cocononiwa さん プロフィール

  •  
cocononiwaさん: 心々の庭〜cocononiwa〜
ハンドル名cocononiwa さん
ブログタイトル心々の庭〜cocononiwa〜
ブログURLhttp://cocononiwa.blog111.fc2.com/
サイト紹介文水戸の自然豊かな場所で宿根草や季節の花苗などをひっそりと販売しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供310回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2011/02/06 13:38

cocononiwa さんのブログ記事

  • 2018秋播き一年草予定品リスト
  • 今秋の一年草系播種予定品リストです。9月下旬よりの播種を予定していて、早いものは12月上旬頃より販売開始となります。お使い頂ければ幸いです。アークトチス・グランディスアークトチス〜バーガンディ〜アグロステンマ『オーシャンパール』アストラガラス〜ホワイト〜アスペルラ・オリエンタリスアドニス・エスティバリスアナガリス〜オレンジ〜アンテリナム『ブロンズレッド』アンドロサセ『スターダスト』アンミ・グレースラ [続きを読む]
  • 2018秋植え宿根草苗只今販売中
  • 秋植え宿根草苗がスタートしています。9cm小ポットから販売始まりました。お使い頂ければ幸いです。おおよそが強耐寒性扱いですが、地域や環境によっては霜よけを要するものも記載していますので、ご注意下さい。アジュガ〜アルバ〜 200円アジュガ〜ロゼア〜 200円アベリア『コンフェッティ』 300円イテア・バージニカ  300円エリゲロン・カルビンスキアヌス 200円ガウラ『ベインズフェアリー』 200円ガウラ『フェアリーズ [続きを読む]
  • 直売所にて販売中!!
  • 日本農業実践学園さんの直売所にて販売中です↓斑入りペンタス サマースタールドベキア ルビールビーチェリーセージ アイシングシュガーインカのペチュニアクリームバリエガータ トレニア カタリーナブルーリバーその他にもいろいろ販売中です!! [続きを読む]
  • 七ツ洞マルシェ
  • 明日3日、七ツ洞公園にて開催されているマルシェに「心々の庭」も参加させて頂きます。花苗や寄せ植え等を販売します。開催時間は10:00〜16:00までとなっております。皆様のお越しを心よりお待ちしております。 [続きを読む]
  • 久しぶりの更新となってしまいました。
  • ブログ記事を更新せずに月日が過ぎてしまった事、お詫び申し上げます。この春からは「心々の庭」は主にガーデン素材の花苗を中心に販売を限定させて頂く事となりました。寄せ植え向きのお花は少なくなってしまい、ご迷惑をおかけする事も多々あるかとは思いますが、皆様にドキッとして頂ける様な素敵な花苗を販売出来る様に精進して参りたいと思っております。(ご理解頂けると幸いです。)現在は初夏に咲く花々が色々開花しておりま [続きを読む]
  • 3/21(水)はお休みとなります。
  • ブログ記事を更新せずに月日が過ぎてしまった事、お詫び申し上げます。この春からは「心々の庭」は主にガーデン素材の花苗を中心に販売を限定させて頂く事となりました。寄せ植え向きのお花は少なくなってしまい、ご迷惑をおかけする事も多々あるかとは思いますが、皆様にドキッとして頂ける様な素敵な花苗を販売出来る様に精進して参りたいと思っております。(ご理解頂けると幸いです。)現在は初夏に咲く花々が色々開花しておりま [続きを読む]
  • おわび バージニアストック『パールピンク』について
  • バージニアストック『パールピンク』についてのおわびがあります。当庭にてお買上げ頂きました花なし苗が、咲いたら白花であったということでまず心よりおわび申し上げます。当庭においても微量ですが白花、それとピンク花を確認しております。花なし苗を扱うものとしての責任を果たすべく、ここで少しご説明させて頂ければと思っております。昨年2月21日に入荷しました白に近い淡い桃色のバージニアストック(写真掲載品)が当庭 [続きを読む]
  • カーペットアナガリス
  • アナガリス、カタログ等では比較的よく紹介されるものだが、このところつくり手は見かけない。かつては二人のつくり手を確認していたが、もうここ数年花市場ではめぐり会っていない。神秘的な強いブルーの花色が多くの方を魅了する素敵プランツのひとつだ。しかしながらその花色はブルーだけでなくオレンジ系も存在する。このオレンジ系は完全に横に広がるタイプのようで、めぐり会ったことのない方はブルー同様ちょっとドキッとし [続きを読む]
  • あるパターン その法則性
  •   『エンドウを注意深く観察して、親の特徴が  子孫に再び表れるときに、あるパターンが  あることに気がついた』    〜メンデルの遺伝の法則の紹介より〜 〜1865年、この法則性が発表された当時は    誰からも理解されなかったという。その後  植物だけでなく、あらゆる生物で遺伝の法則が  成り立つことが明らかになっていく〜好きなお花からタネを採って咲かせてみたが、全く違う花色が咲いた、またたく [続きを読む]
  • 遅れたものから 〜青紫のボンボン花〜
  • 昨秋発芽のかなり鈍かったギリア『レプタンサブルー』、ようやく上がりました。まだ少し小さめですが生育は早いほうなのでご安心を。昨秋9月末に播種したレプタンサホワイトはばっちり発芽した。播種時期の問題ではなかったのだ。ギリアに関してはトリコロールも発芽不良で、こんな年もあるのかなと思った。アグロステンマ『オーシャンパール』が発芽不良だったが、これは覆土が少し厚すぎたことが原因だった。シレネ『ピンクピル [続きを読む]
  • 再生待ちのフレンチラベンダー
  • 4月に入ると花つきのラベンダーの出荷シーズンに入る。ラベンダーも実に品種が多く、とうてい販売しきれるものではない。当庭では主にフレンチ系ラベンダーの『キューレッド』と『オーシャンブルー』を計画販売してきたが、かなり旧式なため違う品種に切り替えていこうと思っている。昨日は昨年つくり過ぎで持ち越し、ちょっと劣化していたフレンチラベンダー『オーシャンブルー』を13、5cmの中ポットに植え替えた。どこまで [続きを読む]
  • 美しい色がのるタイミング
  • 12月前後に入荷したタイム『フォックスリー』の葉の先端部にきれいな色がのってきた、霜の直撃が回避できれば地上部は落葉しない、当庭では寒さに強いピンポイントアレンジリーフとして扱っていたため、落葉せずとてもいい状態だ。春から秋にかけての葉色に見慣れているためか、低温期に見せるなんとも言えない赤みがかったこの葉色には個人的にとても魅かれる。《早春のはつゆきかずら》とでも言えようか、とても美しい。タイム [続きを読む]
  • 自由の定義
  • つぼみが出来てきたフェリシアはまだ咲かない、耐寒性はさほど強くない記述があったため、いつやられるか、いつやられるかいつも心配していたが、今のところ大きな問題は出ていない。もちろん夜間はハウス内だが。昨日星咲きアッツザクラと呼ばれるものの葉痛み部分を手入れしていたら、株元につぼみの形成を確認した。全体的に出来てきていてちょっとうれしかった。すばらしい原木だったため、株分けにていい苗がつくれたわけだが [続きを読む]
  • 二つ目の全滅
  • ≪ハウス型にはそれなりの理由がある≫今期私の練習品であったゴデチャ『フルーツパンチ』、順調に育っていたが、今日摘芯していたら ! たいへんなことになっていた。茎がペッタンコになっていたのだ。今までで一番ひどい凍裂症である。それなのにまだダメになっていない、よくふんばっている。とりあえずそのままにしておくがたぶん、いやぜったいダメだな・・・あれでは・・・ディディスカスに続く二つ目の全滅品かな・・・明 [続きを読む]
  • 動き出してきた者たち 
  • 売場小ハウスにある花色テスト用の千鳥草が急にモリッとした、あんなに小さかったミオソティス『モナミブルー』もグングン大きくなってきている。「こんなに大きかったかなぁ」と思う瞬間がときどきある、昔はそういう瞬間がもっともっとあったらいいなぁとも思ったが、最近は順番に出来上がるようにコントロールしているため、こういう瞬間はときどきあるくらいでちょうどいい。今日も我が青い苗を連れていってくださった方がいら [続きを読む]
  • 余剰分2品種のダイアンサス
  • ダイアンサス・デルトイデス(チェリーレッドかカーマインローズ、もしくはその混植株)とダイアンサス『ブラックベアー』の9cmポット余剰分が20ポットくらいずつあります。トレー持ち帰り10個で1500円で準備できます。単体でもミックスでもどちらでも可能です。少し小さくても問題ないようでしたらご利用頂ければ幸いです。 [続きを読む]
  • 千鳥草のご依頼をお待ちしています
  • 今期も色不定ですが、千鳥草『ジャイアントインペリアル 混合』を100ポットほど準備してみました。色にこだわらないたくさん植えられたい方がいらっしゃいましたらご相談ください。順次の出来上がりになりますが、まだ80ポットほどは行き場が決まっていない状態です。量的にもプライス的にもお役に立てるかと思われます。ラークスパー飛ばされたい方、ご相談お待ちしております。 [続きを読む]
  • お休みのお知らせ
  • 誠に申し訳ございません、本日は雪のためお休みさせていただきます。よろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • ひょっとするとタネ播きのスペシャリスト?
  • ダメだ・・・眠れない・・・今日はあまり動かなかったからか・・・先日ハウス内チェックをしていたら、! 娘が秋に播いたマロニエが発芽していた。アレンジのスペシャリストのところに行ってきた時に一粒もらってきたということだ。このところお会いする機会がないが、ダウカスの件でお話があるので近日会いに行くことにしよう、ユーモアあふれる方なので、少し元気を分けてもらうことにしたい。それと練習用のユリオプス『イエロ [続きを読む]
  • 再構築の決意
  • 移転よりおよそ1年、当庭における販売と生産における環境面でのメリット・デメリットがしっかり見えた1年でもあった。暑い夏前の移転だったため、売場再編が暑さ対策中心に動いてしまったため、寒さ対策の面で問題が生じている今日この頃だ。今年は17年の園芸経験の中でも最も厳しい冬だと言える。あらゆる設備が不十分なため、まずはそこから修正していかなければならない。前店舗より運び込まれた売場パーツのおよそ3分の1 [続きを読む]
  • 事業拡大にあたってのお詫び
  • あの7年前の3月のあの大震災の記憶は今でも私の脳裏にしっかりと残っている。1月に当庭が始動してまだ間もない頃だった、道路際で作業をしていた私はただただ立ち尽くすだけであった。道路では車が停車し、屋根からは瓦が落ちる、そういった光景をただ茫然と見つめていることしかできなかった。それから3日ほど電気がとまって水やりができなくなり、近くの小川に水をくみにいった記憶、度重なる緊急地震速報に怯えていた記憶、 [続きを読む]
  • 待つしかないかな・・・
  • 日が当たらないところはいまだ雪がとけない、気温が上がらないからか、水をあげた鉢植えもなかなか乾かない、乾かない状態で凍り、とけない状態で冷たい風に当たり夜また凍る、各々の環境下で毎年大丈夫なデータが取れていても今年はよくよく注意しなければならない。とくに花がついているものは花首がやられる、またつぼみが形成される伸びた茎葉がやられる、夜間しまえるものは必ずしまって守りたい。外気を避けられれば、玄関内 [続きを読む]
  • 紅色のポテンティラ
  • ポテンティラ、花いちごと呼ばれるかわいらしいお花のバラ科の宿根草です。この種はとても多いらしく、世界に300もの種が存在するということで、近年ではフラガリアやヘビイチゴまでもがこの種に含まれるような説も出てきているとのことです。当庭での計画ポテンティラには、ピンク系『ヘレンジェーン』と紅花系の『モナークスベルベット』があります。私の駆け出しの頃は花つきでの出荷を少し見かけましたが、近年は花なし苗が [続きを読む]