つるはし さん プロフィール

  •  
つるはしさん: 松本市民・土橋の『志鯉熱烈(しりねつれつ)!』
ハンドル名つるはし さん
ブログタイトル松本市民・土橋の『志鯉熱烈(しりねつれつ)!』
ブログURLhttp://tsuchihashi.naganoblog.jp/
サイト紹介文長野県松本市の司法書士です。 市民目線から様々な問題について書き綴っていきます。
自由文普段の仕事の紹介や趣味、日記、はたまた地元松本のネタまで。赤裸々とまではいかないかもしれませんが、たまたま司法書士という職業を選んでしまった一人の男の「今を生きている」記録を残していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 306日(平均0.5回/週) - 参加 2011/02/05 00:10

つるはし さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 地区文化祭
  • この時期、各地では催しが真っ盛り。地元の芳川地区でも3・4日の両日文化祭があり、参加してきました。子どもたちのステージ発表あり、趣味のサークルの展示もあり。地域の息遣いがたっぷり感じられる催しです。お声がけいただき、体力測定をしていただいたところ、脚力は20代との結果に喜びを隠しきれませんでした!が、握力は並、柔軟性に至っては平均以下という結果。。。運動不足の40歳をさすがに認めざるを得ませんでした(笑) [続きを読む]
  • 紅葉の季節
  • 最低気温も0度近くになり、芯から冷える11月。実りの秋であり、紅葉の秋です。過日、何年かぶりで紅葉を見に行ってきました。池田町の七色大カエデ。一本で赤、黄、緑などの彩りが楽しめる何ともお得な古木です。訪れた日は快晴で、澄んだ青空とのコントラストがまた綺麗でした。向こう側に見える山々と集落とが織りなす景色も心を和やかにしてくれます。改めて自然が好きなのだと実感。自然環境の保護や、人口流出の阻止。地方が [続きを読む]
  • 町民の集い
  • 21日に開催された、平田地区「楽しい町民の集い」。県内を中心に精力的に落語講演される、すわこ八副神さん。身近な話題をネタに、聴衆の笑いを誘っていました。本業のお寿司屋さんを営む傍ら、見事な高座でした。落語の後にはお楽しみのビンゴゲーム大会。「引き」の悪い人生を送ってきた私ではありますが、なぜかいの一番に一列揃う奇跡が起こりました(笑)特賞として八副神さんがチャリティーで作られた切り絵が当選。とはいえ、 [続きを読む]
  • ふれあいウォーク
  • 20日の秋雨の合間、芳川地区ふれあいウォークに参加してきました。市の進める健康事業の一つとして、参加者は70名ほど。日頃の運動不足解消になればと、5kmのコースにエントリー。田畑が残る地区内を、およそ二時間かけて回ります。村井町村、小屋村、平田村、野溝村の四村の灌漑、四ヶ堰を通した平田村庄屋・百瀬三七を讃える碑。旧芳川小学校跡地に立つ、四村統合の象徴です。平成の住居表示により住所上からは「芳川」の名称が [続きを読む]
  • 年度替わりの公務
  • 今月は記事を投稿する余裕もなく、GWに突入…反省しつつ、4月の公務をまとめて。11日、幹事長を務める政治連盟の監査。基本は監事にお任せの立会になりますが、数字に弱い私は内心びくびくとします。会長と共に所要事項の説明をし、滞りなく終了しました。13日は司法書士会上田支部の総会に出席し、政治連盟の活動の報告と協力へのお願いを。懇親会にも参加させていただき、様々にご意見を頂戴しました。こうした生身のコミュニケ [続きを読む]
  • 債権者集会の日
  • 3/12は昨年私が書類作成した案件の債権者集会の期日でした。小規模な法人とその代表者、妻の三件に関するものです。労働債権はなく、取引業者も多くなく、手形取引等もない。また代表者の自宅も任意売却を先行させてあり、問題となる点は皆無でした。それでも破産手続、集会というものは申立人にとっては大きな不安を伴います。そこで集会の室内に入れないものの、裁判所構内で落ち合うことにしました。ご本人、やはり緊張した面持 [続きを読む]
  • 頑張れ、タマッシー
  • 24日は、長野市での所用を済ませ、帰松。目的は、ココ。友人である福山玉太郎さん、ムラマツトシヒコさんのユニット「タマッシー」のライブのため。(Facebookページより画像転載)お二人とも本業の傍ら、SNSを中心に活動していらっしゃいます。素顔のお二人を知っているだけに、心から応援したい。そんな気持ちでライブに間に合えばよかったのですが、打ち上げからになってしまいました。とはいえ、お二人に魅せられたファンの皆さ [続きを読む]
  • 畳アートの世界
  • 18日。午前中、市内ホテルで開催された政経セミナーに、公務で参加。名刺交換に続き時局講演を聞いてきました。閉会後に思い立ち、友人が関係している「畳アート展」へ。画像はその中の一つ、白竜です。幻想的なタッチで心奪われ、しばらく立ち尽くしていました。畳から様々な作品を作り出す、村松畳店さん。本業の製畳にとどまらず、目下アーティストとしても活躍中です。日本家屋の安らぎである畳と、アートとのコラボは必見です [続きを読む]
  • 人生の「質」を上げる
  • 立ち寄った書店で手にしたのが、この一冊。「孤独をたのしむ力」。一見すると人との関わり合いを嫌うかのようなタイトルですが、違います。意識して自分一人の時間を持つことにより自分を見つめ直し、豊かな人生にしていくヒントが書かれています。折しも私自身、敢えて二週間ほど友人たちと会わずに過ごしていました。つまり、仕事以外で人と会わず、人に合わせる時間を持ちませんでした。ソーシャルメディア全盛の時代に逆らって [続きを読む]
  • 長野市の子育て支援事業に学ぼう
  • (長野市の子育て支援ページより転載)2/10は月例の勉強会の日。これに先立ち前回の勉強会のレポートを書く。内容は「長野市における子育て支援事業」。上記の画像が一目瞭然で分かりやすいが、各事業が点ではなく線(あるいは面)で繋がっている。少子高齢化社会の現実から、成婚・定住や不妊治療に助成をする自治体は多くなった。しかし、殆どは一点のライフイベントに対する助成であり、そこに総合性、継続性はない。殊、妊娠から始 [続きを読む]
  • H29年度支部研修受講記
  • 2/9、長野県司法書士会松本支部研修会がありました。そのうちの1コマが、「渉外不動産登記」。つまり、登記手続に外国人あるいは在外邦人が含まれているケースについてでした。私自身、これまでの業務の中でほとんど遭遇しておらず、興味深く受講しました。最も取り扱う可能性が高い、在日韓国・北朝鮮人の相続手続は特に必須の知識として実感しました。国際私法の運用から、適用すべき法律をまず判断すること。法律が定まったら、 [続きを読む]
  • 叶わぬ願いとしたくない
  • 近頃、無性に自分の血を引く子が欲しいと願っている。齢40を前にして考えることが多々あるのは事実だが、この世に生きた証。自らが見返りなき愛情を注ぎこむことができる唯一無二の存在。まさしくかけがえのない宝を、この手に抱いてみたいのだ。自分一人の努力のみでは決して叶う望みではないからこそ、余計なのかもしれない。友人の子と遊ぶとき。子供を巡る痛ましい報道に接するとき。まだ見ぬ我が子の姿を、そこに重ね合わさず [続きを読む]
  • 木祖村・縁結神社へ
  • (木祖村・白樺平にある「縁結神社」の鳥居です)26日、木祖村まで戸籍を取りに行ってきました。先日の雪がどこまで影響しているか心配でしたが、国道は除雪されており快適でした。源流の里、木祖村。塩尻の楢川地区からトンネルを抜けたところが目的地になります。山間に家々が並ぶ村の景色はどこかほっとします。まるで自分の故郷に戻ったかのような感覚を覚えたのが不思議でした。役場での用事を済ませた後は自由時間。出発前に調 [続きを読む]
  • 全国会長会に出席
  • (会議中に挨拶をされる岩城光英元法相)先週のことですが、全国の司法書士政治連盟の会長が一堂に会する会議がありました。会長が多忙につき、長野県司法書士政治連盟を代表して参加してきました。日本司法書士政治連盟の役員、並びに全国の会長ら役員が出席し、およそ3時間に及ぶ会議。今後の要望活動、各制度への対応、組織力の強化など喫緊の課題を共有しました。政治連盟の役員を務めていると、制度の問題点など情報がいち早く [続きを読む]
  • とある日のお詣りにて
  • 緩やかな新年の立ち上がり。出張の準備を進めつつ、猿田彦神社へお詣りに行ってきました。この神社、今は亡き祖父が生前にお札を求めに行った場所でした。なぜか祖父の守りを得られるような気がして…で、驚いたのは祭神さま。蚕玉(こだま)大神。養蚕の神様です。訪れて驚いたのですが、祖父は蚕業試験場に勤務していました。ふっと心に浮かんでのお詣りで、このような導きがあるとは。祖父は生前知っていての訪問だったのか…。 [続きを読む]
  • 新年総会に思うこと
  • 1月15日。レセプションハウス・ブライトガーデンにて開催された、松本青年会議所の新年総会に出席。私の参加は2年ぶりです。青年会議所は満40歳を迎える年の年末をもって卒業となります。従って、今回の新年総会は現役最後の総会です。同年の理事長、淺田孝君の対外的お披露目の席でもあります。暖かな晴天の中、総会は滞りなく進行していきました。私が理事を務めたのは過去二回。2010年と2015年。どちらも思い出に残っていますが [続きを読む]
  • 平成30年、初公務
  • (伊那市・宮下一郎事務所にて宮下一郎代議士と)9日は、午後に伊那市へ向かいました。雪模様、というか辰野〜箕輪あたりでは霰が時折混じる悪天候。年が明けてからの初公務として、業界の政策要望を行うためです。役員として4期目に入った前年5月に長野県司法書士政治連盟の幹事長を拝命し、8ヶ月。30代の幹事長は本政治連盟始まって初のことなんだとか。。。(ちなみに長野支部以外から選任されるのも初のケースだとのこと)会長を直 [続きを読む]
  • 俳優・原田健二くんとの再会!
  • (1/8、イオン豊科店にて)午後に入ってから冬とは思えない雨の天気でした。午前中も風が強く、底冷えするような松本らしい天候。三連休の最終日がこれかよ、といった残念な気分。でしたが。この日、俳優の原田健二さんが安曇野警察署の一日署長を務めるとの情報をキャッチ。休日にのんべんだらりんとするのも勿体なく、豊科へ車を走らせました。原田さんといえば、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで審査員特別賞を受賞した美 [続きを読む]
  • 星になった闘将
  • 6日。4日に楽天球団副会長の星野仙一さんが亡くなったとのニュースが入った。膵臓がん、70歳。あまりにも、早い。自分の親の世代だからこそ、余計に考えてしまうのかもしれない。私は20年来の阪神タイガースファンである。暗黒の低迷期を知り、チーム改革に向けて野村克也氏を監督に招聘した頃のことももちろん記憶している。その野村氏が監督在任中に果たせなかった優勝を、後を受ける形となった星野さんが現実のものとしてくれた [続きを読む]
  • 心と環境を清めるということ
  • 5日。仕事の立ち回り先付近の天神さん、深志神社へ初詣に。この時期、そして夕方ともなれば、画像のとおり人出はそう多くありません。一年の安寧を願うと共に、自らの目標の達成を誓ってきました。友人は、「学業の神様でしょ」と言いますが、学業成就を願う人だけのものではないと思っています。なぜならば、神様は私たち一人ひとりの心の中にいらっしゃるから。極論すれば、信心が強ければお詣りなどする必要などないのではない [続きを読む]
  • 平成30年、あけましておめでとうございます。
  • (年末、東京・銀座の立ち飲み屋にて)あけましておめでとうございます。平成30年が明けたと思ったら、もはや仕事始めですね。ブログ、復活します。長らく更新を滞らせまして、ずっと心が痛かったです。さて、私の年末年始ですが・・・大晦日に体調を崩しまして、元日は一日床に伏していました。疲労とストレスによる胃腸炎。昨年を振り返れば新たな出会いあり、駆け抜けた感が強いです。一年を終えた安堵からでしょうか。同時にあ [続きを読む]
  • 過去の記事 …