Flag父 さん プロフィール

  •  
Flag父さん: アメでもハレでもフラッグフットボール@東京
ハンドル名Flag父 さん
ブログタイトルアメでもハレでもフラッグフットボール@東京
ブログURLhttp://bagusflagfootball.seesaa.net/
サイト紹介文フラッグフットボールを愛す父子4人の練習日記。中野バグース/ワセダクラブではメンバー大募集中です!
自由文フラッグで世界をとびまわる父、男の子に混じり紅一点で走り回る娘、ちびっこい体でフィールドを疾走する長男、フラッグをくるぶしまでたらして姉兄のあとを追う末っ子。フラッグ三昧の毎日で父子で日本一を目指します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供352回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2011/02/08 20:07

Flag父 さんのブログ記事

  • カメラマン兄
  • Flag兄は父が会長を務めるチームの公式戦にサポートで帯同。この日はかつての兄のチームメイトが高校生になって大人フラッグのデビュー戦でアリマス。大学一部校でならした皆さん相手にさすがにケチョンケチョンにされましたが、これもまた経験。若い選手には幾らでも時間はあるのデス。兄は土手の上から黙々とビデオ撮影。引いた目線で大人フラッグの戦術の妙を実感できたでしょうか。チームはこの日は完勝して星を伸ばしマス。上 [続きを読む]
  • Flag兄のサイドラインコーチ
  • 腰を負傷中のFlag兄は、この日のカップ戦でサイドラインコーチに入りマス。抜けたのは1人だけではありますが、3年生が抜けていよいよ本格的に自分たちの代のスタート。QB不在の試合で、普段はQBには入らない連中が頑張りマス。兄はサイドラインでブツブツ呟きながら考えるフットボール。このスポーツはそれもまた楽しいところが持ち味デス。狙い通りでもインターセプト献上を3本も繰り返した3試合目は、さすがにコーチFlag父もちょ [続きを読む]
  • セピア色のサッカー姉
  • 夏は青々としていたメタセコイアの並木道が、素晴らしいセピア色に色づいていまして、近隣の皆さんもわざわざこの紅葉を眺めに集まっていらっしゃいマス。そんな見事な並木道をバックに姉たちはトレーニングマッチを30分×4本。久々に同年代とのサッカーとなりました。同年代相手の時こそ、雑なサッカーにならないように、丁寧に丁寧にプレイしたいところです。もう少し攻撃的な姿勢は見せていいと思いますが、クロス、クロスで決 [続きを読む]
  • 泥泥沼カンザスシティ
  • 瞬く間にケルシー、ケルシーと2本のタッチダウンを奪取して今週こそはと思わせた我らがカンザスシティでしたが、ディフェンス崩壊は相変わらずで、気がついたらもう逆転されている始末…。大金をはたいて補強したはずの元プロボウラー、ダリル・リービスさんは11ヶ月のブランクそのままでタックルできない、カバーできないで古巣に狙われまくり。オフェンスもOLがもたない分、アレックスの腕に触られちゃったうこと度々で、ドフリ [続きを読む]
  • 誰よりも速く
  • 姉の40mタイムが5.6台に突入。昨年のベストタイムだったA代表選手の5.700を凌駕しておそらく近年では日本最速の女子サッカー選手になりまシタ。公式戦日程を終えた姉の11月の月間目標は「40mベストタイム更新」。見事有言実行の姉、褒めてあげないといけまセン。小数点3桁まで計測される光電管による計測なので、手動の自己申告で50m5.9秒とか騒ぐスポーツ紙とは基準がそもそも違います。例えば土井杏南選手が優勝した2013年の陸上 [続きを読む]
  • 泥沼カンザスシティ
  • 開幕唯一の5連勝チームと騒いでいたのも今は昔…。瞬く間にパワーランキング1位から転がり落ちて、ここ6試合で1勝5敗と一気に貯金を吐き出した我らがカンザスシティは辛うじて首位に踏みとどまっているものの、空中分解寸前でアリマス。ケチのつけ始めは、OLがガタガタになり始めたこと。ベリーのアキレス腱断裂も痛かったのですが、それより何よりフットボールはOLです。モースくんと、デュバニィタリフくんが怪我で戦列を離れて [続きを読む]
  • 腰痛兄
  • そもそもは中学校の高跳びの時間に腰を反りすぎたことが発端らしいのですが、今月ずーっと腰が痛いとぼやいていた兄がついに通院。分離症の疑いまであるとかで、今年の兄のスポーツシーンはフットボールも陸上もあっさり幕引きとなりました。怪我は軽いうちにしっかり完治させてナンボですから、潔く諦めて安静にするしかありまセン。なんだかんだですぐに痛いとか言い始める子だったので、そんなつまらん弱音は吐くなよとか、若い [続きを読む]
  • Flag父の審判デイ
  • 本当はFlag兄の試合のサイドラインにいるはずだったのですが、兄は敗れて、父は審判役で東日本大会準決勝、決勝へ出動。日本有数のフラッグ審判歴を誇るFlag父ですので、キッチリと男女の試合をそれぞれ裁かせて頂きまシタ。一度ダウン数を間違えてコールしてしまいましたが、審判団からすぐさま訂正してもらえましたので、事なきを得ましたが、あれはブランクからくるミステイク…すみません。それでもフラッグがまわったり、LOS [続きを読む]
  • Flag弟のチューブトレーニング
  • 僕はもう陸上クラブも休まない!とカッコよく宣言したFlag弟。すっかり慣れて第三の故郷ぐらいにはなってきたでしょうか。このクラブも姉兄に続いて3人目。長くなって参りまシタ。この日はフラッグに続いての2部練になった弟でしたが、小気味好く走り続けマス。パワーアップしちゃった体が絞れてくれば、景色が相当変わってくるでしょうから、まずはそこを目指すのデス。貫禄のパワーでチームメイトを引き摺りながら、チューブト [続きを読む]
  • Flag弟vs.スラックライン
  • 通っているスイミングクラブがスラックライン教室を開催するということで参加してきたFlag弟。兄もちょっぴり羨ましそうデス。そんな面白そうなのやるんだ...プールでのスラックラインですので、コースロープの代わりに張られたスラックラインの上をバランスをとりながら歩いていきます。これが全然歩けない子どもたち...ふた昔ぐらい前だと、ブランコの柵だとか、フェンスだとかでいくらでもバランスをとりながら歩いていましたが [続きを読む]
  • Flag弟、夜の帳に投げろ!
  • 日が落ちるのが早くなっても、意欲は落ちない最近のFlag弟。父を引きずり出してキャッチボール三昧デス。やや鳥目で暗闇から飛んでくるボールにビクつくのは父。油断していると暗闇からなかなかの速球が飛んできマス。へんな突き指をしないようにソコソコ必死に構えマス。そんなことはお構いなしの弟。夕方の犬のお散歩攻勢には相変わらずビクついていますが、練習熱心なのはいいところ。少しは気持ちが見えてきまシタ。この意欲、 [続きを読む]
  • Flag兄、完敗
  • Flag兄の秋の公式戦はベスト8で終わりました。予選ラウンドで雨の中敗れたのと同じ相手で、またもや雨に見舞われたこの日...寒さにファーストドライブの最初から指先をあたためる仕草の見られた兄...まるであの日と同じように、全く機能しなかったオフェンス...雨の中での落球はある程度想定の内だったとはいえ、Flag兄までが振りかぶってボールをドロップすること2度...INTは計4つを数えます。指南した父の力はなんの足しにも [続きを読む]
  • Flag弟のスパイラル道
  • QBの自覚が芽生えてきたFlag弟は、スパイラルにこだわるオトコです。たしかにしっかり指にかかった時は強烈にボールが伸びてきマス。なにも考えずに投げ込んでくる分、兄が同じ学年だった時より回転数は多いかもしれまセン。ま、兄の方がはるかにモバイルQBだったので、そもそもはそこからなんとかしなきゃいけないわけで、どっしり構えて動かないポケットパサーと決め込んでしまうのももったいない…せっかく走れるルールなんだか [続きを読む]
  • Flag父、久々のフラッグ公式戦
  • Flag父はものすごーく久々に国内フラッグの大人公式戦に。一応選手登録上は残してくれているのデス。しばらく居なかった間にチームはグーンと若返って、平均年齢は20歳台…Flag姉とそんなに変わらないような若者たちが頑張っていマス。チームの歴史をしっかり紡ぎ続けてくれていることに、ちょっと感動。もともと母体のあるチームではないだけに、人と人の縁(えにし)が頼りデス。試合は極寒の河川敷で始まり、iPhoneのバッテリー [続きを読む]
  • Flag弟のラテラルパス練
  • なにも頭の上から放るだけがフットボールではありませんので、Flag弟はラテラルパスの練習を開始。感覚と体のメカニックを合わせていく作業ですので、ある程度インストールし終わったら、目をつぶって練習します。さすがに外が暗くなるのが早すぎるので、室内でスポンジボールを使っての練習も。たまーにあらぬ方向に飛んでいって大惨事を引き起こしかねませんが、姉兄も通ってきた室内トレーニングの道。楽しんで気軽にやれたらそ [続きを読む]
  • Flag兄、夜の帳に投げろ!
  • すっかり日が落ちてしまって、練習もなかなか困難ではありますが、高校生チームの照明灯に肖って、練習続行の兄たち。Flag父もスカウトQBとして穴を突きまくりマス。当たりたかった相手との再戦も叶って、準備に余念のない兄。そこそこ気合いが入ってきまシタ。とはいえ、明るくても寒さは変わらず、おててがチンチンする中での大変厳しい練習なのでゴザイマス。 [続きを読む]
  • 長い夜の仕事対策
  • Flag姉のタイ遠征の時に、父が頼んだものがコレ。コンビニでもレジ横に必ず置いてあるアイテムです。リップクリームではゴザイマセン。通称ヤド。正確にはヤードム?鼻にグイっとつっこんで、ヒト吸いするといったら怪しさ満載ですが、なかにはメンソール系の液体が入っておりまして、いっぺんに目が覚めマス。タイでは駅のホームや道端で、当たり前のようにタイ人がこれをポッケから出して吸っている光景がみられマス。とにかく暑 [続きを読む]
  • オスも逝く。
  • 比較的がんばった方だとは思いますが、オスも逝きました。可愛がっていた弟も、ちょっと寂しげ...メスの横に埋めてあげないと...と言いマス。越年できないのが宿命。命の儚さを感じてもらえたでしょうかー...カブトムシを飼う。世話をする。というFlag弟の浪漫につきあってくれてありがとう。卵ができてたらイイナと思う、Flag弟なのでシタ。 [続きを読む]
  • Flag姉の落ち葉掃き
  • 公式戦が終わってしまって2017年はもう試合のないFlag姉。オフ日に体を持て余したついでということで、掃き掃除でもしようかなっ!てところがポジティブです。熊手熊手と探してはみたものの見つからなかったもんで、同期のSちゃんに聞いたら知ってるよ!一緒にやろっ!てことになったそうで、仲良く2人で掃き掃除開始。それにしても敵はなかなかのモノでゴザイマス。何しろ山の中に建っていますので、落ち葉の量もハンパないのデス [続きを読む]
  • Flag弟、動じず。
  • 兄の試合からハシゴして弟の試合へ。会場移動は面倒ですが、時間帯がズレてくれたのは幸いでシタ。Flag弟はQBとして先発出場。練習試合ではありますが、経験の少ない弟にとって実戦経験はいま何よりも大切な時間デス。この日のコーラーはFlag父。ということで、遠慮なくビシバシと注文をつけましたが、そこは小学4年生。落球、落球、ルート間違い...メッセンジャーを飛ばしても伝言ゲームは違う指示になってプレイ展開される始末. [続きを読む]
  • Flag兄、秋晴れの再始動
  • プレーオフ進出に向けてトーナメント戦に臨んだFlag兄でしたが、天気はピーカンの秋晴れ。寒すぎず暑すぎず、絶好のフラッグ日和でシタ。相手にかつての後輩が揃う1年生チームと、新興チームが相手だったこともあって、Flag兄は序盤でお役御免。もう少し動いて欲しかったところデス。代わりにFlag父が、バックジャッジにひさびさに投入されて、7ヤードマーカーを持って行ったり来たり…実はレフェリーよりもバックジャッジの方がは [続きを読む]
  • Flag弟のパントリターン練習
  • フラッグフットボールにパントリターンはありませんが、せっかくタイリーク・ヒルのおかげでパントリターンの魅力を知ったトコロですノデ、Flag弟もパントリターンの練習をシマス。空間を把握する力は実際にこういう練習を繰り返さないといけまセン。昔の子は草野球をやって、フライをとっていたワケですが、いまやそういう遊びは絶滅寸前。確実にその力は落ちていると思われマス...というわけで、Flag弟も落球するコト数度。その [続きを読む]
  • 長谷部まぁコトの番組最後のお楽しみ
  • 日本代表 1-3 ブラジル代表得点 10分 ネイマール(ブラジル)17分 マルセロ(ブラジル)35分 ジェズス(ブラジル)62分 槙野智章(日本)記録長谷部誠 13回...というか13まぁ...代表戦は試合が終わってもお楽しみがありマス。マーベル映画のエンドクレジット後のおまけ映像のようなものなのは、我らが代表キャプテン長谷部選手のインタビュー...毎回このインタビューの最中に凄まじい量の「まぁ」が乱れ打ちされるのデス。ブ [続きを読む]
  • Flag弟、闇を疾走
  • 兄が試験勉強につきお休みとなって、ひとりで陸上練習にやってきたFlag弟でしたが、とにかく走り込まないことには横に横に育ってしまうので、今が頑張り時。とにかく目一杯走りこみマス。今日は補強系が多かったとかで、練習後は足が痛いんだソウデス。とはいえ、この日は父に迎えに来てもらってちょっと嬉しい弟。練習内容を嬉々として話してくれるのは子どもらしくてカワイイ。末っ子は役得デス。400mのエンドレスリレーだとか、 [続きを読む]
  • 意地の弟、投擲練習
  • 投擲でもなんとか勝てる力を身につけたいFlag弟は、投擲の練習をアフターでこなしマス。フットボールの練習にもなるから一石二鳥!というカラクリではありますし、ヤードラインが引いてあるのでわかりやすい!ガリガリくんをかけての挑戦が始まりマス。一投ずつ、父からのアドバイスを受けて、憤慨したり、図に乗ったりを繰り返し、ようやく目標距離を突破。以後2度クリアとなかなか上々の出来でゴザイマス。その後も、距離を延ば [続きを読む]