愛知人 さん プロフィール

  •  
愛知人さん: 統一原理を愛して
ハンドル名愛知人 さん
ブログタイトル統一原理を愛して
ブログURLhttps://ameblo.jp/peace-cup/
サイト紹介文家庭連合の信徒です。このブログを通して統一原理を深く知り、皆さんが神体験をより多くできたら幸いです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2011/01/27 20:38

愛知人 さんのブログ記事

  • 神の心情② アダム家庭
  • 原理講論後編 第1章復帰期第摂理時代 第1節 アダムの家庭を中心とする復帰摂理 (三)アダムの家庭におけるメシヤのための基台とその喪失アダムの家庭が「メシヤのための基台」をつくるためには、アダム自身がまず「象徴献祭」をして、「信仰基台」を立てなければならなかった。それにもかかわらず、既に述べたように、アダムが献祭をなし得なかった理由は、アダムが献祭をすれば、その供え物には、神とサタンという二人の主 [続きを読む]
  • 神の心情① 復帰摂理とは?
  • 原理講論後編 緒論復帰摂理とは、堕落した人間に創造目的を完成せしめるために、彼らを創造本然の人間に復帰していく神の摂理をいうのである。 原理講論、後編の最初の一文。復帰摂理の定義が書いてあります。堕落した人間ところに、祝福を受けた人も、祝福2世も自分の名前を入れて読んでください。私を創造目的を完成させるために、私を創造本然の人間に復帰していく神様の摂理。アダムとエバの堕落以後、アダム家庭、ノア家 [続きを読む]
  • 神の心情③ 神の最も愛するハム
  • 今日は、復帰摂理の内容に関することで、私の神体験を書いていきます。P316 第三節 アブラハムの家庭を中心とする復帰摂理(一)信仰基台 (1) 信仰基台を復帰する中心人物「また、神が一番愛するアベルの身代わりであったハム(彼らはみな次子として「実体献祭」の中心であった)を、サタンに奪われたので、・・・・・・・・」ノア家庭が生きていた当時、神様はハムを一番愛していた。これを踏まえて、次に抜粋した原理講論 [続きを読む]
  • 性相と形状の二性性相の相対的関係③
  • 以前、陽性と陰性の二性性相の相対的関係についてとことん書きました。今日は、続き、性相と形状の二性性相の相対的関係について書いていきます。性相は目に見えませんが、ある形を持っています。形状は、見ることのできない性相がそのごとくに現れたものです。水を例に考えていきたいと思います。空気の中にも水蒸気として水があると思います。もちろん、濃度が薄いため、その水は目に見えません。しかし、その濃度が濃くなれば [続きを読む]
  • 性相と形状の二性性相の相対的関係②
  • 以前、陽性と陰性の二性性相の相対的関係についてとことん書きました。今日は、続き、性相と形状の二性性相の相対的関係について書いていきます。性相は目に見えませんが、ある形を持っています。形状は、見ることのできない性相がそのごとくに現れたものです。水を例に考えていきたいと思います。空気の中にも水蒸気として水があると思います。もちろん、濃度が薄いため、その水は目に見えません。しかし、その濃度が濃くなれば [続きを読む]
  • 性相と形状の二性性相の総体的関係①
  • 以前、陽性と陰性の二性性相の相対的関係についてとことん書きました。今日は、続き、性相と形状の二性性相の相対的関係について書いていきます。原理講論P44 第一節 神の二性性相と被造世界 (一)神の二性性相 から抜粋します。「さらに、我々はすべての存在を形成しているもっと根本的な、いま一つの二性性相の相対的関係を知らなければならない。存在するものはすべて、その外形と内性とを備えている。そして、その見え [続きを読む]
  • アベルとは???②
  • カインは天に近い存在であるアベルを求めていると。アベルって天に近い存在なんですね。誰でも無条件にアベルになるのでしょうか?教会で活動していると、時には、班長として、原理講師として、まとめたりしなければなりません。班長、原理講師はアベルなんでしょうか???教会の組織的には、アベルです。組織的に。でも、本当の意味で天に導く人でなければ、アベルとは言えないのではないでしょうか!?アベルとしてカインを愛 [続きを読む]
  • アベルとは???①
  • アベルの立場のヤコブが、カインの立場のエサウを愛してこそ一つになれた。だから、アベルの立場の人が問題です。原理講論において、アダム家庭では、堕落性を脱ぐための蕩減条件、カインの責任分担しか書いてありません。カインは書いてあるようにすべきでした。しかし、歴史的事実はどうか??カインはアベルを野原で殺しました。カインの責任分担に焦点を当てるとやはりうまくいきません。アベルが問題です。では、そもそもア [続きを読む]
  • アベルとカイン④
  • アベル・カインについて。続きです。アベルとカインが堕落性を脱ぐための蕩減条件を立てて、実体基台を初めて復帰したのは、アブラハム家庭でのヤコブとエサウの時でした。では、何故、実体基台を復帰することが出来たのか??原理講論には、エサウがヤコブを愛して歓迎したと書いてあります。この内容だけだとエサウが責任分担を果たした事が一番の大きな要因のように感じます。しかし、もっと大きな要因があります。聖書を読ん [続きを読む]
  • アベル・カイン③
  • アベル・カインについて。続きです。アベルとカインが堕落性を脱ぐための蕩減条件を立てて、実体基台を初めて復帰したのはいつか???そして、何故、復帰することができたか??原理講論P332,333から抜粋します。「これでエサウとヤコブは、神がアベルの献祭を受けられるときの、カインとアベルの立場を確立したので、彼らが「堕落性を脱ぐための蕩減条件」を立てるには、エサウはヤコブを愛し、彼を仲保として立て、彼の主管を [続きを読む]
  • アベル・カイン②
  • アダム家庭、アベル・カインについて。昨日の続きです。カインはどのような条件を立てなければならないか??原理講論P293、294を抜粋。「神はこれによって、サタンと相対する立場にいる人間が、神の側に復帰するには、必ずその人自身が何らかの蕩減条件を立てなければならないことを教示されたのである。それではカインは、どのような蕩減条件を立てなければならなかったのであろうか。それは正に、「堕落性を脱ぐための蕩 [続きを読む]
  • アベル・カイン①
  • アダム家庭です。昨日の質問です。アダム家庭の中心人物は???アダムです。アベルが捧げ物をしましたが、あくまでもアダムが中心人物です。アダムは堕落した張本人であり、神とサタンの二人の主人に対応する非原理的な立場なので、アダムを通して摂理することは出来ません(アダムは本来、神様とのみ対応する立場)。続きます。神様は、アベルの供え物を取ってくれました。これを踏まえて、次の質問に移ります。まずは、原理講 [続きを読む]
  • アダム家庭
  • アダム家庭に入っていきます。では、いきなりですが、質問です。アダム家庭の中心人物は??供え物を捧げたのはアベルとカイン。さ〜中心人物は???原理講論P290、291  第一章 復帰基台摂理時代  第一節 アダムの家庭を中心とする復帰摂理 (一)信仰基台「第一に、「信仰基台」を復帰するためには、それを蕩減復帰するための何らかの条件物がなければならない。もともと、アダムは「信仰基台」を立てるための条件と [続きを読む]
  • 相対者の証し。為に生きる。
  • 相対者の証しです。相対者の許可なく載せてしまいました。数年前のことですが。相対者は朝食断食をしていました。今日は、お腹がすいて12時まで,後,30分・・・とても長く感じ、なんとか気をまぎらわせないと思いました。その時、愛知人さんの証を思いだしまし、為に生きようと。そこで、掃除機をかけたのですか、お腹がすいて動けなかった体が動き、あっという間に時間が過ぎました。そして、心も気持ち良く、部屋も何かスッ [続きを読む]
  • 成約断食。
  • 私は2009年の1月に成約断食をしました。1週間の断食です。その時の証しを書いていきたいと思います。私は、1日断食しかやったことがなく、1週間も」断食をしたらどうなるか、とても心配でした。高田馬場の聖地で祈りをして備えました。その中で、私は、断食中も精誠を尽くそうと。断食していない時と変わらないぐらい、周りの人に断食しているのを気付かれないぐらい精誠を尽くそうと決意しました。いざ、断食が始まると、 [続きを読む]
  • 良心
  • クリーンアップという教会の人たちを中心に街の清掃活動をしています。以前、参加した時のことを書いていきたいと思います。「良心」というみ言を信じて実践した証しです。一時間弱という短い時間ですが、為に生き、街を歩く人に挨拶をしながらやりました。終わった後は、とても爽快感がありました。その帰り道のことです。やっている最中の話じゃないんかいΣ(゚д゚lll)帰る途中、ゴミが落ちているのを見かけました。私は、何とな [続きを読む]
  • 祈り
  • 祈りについて書いていきます。以前は、二性性相という観点から書きましたが、今回はもっとシンプルに書いていきます。神の二性性相②教会にいると、良く、愛するんだ、為に生きるんだ、と聞きますよね。それが、原理原則であり、自然な生き方です。これは、祈りにつついても当てはまります。私は、相手のために祈ると、とても心が復興します。相手の幸せのため、相手を喜ばす為に何ができるかと祈ると、何か答えが与えられなくて [続きを読む]
  • 神様の所有の決定。
  • 緒論についてとことん書いていきます。原理講論P278、279 ① 信仰基台 から抜粋。今日の抜粋箇所は長いので、赤い部分だけども読んでみてください。「アダムは神のみ言を信じないで堕落してしまったので、「信仰基台」をつくることができなかった。したがって、彼はみ言の「完成実体」となることができなかったので、創造目的を達成することができなかったのである。それゆえに、堕落人間が創造目的を成就し得る基準を復 [続きを読む]
  • 蕩減条件⑦
  • 緒論についてとことん書いていきたいと思います。昨日は信仰基台と実体基台の説明でしたよね。創造本然の人間が個性完成していくのに必要な条件、信仰基台と実体基台。信仰基台はみ言を信じて実践。実体基台は、み言の完成実体。ここで蕩減条件として、まず、アダムとエバは、神様のみ言を守ることができず、堕落して、万物よりも劣る位置に落ちてしまいました。み言を守れず、堕落したのであれば、逆の経路として、み言を守るこ [続きを読む]
  • 蕩減条件⑥
  • 緒論についてとことん書いていきたいと思います。メシヤのための基台」を立てるために、いかなる蕩減条件を立てるべきか。そのためには、まず、どのような経路で創造目的を成就できなくなったかを知らなければなりません。それは、今まで書いてきたように、蕩減条件は反対の経路で立てるからです。では、どのような経路によって創造目的を成就できなくなったかを知るためには、創造目的を成就する経路を知らなければなりません。 [続きを読む]
  • 蕩減条件⑤
  • 緒論についてとことん書いていきたいと思います。メシヤのための基台」を立てるために、いかなる蕩減条件を立てるべきか。そのためには、まず、どのような経路で創造目的を成就できなくなったかを知らなければなりません。それは、今まで書いてきたように、蕩減条件は反対の経路で立てるからです。では、どのような経路によって創造目的を成就できなくなったかを知るためには、創造目的を成就する経路を知らなければなりません。 [続きを読む]
  • 蕩減条件④
  • 緒論についてとことん書いていきたいと思います。昨日まで、蕩減条件について書いてきました。蕩減条件を立てる方法として、創造本然の状態、位置を失った反対の経路で立てる。簡単なようで、意外と勘違いしていた人もいたのではないでしょうか。今日はもう少し蕩減条件について書いていきたいと思います。原理講論P277(2) メシヤのための基台  から抜粋。「メシヤは人類の真の父母として来られなければならない。彼が人類の [続きを読む]
  • 蕩減条件③
  • 緒論についてとことん書いていきたいと思います。昨日の続きです。蕩減条件を立てた二人の人を例に考えていきたいと思います。1)「神様の心情が分かるように」という目的で、訓読と祈りを条件物として一週間、蕩減条件を立てました。2)頑張って伝道して、学び始めた人のために蕩減条件を立てた兄弟がいたとします、その兄弟は、「伝道して、学び始めた子が統一原理を深くりかいできるように」という目的で、訓読と祈りを条件 [続きを読む]
  • 蕩減条件②
  • 緒論についてとことん書いていきたいと思います。昨日の続きです。蕩減条件はどのように立てるか?三つの観点が必要です。さ〜なんでしょうか???答えは???①どの程度に、②どのような方法で、③誰がこの三つが答えです。原理講論のP274〜277に書いてあります。簡単に説明しますが、分かっている人は最後の質問を読んでください。まず、①どの程度立てるかについて。第一に本然の位置と状態を失ったものと同一なる価値 [続きを読む]
  • 蕩減条件①
  • <font size="3">緒論についてとことん書いていきたいと思います。原理講論P274(一)蕩減復帰原理 (1) 蕩 減 復 帰 から抜粋。「それでは、「蕩減復帰」というのはどういう意味なのであろうか。どのようなものであっても、その本来の位置と状態を失ったとき、それらを本来の位置と状態にまで復帰しようとすれば、必ずそこに、その必要を埋めるに足る何らかの条件を立てなければならない。このような条件を立てることを「蕩減 [続きを読む]