にくにく さん プロフィール

  •  
にくにくさん: 中学受験国語研究ブログ
ハンドル名にくにく さん
ブログタイトル中学受験国語研究ブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mk9aa7m2_school_blood/
サイト紹介文大手進学塾で4年連続NO.1講師だった私が、中学受験国語の奥義をお伝えします。
自由文カリキュラム授業の担当者こそが、生徒を育てます。私は、週1回の志望校対策講座の実績を含めず、カリキュラム授業で御三家に100名以上を送り込んだ講師であり、大手進学塾で、総合評価ナンバー1の評価を得てきました。今までの授業経験から編み出した、中学受験国語の奥義を今こそ世に問おうと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/02/10 16:54

にくにく さんのブログ記事

  • オリンピック選手が得たもの、捨てたもの
  • 五輪選手が得たもの、捨てたもの 一、羽生結弦選手(フィギュアスケート) http://world-free.net/?p=56961、得たもの昨年11月に右足首の靱帯(じんたい)を損傷するアクシデントに襲われた。しかし、これを乗り越え、ソチ五輪に続いて平昌五輪でも金メダルを獲得した。これはフィギュア男子66年ぶりの偉業となる。また、日本人として冬季の個人種目での連覇は初の快挙である。2、失ったものスポーツの現場に足を運んだのは [続きを読む]
  • 2018年度開成中国語入試問題について
  • 一、本年度開成中入試の特徴は、算数が簡単であったことである。平成25年〜平成29年の算数の受験者平均点(満点は85点)の推移は次のようになる。53.6→49.8→49.9→39.7→40.1である。ところが本年度入試の平均点は62.0であった。近時では最も易しかった。次に、そのテストで、どの程度の差がついたかを判定するのに、有力な手がかりは、合格者平均点と受験者平均点との差である。その差が大きけれ [続きを読む]
  • 2018年聖光学院中帰国入試解答・解説
  • さる1月7日に聖光学院中帰国生入試が行われました。問題は聖光学院中の事務室で一部500円で販売されていますが、解答・解説がありません。そこで、解答と若干の解説を試みたいと思います。2月2日、4日の入試に役立ててください。なお、解答は2018年1月20日現在のものです。合格者平均点は63.6点(満点は100点)だったようです。65%くらいで2月の本チャン入試合格レベルといえるかもしれません。一、①快 [続きを読む]
  • 入試直前声がけの作法
  • 本年度もついに首都圏入試が始まりました。各塾の先生が入試応援しています。しかし、いくつか気になることがあります。そこで、今回は塾講師、あるいは保護者のわが子への入試応援はどうあるべきかについて、いくつか考察を加えてみました。一、生徒が来る前①他人の前に出て、視界を妨げるな(どの先生も、担当生徒が来るのを首を長くして待っているのである。他の先生の視界を妨げてはならない)。②バカ騒ぎは止めよ(あんまり [続きを読む]
  • サンタクロースについて科学する
  • サンタクロースについて科学する 一、サンタクロースとは?1、キリスト教圏、並びに日本の子どものようなサンタクロース信者のいる世帯を訪れ、プレゼントを置く。2、世界の子どもの人口は約30億人であり、そのうち熱心なイスラム教徒、ヒンズー教徒、仏教徒を除くと、3億人となる。1世帯平均の子どもの人数は3.5人なので、3億÷3.5=約8570万世帯にプレゼントを渡す。3、移動距離は各世帯が均等な距離にあると [続きを読む]
  • 三大模試における女子・共学校偏差値序列
  •   ご好評につき、三大模試、すなわち四谷大塚、サピックス、日能研の偏差値序列を 女子。共学校について比較してみた。 なお、申し訳ないが携帯だとうまく見られないかもしれません。偏差値、序列の順に書いてあります。            Y  S  N渋幕1次(1月22日) 72① 62② 69②渋幕2次(2日) 7 [続きを読む]
  • 三大模試における男子・共学校偏差値序列
  • 塾の偏差値の数字を比較しても、母集団が違う以上あまり意味はない。なぜなら、たとえば日能研の偏差値50とサピックスの偏差値50とでは、母集団の実力の高い、サピの方が実力が上であることは当然だからだ。そこで、偏差値の数字の序列を比較してみた。序列による比較をすれば、たとえば、他塾に比べて序列の低い学校=その塾にとって入りやすい学校=その塾強い学校が明らかになるかもしれない。以下、序列(偏差値)を示して [続きを読む]
    • 関連キーワード
    • サピックスの偏差値
    • 四谷大塚の偏差値
    • 日能研偏差値
    •   >>もっと見る
  • なぜ、国語の勉強は必要か?
  • なぜ、国語の勉強をしなければならないのか?一つの解答に出会いました。樋口裕一先生の「ホンモノの文章力」(集英社新書)です。樋口先生は小論文の先生として著名で、「何をどう書くか」という型をまず教える指導法を採用されています。私も小論文の指導においては、樋口先生の指導法を取り入れています。この指導法には「型通り書く力が文章力といえるのか?」などどいう批判があります。しかし、「思った通り書きなさい」と言 [続きを読む]
  • 洗足の勃興、フェリスの凋落?
  • 神奈川方面の女子入試で大きな異変が起きています。日能研の偏差値において、洗足がフェリスを抜いています。2017年入試結果R4偏差値(合格率80%以上偏差値)、最新版2017年10月における2018年入試予想R4偏差値は、ともにフェリスの偏差値62に対して洗足一次が63、2次3次は64、64となっています。(http://www.nichinoken.co.jp/np5/schoolinfo/pdf/r4/results/r4_2017_e_f.pdf)(http://www.nich [続きを読む]
  • 受験生と運動〜スクワットの勧め
  • 受験生と運動適切な運動を行わなければ脳も発達しないことが分かっています。しかし、受験生は運動のための時間がとれないことが多いでしょう。 では、どんな運動が良いでしょうか?おすすめはスクワットです。スクワットはキング オブ エクササイズ(運動の王様)と呼ばれています。なぜでしょう。第一に、それは、Hip Drive(ヒップドライブ)を、直接的かつ効果的にトレーニングできる唯一のエクササイズだからです。ヒップド [続きを読む]
  • 聖光学院学校参観2017
  • さる大手塾主催の聖光学院中の学校参観に参加しました。工藤校長が約80分お話になり、その後、施設見学となりました。1、まず、工藤校長のお話の概要からご紹介します。一、講堂をラムネホールという。残響は神奈川県音楽堂を上回る。1500人収容する神奈川県でも有数のホールである。半地下で窓がないので、ミサイルが飛来した場合、このラムネホールを避難場所とする。なお、全施設耐震性は十分であり、津波がくる心配もな [続きを読む]
  • 「蜜蜂と遠雷」(恩田陸  幻冬舎)を読んで
  • 2017年度直木賞、本屋大賞、ブクログ大賞など受賞作品であり、2016年9月出版、少年少女の成長物語となれば、2018年度中学受験の出題者が注目しているのは確実。そこで読んでみた。音楽コンクールものといったら漫画の「のだめカンタービレ」「ピアノの森」、さらにNHKの「ショパンコンクール 若き挑戦者たちの20日間」(1985年)がある。↓https://youtu.be/QqLtMTHoOtA本作品はその集大成だと言えると思う [続きを読む]
  • 子の年収は親のしつけできまる!?
  •  私が愛読するメルマガの一つに、北野 幸伯さんの「ロシア政治経済ジャーナル」 というものがあります。(バックナンバーはこちら⇒http://archives.mag2.com/0000012950/index.html?l=kxs154d2a9)  北野 幸伯さんはモスクワ大学に留学した人で、彼の「ロシア政治経済ジャーナル」は、ロシア流の情勢分析を示してくれます。そして、国際情勢について、分かりやすく解説してくれます。日本のマスコミとは違った観点で解説される [続きを読む]
  • 2017年度頻出文章問題
  • ようやく本年度首都圏中学入試の分析をほぼ終了しました。本年度入試で重複出題された文章は、来年度入試でも出やすいです。   たとえば、2016年度入試でもかなり重複出題された榎本博明氏の「『自分らしさ』って何だろう?」(https://blogs.yahoo.co.jp/mk9aa7m2_school_blood/14642914.html 参照)は本年度入試でもかなり出題されました。三大模試では、入試過去問からの出題が多い、首都圏模試などに直撃するかもしれ [続きを読む]
  • 青山学院横浜英和中学校 塾対象説明会2017年
  •  2018年度入試から男女共学化する青山学院横浜英和中の塾対象学校説明会の概要について、お伝えします。 男女共学化すれば、確実に難化する。これは、渋渋、広尾学園、中大横浜などの例が物語っております。青山学院横浜英和中も来年度入試では難化&注目度アップ必至。だからでしょう。塾対象説明会もかなりの人数を集めていました。↓一、教育内容1、キリスト教に基づく教育が本校の最も大きな特徴である。では、それはどんな [続きを読む]
  • 2017年栄光学園中学高等学校 懇談会
  • 過日 さる大手塾で栄光学園中の懇談会の概要をお伝えします。なお、この塾での懇談会出席者は、昨年の4倍増です。新校舎落成が多大なる効果を上げているようです。もはや、2月2日の入試が難化することは疑いありません。その分、聖光学院は易化するのも明らかです。さて、懇談会も新校舎の説明から始まりました。一、施設旧校舎は三階建て、エアコンがなく不評だった。新校舎は二階建て、エアコンが付いた。一階は鉄筋コンクリ [続きを読む]
  • 睡眠負債について
  • 最近、話題の「睡眠負債」について、調べてみました。保護者より睡眠のことについての質問を受けることもありますので、本記事が参考にされば幸甚です。一、①起床して4時間経過しても眠たい人②目を閉じて片足立ち30秒できない人③寝つきが良すぎる人は「睡眠不足」「睡眠負債」の疑いがあります。なぜなら、①起床4時間後は、本来は、脳の活動が最も活発になっているはずで、なおも眠たいということは睡眠不足で脳が疲れてい [続きを読む]
  • 2017逗子開成中塾対象説明会
  • 今回はさる5月24日に行われた逗子開成中塾対象説明会の概要をお伝えします。一、本校の沿革東京の開成中学校の校長であった田邊新之助が1903年に創設。この人は、1904年に鎌倉女学院も創設した。一時、衰退し1973年には中学の募集を停止した。また、1980年に山での遭難事故が発生し、事態は紛糾した。しかし、1984年に徳間書店社長の徳間 康快(とくま やすよし)が理事長に就任し、後、校長も兼任。「第 [続きを読む]
  • なぜ勉強が必要か?主にお金の面から考える
  • なぜ、勉強するのか? それは、幸せになるためです。それでは、「幸せ」とは何でしょう? さまざまな考えがあると思いますが、ここでは、人間の脳に注目してみましょう。 人間の脳には①「生きたい」②「知りたい」③「仲間になりたい」本能があります。とすれば、この本能が満たされることが「幸福」であるといえます。 それでは、もう少し具体的に考えてみましょう。①「生きたい」→健康が必要。そのためには体に良い食べ物を買 [続きを読む]
  • 2017年東京都市大付属中塾対象説明会
  • 7年連続都内男子校で志願者ナンバーワンの東京都市大付属中学校の塾対象説明会に出席しました。今回は、その概要をお伝えします。一、どんな学校を目指しているのか?1、面倒見のよい自由主義の下、自治・自主の精神を育みたい。また、明るく元気な進学校を目指したい。=勉強もクラブにも励んで、難関大学に合格。二、Ⅰ類とⅡ類1、Ⅱ類生は、補習、勉強合宿への参加、校外模試の受験などが義務付けられており、学力育成が重視 [続きを読む]
  • 中学受験における保護者の子供の学習への関わり方
  • 中学受験をする子供の勉強に、親がどう関わるべきか?塾講師が、よく受ける質問です。この記事では、回答の一つを示したいと思います。保護者に最低限やっていただきたいことは、一言でいえば「スケジュール管理」です。つまり、1 通っている塾のカリキュラムでは、週ごとに何をやるのかを把握し、2 一週間のいつ、何をやるのかを振り分ける。ということです。そのために、週ごとに解答用紙集をつくってあげて、それを子供に渡 [続きを読む]
  • 2016年→2017年難化した学校
  • 四谷大塚が実施している合不合判定テストのデータにもとづき、入試の偏差値の増減で難化した学校、易化した学校を紹介します。魅力的な学校→優秀な受験生が集まる→偏差値が上がるということからすれば、偏差値が上がっている学校は、現在、多くの保護者が魅力的だと感じている学校ということになります。偏差値が下がっている学校は、その逆で魅力がないと考えられていることになります。本校では、偏差値の上下を通じて、時代が [続きを読む]
  • 2017年度麻布中入試の求めたもの
  • 麻布中の入試問題の出題傾向は一貫しています。設問により文章内容をトレースさせることで、受験生を主題へと誘導していきます。いわば、入試問題が「第一回の授業」になっているのです。そこでは具体(物語世界)→抽象(物語を通じて筆者の言いたいこと)という立体的な頭脳の使い方が求められています。ひたすら心情を追わせるフェリスの「心情ドラマ」と対照的といえます。さらに平成26年度と同様、主人公が人間ではなく、異 [続きを読む]