IWARIN さん プロフィール

  •  
IWARINさん: Tafelmusik 第2集
ハンドル名IWARIN さん
ブログタイトルTafelmusik 第2集
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tafelmusik/
サイト紹介文フルートとフラウト・トラヴェルソによる演奏活動を中心に趣味の写真撮影のことも思いのままに。
自由文楽器はSANKYOの木管フルート、BOAZのトラヴェルソ(スティンズビーJr.モデル)、POWELLのピッコロを愛用してます。使用するカメラはNikon D7000とRICOH GR Digital III&?です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2011/02/07 20:58

IWARIN さんのブログ記事

  • Lightningケーブルを補修
  • iPhoneやiPadに付属のApple純正のLightningケーブルはLightning端子側の被覆が破れやすいことはよく知られています。多分、iPhone5の頃の古いケーブルがやはり被覆が破れてしまってましたので補修することにしました。いちばん外側の被覆が破れただけで中は無事のようです。まずは接着剤で補強します。よく使う用途の広い接着剤です。常温保管だとすぐに固まって駄目になってしまうので冷蔵庫で保管しています。ノック式ボールペン [続きを読む]
  • ちぎれる
  • 職場に着いたとたん、トートバッグが突然落下しました。ショルダーの金具が外れたのかと思ったらそうではなく、金具を取り付ける革がちぎれてしまっていました。気に入って使っていたトートバッグですが、ショルダーは必須なので新調することを検討しなければならなくなりました。iPhone 7plusにほんブログ村RICOH GR Digital↑1日1回のClickお願いします。 [続きを読む]
  • 【NML】ニールセンの「シャコンヌ」
  • 朝の通勤の車内で聴くFMラジオで出会った1曲です。ニールセンの曲については、そう多くを知るわけではありませんが、木管五重奏曲が好きで、アンサンブル・ウィーン=ベルリンのタファネルの五重奏曲とともに収録されているCDが愛聴盤です。またフルート協奏曲は高松で行われたフルートコンベンションでのデニス・ブリアコフの圧巻の演奏が思い出されます。ニコレの演奏するCDも持っていますが、楽譜は所有しておりませんし、もち [続きを読む]
  • 酔芙蓉をリケノンで
  • 10月になりました。我が家の庭に今年も酔芙蓉が咲いていますが、同居する母が思い切って剪定したのがよかったのか、例年になく盛大に花をつけてくれて、楽しませてくれています。朝、真っ白の花を咲かせて夕方にはうっすらとピンク色になり翌日には赤くなって萎んで落ちます。以前にも書きましたが、花がだんだんと赤く色づいていくのがお酒を飲んで顔を赤らめるようでこの名がつけられたのだと記憶しています。RICOH GXRRIKENON 5 [続きを読む]
  • 新しいiPhoneとiOS 11
  • iPhoneの新型が発表・発売されました。いつものsがつくマイナーチェンジではなくiPhone8, 8plusとして出ましたが見た感じは殆ど変わりなしですね。またiPhone登場から10年を記念してiPhoneXも発表されましたが、こちらは噂どおりというかホームボタンが消えてました。どちらもまだ7plusにしてやっと1年なので買い換えるつもりは全くありませんが、iOS 11についてはどうするべきか。アップデートすると使えなくなるアプリがあるこ [続きを読む]
  • 【NML】浄められた夜(シェーンベルク)
  • ナチスによって翻弄された音楽家の一人がアルノルト・シェーンベルク。シェーンベルクといえば12音技法や無調音楽を開拓したことで知られる作曲家ですが、代表作である「浄められた夜」は25歳の若さで当初は弦楽六重奏曲として作曲されました。題材となったリヒャルト・デーメルによる同名の詩が露骨ともとれる性的描写によるものであることと、当時としては斬新な響きや調性感が波紋を呼んだようです。もっとも若い頃のシェーンベ [続きを読む]
  • 戦争交響楽〜音楽家たちの第二次世界大戦
  • 〈現代の名演奏家50〉、〈悪の出世学〉と続けて中川右介氏の著書を読んできました。歴史に疎い私ですが、特に第二次世界大戦中の演奏家や作曲家について興味を持ち、今回は〈戦争交響楽〜音楽家たちの第二次世界大戦〉を読みました。戦争に翻弄された音楽家は数多くいます。ドイツでナチスが政権を獲ってから終戦までフルトヴェングラー、ワルター、トスカニーニ、そしてカラヤンといった指揮者の苦悩が描かれています。他にも現在 [続きを読む]
  • 大型台風
  • 非常に強い大型台風18号が九州に上陸し、間も無く大分県も暴風域に入りそうです。せっかくの三連休ですが、今日1日は家で大人しくしておくしかなさそうです。参加しています↓ にほんブログ村RICOH GR Digital↑1日1回のClickお願いします。 [続きを読む]
  • iPad Pro 10.5
  • 初めて買ったiPadはiPad 2でした(購入時の記事はこちら)最近では仕事でiPad Air2を使っていました。薄型軽量で歴代の中でもとても使いやすいモデルでまだまだ現役で使えそうでしたが、特に最近では授業で使う中で音符などを手書きで入力するのに支障が出てきました。スタイラスペンを使っても自分が書入れようとする場所と実際に入力する場所に誤差が出るのです。どうも細かい作業には向かないようですね。指を使っての大雑把な [続きを読む]
  • 悪の出世学
  • この夏はいつもになく読書をしました。現代の名演奏家50を読んで、カラヤンやフルトヴェングラーをはじめとする音楽家たちがヒトラーやスターリンなどの独裁者に翻弄されながら生き抜いた、また生き抜けなかった音楽家もたくさんいることから、その独裁者たちについて詳しく知りたいと思い、同じく中川右介氏の著書である「悪の出世学」を読むことにしたのです。読み進めるうちに多少気分が悪くなり、後半は読み飛ばすところもあり [続きを読む]
  • FRISK
  • コンビニで何気なく買ったFRISKです。ライムミントに惹かれたわけですが、実はFRISKを買ったのは初めてです。人からもらって食べたことはありましたが刺激が強過ぎる印象でした。このライムミントはそこまで強く刺激はなく、爽やかでフルートを吹く前に口の中がスッキリしてよかったです。にほんブログ村RICOH GR Digital↑1日1回のClickお願いします。 [続きを読む]
  • ピッコロと万年筆
  • 愛用するパウエル・ピッコロと同じく愛用中の万年筆LAMY2000流れるような曲線のデザインが美しい。銘品と呼ばれるものはまずデザインが美しいものだと思っています。RICOH GXR MOUNT A12RIKENON 50mm f:2参加しています↓ にほんブログ村RICOH GR Digital↑1日1回のClickお願いします。 [続きを読む]
  • コルクグリス
  • フルートやピッコロにとってジョイントのコンディションが音色にかなり影響を与えると思っています。ピッコロはコルクグリスを小まめに使うべきなのですが、25年前には持っていた(たぶんセルマーの)コルクグリスも、最近では殆ど使わなくなっていました。ピッコロをオーバーホールしたのを機にコルクグリスも新しく買おうと思い探してみましたが、やはり定番はヤマハでしょうか。同じ日本のメーカーでサックスのヤナギサワのもの [続きを読む]
  • 夏の花
  • ランタナという花です(だそうですと言うべきか)紫陽花の一種とずっと思っていましたが、別名 七変化というらしいので、全く関係ないわけではないかもです。RICOH GXR に MOUNT A12を介してRIKENONのオールドレンズをつけて、時代を超えた純正の組み合わせなどとはしゃいでいます(^^;;RICOH GXR MOUNT A12RIKENON 50mm f:2にほんブログ村RICOH GR Digital↑1日1回のClickお願いします。 [続きを読む]
  • パウエル・ピッコロ、オーバーホール終了
  • ドルチェ楽器さんにオーバーホールを依頼していたパウエルのピッコロですが、1ヶ月ちょっとで帰ってきました。新品と遜色のない美しい仕上がりです。パウエルのピッコロは特に曲線が美しいと思いますが、その秀逸なデザインは現在のピッコロと比べてキーが全てインラインに配置されていることにもよると思われます。Gisのキーのデザインも素晴らしいですね。吹いてみると、さすがに新品のパットがまだ馴染んでいないようで、硬さ [続きを読む]
  • 現代の名演奏家50
  • 吹奏楽コンクールの夏が終わって、読書をする余裕が少しだけできたので、現代の名演奏家50クラシック音楽の天才・奇才・異才という本を読みました。著者の中川右介氏は、田中長徳氏のカメラジャーナルの編集長として結構前から知ってました。著書も「グレン・グールド」や、「カラヤンとフルトヴェングラー」などを読んできました。名演奏家と呼ばれる人物のエピソードは面白いものがたくさんありますが、単なる噂話だったりするこ [続きを読む]
  • 吹奏楽の夏
  • 毎年、夏は吹奏楽の夏です。でも今年はあっけなく7月で終わってしまいました。そんな日の夕方に撮った一枚です。RICOH GXRA12 MountRIKENON 50mm f:2参加しています↓ にほんブログ村RICOH GR Digital↑1日1回のClickお願いします。 [続きを読む]
  • レンズキャップ
  • オールドレンズのキャップ、オリジナルはフードを付けた状態だとはめにくいんです。最近の各メーカーのキャップはフードを付けたままでもはめやすいように工夫されています。今回は古いリケノン50/2のためにハクバのキャップをカメラのキタムラで購入しました。ですが、この脱落防止の紐が気に入りません。なので、紐を外してから取り付け部分をハサミで切り落とします。ハサミで簡単に切り落とせましたので、カッターでバリを綺麗 [続きを読む]
  • 紫陽花
  • 遅かった梅雨入りも本格化しそうです。6月生まれなので紫陽花は好きな花です。RICOH GXRRICOH GXR MOUNT A12Carl Zeiss Jena DDR Flektogon 2.4/35 M42 Mountにほんブログ村RICOH GR Digital↑1日1回のClickお願いします。 [続きを読む]
  • RICOH GXR S10 Unit 24-72mm F:2.4-4.4 VC
  • リングキューブでRICOH GXR用S10ユニットのアウトレット品を格安でGETしました。RICOH GR Digital ⅣこのユニットはRICOH GX200と同じ内容で、GXRのユニットの中では最も軽量。このカメラがコンパクトカメラであることを思い出させてくれます。GRレンズと比べると写りはそこそこなのかもしれませんがそこは多少割り切って仕事でもガンガン使っていけます。にほんブログ村RICOH GR Digital↑1日1回のClickお願いします。 [続きを読む]
  • タンポが破れる
  • フルートのトラブルも色々ですが、タンポが破れると音が出にくくなります。右手の小指で押さえるD#キーのタンポが破れているかもと気がついたのは結構前のことでしたが、開いていることの多いキーなのでついついそのままにしていました。上京した時にフルート工房三響に立ち寄り、見ていただいたところ見事に破れていました。交換と調整を終えたフルートを受け取った時に破れた古いタンポもいただいたので、撮影してみました。随分 [続きを読む]
  • RICOH GR Digital Ⅳ をドレスアップ
  • リコーリングキューブでゲットしたアウトレット品の1つが、RICOH GR Digitalの5周年記念のゴールドリングです。RICOH GXRRICOH LENS S10 24-72mm f:2.5-4.4 VCRICOH GR Digital III 用ですが、もちろんⅣでもOK。わたしのⅣはグリップをカーボン調に、レンズのネームプレートもブラックに交換して一層精悍な顔つきになってるので、ゴールドのリングが映えます。出番が少なくなってきたカメラですが、まだまだ大切に使っていきた [続きを読む]
  • 銀座を歩く楽しみ
  • 銀座に行きました。RICOH GR Limited Edition土曜日なので歩行者天国で人も多いです。RICOH GR Limited Edition銀座で新たに必ず立ち寄るスポットになったのがここ、銀座itoyaです。RICOH GR Limited Edition発売になったばかりであるラミーサファリの今年の限定色ペトロールの大きな模型がありました。ここでは書き味が気になる二本の万年筆の調整をお願いしましたが、ほんの少しの調整で済み、代金はサービスでよいということで [続きを読む]