大庭夏男 さん プロフィール

  •  
大庭夏男さん: アーリーセミリタイヤ生活日記
ハンドル名大庭夏男 さん
ブログタイトルアーリーセミリタイヤ生活日記
ブログURLhttp://oniwasblog.seesaa.net/
サイト紹介文52歳でサラリーマンを辞め、セミリタイア生活を始めました。早期に会社生活を引退する話題を提供します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2011/02/06 17:12

大庭夏男 さんのブログ記事

  • 還暦キターッ!! 小学校のお手伝いさんの日々
  • ついに還暦来ちゃいました!これからは、かつて定番だった60歳定年退職組の方々と合流することになり、リタイア人口メジャー世代の一員となったわけなので、もはやアーリーリタイアという言い回しが相応しくなくなりました。なので当ブログもそろそろ閉館しようかと思っていますが、まあ今年ぐらいは更新頻度は下がるけど書いてみようと思った60歳の誕生日でした。ただ、60歳定年退職組の方々って、もう今の時代はあんまりいないの [続きを読む]
  • 収入、節約、投資の3点バランス・・・だとさ!
  • 今月のはじめの頃だったと思うけど、放送日時は詳しく覚えていないけれど、BSジャパン「日経プラス10」で、定年後は収入、節約、投資の3つをそれぞれバランスよく行っている暮らしは「心配がない」。少なくともこのうち2つは行った方が良い。1つだけでは、それが格段に優れていれば良いけど、そうでないと老後の生活は心配だ、というゲストの話がありました。ゲストが誰だったか覚えていないけど、その話を聞いたときには「ふーん [続きを読む]
  • 危険な株取り引きに熱中する方法
  • 株の売買に参加すること自体が危険と見る風潮があると思いますが、ほぼその通りだと思います。だいたい株はじわじわとしか価格が上がらず、下げるときには土砂崩れのように下げますから危険なものです。そういう株の中で、私は今週木曜にビート・ホールディングス・リミテッド(9399)という今まで聞いたこともない銘柄を100株買いました。買った理由は、儲かるかもしれん!と思ったからです。株と買うのは実際そのぐらいしか理由 [続きを読む]
  • 株式投資生活の実際 俺の場合・・・
  • このところ手持ち株がほとんど買値に届かず、いわゆる塩漬け状態が続き、配当で得られる少しの株収入しかありません。こんな私ですが、昨年は100万円には少し届かなかったけど、その程度の株による収入を得て、これで海外旅行にまた行けるとホクホクしていましたが、今年の1月末を境に、一挙に冬の時代に入ってしまいました。でも大丈夫!新規公開株(IPO)があるから! そう思いきや・・・事実今日は今年最大と言われるIPOである [続きを読む]
  • 管理職後遺症
  • 映画「終わった人」が人気を集めているそうで、妻はその小説を読み終わり、私にあらすじを喋りました。それから妻は私に「ま、あなたとは似てないけどね・・・」と言いました。一番似ていないのは「終わった人」の主人公が東京大学卒という一流学歴で、会社で重役経験者ということですが、私はその他大勢大学出で、会社では「社員だけ経験者」だったということ。その次の似てないところは、「終わった人」の主人公はふつうの考え方 [続きを読む]
  • 節約ライフ5連発
  • 1.自作昨日、妻から「庭でキューリ栽培するからポールを買って来なさい」と指示を受け、ホームセンターで長さ1本216円の長さ1.8m園芸用ポール4本を買ったのですが、コレ買う代わりに山で細い竹4本もらって来れば良かった、と悔しかった。ただ、昨日の場合はそうすると妻は「だれが竹で良いと言った!」などと怒るから、お約束どおり新品の園芸用ポールをお金出して買いましたが、機能さえあれば良いものは私は極力自分で作る方 [続きを読む]
  • やりたいことは1人で、やれることは受動で、
  • このブログを書き始めてほぼほぼ8年の月日が流れて、次第にアーリーリタイア専科から離れた話題になりつつあえいますが、私ももう60直前に育ち?そうなるともはやアーリーリタイアメントが似合わなくなる頃です。なので、過去8年間と今を比べて「やりたいことは1人で、やれることは受動で・・・」だったなぁ、と思う、そういうのを記事化しました。憧れの?会社に新入社員として初就職した頃から「積極的に・・・」とか「自主的 [続きを読む]
  • 毎日が日曜日が「ふつうの日」について
  • 「毎日が日曜日」という小説がありまして、30年ぐらい前にそれを読みまして、結局サラリーマンってハッピーリタイアメント後も今までの会社に引きずられるのか?と、いずれ自分もそうなるだろう示唆を与えられたような気がしました。この示唆は私の場合には当てはまりませんでしたが「毎日が日曜日」というタイトルだけはそれに近く当てはまりましたが、ピッタリかといえばそうでもなく「毎日が夏休み」がよりピッタリすると思い [続きを読む]
  • ホテルに居るだけ旅行 これも観光のうち
  • 毎年通っているマレーシアのペナン島に、また行きました。今回の旅行のテーマは、「ホテルに居るだけ」の旅。試してみたかったのは「ホテルでずーっとボーッと『何もしない』で過ごすこと」でした。でも実際、何もしない、ということは無理でした。5日間のいつもの日課は・・・朝8時に起きてクラブラウンジに行き朝飯を食う。それから部屋に戻り10時までまた寝る。二度目の起床後はしばらくスマホで株価などを眺めながら部屋でボー [続きを読む]
  • 年金にかけられる所得税や住民税は、ステルスの香り
  • 今日は一日中年金にかかる税金を計算していました。アーリーリタイアメントの私の生活費は64歳まで毎年受け取る「個人年金(年金払いの傷害保険)」ですが、これは「雑所得」になります。そして私は昭和33年生まれなので「特別支給の厚生年金」は私が63歳になったときに受け取り権利を得ます。その年は2021年。受け取る額は毎年百数万円。65歳になる年までは公的年金控除額は70万円だから百数万円から70万円を差し引いた残 [続きを読む]
  • 年金手続きの感想など
  • 今日、妻の年金申請手続きを済ませました。妻は私と同じ昭和33年、早生まれなのでもう誕生日は過ぎました。なので妻の場合は(年齢と性別によっていろいろです)60歳誕生日の1日前から可能になるという「特別支給の厚生年金」の申請手続きをするため、予約をとって地元の年金事務所に出向きました。妻は60歳から年金が受け取れるラストランナーなのです。用意した書類は、間違って不足があったら出直しになるから日本年金機構に電 [続きを読む]
  • お金のかからない・・・は「仕事」 そうだなぁ
  • リタイアメントになったらやりたい!と思う事は、人それぞれいろいろあるでしょう。中には無い人もいるかもしれないけど、ネットで読んだ下記記事の中に「お金がかからないコミュニティーって結局仕事・・・」というくだりがあったのを見て、確かにこれは事実!と思ったので書き残すことにしました。↓↓↓「極力働きたくない」渋谷系・・・(BUSINESS INSIDER JAPAN)記事へのリンクこの記事の内容の多くには私はコメントすること [続きを読む]
  • 嫌われ課長が放った「水の入っていないバケツ」の教え
  • 昔、勤めていた会社に「誰からも嫌われる課長」がいました。当時まだ「ハラスメント」という用語が普及する前のことで、彼の振る舞いを形容する的確な言葉がありませんでしたが、「あいつは酷い課長・・・」と呼ばれていました。あまりにも部下に対する態度が酷いので、会社も彼を“とてつもなく個性的な人ばかり集めた特殊な部署”に異動させ、その後事なきを得たようです。私は彼の異動直後にその課長がいた部署に配属になりまし [続きを読む]
  • アーリーセミリタイアメントには朗報!税制改正2019版
  • 最近のニュースで「2019年からの税制改正で、年収850万円超のサラリーマンは増税、一方で自営業には減税」などと、たしかそんなことを言っていたと思いますが、ほんとうに減税になるのは自営業の中の一部だけなのでは?↓↓↓最近の専門的参考サイト「《速報解説》給与所得控除及び基礎控除の見直し」の記事へのリンクその光栄な自営業の中の一部に当ブログで言うところのセミリタイアメントが入るはずです。ここで言うセミリタイ [続きを読む]
  • 最近思う 老化なのかな?コレ?4種
  • 1.酒のみ記憶喪失が激化俺は酒に強い!と自負しながらも「ええ・・あまり強くは無いのですが・・・」と自己紹介するようにしていましたが、60歳を目前にその自負心も揺らいできました。今も酒はかなり飲めます。飲んだ後もちゃんと自宅に帰り着く能力は持ち続けているし、翌朝も吐き気なく回復もしている私なのですが・・・最近酒飲み中の記憶力が激しく低下していることが、飲み会後に毎回自覚するようになりました。飲んで話 [続きを読む]
  • 2018新年早々のリタイアメント生活状況について
  • 今年で会社生活を辞めて8年目となり、年齢も60歳の釜の蓋を開けることとなりました。そのようなもはや既に短くはないリタイアメント生活を続けて来て、今実感することは「もうすっかりこの暮らしに慣れてしまった」ことだと思います。ほぼ毎日、朝8時頃にベッドを抜け出し、9時の証券取引場オープンに間に合うように自室のパソコンを起動させてカブドットコム証券のサイトを広げ、だいたいは株価の推移を横目で眺めながらブロ [続きを読む]
  • 夢を聞かされるのなら気楽だが、いきなりリタイアの計画ばなしは禁句
  • 一昨日、はじめて私のアーリーリタイアばなしに興味を持ってくる人物が出ました!その人、まだ34歳。数年前に第一子が生まれて、まだまだ家庭生活が楽しくてたまらない時期だと想像できます。その彼が「大庭さん、どうやってそんな事が・・・」と興味津々で私に聞いてきました。こういう反応は未だかつてありません。銀行や証券の営業の人を除き、私がアーリーリタイアしたことを聞くと大半は仏頂ヅラ。ニコニコする人は60歳に [続きを読む]
  • 活動経費補助金というゲーム
  • アーリーリタイア以降、今まではブログに貼った広告収入などの、いわゆるネットでお小遣い稼ぎの個人事業をしていましたが、このところ急に地域活動に熱を上げることになりました。地域活動というのは、地元小学校の「総合学習」の企画をしたり、一部の授業は先生役になって生徒に教えることもしていましています。それは一人では足りないから「何人か集めよう!」となり、実際に何人か集まって活動していますが「このまま手弁当で [続きを読む]
  • アーリーリタイア前に治療すべき妻のSAS
  • SASは「睡眠時無呼吸症候群」のことです。かつて私はアーリーリタイア後の妻に起こる更年期障害には気をつけろ!という記事を書いたことがあります。実際問題、退職後は自宅に居っぱなし、妻と夫は顔突合せっ放しになりがちなリタイアメント夫婦では、妻の更年期障害によって引き起こされる妻のイライラや八つ当たりには「カンベンしてくれぇ〜」となってしまう恐ろしさを実感することがままあります。その更年期障害は10年以上 [続きを読む]
  • 「アーリーセカンドライフ」っていうタイトルもアリだった
  • 「リタイア」には「セカンドライフ」という紛らわしい言葉がありまして、この二つの言葉は境界が曖昧で違いがよく分かりませんが、なんか違う気がします。思うままにネットで検索してブチ当たった記述と自分のイメージでコイツらを分けてみたら、「リタイア」のイメージは・・・会社を退職してマレーシアやタイに外観小綺麗なコンドミニアムを借り、夫婦水入らず毎日ゴルフ三昧して暮らす、あるいは現地日本人会のオフィスで同志日 [続きを読む]
  • 調子わるい日
  • なんだかワケも分からずにこのところ調子が悪い。昨日の夕方、交差点で右折待ちをしていたところ。反対車線の走ってくる路線バスが車線を右に変更したので、てっきり『左折だな』と思って、こっちもそれに合わせて右折開始したらバスに「ビビーッ」って鳴らされてあせった(;´・ω・)その帰り道、狭い道路から左折して幹線道路に出ようと発車しかけたら、すぐ左横に知らない間に原付がいて、そいつと危うく接触するところだった(;´・ [続きを読む]
  • 月13万円で暮らす家計チューニングを考えてみた
  • 森永卓郎氏が解説して結論している「将来は夫婦で月13万円で暮らせる生活を考えておく必要がある」について我が家ではどうできるか?を考えてみました。↓↓↓今の40代世代を襲う「年金4割カット」の現実味(マネーボイス記事)へのリンク昨年の我が家大庭夏男家での基本生活費はこうなっていました。健康保険料127712 国保夫婦年金保険料380000 夫婦二人所得税0 非課税世帯住民税0 非課税世帯固定資産税110100自動車税7200 [続きを読む]
  • ボランティア団体にも!?あの老害が
  • 先日とあるセミナーを受けてまいりました。そのセミナーはとある老舗ボランティア活動団体が主催する権威あるセミナーで、個人のみならず企業からも「おまえ受けて来い!」みたいに無理やり?の受講生もチラホラするセミナーです。そのセミナーの内容は・・・が今日の話題ではなくて、その老舗団体メンバーの話を漏れ聞くと、かなりドロドロした実情が見え隠れするのでした。老舗企業、特に大企業で蔓延していると言われる大企業病 [続きを読む]