りゅうぱぱ さん プロフィール

  •  
りゅうぱぱさん: どこでも晴れたらワン歩
ハンドル名りゅうぱぱ さん
ブログタイトルどこでも晴れたらワン歩
ブログURLhttp://ryuudesu.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文2017年2月に虹の橋を渡った愛犬りゅう君と出かけた思い出の場所などを再訪して紹介しています。
自由文おばぁちゃん家で10年間暮らし、我が家へとやって来て、今では老犬となったちょっと胴長ヨーキーの りゅう君とのお出かけや旅行、日々の出来事を思い出のアルバムとして記録しています。
りゅう君は2017年2月に虹の橋を渡り旅立って行きましたが、思い出の地を再訪問してブログを更新します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2011/01/28 10:15

りゅうぱぱ さんのブログ記事

  • 阿蘇小国町の裏見の滝・鍋ケ滝へ
  • 国道442号線から国道387号線へ進んで小国町の市街地へと入ります。 国道387号線へ入るとすぐ左側に道の駅・小国ゆうステーションが見えてきますが、今回は前方に見えている標識のある交差点を右折して国道387号線(日田街道)を先へと進みます。 国道387号線をしばらく走っていると前方に今回最初の目的地の 『鍋ケ滝』 の標識が見えてくるのでここを右折します。 右折するとすぐに坂本善三美術館と書かれた看 [続きを読む]
  • やまなみハイウェイを通って小国町へ
  • 今回は熊本県小国町へ美味しいお蕎麦を食べに出かけました。 熊本県小国町へは国道210号線を通って九重町(ここのえまち)役場から宝泉寺温泉を経由して行く最短ルートを通ることが多いですが、今回は眺めの素晴らしい やまなみハイウェイ(大分県道11号線)経由で小国町を目指します。 別府市街地の国道10号線から やまなみハイウェイへ入って湯布院盆地へ下る手前まで来たら、右側に由布岳が見えてきます。湯布院盆地か [続きを読む]
  • 大分川ダムが常時満水位に到達しました
  • 今年の1月から試験潅水(貯水)を始めた大分川ダムへ行きました。 大分川ダムは大分市西部の豊後大野市との市境に近い国道442号線沿いにありますが、この道路は大分市街地から久住高原方面へ行く最短コースで、この先で国道442号線から県道412号線(奥産スカイライン)へ右折すると1時間もかからずに久住高原へ行けます。でも今回は大分川ダムの見学なのでこのまま国道442号線を3kmほど直進します。 県道4 [続きを読む]
  • 『郷膳 うさ味』 で期間限定の蓮料理を
  • 臼杵石仏のハスの見物が終わったらお昼ご飯です。 今回お昼ご飯をいただくのは臼杵石仏の入口にあるお土産屋さんの石仏観光センターの2階にあるお食事処の 『郷膳 うさ味』 です。 石仏観光センターは普通のお土産屋さんで、1階のお土産売り場の横には食事処もありますが、2階はこの時季限定?で蓮料理専用のお食事処となっています。お土産屋さんにはちょっと失礼ですが、ここは外観からは想像できないお洒落な空間でした( [続きを読む]
  • 臼杵石仏のハスが咲き始めました
  • 今回は開花を迎えた臼杵石仏のハスの見物に出かけました。 臼杵石仏へは激しい雨の中を国道10号線 ⇒ 県道25号線 ⇒ 国道502号線経由で臼杵市へ出かけました。画像の建物は臼杵石仏の入口にあるお土産屋さんです。石仏見学の駐車場はもう少し手前にありますが、ハスの見物にはお土産屋さんの横を通ってさらに奥へと進みます。 お土産屋さんを通り過ぎてハス見物の駐車場に着きましたが、未舗装の駐車場は雨でぬか [続きを読む]
  • 道の駅・北川はゆま で生しらす丼を
  • 今回は道の駅・北川はゆま へ生しらす丼を食べに出かけました。 道の駅・北川はゆま へは前回とは別ルートの国道10号線を経由して佐伯ICからは東九州道の無料区間を通りました。最初に寄ったのは蒲江ICを降りてすぐの かまえインターパークです。でも物産館はまだ開店前で駐車場には車が全く停まっていませんでした。 物産館の裏手へ行ってみると、広場にはイス、テーブルが置かれて、その上は日除けの青いシートで覆われていま [続きを読む]
  • 九州本土最東端の地、鶴見半島へ
  • 今回は佐伯市の鶴見半島へ一人でぶらりとドライブに出かけました。 お家を出発したらいつものように国道10号線を南下して、一時間ほどで佐伯市に到着したら市街地を抜けて県道501号線を鶴見半島を目指して進みます。県道501号線はしばらく山の中を走りますが、峠を越えて海岸沿いの道に出たらここを左折します。ここを右折して県道501号線をそのまま進むとちょっと前の記事で紹介したお食事処の 『海風館(しーふーかん [続きを読む]
  • 宮崎県からは秘境駅を経由して帰途へ
  • 道の駅・北川はゆま を出発したら国道10号線を佐伯市方面へ進みます。今年のNHK大河ドラマは 『西郷どん』 ですが、物産館の前にはこんなユニークな西郷どんのモニュメントがありました。宮崎県北川町は西郷隆盛にゆかりのある町なんですよね。 道の駅を出発する時にりゅうママが食後のデザートをまだ食べてないと言ったので、アイスクリームを食べてから出発することにしました。左が私の食べたショコラソフトクリームです。 [続きを読む]
  • 北川ダムに巨大なダム穴が出現しました
  • 道の駅・宇目を出発したら唄げんか大橋を渡って宮崎県方面へ進みます。これから向かうのは唄げんか大橋を渡った先にある北川ダムです。唄げんか大橋を渡った先にはもう一つ小さな橋があって、その先はトンネルになっています。このトンネルを抜けるともう宮崎県ですが、北川ダムへはトンネルの手前を左折します。国道326号線から北川ダムへと続く脇道へ左折したらすぐに短いトンネルが見えてくるのでこのトンネルを抜けて先へと [続きを読む]
  • 道の駅・宇目でジビエ料理のランチを
  • 今回は佐伯市宇目町から宮崎県北川町へ出かけました。お家を出発したら中九州横断道路から国道326号線を通って最初に寄ったのは宮崎県との県境に近い道の駅・宇目です。道の駅・宇目はこのブログで何度も載せていますが、いつもは宮崎県へ出かける途中に休憩で立ち寄るだけのところなので詳しく紹介をしたことがありませんが、今回はここでお昼ご飯を食べるのでここが今回の最初の目的地になります。画像に写っている橋は 『唄 [続きを読む]
  • 豊後森機関庫ミュージアムと三島公園のSL
  • わいたの庄での食事が終わったら玖珠町へと向かいます。 わいたの庄を出発したら国道387号線を来た方向に戻って、再び国道210号線へ出て玖珠町の市街地へ入るとすぐに道の駅・童話の里くす に到着です。 道の駅でトイレ休憩を済ませたら、江戸時代の森藩・久留島氏の庭園を公園として整備した三島公園へ向かいます。ここは国道からちょっと中に入った道ですが、童話の里・玖珠らしく白壁の建物が続くなかに一寸法師の石像 [続きを読む]
  • わいたの庄で食事と物産館・宝泉寺駅へ
  • 今回は九重町の宝泉寺温泉と玖珠町の豊後森機関庫へ出かけました。 最初の目的地の宝泉寺温泉へは国道210号線を通って、九重町までやって来たら九重町役場のある県道681号線へと左折します。 九重町役場を通り過ぎて県道681号線から国道387号線へと出て、小国町方面へ進んで行くと左側に宝泉寺温泉の看板が見えてくるので、ここを左折して宝泉寺温泉の温泉街へと入ります。温泉街の入口へ左折するとすぐに最初の目的 [続きを読む]
  • 臼杵市 『みかくと木もれ陽』 でランチを
  • 佐賀関の白木海岸を出発したら臼杵市へと向かいます。 豊後水道の海岸沿いを通る国道217号線を南へ下って30分ほどで臼杵市街地へ到着したら、臼杵市観光交流プラザの無料駐車場に車を停めてお食事処のある八町大路へと向かいます。 ここへ到着したのはお昼ご飯にはまだちょっと早い時間だったので、食事の前に江戸時代の町並みが残る通りを少しだけ散策します。ここは駐車場から歩いてすぐのところにある臼杵藩主の 『稲 [続きを読む]
  • 紫陽花とアサギマダラが乱舞する関崎へ
  • これから大分市佐賀関へ満開を迎えたアジサイの鑑賞へ行きます。お家を出発したら佐賀関半島を目指して国道197号線を走りますが、出発して30分ほどすると海岸沿いにある道の駅・さがのせきへ到着して、いつものようにここで最初の休憩をします。久しぶりに道の駅・さがのせきへ寄ってみると物産館の横には佐賀関の海の幸、山の幸を紹介した大きな写真パネルが掲示されていました。写真には佐賀関の関崎灯台から豊後水道を挟ん [続きを読む]
  • 人吉城跡と青井阿蘇神社に寄って帰途へ
  • 球磨川沿いの国道219号線を遡って人吉市街地へと入りました。 人吉市街地へ入って最初に向かったのはJR九州 肥薩線、第三セクター くま川鉄道 湯前線の2路線の共同使用駅の人吉駅です。 人吉駅の前には人吉城を模したからくり時計があります。このからくり時計は9時から18時まで一時間ごとに球磨地域の民謡「球磨の六調子」のメロディーに合わせて、お殿様や田舎の庄屋どんなど計17体の人形達が登場するそうですが、私 [続きを読む]
  • 荒瀬ダム、日本初の本格的なダム撤去現場へ
  • 朝食が終わってホテルを出発したら人吉市方面へ進みます。 お宿を出発して八代市街地を抜けたら球磨川沿いの国道219号線を遡って人吉市方面へと向かいますが、人吉市まではまだ55kmもあります。 球磨川に沿って走る国道219号線は南九州西回り自動車道、九州自動車道の上下車線と三つの高架の下を通って九州山地の山奥へと続いています。 高速道の高架を過ぎると国道219号線はしばらくの間は左側に球磨川を眺める [続きを読む]
  • 早朝の八代市街地を散策してから出発を
  • 居酒屋で熊本名物を食べてお宿でぐっすり眠って疲れを癒した翌朝です。りゅう君がいなくなって一年以上になりますが、10年ほど続けていた早朝のお散歩の習慣が抜けなくて今でも夜が明ける頃には目が覚めてしまうのでこれから八代市街を散歩します。左に見える建物がお宿でその前の道は 『こいこい通』 と名付けられていました。そして 『こいこい通』 と交差する前日に居酒屋へと向かった道は 『お城通』 と名付けられていました [続きを読む]
  • 八代市内に泊まって夕食は居酒屋で
  • 松浜軒を出発したら今夜のお宿へと向かいます。 昨年の12月にここへ泊った時にはリニューアル工事中で建物の半分ほどが工事用のシートに覆われていましたが、今は工事も終わってすっきりした姿になっていました。 チェックインを済ませるとさっそく部屋へと向かいました。前回はシートに覆われて周りの景色がほとんど見えませんでしたが、部屋の窓からは左側に八代城址が、その右側には八代市役所が見えました。 そして部屋 [続きを読む]
  • 肥後花菖蒲が見頃、八代市の松浜軒へ
  • 義父のお墓参りを済ませたら八代市へと向かいます。 義父のお墓がある宇城市からは国道3号線を南下して今回も八代市で一泊する予定ですが、その前に八代城代の松井氏の庭園で国の名勝に指定されている松浜軒(しょうひんけん)の見学をします。国道3号線を途中から八代市街地方面に進んで目的地の松浜軒前交差点まで来ました。 赤信号で止まった時に頭上にある標識を見たら松浜軒駐車場まで100mと書かれていました。 そ [続きを読む]
  • 剣豪宮本武蔵の墓所、武蔵塚公園へ
  • りゅうママの腰痛も回復したのでこの日は義父のお墓参りに行きました。 義父のお墓がある熊本県宇城市へは阿蘇市を経由して行きますが、今回は新国道57号線の工事の進捗状況を見ようといつもの長陽大橋ルートじゃなくてミルクロードの峠越えの道を通りました。 ミルクロードの急坂を登る手前では国道57号線北側復旧ルートの工事を行っていてこんな看板があります。来年には元号が変わるので平成32年はありませんが頑張って [続きを読む]
  • 『水の駅・おづる』 で湧水豆腐のお昼ご飯
  • 長湯温泉を出発したら 『水の駅・おづる』 を目指します。大分県道30号線を大分市方面へ向かって進んでいると水の駅・おづる の少し手前に狸穴(まみあな)の滝と書かれた看板が見えてきます。ここは3年ほど前にりゅう君と訪れたところですが、ブログを作るのを忘れていてこの画像は初めて載せるものです。狸穴の滝は小さな滝ですが、車道から歩いてすぐのところにあります。今回長湯温泉と水の駅・おづる を訪れたのはお家で写 [続きを読む]
  • りゅうママが長湯温泉で復活しました
  • 今回は県外へ行く予定を変更して近場の長湯温泉へ行きました。 先日の呼子旅行の頃からりゅうママが腰を痛めて長距離のドライブが辛いとの事だったので近場の長湯温泉に行きました。最初に寄ったのは道の駅・長湯温泉ですが、久しぶりに来てみると道の駅の駐車場へと続く道がスッキリとなっていました。 この画像は何年か前に道の駅・長湯温泉を訪れた時のものです。以前はこんな感じで建物の下をくぐる様にして道の駅の駐車場へ入 [続きを読む]
  • 10年ぶりに県南へキス釣りに行きました
  • りゅう君がいなくなって一年以上になりますが、今回は10年ぶりに大分県南へ魚釣りに出かけました。りゅう君が我が家にやって来て以来、りゅう君と一緒でのお出かけばかりで魚釣りには全く行かなくなりましたが、最近はちょっと暇ができたので久しぶりに釣り道具の整備をして大分県南へキス釣りに出かけました。でもボート釣りなので車の中にはこれだけの荷物が積まれています。今回出かけたのは大分県南の佐伯市蒲江町の丸市尾湾 [続きを読む]
  • 鷹島肥前大橋を渡って元寇終焉の地・鷹島へ
  • これから鷹島肥前大橋を渡って長崎県へと入ります。鷹島肥前大橋は2009年に完成した新しい橋ですが、りゅう君とここを訪れたのはこの橋が完成して間もない2011年でした。橋を渡ったら長崎県の松浦市です。そして橋のたもとには道の駅・鷹ら島があります。道の駅・鷹ら島のある鷹島は元寇の時に元の大船団が台風(神風?)によって甚大な被害を受けて撤退したことから、この道の駅には 神風が吹く勝利の島・・・と書かれて [続きを読む]
  • お宿を出発したら鎮西町から玄海町へ
  • お宿を出発したら前記事ですでに載せた呼子の朝市へ向かいました。 呼子の朝市を見て廻ったら再び国道204号線に戻って、お宿の前を通り過ぎて数百mほどで道の駅・桃山天下市に到着します。でも道の駅はまだ開店前なのでそのまま先へと進みます。 道の駅・桃山天下市を出発するとわずか3百mほど先にある名護屋城跡へと向かいます。正面に見えている蔦に覆われたトンネルを抜けるともう名護屋城跡です。ここには入館料が無料 [続きを読む]