け〜ぞ さん プロフィール

  •  
け〜ぞさん: 札幌発 ・ け〜ぞの季節日記
ハンドル名け〜ぞ さん
ブログタイトル札幌発 ・ け〜ぞの季節日記
ブログURLhttp://beat14328.exblog.jp/
サイト紹介文北海道の季節写真を主にUPしています。
自由文札幌市在住。季節感に溢れる北海道の魅力を、写真から感じてもらえたらと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/02/03 22:15

け〜ぞ さんのブログ記事

  • 台風一過の・・・
  • 先日に日本を縦断した台風。何号だっけ?北海道に上陸してからは物凄い速さでオホーツクに抜けました。昨年ほどでは無いにしろ、各地で被害は出たようです。幸いに札幌圏は、半日の雨と風で済みました。そんな台風が去った翌日。晴れ渡り、気温も上がるのかと思ったら、夕方から今年最高?とも思える雷雨。ひっきりなしにピカゴロでした!2年前と同じ場所で撮影。夜空のグリーンフラッシュ?(... [続きを読む]
  • 東千歳2017/9/16 稲刈り間近
  • 例年の事だが、夏が苦手なので7〜8月は殆ど撮影に出ない。久々に夜明け前に向かった東千歳。既に稲穂は最敬礼をしていた。聞くと18日に稲刈りの予定らしい。朝霧が良く出るこの季節になると、撮影者が増えてくる。今朝は2名に出会った。緑肥ヒマワリが満開になるころには、日の出頃のパレットの丘は10名ほどになる。 [続きを読む]
  • ドローンって・・・
  • 先日、道北の遠別町に行った際に高校時代の友人と40年振りに会った。聞くと、友人はラジコンヘリによる撮影をやっていたそうだ。如何にしてエンジンの振動を抑え画質を高めるかという事に、独自の技術を用いて自分で試行錯誤を繰り返したとか。その腕は、NHKへの映像や撮影機材提供の域まで達した。しかし、ドローンの出現によっていとも簡単にその将来を諦めた。人間目線で見る風景と、空撮による風景。... [続きを読む]
  • 揺れる枯葉
  • 8/20 安平町・鶴の湯の蓮を見に行った。5時半到着時にはまだ花はしぼんでおり、開くまで待つことに。池の周りをグルグルしながら狙いの花と構図を考えつつ、ヒマつぶしに動画撮影。秋を待ちきれない枯葉のダンス<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/S3GwDg6MtuI" frame... [続きを読む]
  • 厚別南緑地
  • エゾハルゼミが鳴きだした。羽化途中、または羽化直後の様子が撮れるかと、近所の緑地を歩いてみたが、それには出会えず、ひたすら木の幹を舐め回した目に留まったのはカナヘビ。 [続きを読む]
  • 今は亡き友人を想う
  • 5月11日。 彼女の誕生日だ。しかし、今年2月に彼女は49歳の若さで旅立った。ここで繋がり、北区・百合が原公園温室で何度かお会いし、共に撮影を楽しんだ。デジタル遺産とも言うのだろうか。facebookで彼女の誕生日の知らせが来る。つぶやきを綴ったページもそのまま残されている。エキサイトブログもそのままだ。確かに存在した事の証拠はそこ此処に遺されても、既に故人となってしまった事... [続きを読む]
  • 道北のオジロワシ
  • 12月1〜3日と道北まで足を伸ばしました。ワシ狙いですが、初日は移動のみで夜は呑んだくれ。翌日は、予報通りの暴風雪! ワシ撮影は中止。最終日は好天に恵まれたのだが、撮影場所に現れたワシはオジロが3羽だけでオオワシは遠くに確認できたに終わった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 東千歳 秋のヒマワリ
  • 毎年、この時期に秋のヒマワリが咲く。小麦を刈り取った後に種を蒔いた、緑肥ヒマワリが満開に近い。夏のヒマワリと違って、背丈は50?〜1mほどで花も少し小さめだ。もう数日はヒマワリが主役になる。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 東千歳 秋色
  • 東千歳2016/9/21また、一月以上もサボってしまった。いつもの東千歳、不規則に繋がった道路は、全て畑の中を通っている。その中に唯一、林(自然林?)を通り抜ける道が有る。林内は湿地帯も存在し、春には水芭蕉や白いエンレイソウが咲き、夏にはオオウバユリが。7〜9月にはタモギタケの群生も現れる。この日は、その道端に立っていたマムシグサの実に車を停めた。... [続きを読む]
  • 東千歳 秋の気配
  • 東千歳2016/8/11 夜明けこの日は寝坊し、予定より30分遅れの4:10に出た。前夜に雲の予報は見てはいたが、霧を予想しての湿度・気温・風は見て居なかった。途中の温度計は15度!低い!R274北広島からは、霧に埋まった長沼町が見え焦る!パレットの丘に着いたのは、ギリギリ日の出3分前。既に、見慣れない男性が東にレンズを向けていた。夕張岳と朝霧... [続きを読む]
  • 東千歳 【放火事件】
  • 農家のお母さんにアジサイの撮影依頼を受け、3時半過ぎに出た。現地に入ると、収穫後の小麦畑の丘の上に、幾つかの火と煙が見えたので、先ずはそちらに向かった。麦わらを燃やしている様子は初めてで、その目的も想像できる域に無い。普通は、奥の畑に見られるように、ロールにしてその後に利用価値が産まれる。この後、アジサイを撮りに。そこで、この「火」の件... [続きを読む]
  • 東千歳 巨大マシーン
  • 鉄道ファンが居るように、農業機械ファンってのも居ますよ。私です(^^)道幅の全てを使って走行します。端に寄って交わそうとした車は、諦めてバックしました。仲良しの農家さんに写真を届けに行ったのだが、運よく小麦刈り取り作業に出会えた。小麦を刈った後に緑肥ヒマワリが植えられるよう期待したいですね!にほんブログ... [続きを読む]
  • 東千歳2016/7/25
  • 暑苦しさを感じない今年の夏。朝夕の外出時は上着が必要なほどです。暑さに弱い自分にとっては、過ごしやすく爽やかな日々が続いている。このまま秋に向かってほしいですね〜。気の遠くなるような、芝畑の雑草抜き作業。※許可を頂いて撮影しています。おまけ写真  タモギタケ(夏きのこ・優秀食菌)毎年、7月と9月に発生するが、この周辺では誰も気づいて居ないの... [続きを読む]
  • 夏の虫
  • 海の日を過ぎて、北海道にも本格的な夏が来ましたね。とは言っても、まだまだ海水温は低く、海で遊ぶには焚火の暖が必要でしょう。日本海側では、海水がぬるんで来るのはお盆を過ぎてから。まあ、この年になって海水浴に行くことも無いですけどね。夏の虫と言えば、耳が痛くなるほどに鳴くセミが代表でしょうけど、まだ涼しさを感じるこの頃、その声は聞こえて来ませんが、アブが出てきました。... [続きを読む]
  • 利尻富士夕景 ID:gcb82y
  • たまに投稿しとかないと(^^;2016/7/13遠別町 利尻富士夕景道北・遠別町在住の自然写真家、泊和幸氏の大写真展が帯広市民ギャラリーにて開催された。7/6〜12日まで。写真の運搬と設営、撤収のお手伝いをさせて頂きました。125点の展示は、40数年に渡る野生生物の撮影の集大成とも言えるかもしれないほどの圧倒的な規模と内容でした。帯広を13日1... [続きを読む]
  • 東北ドライブ旅行 5
  • 釜石の宿は、港岸壁の真ん前に建つ陸中海岸グランドホテル。RCの建物は津波に耐えはしたようだが、1〜2階内部は相当な被害を受けたのだろう。ロビーは新築同様になっていた。上階の客室は古いまま。翌朝、部屋の窓から眺めた釜石港港と、その周辺はどこもまだ工事の真っ最中という感じだ。八戸から海岸沿いを釜石までの道のり、途中には多くの小さ... [続きを読む]
  • 東北ドライブ旅行 4
  • 仏ヶ浦の余韻を引きながら、殆ど車と会うことのない山道を南下。陸奥湾を一周するようにむつ市を過ぎ、沿岸のはまなすベイラインを走ったが、ここは何も無い風景が続く。東北一泊目は、青森手前の浅虫温泉。陸奥湾を一望できるホテルの窓からの眺め(翌朝)。東北二日目、目指すは釜石市。青森を通過し、今回最も楽しみにしていた八甲田の峠を抜ける雪の回廊。が! 今冬は... [続きを読む]
  • 東北ドライブ旅行 3
  • 4/11大間から仏ヶ浦への道は、ほぼ一本道で迷うことなど無いが、カーブが連続する山道を約1時間。それでも、殆ど車は走っておらず気楽な道のりだった。仏ヶ浦を見下ろす展望台より。ここからだと、あ〜あれか・・・って感じの眺め。数分で、現地を観光するための駐車場に着いた車を停めて、「クマ出没注意」の看板を横目に800mの下り坂を歩き出すと、年配のご夫婦... [続きを読む]
  • 東北ドライブ旅行 2
  • 9:30発のフェリーで、函館から大間へ1時間半の船旅w本州最北端・大間崎からの眺め。目の前には弁天島が有り、その向こうには函館。二人の漁師が何かを捕っていたが、聞くと小型のミズダコとか。約600m離れた弁天島の岩場に群れるカモメが一斉に飛び立つと、その羽音と鳴き声がハッキリと聞こえてきた。この時期はまだ観光シーズンでは無いようで... [続きを読む]
  • 東北ドライブ旅行 1
  • 3月末に思い立ち、友人と東北を車で回ってきた。4/10札幌を昼に発ち、函館に一泊。函館といえば! 北海道新幹線でしょう!って、車なので乗る予定は無く、せっかくなので新函館北斗駅に立ち寄った。タイミングよく、出発の様子に出会えた。新幹線車両にお目に掛かったのは、実に恥ずかしい話だが、35年ぶりくらいだろうか。夕方に着いた函館では観... [続きを読む]