nekonekosensei さん プロフィール

  •  
nekonekosenseiさん: アンティーク着物ノート
ハンドル名nekonekosensei さん
ブログタイトルアンティーク着物ノート
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/neko_neko_sensei
サイト紹介文アンティーク着物、インテリア、スージークーパーやガーデニング(特に薔薇)が大好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供335回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2011/02/02 23:16

nekonekosensei さんのブログ記事

  • カフェファミーユのタルトタタンのイベントへ
  • ランチの後は、kokyuの近くにあるカフェファミーユに行って来ました。いつ来ても絵になるなあ。ちょうどカフェの庭で、タルトタタンのイベントを行っていました。リンゴがいっぱい!このイベントには、いろいろな焼き菓子のお店が出店していました。デスプレイも絵になる。何気に見えるけれど、計算されたデスプレイなり。タルトタタンをいただきたかったのですが、午前中に完売したお店が多くて、残念。なので、紅茶をいただき、 [続きを読む]
  • 結城の古民家レストランkokyuへ
  • 結城市にある昭和初期に建てられた古民家のレストランに行きました。Kokyuという名前のお料理屋さんです。同じく結城市にあるとても素敵なカフェファミーユのお店の人に勧められたお店で、ぜひ、行きたいなと思っていました。絡まる蔦が赤く色づいていて綺麗でした。趣きがある建物です。庭には薄。秋の風情。廊下には、一本柱が使われていて、素晴らしい造り。こちらで食事をいただけます。このふすまの感じが懐かしい。ひいおば [続きを読む]
  • ロマンティックロシア展へ 2
  • 私も菊の訪問着を着ました。この着物は、柄付けも良くて、とても気に入っています。この菊の描き方がお気に入り。菊の刺繍半襟。彫金の菊の帯留め。紅葉の刺繍帯。秋らしい配色。後ろ姿はこんな感じ。クリスマスツリーの前で撮影。チェブラーシカの撮影スポットもあって、チェブラーシカと一緒に撮影!お友だち3人とも撮影しています。文化村の中のドゥマゴパリでランチ。カニのクリームパスタをいただく。お友だちが頼んだサラダ [続きを読む]
  • ロマンティックロシア展へ
  • 文化村で開催中のロマンティックロシア展へ行って来ました。帝政末期のロシア人画家の絵画を集めた展覧会です。とても充実した作品が集まっていて、おすすめの展覧会です。展覧会の名前の通りに浪漫を感じる作品を観ることができます。ポスターの凛とした女性が描かれた人物画も素敵でしたが、私は、ロシアの豊かな自然を感じさせてくれる風景画に心惹かれました。吸い込まれるような深い森と表現されていましたが、中でも秋の森を [続きを読む]
  • 伊予縞に万寿菊の着物
  • 私は、伊予縞に万寿菊の小紋を着ました。万寿菊の赤色を拾って、赤色がアクセントカラーのコーデにしました。万寿菊の形は、おまんじゅうみたいに可愛くて好き!前にも書いたのですが、日本の3大デザイン大賞を決めてもいいよなどと言われたら、万寿菊、千鳥、光琳椿のこの3つ!だと思っています。半襟も万寿菊の刺繍半襟。菊のベークライトの帯留め。ハッとするような鮮烈な赤色です。菊に刺繍が施されているのもお気に入り。髪 [続きを読む]
  • おさんぽきものへ 2
  • おさんぽきものでの皆さんのコーデです。Uさんは、秋色な着物。色合いがシックで素敵ですね。帽子もとってもお似合いです。描かれているのは、桜の花でしょうか。でも、雰囲気は秋。孔雀の羽の刺繍半襟が美しい。象牙の薔薇の帯留め。スリムな黒猫ちゃんが、お洒落です。水玉のバッグが素敵。Eちゃんは、羽織コーデ。全体が黒を中心にまとめていて、華やかな中にもシックな雰囲気。葉が黒いシルエットで描かれている菊の着物。ぽ [続きを読む]
  • おさんぽきものへ
  • 中目黒で開かれていたおさんぽきものへ。着物友だちにも沢山会えて、楽しかったです。さっそく皆さんのコーデの紹介。Aさんのコーデは、菊の小紋。曲線で描かれたラインがリズムを与えてくれるデザイン。小さな菊が沢山描かれていて、可愛いデザイン。半襟も着物の中に描かれている菊が飛び出してきたよう。鈴蘭の帯留め。小柴垣に南天の帯。Yさんは、紫色の菊の小紋。色白のYさんには、紫色がとてもお似合いです。菊の色は、ニ [続きを読む]
  • 東京家政大学の「和装モダン展」と台湾鉄道駅弁
  • ご一緒したお友だちのコーデです。Eちゃんは、紫色の地に孔雀や花が描かれている訪問着。紫色は、Eちゃんがとても似合う色です。こんな風に孔雀と洋花が描かれていて、少し妖艶で浪漫な柄。小花の刺繍半襟。ヨーロッパの紋章にも見える帯留め。織り帯には、洋花と建物。髪飾りの色がシックな秋色で素敵です。コリンズの白鳥のバッグ。Tさんのコーデ。大輪の菊の訪問着は、まさに11月のコーデ。菊尽くしの華やかなコーデです。 [続きを読む]
  • 東京家政大学の「和装モダン展」へ
  • この日は、東京家政大学で開かれていた「和装モダン展」へ行って来ました。アンティーク着物の展覧会ということで、楽しみにしていた展覧会です。入り口までに着物の柄のこんな素敵な布が迎えてくれました。とっても浪漫!展示されている着物と帯のコーデを考えて遊ぶことができます。この着物は、実際に展示されているもの。そして、展示されている帯。マグネットになっていて、こんな風に着物と帯をコーデできます。「この大正浪 [続きを読む]
  • 浅草ライオン百貨店へ
  • この日は、浅草で開かれているライオン百貨店へ行ってみようということで、Eちゃんとお出かけしました。ドライフラワーのお店。ヨーロッパの器。ぽってりしていい感じ。アンティークのショップがいろいろと出ていました。アンティークの額縁は、かなり買いそうになった。ご一緒したEちゃんのコーデ。暈かしが美しい着物です。薔薇の小紋。ダークな赤色を差し色にして。暈かしの薔薇は、何だか夢見るように綺麗。薔薇の刺繍半襟。 [続きを読む]
  • 縞に菊の着物
  • 菊強化月間の11月なので、菊着物を着ました。縞に菊の着物です。煉瓦色が大好きなのですが、この着物の色も煉瓦色。そこにピンク色の菊が描かれていて、お気に入りの着物です。ピンクと白色の菊の刺繍半襟。彩色象牙の菊の帯留め。着物の菊に合わせてピンク色です。菊の織り帯。この帯を見つけた時、この着物に描かれている菊に合っていると思いました。良き相棒ができたようで、嬉しいです。後ろ姿はこんな感じです。投票に参加 [続きを読む]
  • 栗の名産地笠間で最後は、モンブランをいただく!
  • 春風萬里荘は、邸内のしつらえも美しいです。こちらの箪笥、素敵ですね。茶室から庭園を臨む。紅葉が美しい。きもの番長は、秋色のコーデ。紅葉に溶け込みそうです。邸内にて。茶と黒の組み合わせが美しい。アクセントカラーは、ブルー。半襟と髪と帯揚げが同じ色なのが、お洒落すぎる!葉っぱ模様の着物。ラインの使い方がカッコイイ。ブルーの刺繍半襟。クリスタルな帯留めがクールでカッコイイです。アールデコな銀杏の帯が着物 [続きを読む]
  • 笠間日動美術館へ
  • 春風萬里荘の後は、笠間日動美術館へ行きました。春風萬里荘は、こちらの美術館の分館とのことで、共通チケットがお得です。ちょうど、藤田嗣治展を行っていて、とても充実していました。パレットコレクションがとても面白かったです。画家が愛用していたパレットにその画家の好む主題が描かれています。画家の様々な個性が楽しめます。美術館の創設者がおつきあいのあった画家から譲り受けたコレクションとのことです。こちらは、 [続きを読む]
  • 森の中のパン屋さんでランチ
  • 春風萬里荘に行く前に、森の中のパン屋さん「パンドムシャムシャ」でランチをいただきました。森の中にある気持ちのいいパンやさんです。この日は、お天気がとても良かったので、テラス席でいただきました。木々に囲まれていて、のんびりできて、リラックスできる空間。サンドイッチをいただきました。ミルクとコーヒー。この器は、笠間焼でしょうか。紅葉が美しい。こんな秋晴れの日にここでランチをいただけて、幸せだ。Eちゃん [続きを読む]
  • 春風萬里荘へ
  • 笠間にある春風萬里荘へ行って来ました。春に訪れて、とても素敵だったので、紅葉の季節に行きたいなと思っていました。紅葉が美しい。再訪できて嬉しかったです。この日は、菊の着物を着ました。秋の着物の一張羅的な一枚。菊がびっしりと描かれた着物に鳥の帯を合わせています。この菊の描き方が本当に好き。菊の刺繍半襟を合わせています。帯留めも彫金の菊。鳥が沢山織り出されている織りの丸帯です。沢山鳥が描かれていて、ど [続きを読む]
  • 太田美術館「花魁ファッション展」へ
  • 太田記念美術館に行って来ました。原宿のラフォーレのすぐ裏側にある浮世絵の美術館です。毎回いろいろなテーマで浮世絵を展示している美術館ですが、今回のテーマは、「花魁ファッション」でした。江戸時代のファッションリーダーだった花魁なので、華やかな浮世絵が楽しかったです。花魁ファッションの解説とかもあって、興味深く観ることができます。一口に花魁ファッションと言っても、250年続いた江戸時代、時代を経るにつ [続きを読む]
  • 糸菊の着物
  • 11月に入ると、菊の着物を着始めます。菊ノルマとも言う・・・。菊の中でも糸菊が好きで、糸菊柄の着物は、ツボだったりします。この着物もお気に入りの一枚です。糸菊のフォルムがとても優雅だなあと思います。繊細で流れるようでエレガント。菊の刺繍半襟。着物の色に合った彩色象牙の菊の帯留め。帯は、色合いが着物の色に合っている織りの帯。柄が不思議な雰囲気でこちらもお気に入りです。ヘッドドレスも着物の紫がかったピ [続きを読む]
  • 2018年10月のkimono Point
  • 10月のkimono Point です。10月は、暑さも遠のいて、着物日よりの日が沢山ありますね。でも、前半は、暑かった。■kimono Point 101邸宅で見るアンティーク着物展1日目。暑かったので、単衣です。薔薇の刺繍帯。■kimono Point 102邸宅で見るアンティーク着物展2日目。夏から初秋の花の訪問着。この日も30度超えてました。菊や撫子の刺繍の丸帯。■kimono Point 103邸宅で見るアンティーク着物展3日目。毒有りな薔薇の単衣小紋 [続きを読む]
  • アリスのスィーツビュッフェへ4
  • Jさんは、秋色コーデ。ブラウンからレンガ色の色合い。帽子コーデがとてもお似合い。温かそうな帽子です。この木の中にお花が描いているようなデザインが楽しい!菊の染め半襟。帯留めは、葡萄です。皆がニルス帯と呼んでいる鳥に乗った子供の柄の帯。コリンズのバッグは、沢山のフクロウ。後ろ姿はこんな感じ。ニルス帯、素敵ですね。私は、レンガ色のお花の着物を着ました。大好きな着物!裾のところに花が描いてあったりと、全 [続きを読む]
  • アリスのスィーツビュッフェへ3
  • 次は、Aさんのコーデ。スタイリッシュなボーダーに薔薇の着物。カッコイイ毒有りコーデです。ボーダーの配色がいいですね。縞に花は、やっぱりツボなデザイン。ビビッドなオレンジの半襟。着物にぴったりの毒有りな薔薇の帯留め。ダンサーが描かれている帯。とても面白いデザインです。鳥の羽のヘッドドレスがカッコイイです。コーデの雰囲気にぴったりの白黒のバッグ。そして、Uさんは、とっても浪漫なコーデ。薔薇コーデです。 [続きを読む]
  • アリスのスィーツビュッフェへ
  • 次は、秋を感じさせる朱色系コーデ。紅葉や紅葉の柄の着物。しっとりとした日本の秋という感じの着物。朱色と紫色の暈かしが美しいです。日本の秋のコーデと思いきや、この日は、ハローウィーンが近かったので、ハローウィーンの要素を取り込んでいるコーデ。蜘蛛の巣の半襟。帯留めは、柿ですが、帯揚げは蜘蛛の巣、そして、根付けは、骸骨。遊び心が楽しい!帯は、鳥さんに紅葉。ピアスもカボチャ。髪飾りは、秋の紅葉の色。ビー [続きを読む]
  • アリスのスィーツビュッフェへ
  • アリスのスィーツビュッフェへ行って来ました。アリスの世界って、絵になりますよね。アリスモチーフのチェスやトランプが見えます。ナプキンとコースターもアリス!この日の皆さんのコーデ。まずは、青色系のコーデから。Uさんは、アールデコな小紋。帯もアールデコで、クールな可愛さ!とってもスタイリッシュなデザインですね。半襟も幾何学模様。アリスのテーマで、帯揚げがトランプ柄!とっても素敵です。帯締めのジグザクが [続きを読む]
  • 秋のブラウンコーデ
  • 10月は、ブラウン系コーデが多いです。この日は、EちゃんとLuncoさんに行きました。Eちゃんのコーデは、アンティーク着物展で展示した蒸栗色の着物。このコーデ、素敵ですね。秋のおでかけにとてもふさわしいコーデ。描かれているのは、銀杏や葉。デザインがヨーロッパな雰囲気。この刺繍の半襟も着物の雰囲気にぴったり。可愛い柿の帯留めは、帯から抜け出たよう。デフォルメした大きな柿が面白いデザイン。馬車モチーフのコリ [続きを読む]
  • 幾何学模様の小紋
  • 花柄の着物も大好きですが、幾何学模様の着物も好きです。季節に追われてばかりですが、季節に終われないコーデもしたくなる。この柄がすごくツボでした。一見銘仙(的なデザイン)と思いきや、実は錦紗なところも好き。オレンジ色と赤茶色が自分的に好きな色であり、似合う色でもあるところもポイント。小花の刺繍半襟。半襟の小花に似ている帯留め。幾何学模様には、アールデコテイストなデザインの帯が相性がいいです。このヘタ [続きを読む]