クララ さん プロフィール

  •  
クララさん: クララの思うところ
ハンドル名クララ さん
ブログタイトルクララの思うところ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kikuko2011/
サイト紹介文AC、発達障害、スピリチュアルに縁あり。 自分大嫌いだった私が、少しずつ自分らしく生きる記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2011/02/02 14:01

クララ さんのブログ記事

  • 急募! カメラ写りを良くする方法!
  • アメンバー限定記事を読んでくださった方には理由が分かると思うのですが、 緊急に「カメラ写り」を改善しないといけなくなりました。 クララの写真写りの悪さはこの記事に書いたとおり。 写真写りが悪いと言うと、実物を良いと思いすぎているのでは?と言われたりする。クララもずっとそう思ってきた。自分は写真の通りすさまじいブスなんだと思って生きてきた。 でもそれでかまわない。写真からも自分の顔からもなんとなく逃げて [続きを読む]
  • レイさんに断られた話
  • 最近のクララは急展開を迎えている。 (恋愛系ではない) タロットにはまっていることもそうだし、読者さんの一部には打ち明けたとんでもない「あること」に挑戦中である。 信じられないようなことが次々起こって、幸せといえばそうなのだけど、 生きることを諦めて、残りの時間を消化試合と考えていたし、仕事も休んで冬の間は寝込んでばかりいた私には、処理しきれない。 人と接する機会も増え、過緊張状態から抜け出せなくな [続きを読む]
  • めんどくさい自分をもてあます
  • 昨日、記事をアップしてから、某ブログで「めんどくさいかまってちゃんな人」について書かれた記事を見た。 かまってちゃんの仕組みは、 かまってちゃんは、「迷惑をかけないように」生きている人。だれかにかまってもらわなくても生きていけるように必死になっているのだが、その心のおくには「いい子でいないと愛されない」子供の頃の記憶があって、「本当はかまって欲しい」という思いがだだもれになった状態が「かまってちゃん [続きを読む]
  • 人間関係の癖
  • なんだか鬱々として眠れないので、久しぶりにブログを書いてみる。 クララの夢は52歳で死ぬことである。 以前は56歳だったけど、ちょっと短くなった。 某女性アナウンサーが52で亡くなったとき、不謹慎とは思いつつ私はとてもうらやましかった。 ちょうど次の天中殺の時期でもある。 おそらく次の天中殺は乗り越えられないだろうと考えていることもある。 あと10年くらい。 ただ時間が過ぎるのを待とうと思っていた。 ただ [続きを読む]
  • コドモのクララ さらに続き
  • 前回の続き。レイさんに紹介されたのは、ホームページもなく、純粋に紹介だけでカウンセリングをやっている女性だった。 電話カウンセリングなので、仮名はテルさんにしようと思う。 当日、なぜか異常に緊張して電話をするクララ(電話ちょっと苦手) テルさんはかわいらしい声の朗らかな女性だった。(以下、記憶の覚えている部分だけをつないで書いているので、細切れです、ご了承ください) まずは、予約した経緯を説明する。レ [続きを読む]
  • コドモのクララ 続き
  • 不測の事態により、アメンバーのみなさまにおかしなことにつき合わせて申し訳ありませんでした。今度の記事から通常に戻ります。 前回の続きです。 そんなこんなで、レイさんのところに行ったクララ。 レイさん「久しぶりですね。その後いかがですか?」 クララ「そうですね……一日中そのことばかり考えて、ブレーカー落ちたみたいな状態からは脱しましたが冬に入って体調も気力も落ちてて」 レイさん「そうですか、(見えない人 [続きを読む]
  • コドモのクララ
  • 久しぶりにレイさんのところに行ったら、モヤモヤすることを言われたので記録。 実は昨年末にパニック発作を起こし、でも精神科の先生は忙しくて薬を変えてくれただけで帰され、レイさんのところに行ってもヒントがみつからなかったら絶望的だなと思っていた。 絶望的というのもおかしな話である。 とっくに絶望しきっていると思っていたのに。 事件以降、失ったものはいろいろあるけど、一番大きいものは「希望」だろう。 今まで [続きを読む]
  • ブログが書けなくなった理由
  • お久しぶりです。 もうここを読んでいる方もいらっしゃらないかもしれませんが、いちおう生存報告を。 現在記事を書く気力がなく、なうがなくなってしまったことで、アメブロに足跡を残せなくなってしまいました。夜1人でいると頭がおかしくなりそうなとき、ときどきピグに出没することはあります。 なんでそんなことになってしまったのか。 なうをご覧になっていた方はご存知かと思いますが、 今年の夏に性犯罪被害に遭いました [続きを読む]
  • そのままの自分では受け入れてもらえない
  • 前回の記事に付随して気が付いたこと。 他人からの見張りに脅えるということは、イコール 「そのままの自分では、決して受け入れてもらえない」 と思っていることになるなと思った。 私がもし、完全防音の最新鋭セキュリティ搭載で、絶対に誰も入ってくることも中を見ることもできない空間でしかくつろげないとしたら、それはちょっと健全な精神ではないなと思った。 普通は、隣から生活音がしようか、なんなら人前であろうが、も [続きを読む]
  • 見張られているというトラウマ
  • 気が付いたことの記録。 私には「見張られているのが怖い」と思うトラウマがあるようだ。 実は、クララのアパートの隣の部屋はしばらく空き家だったのだが、最近誰か引っ越してきた、どうやら男性らしいという以外情報はない。 なにぶん、家賃の安いぼろアパートなので、けっこう音が響く。その生活音からして、隣の男性が、なぜか24時間ずっと家にいるようなのである。平日、休日おかまいなくである。たまに出かけるようだが、 [続きを読む]
  • 努力教についてもうちょっと検証する
  • 努力教とは努力を善とする宗教でる。(あくまでもクララの妄想)その教義の一つに、「努力している人に悪い人はいない」がある。 日本人の大好きな「休んでない自慢」「寝てない自慢」も「私は努力をしていますよ、だから悪い人じゃありません、信頼していいですよ」というメッセージだと思う。 毎朝、新聞配達をしている少年と聞いただけで、「心がキレイに違いない」と誰でも思うし、毎日、遅くまで部活動(運動部限定)に取り組 [続きを読む]
  • ★紹介★「生きているだけですばらしいが弱者を殺す」
  • すごい記事見つけた。 「生きているだけですばらしいが弱者を殺す」 私が言いたいことを完全とは言わないまでも代弁してくれています。 このくだりなんかまさにそう…… >>世間にはこんな口当たりのいい言葉があふれている。 「子どもは親を選んで生まれてくる」 「親には親なりの事情があったんだから許してあげなよ」 「神は乗り越えられる試練しか与えない」 「障害は個性にすぎない」 「○○障害児は天使・天才」 「生きてる [続きを読む]
  • レイさんと『努力教』について話す
  • レイさんのヒーリングでした。 最近また言われた「生きているだけですばらしい」の話をした。 私は「生きているだけですばらしい」は参加賞を無理やり褒める言葉だと思っている。マラソン大会で1位でも87位でも頑張って走った事実は間違いない。けど、87位ではクラスの足を引っ張っていることも事実。 1位の人間が「私って足が遅い……」って悩んでいたら「はあ、あなた1位じゃない、何言ってるの!」って言うけど、87位の人 [続きを読む]
  • 生きているだけで素晴らしい……の謎
  • とある方のカウンセリングを受けてきたのだが、 また言われてしまった。 「頑張りすぎです」「生きているだけで素晴らしいんですよ」 わからん。頑張りすぎっていうのは、ブラック企業で、月100時間とかサービス残業している人のことを言うんじゃないのか?20連勤とか働いている人のことじゃないのか?ワンオベで育児しながら家事をすべてやりながらフルタイムで働いているお母さんのことじゃないのか?アルバイトしながら奨 [続きを読む]
  • 今更、ちょい悪ジジの美術館ナンパを検証してみる
  • ネット上で凄まじいバッシングを受けていた記事がある。 「ちょい悪ジジになるには、美術館へ行き、牛肉の部位を知れ」 というもので、対象年齢60代くらい?のジジに対して、若い女性をナンパする方法を指南した記事。残念ながら元記事は消えているようである。それはもうすがすがしいほどの炎上で、逆にスカッとした。擁護派がまったくいなかった。 GGという定年後も枯れることなく女性にモテたい「ちょい悪ジジ」に向けての雑 [続きを読む]
  • AKB総選挙を野次馬した話(ちょっと追記)
  • 月の障りによって、体調不良により更新が途絶えてました。 その間、AKB総選挙を野次馬していたので、そのレポートのようなものを。 クララは別にアイドル好きではないのだが、2017年のAKB総選挙は、とにかく波乱続きで、傍から見ている分には、かなり面白かった。 クララが着目したのは、「速報で無名の荻野由佳(通称おぎゆか)が一位」の件。  選挙開始から1日経ったところで「速報」というものが発表される(らしい、クラ [続きを読む]
  • 思考が現実化する……んなこた、わかっとるわ。
  • 最近気が付いたけど、休職に入ってから、24時間体に力が入っている。 働いている間は、会社を出てしまえば「ふう」と荷物を降ろすことができたのだが、働いてないとそうもいかない。 どっかで、みんなが毎日8時間働いているんだから、私も8時間分、復帰に向けた活動をするべきだと思っているらしい。例えば、寝るにしても「寝ることが私の回復に役立つのか??」と考えてしまう。テレビ観てないで運動するべきなのに、家をでるの [続きを読む]
  • 休職中のアラフォー女性による1人登山レポート
  • 登山に行ってきた。 なぜ登山かと言うと…… 休職中なわけだから、ただダラダラすればいいというわけではなく、勉強したり、運動したり、ストレス解消しつつ、復帰しやすくなるような活動を少なくとも、できるとき(鬱状態で寝込んでないときは)はやるべきだと、さすがの怠け者クララも思うわけで。 休職に入ってすぐは余裕ぶっこいて、スパに行ったりカフェでお茶したり役所がやってる運動教室に行ったりしていたのだが、 外にで [続きを読む]
  • そもそも生きづらい星
  • 前回、日本という国についてだいぶ愚痴ったけど、(つうか最近、愚痴ばっかりだ) 先進国日本に生まれただけ、幸せじゃないかって考え方もあると思う。 今地球上で戦争と飢餓にまったく無関係な国の方が珍しいと思うし、歴史的に見ても、国民のほとんどが教育を受けられて、食べるに困らない国はあまりないかもしれない。(まあ、最近日本でも餓死者増えてるし崩れつつあるけども) そもそもですよ、地球に生まれて平穏無事に寿命 [続きを読む]
  • そもそも生きづらい国
  • これか先どうやって生きていくか悩む日々であるが、復帰しても転職しても生活保護等をもらうにしても、そもそもこの世は生きにくいし、その生きにくさは年々酷くなっているなあと思う。 もし転職するなら今と同じ給料は望むべくもないので、よくて派遣時代くらいの収入になると思うのだが、あの頃と比べて社会保険料等は上がっているし、物価も上がっている。……暮らしていけないよね、と思っている。 日本の1人当たりのGDPは年々 [続きを読む]
  • 会社の面談
  • 会社での面談してきた。 産業医やら保健師やら4人に囲まれての面談だった。産業医と会うのは2度目である。 私が休職に入る少し前に、ストレスチェックの結果が悪かった人対象に、産業医との面談があり、当時の私はストレスがとても多いことを訴えたと思うのだが、 産業医は「はあはあ、気分が沈むことがあるんですよね。ずっとというわけではないんですよね?」 何度も「ずっとというわけではないんですよね?」を繰り返し、なんと [続きを読む]
  • 退職か復帰か
  • 迷っている。 退職か復帰か。 こんなに悩むとは思っていなかった。 精神障碍者福祉手帳が取れたら、障害者雇用でもうちょっと楽な仕事に移れる……と漠然と考えていたらそんな甘いものではなかった。 発達障害者として働くことに対する情報が欲しい、ということで、発達障害者支援センターに連絡するも…… 「ご相談は3ヶ月待ちです」 ……休職終わってるし。発達障害者支援センターなのに、支援してもらえませんでした 次に、障 [続きを読む]
  • ラベルの話
  • 休職中のまま過ぎていく時間。 体調を壊していたのもあるけど、夕方になって 「あれ? 私今日なにしたっけ?」と考えて焦る。 とくに「これをしました」と言えることがない日もある、洗濯しただけとか。 けど、まったくヒマだとは思わないし、楽でもない。この「生きるだけで必死」な感じはなんだろう。 外に出るとつらくて、すぐに疲れる。吐き気がして、ずっと痛かった胃の部分が痛む。※クララはずっと胃が痛いのだが、胃カメ [続きを読む]
  • 急な体調不良とその後
  • 体調不良で寝込んでました。 しかし「体調不良」って便利な言葉だ。 とはいえ、今回は本当に「体調不良」としか言いようのない状態でした。 事の発端は多分「休職の延長」 以前の記事で書いたように、6月から復帰の予定が延長になり。 ショックでかなり落ち込んでいるうちに季節の変わり目の不調も多分加わり、どんどん体調は悪化。 食欲はなくなり、謎の吐き気。 復職のリハビリどころじゃない。 さらに、なぞの腹下し。そして、 [続きを読む]