えんぎじんせい53年 さん プロフィール

  •  
えんぎじんせい53年さん: 東宝現代劇で多くの名優そしてスターと共演しました
ハンドル名えんぎじんせい53年 さん
ブログタイトル東宝現代劇で多くの名優そしてスターと共演しました
ブログURLhttps://ameblo.jp/kobaturuzoo76/
サイト紹介文テレビにも出たが東宝系の商業演劇に休み無く出演活動しました
自由文芸術座、帝劇、宝塚劇場、新コマ、梅コマ、新歌舞伎座、博多座、御園座、中日劇場、名鉄ホール、日生劇場、三越劇場、新橋演舞場その他に出演しました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/02/10 03:15

えんぎじんせい53年 さんのブログ記事

  • 日比谷ブロードウェイから 日比谷映画街に
  • まだまだ宝塚とか日生劇場は残っているものの、帝劇を加えても、そこには今は東宝現代劇のかけらもなくなってしまった。 あれほど質のいい芝居を続けてきた東宝現代劇、あらゆる芸能の分野の活躍の名優、スタア、映画俳優、歌舞伎俳優、宝塚スタア、テレビ・タレント、演劇俳優が混合部隊で質の濃い、おもしろい、楽しめる舞台を世の中に送ってきた。 初めは空席も目立つ劇場を半年ぐらいで2ヶ月から1ヶ年ロングランするよ [続きを読む]
  • 心が洗われたカーリングLS北見
  • 近頃こんなに気持ち良く心が洗われた事はあまり無かった。 見るからに純朴で爽やかで、北海道の小さな町から生まれたカー娘達、これ程笑顔が常にあふれて、素直にさせてくれる女の子達。その爪の垢でも政治家や相撲協会やレスリング協会、至学館大学長や不倫のやから達よ煎じて飲めよ!と言いたくなる。 何が本当なのかいくら政治やさんが嘘繕っても国民はわかっているよ! [続きを読む]
  • 日本映画は青春物がはこびり思い出させる小学校の美少女
  • 最近の日本映画は若い俳優さん達が躍動している。 中には我が青春を思い浮かばせてくれる懐かし気な作品もある。 そんな映画を観た時小学校の同期生の美少女を想起させる。 その美少女は同期会を行う時いまだに話題になる。数十年も大昔の事なのに。 彼女は小学校を卒業してかなり経ってから暫く同窓会の幹事をやっていた。私も同じく幹事をやっていた。卒業してから時々逢う彼女の美しさに魅了されて、そんな時でも逢 [続きを読む]
  • 最後の東宝喜劇人、左 とん平さん
  • まさかと思われるほど何時も明るく元気に対応してくれる、とんちゃんだった。 東宝の舞台の喜劇人最後の人だった。森繁さん三木のり平さんフランキー堺さん、南 利明さん、益田キートンさん、佐山俊二さんもっと古くはエノケンさん、ロッパさんと、もうみんないなくなってしまった。 宝塚劇場公演の「雲の上団五郎一座」アニメの舞台化「極楽町一丁目」芸術座公演や映画、テレビと東宝関係の多くの仕事をこなした。愛嬌の [続きを読む]
  • 劇団東宝現代劇一期生と私は同期よと仰る司葉子さん
  • く 先日役者の集まりで司葉子さんにお会いする。相変わらずお元気で美しい司葉子さん。こないだの自主公演にもお花を戴く。 その時司葉子さんは「東宝現代劇一期生と私は同期生よ」仰る。 そうなんだ。既に映画スターで人気のある司葉子さんが、初舞台に近い形で日比谷芸術座(現在クリエ)昭和33年9月から3か月ロングラン公演の「人間の條件」五味川 純平 原作。小幡 欣治 脚色。菊田 一夫演出に主演することになる。 私達 [続きを読む]
  • oh!ブラボー 88才のジャズシンガー
  • 今日2018年2月4日銀座 TACT にジャズライブを見に行った。カルテットをバックにスタンダードを歌いまくるチャコ姉事、小柳 久子、よく声も出ている。88才とは思えぬ驚くべきバイタリティー正しくは2月5日が誕生日で88才になるそう。 実になんとも楽しそうにスイング♪スイング♪ まだ私がうんと若い頃、住まいだった杉並区高円寺1丁目の近くの天祖神社横の崖の上の方に当時SKD松竹歌劇団のスター小柳 久子が住ん [続きを読む]
  • こんな時だが昭和の俳優が集まった
  • 大雪の日、劇団・東宝現代劇一期生の内山恵司を偲ぶ会が、元芸術座(今クリエ)の真裏にあるドイツ料理店で行われた。 あの大雪にもめげず沢山の方々いらした。 名優内山 恵司、地味だがいぶし銀のような功績を遺して逝った。 思い出すのはまだ若い頃新宿コマ劇場の「事件記者」に出ている時だった。エノケンさん岩井半四郎さんの中にまじって内山は少し二枚目がかった役をやって相手役の久慈 あさみにさんに「これがブンヤの [続きを読む]
  • 昭和33年公演「蟻の街のマリア」はまだ生きている
  • 戦後一時期に隅田公園にあった廃品回収を仕事として蟻の様に働く貧しい人達や、こどもたちを支援して救済に尽力して 28才の若さで結核で病死した北原怜子さんや、ポーランド人のゼノ神父、そして作家の松居 桃楼さん達の献身的な行いを忘れてはいけないと、蟻の街の記録を紹介しょうと写真資料展が1月20日から23日迄隅田公園内のリバーサイドギヤラリーで開かれた。 お茶の販売店を営む北畠啓行さんや記録作家の石飛 [続きを読む]
  • たまにはチャンバラ映画
  • 以前NHK・BSでオンエアした古い古い時代劇(チャンバラ映画)の録画を観る。今や隔世の感で、古臭いと思うがこの古臭さが何ともいい。 「修羅城秘聞 双龍の巻」で、監督は衣笠 貞之助。出演者は、長谷川一夫。大河内 傅次郎。轟 夕起子。澤村 晶子。坂東 好太郎。羅門 光三郎。加東大介。澤村 国太郎。清川 荘司。伊達 三郎。鳥羽 陽之助。河野 秋武。市川 小太夫と当時のチャンバラ映画には欠かせない俳優さん達である。 [続きを読む]
  • ビング・クロスビー、スタンダードを唄うを聴く
  • ビング・クロスビーが1930年代から40年代に吹き込んだデッカ時代のレコードを聴く。クロスビーと言えばなんといっても「ホワイト・クリマス」だが、どの曲を聴いても、暖かいソフトで甘く、よく心にしみてくる。 昭和に古い珈琲店で美人のウエイトレスを前にしてよく聴いたナンバーの数々。 「スターダスト」「イスター・パレード」「エンブレイサブル・ユー 」「枯葉」「ハッシャバイ」「テンプテイション」「アイ・サレン [続きを読む]
  • 市井の人々
  • 時に追想するは昔お会いした庶民の方々だ。唯々ひっそりと一途に生きた名も無き人々。 小説で言えば田山花袋の「田舎教師」 の主人公みたいな人々である。 彼なんか世の中に出る為の努力をしても、恋をしても、病に倒れて不遇の内に死んでゆくのだが、恵まれないが一生懸命一途に生きている人達を思い出すのである。 60年前位だが、8部屋くらいあった我が家が戦争中に空襲をまぬがれる為に、家を国が壊すと言う強制疎開 [続きを読む]
  • 映画館さまざま
  • やはり映画館まで足を運ぶのは、歳をとって大変だけれど愉しい。 昨日渋谷の小さな映画館に行った。「プラハのモーツァルト誘惑のマスカレード」と、別の回でもう1本アメリカ映画「ザ・サークル」というサスペンスもの。驚いた事に2本とも私をふくめてお客さんは四人しかいなかった。 「プラハのモーツァルト」は作品の出来も良くて、音楽も楽しめた。しかし今はやはりイケメンや若い人達が主役じゃなければ映画は入らない [続きを読む]
  • 昭和歌謡ってじっくり聴くといいねえ
  • 久しぶり「トップスターによる歌謡百年史」から数枚出して聴く。 うーんやはりいい、しんみりしてしまう。 「南から南から」美空ひばりが歌っている。こんなに独特な唄い方しているひばりさんを発見、えらい魅力的だ。続いて「星の流れに」「東京ブギウギ」「異国の丘」とひばりさんが歌う。やはり昔森繁久弥さんがよく言っていた「台詞は歌え、歌は語れ」を思い出す。 ひばりさんの唄い方は詩ひとつひとつに気持ちが入って [続きを読む]
  • 不倫発見誌「週刊文春」で昔お世話になりました。
  • 昭和34年頃だったか役者になってまもなくの頃、まだまだ食えないのでアルバイトを沢山やった。朝大久保のコーヒー店で混んでいる時間帯を3時間ばかり手伝い、それから3時間ばかり新橋の建築事務所で事務をやり今度は品川迄行って韓国人ばかりのコーヒー店でカウンターで働き夜になると新橋駅側の友達のバーでバーテンをやった。若さだからできる業である。役者の仕事の時はアルバイトは休む訳で。 そんな事を続けている内 [続きを読む]
  • 銀座の風物キャバレー「白いばら」
  • 昭和6年創業の銀座、有楽町駅に比較的近いキャバレー「白いばら」が来年1月に閉店する。 このキャバレーには1回も入った事は無いが銀ブラする時は何時も風物として自分の心にあった。 銀座は常に街は変化していく、仕事場が銀座に近かったので常にこの街を散策するが、目に入るのは何時も変わらぬキャバレー「白いばら」だった。 それは自分も変わっていくが人も場所もどんどん変わっていくのにこの「白いばら」は何時も [続きを読む]
  • 面白かったソフトバンク×DeNAの試合
  • どっちのファンでもない私でもこの試合は面白かった。究極にギリギリ迄に追求する様子は人の生きていく覚悟を思わせる。 私は以前に福岡の博多座公演にいく時期がいつもソフトバンクの優勝に関係する時に遭遇する。後は福岡のお祭りにもよく会う。 街は賑やかで雰囲気が楽しかった。上の写真はやはり丁度博多座に出ていて、その時地元の人に誘われて福岡ドームにソフトバンクの試合を加藤 茶さん田村 亮さんと見に行った時の [続きを読む]
  • 大映女優映画祭と南美川 洋子
  • 先日有楽町駅前のスバル座におもむく。何時も地味だがなかなかの作品を上映しているこの好きな映画館スバル座、 あまり商いになりそうも無いがでも観させる映画をやってくれるスバル座に、いつも少ないお客さんしかいないのに、驚いた事に沢山の人々がざわついている。 上映している作品は「エルネスト/もう一人のゲバラ」である。 日本人を父に持つフレディの生涯を描いた映画で同士ゲバラからエルネストとファ [続きを読む]
  • ても驚いたノーベル文学賞
  • 叉も村上春樹氏が賞を逃した。でも受賞したのがカズオ・イシグロ氏だと知ってすぐ1993年に見た映画「日の名残り」の作家だとわかった。 それほど映画「日の名残り」の原作者が長崎生まれの日本人である(今は日系英国人だが)という印象と、アカデミー賞にノミネートされた映画「日の名残り」が実に静かな落ち着いた雰囲気の印象が、ずうっと心に残っていた。アンソニー・ホプキンスの演技がいまだに頭にこびりついて [続きを読む]
  • 林 与一氏の素踊りを見る
  • 最近 林 与一氏の素踊りを見た。さすがに立っただけで、その色気と踊りのうまみは凄い。見ごたえのある充実感やはり芸である。 関西歌舞伎出身であるが、今は全く歌舞伎からは離れているが、いまだに時代劇においての第一人者である。 身のこなしといえ、しぐさ、姿形は正しく時代劇そのもの、現在時代劇は少なくなったとはいえ、歳を重ねたとはいえ、時代劇の中心として活躍して欲しい。 現在時代劇にしても現代物にし [続きを読む]
  • 鈴木砂羽降板事件
  • まあ世の中あちこち呆れるくらい揉め事が多い。戦争になるかならないかという大事もあるけど、ちっぽけな揉め事の多い事。 私は役者であるがプロデュースも演出もやる。60年近く一流の舞台に出演して来たが、こんな揉め事はよくあった。 しかし組織がしっかりしていると、こんなちっぽけな争いは少ない。 舞台でもテレビでも確かに傲慢な演出家はいる。ただ威張り散らしている演出家は直ぐわかる。その見極めは、その演出 [続きを読む]
  • 林 与一さんと久しぶりに会う
  • 林 与一さんと会う。彼の娘さんの日本舞踊の発表会を見てくれとさそわれたのだ。一緒に踊るのは昔劇団・東宝現代劇の美人女優だったきうら節子である。 昔フジテレビの「坊ちゃん」でマドンナ役を演じた元女優さんである。今の幸四郎さんが染五郎時代に「坊ちゃん」を演じた作品である。私もレギュラーで、いたずらな高校生を演じていた。 与一さんは12月に新橋演舞場の舟木一夫公演の忠臣蔵で吉良を演じるという。 でも [続きを読む]
  • 女優と言うより人間として存在感があった女優長谷川泰子
  • 今「中原中也との愛を語る」女優長谷川泰子の本と漫画「のらくろ 」を描いた田河水泡の奥さん高見澤潤子のエッセイを読んでいる。 大正13年頃中原中也と同棲していた長谷川泰子は14年11月に小林秀雄を知り、今度は小林秀雄と同棲する。自由奔放ともいえる泰子の心理は結構凄まじい。昭和6年「グレタ・ガルボに似た女性」(時事新報社東京名映画鑑賞会主催)に応募して当選したが、女優として伸びる情熱もなく京橋の酒場「 [続きを読む]
  • 終戦直前にまさかこんな事もあったのか!
  • 色々と映画は観ているが過去にさかのぼっての鑑賞の中でもこの「ゆきゆき神軍」はかなりのショックだった。 最近この映画の撮影記録とシナリオを一挙掲載してドキュメンタリー映画はどごまで描く事を許されるかを問うを読んだ。この映画の裏に潜む壮絶な人間ドラマは1987年渋谷のユーロスペースで上映された時に私は見ているがあらためてこの映画の本を読んでもかなりのショックだった。 その迫力と戦慄に驚き面白 [続きを読む]