RYO さん プロフィール

  •  
RYOさん: 金森戦記外伝-歴史私記
ハンドル名RYO さん
ブログタイトル金森戦記外伝-歴史私記
ブログURLhttps://ameblo.jp/heavenryofukuto/
サイト紹介文金森戦記の管理人のブログです。
自由文飛騨の歴史、金森長近、金森氏の歴史紹介サイト「金森戦記」の管理人のブログです。日常や城・寺社仏閣・甲冑・時代まつりなどを掲載します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2011/02/10 12:51

RYO さんのブログ記事

  • 【2017】若獅子蘭丸2017 暫定レポ
  • 若獅子蘭丸2017暫定レポです。あいにくの雨で武者行列は中止でしたが、祭りは雨天スケジュールで、寸劇は体育館で実施されました。10月の第三日曜は基本的にはあまり雨がふらないのですが、今回は残念でした。↑劇の蘭丸と信長公。いつもありがとね。今回は、迫真に迫る演技でした。↑やられ役ぽい雰囲気を全面に出した金角&銀角? ちょっとだけ阿吽 仁王像ぽくしました。↑信長公と。劇中の矢のシーンの殺陣は、よかったです。 [続きを読む]
  • 若獅子蘭丸2017
  • 今週末です。織田信長公の小姓として有名な美少年武将の森蘭丸。森蘭丸生誕地の兼山では、戦国武者行列「若獅子蘭丸2017」を今秋に開催!森家一族の武将・姫・槍隊などによる行列は勇壮華麗な戦国絵巻を繰り広げ、コース途中では戦国武将の寸劇、火縄銃の演武など見どころ満載!訪れた観客を魅了します! 【戦国武者行列・若獅子蘭丸2017】と き 平成29年10月15日(日) 正午出陣!ところ 兼山橋付近スタート (岐阜県可児 [続きを読む]
  • 【2017】ぎふ信長まつり暫定レポ
  • 日曜は、岐阜市で開催された「ぎふ信長まつり」に参陣しました。暫定レポです。本年は、信長役は藤岡弘、さんでした。↑行列の出発地点の岐阜駅、ハートフルスクエアーGにて。↑道路封鎖された岐阜市のメインストリートを行列していきます。↑岐阜市の街中で3回、火縄銃の発砲をします。岐阜市の街中なので四方がビルに囲まれているため銃声が反響してものすごい音になります。↑素晴らしい写真。こんな感じで撃っていきますが、 [続きを読む]
  • 【2017】西尾 秋の城址まつり暫定レポ
  • 暫定レポです。西尾の抹茶の日&西尾産業物産フェアに参陣しました。本年で12年連続です。朝まで雨が降っていましたので、天候が気になっていましたが、晴天に恵まれて無事に終わりました。↑秋まつりの第一弾のイベントです。大給松平、西尾藩の旗印「葵」 火縄を新調したので、縄を黄色に染めたのですが、山吹色になってしまいました。↑タイ乗り物 トゥクトゥクの前にて。観光用で西尾市内を走っているみたいですね。↑抹茶 [続きを読む]
  • ぎふ信長まつり
  • 日曜は、岐阜信長まつりに出陣です。10月7.8(土日)のお祭りですが、日曜の火縄銃演武で参陣します。 岐阜のまちづくりに貢献した織田信長公を称え、毎年岐阜市中心市街地一帯で開催される、岐阜を代表する秋のおまつり。今年は、信長公岐阜入城・岐阜命名450年を記念し、スペシャルゲストとして藤岡 弘、さんを招き、本まつりのメインイベントである戦国武将や火縄銃鉄砲隊などで編成する「信長公騎馬武者行列」で織田信長公役と [続きを読む]
  • 西尾の抹茶の日&西尾産業物産フェア
  • 今週、土日は、西尾市の火縄銃演武と岐阜信長まつりのダブルヘッダーです。まずは、西尾のイベントの紹介です。先週も西尾へ所用へ行ってきました。西尾は、抹茶、三河一色のうなぎと美味しいもの沢山ですね。西尾城址公園で火縄銃演武、西尾市文化会館では、抹茶の日として抹茶わた菓子の販売など「西尾の抹茶」のお祭りです。また、とこなめ焼窯変ライブやうなぎ、えびせんべい、地酒など地場産品や特産品の販売も行われます。 [続きを読む]
  • 薄桜鬼 刀剣禄 幕末維新の刀剣展
  • 岡崎城・三河武士のやかた家康館で開催されている「薄桜鬼 刀剣禄 幕末維新の刀剣展」を最終日に見てきました。最終日でも盛況のためか沢山のお客さんがいました。薄桜鬼は、一応、昔、全部アニメで見てましたが、時代劇専門チャンネルで現在放送中なので今、見なしています。個人的には京都編よりも洋式の衣装の戊辰戦争編が好きでしたね。愛知県内でも新撰組隊士は拳母藩の安藤早太郎をはじめとする隊士が何人もいるのでいろい [続きを読む]
  • 【2017】越前朝倉戦国まつり その2
  • 越前朝倉戦国まつり その2です。前の続きです。出陣式と武者行列が終了しまして午後からの火縄銃演武の記事です。↑義景館跡の正面、唐門にて。豊臣秀吉が朝倉義景の善提を弔うために寄進したもの と伝えられます。↑火縄銃演武が始まります。緑が映える一乗谷は美しいですね。↑粛々と行軍していきます。↑立ち撃ち一斉。私の銃口から出る火柱が美しい↑立ち撃ち順射↑中膝放ち順射↑こんな風に無事、6発の演武が終了しました。 [続きを読む]
  • 【2017】越前朝倉戦国まつり その1
  • ■開催地 福井県福井市城戸ノ内町 ■開催日 2017年8月20日(日)■主催者 社団法人朝倉氏遺跡保存協会 ■参加武者 約100名戦国大名・朝倉氏一族が栄華を極めた城下町跡。朝倉・浅井連合軍を再現した武者行列、約15,000のキャンドルの光で浮かび上がる「越前朝倉万灯夜」が見どころです。↑見知った戦友。今年は、いろいろな知り合いの方も参戦されていました。↑夜の越前朝倉万灯夜は、幻想的ですが、昼も沢山のお客さん [続きを読む]
  • 【日本100名城】和歌山城
  • ■所在地 和歌山県和歌山市1番 ■遺構 天守・櫓・門・石垣・堀・郭 ■城のタイプ 平山城 ■築城者 羽柴秀長・浅野幸長紀州55万5千石にして徳川御三家の紀州藩の居城の和歌山城は天正13年(1585)に羽柴秀長によって築城されました。関ヶ原の戦いで功をたてた浅野幸長が37万6千石で入城して現在の遺構の城に改修しました。浅野氏が広島に転封となると元和5年(1619)に徳川頼宣が入封して徳川御三家として、繁栄しました。有 [続きを読む]
  • 【企画展】侍−戦いの装い その柒(なな)− 西尾市資料館
  • 私も所属しています一般社団法人日本甲冑武具研究保存会 東海支部協力の企画展です。今回で7回目です。そろそろ柒(なな)とか字が読めん。無料ですし、日本甲冑武具研究保存会 の東海地区の屈指のコレクターの展示品なので必見ですよ。 開催期間  平成29年 9月26日(火曜日)〜11月10日(金曜日) 開館時間  9時〜17時 入場料  無料(駐車場も) ※会期中の休館日 毎週月曜日(※10月9日は開館) 休館日に注意 [続きを読む]
  • 【日本100名城】金沢城
  • ■所在地 石川県金沢市丸の内 ■遺構 櫓・門・石垣・堀・郭 ■城のタイプ 平山城 ■築城者 前田利家金沢城は、天正11年(1583)前田利家が、小立野台地の突端部を利用して築いた平山城です。加賀支配の拠点とすべくキリシタン大名の高山右近に縄張を依頼して加賀百万石の居城にふさわしく大改修しました。江戸時代は、度重なる火災を経験しつつも加賀百万石の居城として機能しました。(1)百間堀から見た石川門、(2)石川門・隅 [続きを読む]
  • 【日本100名城】広島城
  • ■所在地 広島県。広島市中区基町 ■遺構 天守・石垣・郭・堀・復元櫓・門 ■城のタイプ 平城 ■築城者 毛利輝元 広島城は、天正17年(1589)毛利輝元によって築城されました。慶長5年(1600)の関ヶ原の合戦後、毛利輝元は、防長二か国に減封されて広島の地を追われてしまいました。その後、福島正則が城を完成させましたが、修築許可の不備をとがめられ没収され、浅野長晟が安芸一国・備後半国の領主として広島城に入りま [続きを読む]
  • 【日本100名城】松本城
  • ■所在地 長野県松本市丸の内 ■遺構 天守・櫓・門・石垣・堀・郭 ■城のタイプ 平城 ■築城者 石川数正松本城の歴史は、深志城と呼ばれ小笠原氏の城でしたが、天正18年(1590)に石川数正が8万石で入封して数正と子の康長の代に城下町の整備、現在の城の姿になりました。石川氏は改易後、小笠原・戸田・松平・堀田・水野と目まぐるしく城主が交代しました。(1)天守群の南西面、(2)二の丸曲輪の土塁、(3)升形と堀、(4)太鼓櫓枡 [続きを読む]
  • 【続日本100名城】吉田城
  • ■所在地 愛知県豊橋市今橋町 ■遺構 復元模擬櫓・石垣・堀・郭 ■城のタイプ 平城 ■築城者 牧野古白、池田輝政城は、永正2年(1505)、牧野古白により今橋城が築かれたことに始まります。戦国時代、東三河の要のため激しい攻防が繰り返されるなか、名称も吉田城と改められ永禄7年(1564)には松平(徳川)家康が吉田城を攻略し、城主に酒井忠次を置きました。天正18年(1590)、家康の関東移封によって池田輝政が15万2千石 [続きを読む]
  • 【2017】吉田城クイズラリー
  • 愛知県豊橋市で開催される炎の祭典の日の日中に開催された吉田城(豊橋公園)にての城クイズラリーに具足着用にて賑やかして参加してきました。↑クイズラリーのクイズポイントの本丸と鉄櫓(くろがねやぐら)の附近にて。吉田城は、続100名城に選定されましたね。遺構的には、100名城でも十分な史跡です。↑ボランティアガイドの皆さんと綺麗なお姉さまと炎の祭典のブースにての記念撮影。↑手筒花火の筒。愛知県は手筒花火が盛んで [続きを読む]
  • 特別展 天下人の城 −信長・秀吉・家康ー
  • 前回、宵の徳川園の夜祭に行ったのですが、美術館は行かなかったので、期間も少ないのでようやく徳川美術館の企画展「天下人の城 −信長・秀吉・家康ー」を見てきました。この展覧会では、織田信長の居城の変遷を軸に、秀吉・家康へと繋がる天下人の系譜をたどりながら、三人に関わる城や武将の遺品・史料の紹介を交えつつ、天下の名城を紹介しています。感想全体的のボリューム感ある企画展で最近の徳川美術館の企画展の中では [続きを読む]
  • 【続日本100名城】大垣城
  • ■所在地 岐阜県大垣市郭町 ■遺構 復元天守・櫓・門・石垣・堀 ■城のタイプ 平城 ■築城者 竹腰尚綱、宮川安貞、氏家直元、伊藤祐盛、戸田氏大垣城は美濃守護・土岐一族の宮川吉左衛門尉安定により、天文4年(1535)に創建されたと伝えられています。関ケ原の戦いでは、西軍・石田三成の本拠地となりました。その後、戸田氏が十万石の城主となり明治まで太平の世が続きました。昭和11年(1936)に国宝に指定されましたが、昭和2 [続きを読む]
  • 【発掘調査】越前府中城の石垣
  • 福井県越前市の市役所立て直しの際に出土した旧府中城の石垣を見に行ってきました。もうすぐ埋め戻され永久に見るとこはできないと思うのでしっかりと目に焼き付けてきました。現在は、工事区間全域が立ち入り禁止になっているので侵入不可ですが、石垣が視認できます。府中城といえば、前田利家が本格的に築城して結城秀康が越前国の領主となると付家老の本多富正の城となり幕末まで本多氏の城(陣屋)として機能しています。 ↑自 [続きを読む]
  • 【2017】越前朝倉戦国まつり 暫定レポ
  • 福井県福井市の一乗谷朝倉史蹟で開催された越前朝倉戦国まつりに参加しました。暫定レポです。真夏の炎天下2時に火縄銃演武と基本的に暑いのですが、本年は例年よりも暑くて火縄は汗で濡れて、銃身はかなり熱くなり、コンタクトは、曇って視界不良でかなりヘヴィでした。↑見知った戦友。今年は、いろいろな知り合いの方も参戦されていました。↑夜の越前朝倉万灯夜は、幻想的ですが、昼も沢山のお客さんが訪れて静かな一乗谷も賑 [続きを読む]
  • 【史跡】安田城
  • 史跡めぐの記事です。今回は、綺麗に整備されて曲輪が解りやすい国指定の平城の安田城です。堀に咲いている水連が見頃で綺麗でした。安田城(やすだ)城は富山県富山市婦中町安田にあった戦国時代末の平城です。存城期間が短かったため後世の改変がなく、当時の遺構をほぼそのまま残す全国的にも貴重な城跡です。城は、全国統一を目指す羽柴(豊臣)秀吉が越中の佐々成政を攻めた際、秀吉の本陣となった白鳥城の支城とされています [続きを読む]
  • 【おでかけ】おおかみこどもの花の家
  • おでかけの記事です。実家にお盆休みの帰省の際に、富山県に行ってきました。細田守監督の作品「おおかみこどもの雨と雪」の劇中モデルとなった花の家に行ってきました。おおかみこどもの花の家映画「おおかみこどもの雨と雪」の舞台モデルになったお家です。まるで映画からそのまま抜け出してきたような、とても懐かしい、優しい感じで迎えてくれる古民家は、富山県中新川郡上市町にあります。現在も映画と変わらぬ姿で公開され [続きを読む]
  • 第47回越前朝倉戦国まつり
  • 本年も真夏の暑い時期で灼熱の一乗谷ですが、出陣します。現在、アニメ「信長の忍」で朝倉攻めで金ヶ崎の退陣をしていますが、真柄直隆とか朝倉の武将が登場していますね。 戦国大名・朝倉氏一族が栄華を極めた城下町跡。朝倉・浅井連合軍を再現した武者行列、約15,000のキャンドルの光で浮かび上がる「越前朝倉万灯夜」が見どころです。 開催日時 平成29年8月19日(土)〜20日(日)開催場所 一乗谷朝倉氏遺跡( [続きを読む]
  • 【2017】設楽原決戦場まつり その2
  • 前の続きです。設楽原決戦場まつり その2です。今回は、馬防柵での火縄銃演武の様子です。↑立ち撃ち一斉↑立ち撃ち順射↑千鳥一斉↑千鳥早打ち順射↑私がアップになっている弾込め所作の様子↑隊を3つにわけて連続して放つ隊別射法。無事にミスなく演武終了しました。↑長篠設楽原鉄砲隊の三段撃ち↑柵外での演武。行くとき使ってきたので言うのもなんですが、新東名の道路が著しく景観を損ねる。利便性と景観のバランスは難しい [続きを読む]
  • 【2017】設楽原決戦場まつり その1
  • ■第28回設楽原決戦場まつり ■主催者 設楽原をまもる会 ■開催地 愛知県新城市竹広  ■開催日 2017年7月2日(日) ■参加団体 、駿府鉄砲衆、大垣城鉄砲隊、堺鉄砲隊、愛知古銃研究会、長篠・設楽原鉄砲隊日本で初めて鉄砲が大量に使われた、1575(天正3)年の長篠・設楽原の戦い。その設楽原古戦場を舞台に火縄銃の演武や小・中学生による武者行列、子ども武者による馬防柵演武などが行われ、当時の様子が再現されます。↑ [続きを読む]