野田 眞吾 さん プロフィール

  •  
野田 眞吾さん: 実況中継!中学・高校受験の国語
ハンドル名野田 眞吾 さん
ブログタイトル実況中継!中学・高校受験の国語
ブログURLhttps://ameblo.jp/kokugo6
サイト紹介文塾講師歴25年のベテラン国語教師が中学・高校受験の国語指導の一コマを切り取って楽しく綴ります。
自由文国語が苦手で困っている子どもたちは大勢います。しかし、その子たちのほとんどが有効な打開策を見つけられないまま、なんとなく塾に行きいつもと同じ授業をうけて、帰ってきます。そして、試験をうけて、またいつもと同じように低空飛行。そんな悩みを持っているひとは、ぜひこのブログを毎日見てください。わずか数分で読める簡単な記事ばかりですが、今日塾で受けてきた国語の授業よりは有効だとおもいますよ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2011/02/08 13:57

野田 眞吾 さんのブログ記事

  • ■アドバイスを受け入れない高校生
  • 先日、高校3年生の指導をしていて感じたことがあります。その生徒は私のアドバイスを素直に受け入れないのです。自分の考えに自信があるのでしょう。プライドが高いのかもしれません。それは決して悪いことではないのですが、ものを教わろうとしているのだから、自分色に染まった部分はいったん白紙にもどして、色を塗り直してくれないと正しい方向にはすすみません。いくら黒が好きだからといっても、その黒を捨てなかったら、そ [続きを読む]
  • ■要約はかんたんな文章でOK
  • ある社会人の受講生から次のようなご質問をいただきました   高校の初期レベルの問題をやっていて  要約の力というのは上がっているのでしょうか。 私からの回答は単純明快。   表現力や要約力はこれで十分です。  最近、特にそんな思いを強くしています。よく新聞を要約するということがすすめられますが新聞の文章は決して難解なものではないですよね。もし新聞が難解だったら、そんな新聞はだれも読みたくないでしょう [続きを読む]
  • ■国語学習はじめの一歩。国語辞典に無頓着すぎます!
  • 私のスカイプ指導の1回目はだいたい次の質問をします。  漢字練習は週に何問くらいやっていますか?  そのとき分からない言葉を国語辞典で調べていますか?この意味調べが国語学習の基礎の基礎です高校生でも同じですよ。次の【  】内の漢字のよみかたを答えなさい(高校生用)1 某大学の記者会見は【隔靴掻痒】の感があった。2 知人の座右の銘は【邂逅】だ。3 作者の【厭世】観があらわれている。4 番組の意図はあ [続きを読む]
  • ■自分が理解できることを書く
  • 生徒の答案をみていると、自分でも意味がわからないことを書く生徒がときどきいます。いや、「ときどき」どころか、「よく」います。それも国語を苦手としている生徒によくみられることです。たとえば、友だちに手紙を書くときに、自分でも意味のわからないことを書いたりはしないですよね。さっき私はLINEで友人とやりとりしました友人は、私にはどういうことかよくわからないことを書いていました。そうすると当然、私は、それが [続きを読む]
  • ■国語辞典は何をつかっていますか?
  • 国語辞典は何をつかっていますか? 高校生であれば三省堂の『新明解 国語辞典』や『広辞苑』でもいいいでしょうが、小中学生はそれではいけません。  小学生に大人が使うような国語辞典をつかわせてはいけません。 小4までは小学生用の国語辞典をつかいましょう。 5年生は小学生用でもいいのですが、それでたりない場合は中学生用の国語辞典を使いましょう。 小6生は問答無用で中学生用です。 中学生でも中1〜中3(最 [続きを読む]
  • ■成績なんてその人の心の持ち方次第でどうにでもなるものなのです。
  • 通信講座の受講生に次の課題を出しました。  問1を「2 5」と答えていますが、どうしてこれが 適当だと判断したのか、その理由を教えてください。→これに対して、その生徒は「3と5です」と書いていました。  つまり、自分が書いた答案は「2 5」ではなく「3 5」だ ということです。  私はこれを見て、ちょっとがっかりしてしまいました。 どうして「3と5です」とだけ書いておしまいにするのでしょう? どうして [続きを読む]
  • ■一文一文、一語一語が腑に落ちるような読み方をしていますか?
  •   「しかも」という言葉はどんなときに使うことばなのか。これに対して、ある生徒は次のように書いていました。     「しかも」は説明の根拠をさらに詳しく書くことばであり・・・これで理解できているのでしょうか?ただ国語辞典で調べてそれを書き写しただけでしょうか?これについて具体例をあげることができなかったら、それはわかったとはいえません。これはとっても大切なことで、国語の文章をよむときも同じです。  [続きを読む]
  • ■要約文の文字数は最低何割書けばいいか。
  • 「要約文の文字数が250字以内だったら、最低で何文字書けばいいのでしょうか。」という質問をいただきました。 「8割」なんていうのは大間違いですよ。1 「250字以内で」という条件があるのだったら  まずは250字で書くことを目指してください 2 その結果、それに3文字たりない、8文字たりない  というのだったらOKです。 3 なるべく241字以上は書いてください。 4 最低9割は書いてほしいのですが  これは試験で [続きを読む]
  • ■「国語学習Q&A」作成にご協力を。
  • ●「国語学習Q&A」作成にご協力を。 先日、国語学習について何から何までわからないというメールをいただきまし た。 そのほとんどはすでにメルマガやブログでとりあげているのですが、同じよ うなことでお悩みの方がいらっしゃるでしょうから、あらためてみなさんの 「国語学習ここがわからない」という疑問にお答えしていこうと考えています。 最終的には20くらいの質問に答えて「国語学習のQ&A集」をつくろうと思ってい [続きを読む]
  • ■国語の勉強いろはの「い」
  • ●今日が最終日です。 【受講料変更のおしらせ】 明日4月1日から通信講座の受講料が平均20%アップします 受講をお考えの方は今日中にお申し込みください       小中学生    高校浪人生 ●国語の勉強いろはの「い」新学期に向けて国語の勉強いろはの「い」をあらためて書いてみたいと思います。「い」の文字がまだできる前の左の線だけ、「入門」でいえばまだ門に入る前の段階です。それくらい国語の勉強としては [続きを読む]
  • ■塾の宿題が多い。
  • ●塾の宿題が多い。 塾では新学期が始まり、それぞれ学年があがって宿題も増えたのではないでしょうか? いわゆる「やらされる勉強」ですね。 私が塾で教えているときは他教科の先生と連絡を密にして、宿題の量を調整していました。 特に春期講習、夏期講習などのように拘束時間も長く、毎日授業があるときに、各教科間の調整がなく各講師が勝手に宿題をだしてしまうと生徒にとってはとんでもない量になってしまいます。お子 [続きを読む]
  • ■予言的中 偏差値50→64へ。
  • ●予言的中 偏差値50→64へ。 前回の記事に次のようなことを書きました。 A4の紙を25回折り曲げると厚さは何センチ? 答えは3300メートル。(センチではないですよ) 富士山より少し低いくらいの高さです。 しかし、10回や11回折ったくらいではその厚さはまだたいしたことはなく、 20回目くらいから急激に増えてきます。急カーブを描いて上昇します。 それと同じように、これまで長い間国語の成績が伸び悩んでいて、 [続きを読む]
  • ■A4の紙を25回折り曲げると厚さは何センチ?
  • ●最近知ったおどろきの初耳学2つ。 1 私たちが食べるかぼちゃは英語で「パンプキン」ではない。  2 A4の紙を25回折り曲げると厚さは何センチ?1は知っていましたか?英語でいうパンプキンはハロウィンのころによくみるオレンジ色のかぼちゃらしく、私たちが食べる緑色のカボチャはスクワッシュ(Squash)というそうです。2は紙の厚さにもよるだろうという意見もあるでしょうが1枚の厚さを0.1mmとしてそれを半分に一 [続きを読む]
  • ■自分の何がいけないのかを教えてください。
  • 通信講座の6年生から  選択問題で最近よく間違えます。 自分の何がいけないのかを教えてください。 というメールをいただきました。 以下、私からの返信です。 <ここから> 自分の何がいけないのかとありましたがそれは「自信のなさ」です。日本人の謙虚さは美徳だと言われますがここではそれはあてはまりません。もっともっと自信をもっていいですよFさんはかなりの実力者です。Fさんより上の実力者はあまりいません。それく [続きを読む]
  • ■基礎的な読解力を身に付けられないまま中学を卒業する生徒が25%
  • 先週のネットニュースに次のようなものがありました。新聞や教科書などを読み取る基礎的な読解力を身に付けられないまま中学を卒業する生徒が25%にのぼるそうです。 主語や目的語など文章の構造が理解できているかを問うタイプの設問群で、中学1年の正答率は62%、中学2年が65%、中学3年が75%だったそうです。ネットニュースでは次のように結んでいました。 社会生活を送るのに最低限必要な読解力の不足が懸念さ [続きを読む]
  • ■浜学園の合否判定学力テスト(外来語問題)
  • 浜学園の合否判定学力テストに出題された語句問題第二弾です。 次の問題をやってみてください。 <問い> 外来語の中には「ファイナル(最後の)」のように「--ナル」という形をした語があります。次の1〜4の〇にカタカナ一字ずつを入れ、それぞれの下に示した意味になるように外来語を完成させなさい。「--」(表音記号)などの文字記号や小さく表記する文字(「ファ」の「ア」など)も一字と数えます。1 〇〇〇ナル      [続きを読む]
  • ■どこよりもブラック! 国語通信講座は年間休日数15日。
  • 私の通信講座では盆も正月もなく連日続いていますが年に3回くらい4日〜1週間くらいの連休をいただいています。ただし、その休業日数は受講期間に含まれないため、その日数分は受講期間の延長となります。9月15日、1年間の受講期間を終えた生徒の延長日数、つまり私がこの1年間に休んだ日数をかぞえたところ、なんと15日でした!1年で15日。月にして1.25回!1ヶ月に1日とちょっとしか休んでいないのですよ。どこより [続きを読む]
  • ■浜学園の合否判定学力テスト(色の問題)
  • 関西を拠点とする進学教室浜学園で先月下旬に行われた小6合否判定学力テストに色に関する問題が出題されていました。まるで私の問題を見て作ったのではないかと思うような問題でした。<問題> 日本語には、色を表す言葉を含んだ表現が多くあります。 後の1〜4の□に漢字一字ずつを入れて、それぞれの文意に合う最もふさわしい表現を完成させなさい。 必ず一字は色に関する漢字が含まれます。〔例〕彼女の祖父は表舞台から [続きを読む]
  • ■国語の「思考→実践→継続→成果」サイクル
  • 思考→実践→継続→成果 ビジネスにはこういう段階があるそうです。これは国語学習にもぴったり当てはまると感じたので、今日は特に高校生にむけて一言。まず「思考」ですが、国語を苦手とする多くの高校生は国語をなんとかしたい、なんとかしないといけないと、どこかで感じています。ところが、ほとんどの生徒はそのように思うだけで、次の「実践」に進まないのです。私の実感としては、「実践」にまで進む生徒は1割、多くて2 [続きを読む]
  • ■国語の偏差値が10下がっても塾からは何も言われません
  • 6年生の保護者から次のようなメールをいただきました。 集団塾にも通っていますが、国語の成績が1年で偏差値10近く下がっても塾からは何も言われず、対策もなく戸惑っております。 受験まであと4か月となり、国語力で結果をだすのも難しいかとも思います。 何とか力になりたいと、9月になり毎日一題読解問題をさせるようにしていますが、 私が教えるとなると嫌がり、適当になっているように感じられます。 以前解けていた [続きを読む]
  • ■受講するにあたり、家庭内で気を付けること
  • 通信講座の新規受講生から次のような質問をいただきました。  今後受講するにあたり、家庭内で気を付けること、やっておくべきことはありますでしょうか? より高い効果を得られるよう、家庭内でもできることはしておきたいと考えております。 →これに対して、次のように返信しました。 まず、毎朝お送りしたメルマガに書いておきましたが、モチベーションの維持向上です。 「がんばる」必要はありません。 「がんばる」のは [続きを読む]
  • ■比喩に弱い子はいませんか?(日能研の合格判定テストより)
  • 2、3日前のスカイプ指導で日能研の合格判定テスト(9月3日実施)の解説をしました。その子は男の子ですが、このときの偏差値は60オーバーのなかなか優秀な子です。大問1の難しい文章問題はほぼパーフェクト。お見事でした。 大問2で残念だったのは抜き出し問題で文字をまちがえていたことでした。ぬき出しのときは1文字だって書き換えたり、書き加えたりすることはできません。それだけでバツになってしまいます。そっくり [続きを読む]
  • ■成果が見えてきました
  • 音読しろよー、言葉の意味を調べろよー、漢字練習もこつこつ続けろよー2月くらいから6年生2人にずっと言い続けてきました。 このブログにも途中経過として、一人の生徒がやっていない、その間にずいぶん差がついてしまったと愚痴めいたことを書きました。ところが涼しい風が吹くようになったここになって成果が目に見えてきたのです。一人の生徒は塾内での国語の順位が約45人中4番になっていました。いつもは20番くらいを [続きを読む]
  • ■新たな言葉「間違いない」が私の辞書に加わりました。
  • 語彙や言葉づかいというものは子どもの時にまわりの大人の言葉をまねすることからはじまります。 私の年代だと、祖母のことばは「古典」に近いような言葉。というのはちょっといいすぎかもしれませんが、現代ではつかわれなくなったことばもつかっていました。私が勤めていた塾や学校で子どもから教わった言葉も数多くあります。その一つが「滑舌」。私の両親はこのことばはつかっていなかったと思います。だから私の辞書にはあり [続きを読む]
  • ■語彙を増やしていますか?
  • ■語彙を増やしていますか? 甲子園では連日熱戦が繰り広げられています。 私も数十年前は高校球児でした。 「がんばって〜!」と女子生徒からの(  )色い声援が飛んだものです。 夏の甲子園は深(  )の大優勝旗、 春の甲子園は紫紺の大優勝旗といいますよね。 この(  )に色を入れることができますか? 色についての語句を集めました。 初級編です。 例文にうんこはつかっていません。 解答は一番下にありま [続きを読む]