ながとも さん プロフィール

  •  
ながともさん: イラストレーター長友心平
ハンドル名ながとも さん
ブログタイトルイラストレーター長友心平
ブログURLhttps://ameblo.jp/shinpei-nagatomo/
サイト紹介文水彩画やアクリル画でカラフルなイラストを掻いています。
自由文2月11日13:0014:30
駒沢「ドックライフデザイン」愛犬の似顔絵教室
2月12日 13日
お台場アクアシティ「ペットプラス」似顔絵イベント
2月20日 27日
横浜ベイクォーター「イーボルドック」似顔絵イベント
3月6日  
横浜ハウススクエア・似顔絵イベント
3月13日
横浜パシフィック・似顔絵イベント
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供304回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2011/01/27 13:33

ながとも さんのブログ記事

  • 2月1日から田園茶房にて「異国の街展」開催。
  • 2月1日から開催される田園茶房での作品を描いております。テーマは「異国の街」。淡い色彩の風景画群になりそうです。釜石で風邪引かなくてよかった。でも東京の方が寒いですが・・。それに築三十年のアトリエは寒いけど、気にしません(笑)。明日は横浜教室、日曜は心の授業ですね。いろんな経験をするたびに、絵を描く姿勢や、生徒さんに伝えることが変化していくような気がします。それも仕方がありません。のんびりやっ [続きを読む]
  • 【絵と詩】溢れる色
  • つま先から細胞の1つ1つが生まれ変わる その衝動はやがて全身に伝わり溢れ出る色 急激な変化に己を保ちながらじっと見据えるその細胞は話が通じる相手なのか何を求めているのか 変わりゆくもの作られるものはじけて消えていくもの 底の底からうねるように湧き上がる色 目が覚めればいつもの日常ただ漠然と存在する慈しみ覚悟向き合う姿勢 これはなんだろうか 幻想か。 [続きを読む]
  • 釜石へ
  • 昨日から、花巻にきてます。1/25に開催される小学生と大漁旗を作るプロジェクトに呼ばれまして、前日、花巻で打ち合わせしました。新幹線はスキー客でいっぱいでした。ちなみに、スキーは一度もやったことない南国人です(笑)。さてどうなることやら!!#釜石 #東北支援 #子供たちの未来 #大漁旗 #スキー客 #新花巻 #染料 #東へ西へ #出張日記 [続きを読む]
  • 【絵と詩】雪の残した空白
  • 一夜明けて東京は晴天雪景色と水たまり雪かきに勤しむ人強くなる日差し空気の質量が軽くなる見上げれば薄青い空ここは東京小さな雪はハラハラと落ちて儚く消えたそして手のひらほどの空白が残った その重さは21グラム魂の質量と同じ薄青い空宇宙一軽い水素と生命を育む酸素の美しいリズムみずみずしいほどの現象が目の前にあるこれが命というものかしら [続きを読む]
  • 天国のクジラ、in横浜WANCOTT
  • 横浜WANCOTTのブログにて、天国のクジラの模様が紹介されてますよー。 https://ameblo.jp/wancott/entry-12344645011.html 【参加費】無料 【参加方法】乗船させたいご家族のお写真をお持ちいただき、WANCOTT館内に置いてある申込書にご記入ください。ご来館が難しい方はお名前、ご住所、お電話番号、乗船させたい愛犬のお名前(ワンちゃん以外でも大丈夫です)、性格やエピソードを明記の上WANCOTTにお写真をお送りください [続きを読む]
  • 雪の平原。東京は雪がたくさん降ってます。
  • 東京は、雪がとても積もってます! 何年振りでしょうか。 僕は、自宅での制作に打ち込んでましたが、外出されていた方は大変だったみたいです。 SNSが雪景色! しかしながら、どうして東京は雪に弱いのか。 交通よ! なぜ自殺防止の壁をつけないのか。交通機関よ!(中央線) 雪。 小さかった頃は、特に出身が鹿児島だったから、本当に楽しみで、雪が降っている間は眠るのが勿体無かったな。昔は、1年に1度降るか降らない [続きを読む]
  • 雪の軌跡を追う。
  • 雪が降りしきる中、雪の軌跡を追う。 風によって、距離によって、形によって、気温によって、雪は軌道を変えている。雪を丸で描けば、重さがでてしまう。だから、曲線の強弱であらわす。 #雪 #降りしきる #スケッチ #軌道 #ドローイング #雪が降る #アートセラピー#心の描き方講座 [続きを読む]
  • 【絵と詩】夜の爪痕
  • す 朝起きてアトリエに入ると何者かの爪痕が残ってた 夜それも深い夜の仕業だ 引きずるようなかきむしるような断末魔の叫びような壮絶な気配を色濃く残しながらそれでも朝の光に包まれて静謐な存在としてそこにあった 爪痕純粋なまでに形になりたいというエネルギー生きてきた証意義を持ちたい色を持ちたいたとえ狂えども真理を知りたい 生きたいありのままに生きたい やがて朝の光は遥か彼方南米へアトリエにまた夜が近づいてく [続きを読む]
  • 「美しい線を描こう」絵画教室
  • 中央林間教室にて「美しい線を描こう」の勉強をしました。最近の教室で始めた新しい授業です。https://coubic.com/shinpeinagatomo①トレースして、ラインの強い弱いを色付けする②いろんな線が書けるように練習してみる。③鉛筆で、線の強弱を気にしながら書いてみる。④違うモデルで応用してみる。生きている線を描く。柔らかい線、強い線、優しい線、硬い線。講座が終わった時、参加者のみなさんがそれぞれに新しい発見があっ [続きを読む]
  • 汚れた手
  • 僕は、ある授賞式に出ていました。 大きな会場で、授賞者の方々が並んで挨拶をし、そのあと握手会になりました。たくさんの来場者が、それぞれの作家に列を作ります。僕の前にも、僭越ながら、長い列ができていました。一番前に並んだのは、とても気品ある淑女の方でした。僕は、ありがとうございますと手を差し伸べると、淑女の表情が急に歪みました。 「手を洗ってませんの・・?」 はっとして自分の手を見ると、ドブのような [続きを読む]
  • ビーラボアカデミーにて、コラージュ教室を開催しました
  • #ビーラボアカデミー にて、コラージュ教室を開催しました。 とっても楽しく賑やかなイベント。空間も素敵であったかい。ワイワイコラージュ盛りだくさんの教室になりました。 お出迎えとお見送りが、ものすごい大歓迎で、恥ずかしくて大汗かいちゃいました(笑)。https://camp-fire.jp/updates/view/45170今日が最終日!さらに盛り上がることでしょう。 #コラージュ #絵画教室 #代々木八幡 #ビーラボアカデミー #ワークショッ [続きを読む]
  • 【絵と詩】霧
  • 「霧」 朝霧の中愛犬との散歩道 ぼんやりと光る霧幻想的というより怪しさすら感じる乳白色 一番新しい霧の記憶クロアチアの早朝宿から出て霜の芝生を歩いたシャカシャカと小気味良く潰れる音どこかで朝食の香り深い霧で先は見えずとも確かに感じた温もり 一番古い霧の記憶父と石を探しにいった河原庭園を支える石の正面というものをはじめて知ったあたりは霧孤独急に眠たくなって川の水の代わりに霧をすくって顔を洗った 朝 [続きを読む]
  • 代々木にて、コラージュ教室開催!手描きアートを楽しむ5日間。
  • 代々木のイベントの紹介文です。ーーーーー??注目の講座?(*´?`*)?残席わずか!??動物ポートレートといえばこの方っ!!NHKテレビ 趣味どきっ!簡単&かわいく ペットを描こう!講師もされていた、長友心平先生の講座のご案内です!普段はワークショップではやらないからプレミアです!と本人がいうポップでカラフルな「コラージュ」で愛犬や動物を制作するワークショップです☆●1月20日(土)10時〜13時(3時間)●受講 [続きを読む]
  • ペットの似顔絵教室 三鷹教室 線の書き方。
  • 今日の三鷹教室は「線で似顔絵を描こう!」。まずトレースをした線から、どこを強く描いて、どこを弱く描くかをレクチャー。次は、強く描くところを赤、弱いところは水色と、線の個性を色で塗り分けました。そして、デフォルメの練習。どこを「盛って」どこをさりけなくするか。最後は墨汁によるペン画レッスン。線の書き方、リズム、カッコいい線を引くコツなど。・・・盛りだくさんの教室になりました!似顔絵を描く上で、線( [続きを読む]
  • 下地塗り
  • 静寂の青を塗り重ねている下地塗り絵画は産声をあげた地の底から響き渡る声に耳を傾けるそして運命の儚さを知る記憶を失って生まれてくる色それは盲目の色塗り重ねる溶けて重なり合って光を取り戻す影と引き換えに世界の揺らぎを知る10回重ねれば恋を知り20回で自立を知る30回、40回、50回まだまだ輝ける色60回、もう遠くへ来てしまった70回、80回失った記憶を取り戻す90回現実からの乖離100回終焉とともに [続きを読む]
  • 第5回恋するコラム「8mmフィルムに恋する」。
  • 「8mmフィルムに恋する」先日の恋するコラムを書いていた時に、思い出したことがありました。そう、それこそ「恋」に関することです。 学生時代、東京の美大受験に失敗して、地元の教育学部に通っていましたが、東京への夢が捨てきれず、一度休学して、再び上京しようと決めました。そこで、何かツテがあった方がいいなと思い、都内の映像専門学校に入学することにしました。 21歳。東京。田舎者にとっては煌びやかすぎる街 [続きを読む]
  • 第4回 恋するコラム。「みづゑ」に恋する。
  • 僕は天国に関する活動を終えると、放浪の人となります。ただ、気の赴くままに歩くに限ります。静かに、かつ透明に、カフェに潜み、公園に潜み、ぼんやりとしています。そんな中、今まで気にも留めなかった駅前の古本屋さんに入ってみると、入り口で、雑誌「みづゑ」を見つけました。2003年春号。今から15年前に、僕が初めて取材を受けた本でした。絵描きの卵を応援するコーナーに、当時、吉祥寺・井の頭公園で似顔絵を描 [続きを読む]
  • 古本屋で見つけたカケラ。
  • 今まで気にも留めなかった駅前の古本屋さんに入ってみると、入り口で、雑誌「みづゑ」を見つけた。2003年春号。今から15年前に、僕が初めて取材を受けた本だった。井之頭公園で似顔絵を描いていた時に、絵描きの卵を応援するコーナーに載せていただいたのだ。 誰かにとって必要のなくなったその本は、自分自身を見つける大切なカケラのような気がした。そして、ふと「はてしない物語」を思い出した。 ーーーーー「はてしな [続きを読む]
  • WANCOTT展覧会開催!!天国のクジラ。
  • 横浜元町WANCOTT での展覧会がいよいよ始まりました!。天国のクジラが二体で向きあって、とっても壮観です。よかった!そして、作品もたくさん飾りました。今日は色鉛筆教室と、天国のクジラの乗船。いろんな家族の話を聞きながら乗船させていただきました。天国のクジラは2月いっぱいまで展示することになりましたので、みなさんぜひ会いに来てくださいね。https://wancott.com/news/350/ [続きを読む]
  • 夢を見るために、毎朝僕は起きるんです。村上春樹。
  • 朝起きて、あったかい布団からなかなか出られないまま「なんで人は毎朝起きるんだろうなぁ」と思います。なんで起きるんだろう。ほとんどは義務感なんだけど。仕事だから。学校だから。家族の役割。習慣だから・・。そんな時、村上春樹の「夢を見るために、毎朝僕は起きるんです」という言葉がいつもよぎるんです。夢を見る。どんな夢?。この世に生まれてきて、どんな夢をみるの?その夢の、深い深い場所はどんなところ?さて、 [続きを読む]