canalatienne さん プロフィール

  •  
canalatienneさん: きゃならてぃえんぬのブログ
ハンドル名canalatienne さん
ブログタイトルきゃならてぃえんぬのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/classic-vocal-kanako/
サイト紹介文canalatienneの日常や音楽活動について書きます。
自由文うたと家族を愛するcanalatienne(キャナラティエンヌ)です♪よろしくお願いします。
主婦でありながら大好きな声楽の勉強を続け
教室で教えてもいます。
そんな日常を綴っていきたいと思います。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供458回 / 365日(平均8.8回/週) - 参加 2011/02/05 08:51

canalatienne さんのブログ記事

  • タイミングとか色々
  • 昨日は私にとって再会の日でした!今年は何かと復縁の多い一年で最近まで連絡を取らなかった人と連絡を取り始めたり昨日のように共演という意味では2年ほど前にもさせて頂いていましたがここ数年はお互い指導と経営に必死で演奏活動をあまり出来ていなかった西尾さんと共演することが出来ました。西尾さんと私では忙しさのレベルが違いますが(笑)演奏後、お話していると同じようなタイミングで同じような事を考え始めたことがわ [続きを読む]
  • 広がりそうな予感
  • 昨日は自分の夢が実現に向かう一歩が踏み出せるかもしれないと思う事が色々ありました。まずは朝一で来られた生徒さんとお話していると(まだ、レッスンにお越し頂くようになってから半年程なので、プライベートなお話はした事がなかったのです)ご主人が精神科医だそうで、生徒さん自身もカウンセリングを勉強されているということで話がいろんな方向に進みました。私がボーカル教室に勤めていた時私のクラスには精神的な病にかかっ [続きを読む]
  • 身の程知らずが悪い訳ではない
  • おそらく人間のほとんどが「身の程知らず」から始まるのだと思います。しかし、人から注意を受けたり助言を受けたりまたは人の自分に対する態度を見て自分は今、人にどう映っているのかを知る機会なんて腐るほどあります。その機会に自分と向き合い改めていける人とそうでなくそういう人の視点を排除して自分を守る、変わらないでいいような環境を整えていってしまう人がいるように思います。間違いなく音楽を極めていける人は前者 [続きを読む]
  • もう来週ですねー
  • はい、もう来週です!秋の童謡、唱歌を歌います??西尾さんのギターで歌うのは結構久しぶりでそれがとても楽しみです??今日は結構練習出来ましたが思い入れのある曲であればあるほどにやっぱり変な癖があるものです??もっとシンプルに詩の美しさと旋律の美しさを伝えたいのですが…あと一週間試行錯誤を繰り返しながら必要なものへの集中力を高めていきます‼?この場所で歌いますが、どうなることやら? [続きを読む]
  • オペラを観て
  • 昨日は10年以上ぶりの生のオペラ観劇でした。昨日も書いたようにパニック障害になってから全く行けなくなっていたので??テレビやDVDですらゆっくり見れる時間もあまりなく、オペラに触れること自体すごく久しぶりでした。何となく「リート向き」って言われたことを引きずっていたこともあり、余計に距離を置いていた感もあります(笑)実際はオペラの方が好きな自分をわかっていてどうせそっち向きでないなら避けちゃえーみたい [続きを読む]
  • レッスン日記
  • やはり毎回最初から出来ないことが多くそれにより勝手に自分を疑い始める自分がいます。そうなると完全に悪循環に入ります。結局、私は自分を信じられる心境にない事が一番の問題で切り替えがうまくいった瞬間から掴め出すというか普段通りの自分が表れてきます。そうなったら注意もされなくなります。そうなるとわかっているのに最初から出来ないのは違うところに理由があるような気がします。例えば先生よりすごい人にそれで良い [続きを読む]
  • なぜ自分の最高を目指せない社会にしたのか?
  • なぜ、こんな事になったのでしょう。自分の意見をしっかり持ち感覚の鋭い人が肩身の狭い思いをしないといけない社会。先日、悲しい話を聞きました。私から見ればその子の考えはまともだし筋が通っているのですがそれを聞き入れてもらえず…自分の意見を持たなくて先生のいいなりになる子ばかりだと先生は楽でしょう。逆にモンスターペアレントを親に持つ子供のいうことは聞かないと先生が病んでしまうでしょう。どっちにしても行き [続きを読む]
  • 自分を写す鏡
  • 自分がいるだけで価値があると疑わない人が苦手です。その自信はどこから生まれたのでしょう?そこにいることが邪魔になると感じた事がないのでしょうか?例えば電車のドアの前で三人並んで喋り続けるとかトイレの鏡の前で三、四人で喋りながら髪の毛を整えるとかその人がイケメンであろうが可愛かろうがキャラクターが良かろうが邪魔なのです。これはスペース的な邪魔です。100人中99人が自分の存在を認めていても1人が自分の存在 [続きを読む]
  • 人づきあいが苦手な理由
  • 最近、なぜ自分が友達づきあいをあまりしないかについて冷静に分析しています。私が話していて楽しいと感じる人は結構少ないというのが理由です。あとは人の話を適当に聞けないのでその人の矛盾する所に恐ろしくたくさん気づいてしまうからです。わかりやすく言うと影ではその人の悪口言ってるのに実は普通に付き合ってはるとか私は悪口を真に受けてしまうのでその悪口を言っている人を信用していればしているほどに悪口を言われて [続きを読む]
  • 思い存分練習
  • 今日は久々に思い存分、練習が出来ました!練習によってだんだんと自分を信じられるようになっていくと結構、ちゃんと歌えているところがある事に気付きやっぱり自分を疑いすぎだな…と反省します。謙虚に自分の身体や気持ちと向き合わないといけないですが疑いすぎて、感覚を失うと身体のパーツが全部バラバラに働くような感じになります。だから発声は始めから正しいのが理想です。直す過程では、自分を疑ってかからないと直せま [続きを読む]
  • 自分で気付くこと
  • 人なんてちょっと甘い誘惑があればすぐに浮き足立つもんです。その浮き足立ってしまったことに自分で気づける人もいれば自分がそんな風になるとは想像もしていない人もいます。前者にはレッスンはし続けられても後者にはレッスンはし続けたくてもやめていかれます。後者は自分と向き合うことを必要としない人生だったのでしょう。そういう方は注意されている理由がまず理解出来ません。基本的に自分に問題があると感じた事がない訳 [続きを読む]
  • 発声を直すのをやめたくなる時
  • 昨日はレッスンしていて思わず、「もう発声を直すのはやめようか…とりあえず高い音だけ出るようになってそれでいいならもうこれぐらいでやめるよ」と言ってしまいました。発声というのはその人が本気で取り組んでくれないと絶対に直らないものです。なぜなら、すべてその人が起こしているからです。「顎を上げているつもりはないのでなぜそう言われるのか考えてしまいます」「そうしようと思っているけどなぜ出来ないのか考えてし [続きを読む]
  • メゾソプラノの性質
  • メゾソプラノの性質といっても単に私が感じているだけのことですが(笑)私はやっぱりメゾソプラノの性質が強いんだと思います。メロディラインがただ美しいアリアよりも曲想が何度も変わるメゾのアリアが好みです。美しさより激しさやかっこよさそんな音楽が好きです。暗く重たい音楽色合いで言えば深く暗い渋い色合いの音楽が好きです。とにかく濃い色合いの音楽が好きです。あとは真逆にコメディっぽい音楽も好きです。底抜けに [続きを読む]
  • 感じたままに歌いたい
  • 本当に申し訳ないですが他のどの曲の伴奏を弾いても完璧な人がなぜかあの曲だけはあの頃と変わらず全然雰囲気が出せていなくて今の私がその曲を歌うならば多分、伴奏は頼まないだろうなーと思いました。きっと踊れない人なんだろうなーと音楽聴いていると感じちゃいます。ちょっと悶々としていた部分があったのである意味納得がいきました。向かう所が違う人なんだと。私はやっぱり正統派ではなく異端が合うのだと思います。タッチ [続きを読む]