愛知人 さん プロフィール

  •  
愛知人さん: 統一原理を愛して
ハンドル名愛知人 さん
ブログタイトル統一原理を愛して
ブログURLhttps://ameblo.jp/peace-cup/
サイト紹介文家庭連合の信徒です。このブログを通して統一原理を深く知り、皆さんが神体験をより多くできたら幸いです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 160日(平均2.2回/週) - 参加 2011/01/27 20:38

愛知人 さんのブログ記事

  • 責任分担⑤
  • 何日か空いてしまいましたが、責任分担の続きを書きたいと思います。人間の責任分担はみ言を信じて実践すること。み言を信じて実践すれば、個性完成し、直接主観圏に入っていく。今日は、父が聞かせてくれる愛の話ー3 エデンの光と影 を抜粋します。いや、抜粋するだけと行った方が正確か。責任分担の説明をわかりやすく書いてあると思うので、興味があったならば読んでください。神様の心情も垣間見ることもできるかもしれま [続きを読む]
  • 責任分担④
  • 第五節 責任分担についてとことん書いていきます。昨日に引き続き。人間には、責任分担がある。これは、万物との決定的な違い。人間が被造世界の中心として存在する一つの理由です。そこで、神様は、人間が責任分担を完遂して初めて創造されたようにされたのは何故か??①神の創造性と、②万物を主管する位置を与えるためでした。では、責任分担は、結局、何をするのか??個性完成して直接主管圏に入ると、人間に対する神の直 [続きを読む]
  • 責任分担③
  • 第五節 責任分担についてとことん書いていきます。昨日に引き続き。人間には、責任分担がある。これは、万物との決定的な違い。人間が被造世界の中心として存在する一つの理由です。そこで、神様は、人間が責任分担を完遂して初めて創造されたようにされたのは何故か??そもそも、責任分担は、結局、何をするのか??原理講論P79 第五節 被造世界の創造過程とその成長期間 (二)被造物の成長期間 (1)成長期間の秩序 [続きを読む]
  • 責任分担②
  • 第五節 責任分担についてとことん書いていきます。昨日に引き続き。人間には、責任分担がある。これは、万物との決定的な違い。人間が被造世界の中心として存在する一つの理由です。そこで、神様は、人間が責任分担を完遂して初めて創造されたようにされたのは何故か??そもそも、責任分担は、結局、何をするのか??原理講論P79 第五節 被造世界の創造過程とその成長期間 (二)被造物の成長期間 (1)成長期間の秩序 [続きを読む]
  • 責任分担①
  • 第五節 責任分担についてとことん書いていきます。原理講論P77 第五節 被造世界の創造過程とその成長期間 (二)被造物の成長期間 (2) 間接主管圏「被造物が成長期にある場合には、原理自体の主管性、または自律性によって成長するようになっている。したがって、神は原理の主管者としていまし給い、被造物が原理によって成長する結果だけを見るという、間接的な主管をされるので、この期間を神の間接主管圏、または原理 [続きを読む]
  • 成約断食の証し
  • 今日は原理講論に関することではなく、成約断食の証しを書いていきたいと思います。時にはこういうのも良いかと思いまして。1週間も何も食べないで、水だけで過ごすなんてどんな風になるか不安でした。でも、やるからには決意して臨みたいと思いました。私は、そこで、お父様が学生時代に過ごした早稲田大学がある高田馬場でお祈りをしようと思いつきました。決行!!私は高田馬場まで歩いていくことにしました。片道何時間かか [続きを読む]
  • 被造世界の中心③
  • 被造世界の中心についてとことん書いていきます。被造世界の中心は人間、すなわち、夫婦。夫婦なのです。これをふまえて、今日は、人間は天宙の和動の中心について。原理講論P61 第二節 万有原力と授受作用および四位基台 (三)正分合作用による三対象目的を完成した四位基台 (4)四位基台の存在様相「また、人間は天宙の和動の中心として創造されたので、すべての被造物の二性性相の実体的な中心体であるところのアダ [続きを読む]
  • 被造世界の中心②
  • 今日は被造世界の中心についてとことん書いていきます。被造世界は、人間の堕落によって中心を失った。その中心は人間であるのは皆さんご存知だと思いますが、万物は創造本性を復帰した人間を待ち望んでいます。では、その創造本性は??創造原理の第三節に書いてある通り、三大祝福を成就した人間なんでしょうが、また、原理講論の四位基台の様相で違う角度から説明します。四位基台を完成した各個の被造物を個性真理体という。 [続きを読む]
  • 被造世界の中心①
  • 今日は被造世界の中心について書いていきます。原理講論P61 第二節 万有原力と授受作用および四位基台 (三)正分合作用による三対象目的を完成した四位基台 (4)四位基台の存在様相  から抜粋。「・・・・・・・・しかるに、被造世界は人間の堕落によってこの中心を失ったので、万物も実に切なる思いで、神の子たち、すなわち創造本性を復帰した人間たちが出現して、その中心となってくれる日を待ち望んでいるのであ [続きを読む]
  • 四位基台の存在様相!!
  • 今日は四位基台について書いていきます。証しに引き続き、再び、原理講論P55 第二節 万有原力と授受作用および四位基台 (三)正分合作用による三対象目的を完成した四位基台 (4)四位基台の存在様相  から抜粋。「 正分合作用により三対象目的をつくって四位基台を完成した存在は、いかなるものでも、円形、または球形運動をなして、立体として存在する。今、我々はその理由を調べてみることにしよう。正分合作用に [続きを読む]
  • 万有原力・授受作用⑥ 良心作用について(証し)
  • 万有原力と授受作用についてとことん書いていきす。今日も昨日に引き続き、良心作用について。良心に従うっていうことは、その良心の主体である神様に従うことでもあるんだなと。すごい!!ここで、以前に書いた記事ですが、私の証しを良かったら見てください。     2011-01-31の記事:良心は〜、両親に〜、優る〜!!証しに引き続き、再び、原理講論P52 第二節 万有原力と授受作用および四位基台 (二)授受作用   [続きを読む]
  • 万有原力・授受作用⑤
  • 万有原力と授受作用についてとことん書いていきす。今日は良心作用について。原理講論P52 第二節 万有原力と授受作用および四位基台 (二)授受作用  から抜粋。「古今東西を問わず、いくら悪い人間であっても、正しいことのために生きようとするその良心の力だけは、はっきりとその内部で作用している。このような力は、だれも遮ることができないものであって、自分でも知らない間に強力な作用をなすものであるから、悪 [続きを読む]
  • 万有原力・授受作用④ 横的なものを通して縦的な授受の回路を復帰!!
  • 万有原力と授受作用についてとことん書いていきす。万有原力は、神様の愛。万有原力は四位基台の造成の為の力であり、神の愛。主体と対象が授受作用をすることによって、神の愛が発生する。授受作用によって神の愛が表すことができるのです。この内容が分らない人、忘れた人は、2011-05-10の記事:万有原力、神の愛??、2011-05-11の記事:万有原力と授受作用①を見てください。そして、兄弟姉妹同士の授受作用を通して、兄弟姉 [続きを読む]
  • 万有原力・授受作用③
  • 万有原力と授受作用についてとことん書いていきす。万有原力は、神様の愛。万有原力は四位基台の造成の為の力であり、神の愛。主体と対象が授受作用をすることによって、神の愛が発生する。授受作用によって神の愛が表すことができるのです。この内容が分らない人、忘れた人は、2011-05-10の記事:万有原力、神の愛??、2011-05-11の記事:万有原力と授受作用①を見てください。兄弟姉妹同士の授受作用を通して、兄弟姉妹の愛を [続きを読む]
  • 万有原力・授受作用②
  • 万有原力と授受作用についてとことん書いていきす。万有原力は、神様の愛。万有原力は四位基台の造成の為の力であり、神の愛。主体と対象が授受作用をすることによって、神の愛が発生する。授受作用によって神の愛が表すことができるのです。この内容が分らない人、忘れた人は、2011-05-10の記事:万有原力、神の愛??、2011-05-11の記事:万有原力と授受作用①を見てください。ここで、昨日に続き、授受作用するに当たって、主 [続きを読む]
  • 万有原力と授受作用①
  • 今日は万有原力と授受作用について書いていきす。万有原力は、実は、神様の愛と同じ事を言っているのではないでしょうか?万有原力は四位基台の造成の為の力であり、神の愛。この驚くべき事実。万有原力は神の愛。万有原力が神の愛だとすれば、授受作用の感覚が変わってくるのでは!?これをふまえて、今日は授受作用について書いていきます。第二節 万有原力と授受作用および四位基台 (二)授受作用 から抜粋。「あらゆる存 [続きを読む]
  • 万有原力、神の愛??
  • 今日は万有原力について書いていきす。第二節 万有原力と授受作用および四位基台 (一)万有原力 から抜粋。「神はあらゆる存在の創造主として、時間と空間を超越して、永遠に自存する絶対者である。したがって、神がこのような存在としておられるための根本的な力も、永遠に自存する絶対的なものであり、同時にこれはまた、被造物が存在するためのすべての力を発生せしめる力の根本でもある。このようなすべての力の根本にあ [続きを読む]
  • 創造本然の価値⑦ 善と悪について
  • 創造本然の価値について、とことん書いていきます。今日は、善と悪について。原理講論P73 第四節 想像本膳の価値 (三)愛と美、善と悪、義と不義 (2)善と悪「主体と対象が愛と美を良く授け、良く受けて合性一体化して神の第三対象となり、四位基台を造成して、神の創造目的を成就する行為とか、その行為の結果を善といい、サタンを中心として四位基台を造成して、神の創造目的に反する目的のための行為をなすこと、ま [続きを読む]
  • 創造本然の価値⑥ 神の愛とは?<聖書編>
  • 創造本然の価値について、とことん書いていきます。昨日に引き続き、神の愛について。、神の愛は、父母の愛、夫婦の愛、子女の愛、そして、兄弟姉妹の愛として現れる。愛し為に生きる実践は、神様の愛を実感していけるのです。兄弟姉妹を愛していけば、兄弟姉妹を通して、神様の愛を実感していくのです。今日、初めて読む人、内容を忘れてしまった人は、5月6日、5月7日の記事を見てください。この内容は聖書にも書いてありま [続きを読む]
  • 創造本然の価値⑤ 神の愛とは?
  • 創造本然の価値について、とことん書いていきます。昨日に引き続き、神の愛について。、神の愛は、父母の愛、夫婦の愛、子女の愛、そして、兄弟姉妹の愛として現れる。愛し為に生きる実践は、神様の愛を実感していけるのです。兄弟姉妹を愛していけば、兄弟姉妹を通して、神様の愛を実感していくのです。今日、初めて読む人、内容を忘れてしまった人は、昨日の記事を見てください。昨日、書いた記事の内容は、実は、「天国を開く [続きを読む]
  • 創造本然の価値④ 神の愛とは(後半)
  • 創造本然の価値について、とことん書いていきます。皆さん、原理講論は読みましたか??神の愛は何か分りましたか?昨日に引き続き、神の愛について書いていきます。原理講論P73 第三節 創造本然の価値 (三)愛と美、善と悪、義と不義 (1)愛と美 から抜粋。「つぎに、神の愛とは何であるかを調べてみることにしよう。神を中心としてその二性性相の実体対象として完成されたアダムとエバが一体となり、子女を生み殖や [続きを読む]
  • 創造本然の価値③ 神の愛とは(前半)
  • 創造本然の価値について、とことん書いていきます。昨日に引き続き。原理講論P73 第三節 創造本然の価値 (三)愛と美、善と悪、義と不義 (1)愛と美 から抜粋。「つぎに、神の愛とは何であるかを調べてみることにしよう。神を中心としてその二性性相の実体対象として完成されたアダムとエバが一体となり、子女を生み殖やして、父母の愛(第一対象の愛)、夫婦の愛(第二対象の愛)、子女の愛(第三対象の愛)など、創 [続きを読む]
  • 創造本然の価値②
  • 創造本然の価値について、とことん書いていきます。昨日に引き続き。原理講論P71 第三節 創造本然の価値 (一)創造本然の価値の決定とその価値の基準 から抜粋。 「例を挙げれば、花の美はいかにして決定されるのだろうか。それは、神がその花を創造された目的と、その花の美を求める、人間の美に対する創造本然の追求欲が合致するとき、言い換えれば、神の創造理想に立脚した人間の美に対する追求欲が、その花からくる [続きを読む]
  • 創造本然の価値①
  • 創造本然の価値について、とことん書いていきます。原理講論P70 第三節 創造本然の価値 (一)創造本然の価値の決定とその価値の基準「創造本然の価値はいかにして決定されるのだろうか。ある対象がもっている価値は、その対象が存在する目的と、それに対する人間主体の欲求との相対的関係によって決定されるというのが、我々の今まで考えてきた一般的な価値観であった。」サタン世界では、ある対象が持っている価値は、人 [続きを読む]
  • 人生の目的(創造目的)⑫ 第三祝福 結局、喜びなんですかね!?
  • 創造目的についてとことん書いていきます。神様も人間も対象を通して自己の性相と形状を相対的に感じたときに初めて喜ぶ。そして、人間が三大祝福のみ言を成就し天国を成したら、神様はその人間の姿を通して最大の喜びを感じる。神様と人間の感性は同じなのですから、人間自身も、人間が三大祝福のみ言を成就して天国を成している人間の姿を通して、最大の喜びを感じる。少し言い方を変えますと、本然の姿、本然の喜びを通して、 [続きを読む]