熱くさせる物語が掲載されていた。その中からとっておきを勝手に紹介する企画、久しぶりの第四弾。【ダウンアンダーからの報告 堀地清次】(岩と雪 130号より抜粋)半年 [続きを読む]
  • Blue Ocean
  • 昔、インターネットがまだ軍事用にしか利用されてなかった頃、フリークライミングに魅せられた若者たちは、唯一の専門誌「岩と雪」の発売日を、アパートの鴨居にぶら下がりながら、じっと待ち侘びていた。そこには、今もしつこく岩にしがみつき続ける男達の胸を熱くさせる物語が掲載されていた。その中からとっておきを勝手に紹介する企画、久しぶりの第四弾。【ダウンアンダーからの報告 堀地清次】(岩と雪 130号より抜粋)半年 [続きを読む]
  • Water Summer
  • 昔、インターネットがまだ軍事用にしか利用されてなかった頃、フリークライミングに魅せられた若者たちは、唯一の専門誌「岩と雪」の発売日を、アパートの鴨居にぶら下がりながら、じっと待ち侘びていた。そこには、今もしつこく岩にしがみつき続ける男達の胸を熱くさせる物語が掲載されていた。その中からとっておきを勝手に紹介する企画、久しぶりの第四弾。【ダウンアンダーからの報告 堀地清次】(岩と雪 130号より抜粋)半年 [続きを読む]