sakanazuki さん プロフィール

  •  
sakanazukiさん: sakanazuki
ハンドル名sakanazuki さん
ブログタイトルsakanazuki
ブログURLhttp://adviser38no.blogspot.com/
サイト紹介文琵琶湖,舞鶴,九頭竜川,管理釣場を中心とした魚釣り日記。・・・だったのが千葉での魚釣り日記へ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2011/01/31 02:39

sakanazuki さんのブログ記事

  • 2018年09月16日 Kurosioリール
  • 先日、静岡県沼津方面へ日帰り出張。今回は車移動につきあらかじめナビで経路を確認。目的地と高速の出入口までの地図を見ると魔界がいくつか。相模湾や駿河湾にも近く芦ノ湖や富士五胡にも近い。温泉もあるしで釣り人には最高な地域だ。出張先での仕事を片付けた帰り道。休憩がてら魔界に立ち寄る。品揃えは当然地域性を反映しているので面白い。ふとリールの棚を見ているといくつかダイレクトリールっぽい商品が並んでいてKur [続きを読む]
  • 2018年09月09日 養老川河口にてハゼ釣り
  • 今日も日射しは強め。外出は控えたいが16時頃からイソメ持って養老川の河口域へ日曜日とあって家族連れの方も多く沢山の人出。ただ竿を出して見ると強風で波立っていていまいち。更に周りの誰もが釣れていない感じ。30分も経たず移動決定。海釣り公園の方まで移動してみるが更に風が強い。時間もあまりないので上流へ移動。ちょうど満潮で水位は高くシーバス狙いの方もちらほら。狙いたいポイントには先行者が居た為遠慮気味に離れ [続きを読む]
  • 2018年09月02日 印旛沼水系にてボラフィッシング
  • 美味しい梨を買う為に八千代方面へ16号を北上。八千代の上州屋を越えたあたりで梨の直売所が見えてくる。ここで買える梨は大きくて美味い。自分たちで食べる分と実家への発送手続きを済ませた帰りに寄り道してみた。雨が降って気温は随分下がった為過ごしやすい。フライタックルのみ番手は5番。サカナが集まっているところ目掛けてフライを流す。たまにバイトするがなかなか掛からない。暗くなりだした位で先行者の方がポイントを [続きを読む]
  • 2018年08月26日 九十九里 真亀川河口にてハゼ釣り
  • 先日、下見をしておいた真亀川の河口周辺へ真昼の釣行海水浴で使った簡易テントでシェードを作って暑さ対策。買っておいたゴカイの餌釣りとハゼクラの2セットを用意した。まずは餌釣りから始める。投入後すぐに竿先に反応がでる。フッキングに至らない事も多いが反応の多さは抜群この釣りは裏切らない。引きは強くないがコンスタントに釣れて面白い。何尾か子供といっしょに釣って途中からハゼクラに手を出す。ボトムを取るのにガ [続きを読む]
  • 2018年08月19日 雄蛇ヶ池
  • 海水浴の帰り様子見に立ち寄る。草魚が入ってから水草はなくなり釣れなくなってしまった。と言われるがそれでもいくと釣り堀の様に釣り人が立ってる。しかも一様にトップウォータープラグとか結構強気のルアー選択すみっこの方にてこの場にいる人たちの中で一番サカナに近いであろうフライタックルを持ち込んでロールキャスト。フライロッド降るのは何年ぶりだろう。メンテなど何もしていないのでさすがにラインは変な癖がついてい [続きを読む]
  • 2018年08月18日 房総 戸面原ダム
  • 酷暑のお盆も過ぎて暑さが少し和らいだ。赤いとんぼを見かける様になった。秋の香りだ。また気温は高くなりそうだけど少しは過ごしやすくなった。会社の上司Mさんと待ち合わせて再び戸面原ダムへ少しゆっくりめで7時釣り開始。既に陽は高くまぶしい。ここで偏光を忘れた事に気づく。裸眼でやるしかない。本日のタックルについてスピニングとワームのセットは用意してきたがやはりビッグベイトと先ほどから煩く鳴いている蝉で釣りた [続きを読む]
  • 2018年08月11日 九十九里にて
  • 九十九里は片貝へ海水浴に出掛けた帰り路何気にハゼポイントへ立ち寄る。周辺の護岸工事は少しずつ進んでいる様だが風景は去年とそんなに変わらない。ちょうど満潮時刻だった事もあり底はほとんど見えなかったがボラかなにかのもじりは見えるし生命感は十分に感じられた。そろそろハゼクラでも試してみるかとか考えつつも竿は出さずじまい。その後、東金のタッ〇ルベリーでタコ用品を物色。暑いこの時期にえびを食べにタコが接岸し [続きを読む]
  • 18年07月27日 房総 戸面原ダム
  • 台風12号が急接近で明日、明後日は大雨となる見込みにつきいいタイミングで戸面原ダムへ高速を使って1時間強。案外近い。昨年に解禁になったばかりで関東最後のパラダイスなどと呼び声も高い普段がどれぐらいなのかわからないが湖面は減水してる感じ。5時半出船直後はそこかしこでボイルしており期待も高まる。様子見でスピニングにノーシンカーワームを結んでキャスト。10分後にはサカナを手にできた。ひたすら投げれば二桁は間違 [続きを読む]
  • 2018年06月30日 中禅寺湖 ブラウン
  • シーズンは終わりを迎える中禅寺湖へ一路、東北道を北上する。外環の三郷南から高谷間がつながったおかげで千葉から東北道へのアクセスが大幅に改善された。時間短縮となった上、燃料代も節約できる。天候はいつも不安定な印象の中禅寺湖だが今日は快晴な上に気温も高い。梅雨明けを実感する。先月に来た時は真冬の恰好っだのに今日は半袖シャツで充分過ごせる。喫茶スプーンでいつもどおり鏡札を購入し国道側へ特に情報もないので [続きを読む]
  • 2018年06月24日 房総 三島ダム
  • 梅雨のいい時期だしかしながら所用が多くなかなか釣りには行けない。今日は昼前に雨もあがりくもり空に変わった。午後、買い出しなどの用事があったのだがなんとか夕方、三島ダムへ娘に釣らせる為にミミズも買って準備万端。到着した三島ダムは大幅減水。駐車スペースから水辺までが遠い。時刻は16時半という事もありあまり時間もない。ぬかるみを越えなければ水辺に近づけない為豊英ダムとつながる水路方面へ移動なぜか猫が多いこ [続きを読む]
  • 2018年06月17日 配管シェルフ
  • 昨日に続き今日も気温がぐっと下がって寒い。家族も体調を崩したりで出かけられない。そして家に居ると何かと作りたくなる。塩ビ配管と木材を組み合わせた簡易シェルフを構想。ホームセンターで材料を集めて黒のラッカーを吹く。艶消し塗料を初めて購入したが仕上がり具合良し。設置に伴い賃貸なのに一部穴を開けてしまった。後戻りはできない。乾燥したパーツを組み上げて玄関のシューズストッカーの上部に棚が完成。我ながら上出 [続きを読む]
  • 2018年06月03日 九十九里浜 地曵網体験
  • 家から海の見える景色までわずか40分今日は地曵網体験会に参加する為家族で九十九里浜へ会社の同僚家族も一緒に参加。青空は広がって汗ばむ暑さ。もう夏だ。水際を歩くと小さいはまぐりがそこら中に涌いてる。採捕は禁止だろうけどちょっとほじくれば食べられる貝がとれそう。ラジオ体操なんて随分久しぶり軽く身体を動かして総勢450人で綱をたぐる。結構重い。それでも400人以上の人が引っ張ってる分ずるずると引き上げられていく [続きを読む]
  • 18年05月20日 中禅寺湖〜湯ノ湖
  • 19日の夜に出発し中禅寺湖へ恒例のN坂さんとの釣行である。釣り券を買いに行くと55周年記念との事で本日は無料開放との嬉しいサービス。粗品までいただいて早速国道側へミノーから初めてスプーンなど手を変え品を変え午前中を楽しむ。今日は快晴。 風は冷たいが水面は穏やか8時をまわって小型のスプーンでワンバイトのみ。釣れない。ワカサギの接岸はまだ少ない様にも見えるが用意してきたベントミノーをブレイクラインに沿って流 [続きを読む]
  • 18年04月29日 霞ヶ浦キャットフィッシュ
  • 漸くまともに歩けるようになり久しぶりに霞ヶ浦へ佐原のスーパーでサバの切り身を買って現地へ到着。水門が絡むポイント代掻きによる濁りが入った水が大量に流れ込んでいる。準備してきたロッドは3セット早速ブツ切りの切り身をジグヘッドに付けて投入。しばらく待つ。相当な数が居るんだろうけどアタリは頻繁に出る。せいぜい10mのキャストでも全く問題なし。 遠投も技術も不要。関東のハイプレッシャーなバス釣りと比べれば随 [続きを読む]
  • 18年03月24日 早春の誤爆
  • そろそろ気温も上がってきて桜開花の声がちらほら聞こえる。もう早春ではないのだが2月末に職場近くで転倒。転んだ瞬間、激痛が身体を駆け抜けて気づけば血だらけ。更に思う様に歩けない。情けない話だがそのまま病院へ直行。手当と検査を受けて右足骨折、左足打撲の診断でそのまま入院。鏡を見ると交通事故にでもあったような姿である。転んだだけでまさかの入院 → しかも10日間。この日は仕事から帰ってナイトシーバスにでも [続きを読む]
  • 18年02月26日 チバニアン
  • 先週末養老川河口にバチ抜け狙いで赴いた所暴風かつ激烈寒風に見舞われキャストは儘ならないしカラダは冷たくなるしで撤退少々の雪でも気にせず釣りするのですが流石に諦めた大潮のバチ抜けを想定していたのですが残念。で折角の連休だしって事で日が昇ってから最近話題のチバニアンへ地図を確認するとここもまた養老川水系である市原の奥 高滝湖を横目に通り過ぎて更に奥へ田淵という場所に到着。狭い駐車場なんですが休日という [続きを読む]
  • 18年02月01日 九頭竜川サクラマス解禁
  • 行かなくなってというか情熱が薄れたわけではないのだが遠すぎて行けなくなってしまった九頭竜川。いよいよサクラマス釣りの解禁日である。現地の名物釣具店 越前フィッシングセンターのメルマガは継続しており毎年この時期には案内がある。この日を心待ちにして有給などを使って予定を立てている方も多いだろうし当然仕事の調整や家族との折り合いも付けていると思うのだが今年の内容は雪が多い為釣行を自粛して下さいとのアナウ [続きを読む]
  • 18年01月28日 自家製スモークサーモン
  • サケの切身は塩漬けされている為そのまま乾燥針金通して陰干し。1日でも結構水分は抜けて身が締まってくる。専門的なスモーカーを持っている訳ではないので段ボール製の簡易スモーカーを使って燻す。今回の使用チップは林檎の木甘くマイルドな香りとパッケージに記載。3時間位燻したかなぁスモーカーから取り出してみるとほんのり飴色がのっている。早速試食してみるとなんとも言えない味わいに変化していて美味しい。塩加減もちょ [続きを読む]
  • 18年01月28日 返礼品で海鮮丼
  • 年末、返礼品が美味しそうな地域を選んでふるさと納税をしてみた。年明けしばらくで返礼品が送られてくるかなと心待ちに。選んだ地域は北海道紋別と北海道浦河町いずれも海鮮の詰め合わせが返礼品。当然地域が異なるので別の日に到着したのだが・・・届くとやっぱり嬉しい。紋別はいくら、帆立、ぼたんえびの詰め合わせ。早速、海鮮丼にいくらたっぷりかけてぷちぷち旨〜い。ぼたんえびはとろんと甘い。帆立はそのままとバター焼き [続きを読む]
  • 18年01月27日 フィッシングショウレポート③
  • たくさんのメーカーの中には個人経営のブースもあり見つけたブランドが「 浮三 」浮きやルアー、フライを木曽ヒノキから削りだして制作されているブランドで最初は何気なく眺めていたのだが良く見ると木目が綺麗で細かな作りこみに見入ってしまった。4号くらいの餌木のサンプルもあったが基本的にルアーのサイズは管釣りから渓流用という感じの大きさで小さくて表情豊かなかわいいプラグ達という印象を持った。作り手の方と話しを [続きを読む]
  • 18年01月25日 フィッシングショウレポート②
  • 釣具メーカーに混じってみんな大好き総合アウトドアメーカーのパタゴニア値段はそこそこしますが品質へのこだわりや釣り人目線の物づくりなど展示場でも熱心に話をされてた。画像のウェーダーミドル・フォーク・パッカブル・ウェーダーめちゃくちゃ薄くて収納時のサイズが桁違いに小さい。強度を確保した上での収納サイズに驚く。通常の3分の1ぐらいかな遠征時や現場までリュックなどに入れて運搬する時などこの収納力はかなり有利 [続きを読む]
  • 18年01月23日 フィッシングショウレポート
  • 昨日からの降雪で久々に千葉にも積もった。今週も寒さで釣りに行く気にならない。先週末、横浜パシフィコで開催されたフィッシングショウに行ってきた。朝の開場前から並んだがすごい人数。盛況である。各メーカーとも趣向をこらしていて楽しく見て回れるユーチューバーとのコラボなんかもあって面白い。皆さん動画みてるのだろうなとSOULSのブースではスズキ エブリイの車中泊カスタムの展示。なかなか恰好良し。有名メーカーを順 [続きを読む]
  • 18年01月19日 竿の収納
  • 釣りに行かないから竿に埃が積もり出した。1本づつの手入れも面倒なので年末の掃除でケースでも買うかなぁと考えてたのを漸く実行。釣具店でABUのロッドケースを購入。部屋が狭いから飾る様な収納は厳しいのでケースにまとめてみた。とりあえず すっきり。本来の使い方だと釣行時の竿の保護だろうけどねついでに前売りチケットを購入。 [続きを読む]
  • 18年01月01日 初日の出
  • 平成30年年が明けた一週間ほど前から天気はどうかなと気にしつつ迎えた31日の夜朝は少し雨模様だったけれど星が出てる!目的地は「 九十九里 片貝 」日の出時刻は6時46分頃駐車場の混雑も考えて夜中2時半出発。防寒対策は万全。現地には早めに到着して仮眠。少しづつ空のグラデーションが変化していく。神秘的。6時前から砂浜で催しが始まった。イワシの浜焼き食べたかったけど並ぶ列を間違えて食べ損ねた。 残念。代りの味噌 [続きを読む]
  • 17年12月30日 アメヤ横丁
  • 年の瀬も押し迫り慌ただしい。そんな中仕事の合間に御徒町(上野?)のアメヤ横丁に立ち寄ってきた。お祭り? って思う程の人出。DJポリスも登場してて非日常を味わえる。商売の熱気が此処にはある。人の波に流されつつ往来を抜けていく。自由に歩けないほどの中両側では威勢の良い口上が聞こえる。安いんだか高いんだかわからないが雰囲気に呑み込まれて人波をかき分けて此処で買う人が居る。目玉は蟹、鮭、鮪、イクラ、数の子と [続きを読む]