RYO さん プロフィール

  •  
RYOさん: 金森戦記外伝-歴史私記
ハンドル名RYO さん
ブログタイトル金森戦記外伝-歴史私記
ブログURLhttps://ameblo.jp/heavenryofukuto/
サイト紹介文金森戦記の管理人のブログです。
自由文飛騨の歴史、金森長近、金森氏の歴史紹介サイト「金森戦記」の管理人のブログです。日常や城・寺社仏閣・甲冑・時代まつりなどを掲載します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2011/02/10 12:51

RYO さんのブログ記事

  • 甲冑試着体験と駄文
  • 5/20日曜は、愛知県西尾市にある西尾歴史公園内にある旧近衛邸にて、一般社団法人日本甲冑武具研究保存会東海支部の主催の甲冑試着体験のスタッフをしてきました。なかなか盛況で約100名試着したので、終始忙しかったです。気持ちが沈むことがあって上の空の日曜日だったですが、試着の時に喜ぶお子様たちの笑顔が気持ちが多少紛れました。今は、気分的にブログ書く気力がないので、しばらく休止します。また元気になったら再 [続きを読む]
  • 【日本100名城】千早城
  • ■所在地 大阪府南河内郡千早赤阪村千早 ■遺構 郭 堀 ■城のタイプ 山城 ■築城者 楠木正成千早城は、正慶元年(1332)天然の要害をなす金剛山の中腹に楠木正成によって築かれました。 正慶2年(1333)鎌倉幕府の大軍を僅か千人足らずの小勢で奇策を用いての攻撃によって籠城戦を行ったことで有名です。その間、各地で鎌倉幕府に反旗を翻し、鎌倉幕府滅亡の切っ掛けともなった城です。(1)千早城址碑、(2)千早城四の郭、(3) [続きを読む]
  • 【2018】宗春おもちまつり その2
  • 前の続きです。宗春おもちまつり その2です。行列をおえてからの名古屋城二の丸広場での火縄銃演武の記事です。二の丸広場では、徳川宗春のアピールする様々なイベントが実施されています。↑説明ととも準備いたします。田舎から父母も名古屋城に遊びがてら見に来てくれました。↑立ち撃ち一斉。全部で6発撃ちます。↑立ち撃ち順射。 火柱がいい感じに撮れてますね。↑千鳥隊形一斉↑火薬を入れる所作を見せるためお客さんの方 [続きを読む]
  • 【2018】宗春おもちまつり その1
  • ■開催地 愛知県名古屋市中区本丸 ■開催日 2018年4月8日(日) ■主催者 NPO法人宗春ロマン隊「宗春おもち祭り2018」実行委員会 ■参加武者 鉄砲10名主催 NPO法人 宗春ロマン隊主催の祭りです。民を愛し尾張名古屋の経済を盛んにした誇るべき地元の殿様、尾張藩七代目藩主徳川宗春公。宗春公の想いや功績はもちろん地元の歴史や特徴を広く理解してもらうことで地元への誇りや愛を届けたいという趣旨のお祭りです。↑駐車場に [続きを読む]
  • 【日本100名城】伊賀上野城
  • ■所在地 三重県伊賀市上野丸の内 ■遺構 模擬天守・石垣・郭・堀 ■城のタイプ 平山城 ■築城者 筒井定次・藤堂高虎 天正13年(1585)に筒井定次が大和郡山から伊賀上野に転封され築城されました。慶長13年(1608)、筒井家がお家騒動で改易となると藤堂高虎が伊勢・伊賀20万石で入封してきました。高虎は伊勢の津城を居城としていましたが、徳川家康の命を受け大坂の豊臣秀頼の包囲の一角としての防御のため旧筒井城の大改修 [続きを読む]
  • 【2018】光秀まつり暫定レポ
  • ゴールデンウイークは、岐阜県恵那市明智町で開催された第46回光秀まつりに参陣しました。暫定レポです。↑現在朝ドラ、「半分、青い」の舞台ですね。毎日見てますが、主人公が同世代で見ていたテレビ番組や当時流行ったものが風刺的に演出されるのが面白いですね。佐藤健くん呼んでくれないかなぁ。↑着替え場所のかえでホールにて出陣式を行い行列が始まります。本日は、あまり暑くなく行列日和な気温でした。↑明智町の街並 [続きを読む]
  • 【日本100名城】松坂城
  • ■所在地 三重県松阪市殿町■遺構 天守台・石垣・堀・郭■城のタイプ 平山城 ■築城者 蒲生氏郷松坂城は、天正16年(1588)豊臣秀吉は近江日野を治めていた蒲生氏郷を、日野6万石から伊勢12万石、松ケ島城主に命じました。しかし松ヶ島城は海風がまともにうける立地で、気に食わなかった氏郷は、四五百(よいほ)の山に、新城築城を計画して秀吉の許可を得て築城して名を「松阪」と改名しました。蒲生氏郷が会津若松60万石の大 [続きを読む]
  • 【2018】設楽原歴史資料館 会館記念暫定レポ
  • ゴールデンウィークの前半は、設楽原歴史資料館の会館記念の長篠・設楽原鉄砲隊と愛知県古銃研究会による火縄銃演武に参加しました。暫定レポです。↑信玄塚の前にて。戦没者の鎮魂を忘れることがないように心がけています。↑当日は、春というより初夏とゆうよりも真夏のような暑さでした。↑信玄塚から資料館前に移動して待機。これから資料館前の駐車場で火縄銃演武を実演します。↑演武前の礼射。礼射は、私が畏れ多くも拝命 [続きを読む]
  • 第46回光秀まつり
  • 大河が明智光秀になりましたね。ゴールデンウィーク初日は、岐阜県恵那市明知町で開催される「ちょとおんさい祭りと第46回光秀まつり」が開催されます。火縄銃演武に参陣しますので、よろしければ。大河よりも今、放送中の朝ドラ「半分青い」の舞台なので、そちらの方が盛り上がってますね。私も朝ドラ見てますが、なかなか面白い。明智光秀誕生の伝承がある地として、名将光秀公をしのんで5月の第一日曜日に開催される明智町のお [続きを読む]
  • 設楽原歴史資料館 開館周年行事
  • 今週末の29日(日)に新城市設楽原歴史資料館にて、開館記念の火縄銃演武に多分、参加します。(まだ連絡ないけど・・・)設楽原歴史資料館は、平成8年4月に開館して22年経ちました。毎年4月後半は、資料館の記念を祝して火縄銃演武が披露されます。 参加団体長篠・設楽原鉄砲隊愛知県古銃研究会 演武時間 11時頃〜 鉄砲の展示品も多く、見やすくて好きな資料館です。まさに火縄銃と合戦の聖地というべき場所です。当時は、比較的、 [続きを読む]
  • 【日本100名城】観音寺城
  • ■所在地 滋賀県近江八幡市安土町石寺 ■遺構 石垣・郭・堀 ■城のタイプ 山城 ■築城者 佐々木氏佐々木氏嫡流の近江守護、六角氏の居城だった観音寺城は、室町時代後半から使用されて、段階的に改修され六角義賢の代には、本丸周辺を石垣で囲まれた堅固な大城郭へと変貌しました。永禄11年(1568)の織田信長の足利義昭を奉じての上洛の際に、六角義賢は、観音寺城に籠もり抵抗しましたが、城を捨て逃亡して、廃城となりました [続きを読む]
  • 【日本100名城】安土城
  • ■所在地 滋賀県近江八幡市安土町下豊原 ■遺構 天主台・石垣・郭・堀 ■城のタイプ 平山城 ■築城者 織田信長安土城は、天下統一も目前に、琵琶湖のほとりに築城され、五層七階の大型の天主を初めて持つなど城郭史を塗り替える威容を誇りましたが、天正10年(1582)の家臣明智光秀の信長への謀反、いわゆる本能寺の変後まもなくして何らかの原因によって焼失、その後、廃城となりました。 (1)安土城の休憩所にある天主 [続きを読む]
  • 【企画展】侍−戦いの装い その捌(はち)− 西尾市資料館
  • 企画展のご案内です。私も所属している一般社団法人日本甲冑武具研究保存会が出品協力している西尾市資料館の企画展です。侍−戦いの装い その捌(はち)。今回でなんと(八年目)です。こんだけ継続的に開催される武具展はレアですよ。企画展名  侍−戦いの装い その捌(はち)場所 西尾市資料館 期間 平成4月17日(火)〜6月1日(金)資料館時間 午前9時〜午後5時 休館日 毎週月曜日(4月30日は開館)展示解説 4月2 [続きを読む]
  • 【日本100名城】彦根城
  • ■所在地 滋賀県彦根市金亀町 ■遺構 天守・櫓・門・石垣・堀・郭 ■城のタイプ 平山城 ■築城者 井伊直継・直孝彦根城は、関ヶ原合戦後、徳川四天王の一人・井伊直政は、戦功により近江北東部18万石に封ぜられ、石田三成の佐和山城に入城しました。直政の死後、井伊直継・直孝によって約20年の歳月をかけて建設され、元和8年(1622)に完成しました。城は、佐和山城・安土城・長浜城・大津城の石垣や用材が使われました。 [続きを読む]
  • 【2018】宗春おもちまつり暫定レポ
  • 本年度最初の火縄銃演武は、名古屋城春の陣、宗春おもちまつりでした。暫定レポです。例年綺麗な桜が見所なのですが、桜は散り、すでに藤が咲き始めています。しかし当日は、風も強くそこそこ寒かったのですが、青空で綺麗で良い祭日和でした。↑駐車場にて。徳川宗春の愛用した「藤葵」の背旗と隊の旗を持って記念撮影。着替え場所でも多くの観光客が通り写真撮影をお願いされたりと沢山お客さんがお見えになっていますね。↑駐 [続きを読む]
  • 【日本100名城】岐阜城
  • 所在地 岐阜県岐阜市金華山 ■遺構 模擬天守・門・石垣・堀・郭 ■城のタイプ 山城 ■築城者 二階堂氏・斎藤氏・織田信長 岐阜城は、稲葉山城と呼ばれて斎藤道三の居城でしたが、永録10年(1567)織田信長が城を攻略して岐阜城と改名して「天下布武」の本拠地、織田家の居城として長く機能しました。その後、城主が織田信忠、信孝、池田恒興、元助、織田秀信と変わりましたが、関ヶ原の戦いでは織田秀信が東軍に攻められ落城し [続きを読む]
  • 宗春おもち祭り(名古屋城)
  • 今週末、名古屋城にて開催される宗春おもち祭りで火縄銃演武に参陣します。岡崎とバッテングで私は名古屋市民なのでこちらに配属となりました。現在の天守での最後の火縄銃演武となりすので、是非、名古屋城にいらしてください。主催 NPO法人 宗春ロマン隊主催の祭りです。民を愛し尾張名古屋の経済を盛んにした誇るべき地元の殿様、尾張藩七代目藩主徳川宗春公。宗春公の想いや功績はもちろん地元の歴史や特徴を広く理解しても [続きを読む]
  • 【おでかけ】再び山崎川
  • おでかけの記事です。夜に山崎川に行ってきましたが、真っ暗だったので昼に再び桜を見に行ってきました。桜はやや散り際でしたが、山崎川沿いに連なる桜の花々を楽しむことができました。週末を過ぎると桜も散りますね。週末に名古屋城の宗春おもちまつりで火縄銃演武に参陣しますが、名古屋城は葉桜すら終わっているですね。もう少し桜見たかったですね。 [続きを読む]
  • 【おでかけ】山崎川のヨザクラ
  • おでかけの記事です。仕事帰りに桜の名所、瑞穂区の山崎川に行ってきました。桜の開花が早かったのか、ライトアップもされてなくて真っ暗でした。いつも通勤で使っている駅の2駅後で近いのてすが、桜の時期以外はほとんど行かない地域。住宅地で静かな場所なので上品な花見をしたい人にはオススメのスポットです。まだ人もそれぼと多くなかったので、ゆっくりと桜見れました。真っ暗の中、おぼろげに浮かぶ桜が浮世のごとく光無し [続きを読む]
  • 【日本100名城】名古屋城
  • ■所在地 愛知県名古屋市中区本丸 ■遺構 天守・櫓・門・石垣・堀 ■城のタイプ 平城 ■築城者 徳川家康・尾張徳川家名古屋城は、江戸幕府を開いた徳川家康が、関ヶ原の戦い後の慶長15年(1610)に東海道の要所として清須から名古屋へ遷都して北国、西国の諸大名20名に普請を命じて築かせました。家康の九男の徳川義直が初代、尾張藩主となり、以後、御三家(尾張・紀伊・水戸)筆頭、61万石の居城として16代義宣まで代々続き [続きを読む]
  • 【武具】日本甲冑武具研究保存会 東海支部総会
  • 一気に桜咲き始めましたね。一般社団法人日本甲冑武具研究保存会 東海支部の総会がありましたので参加してきました。かなり久しぶりの甲冑具足の話をしました。最近、あまり甲冑の話してなかったので、和気藹々と甲冑の話をして楽しかったです。本年もいろいろ楽しくコアに勉強して知識と見聞を広めたい。本歌甲冑の小札をリメイクしたストラッブを頂きました。通り道にある沓掛城に立ち寄って桜見てきました。5分咲きでしたが綺 [続きを読む]
  • 【日本100名城】岡崎城
  • ■所在地 愛知県岡崎市康生町 ■遺構 天守・石垣・郭・堀 ■城のタイプ 平山城 ■築城者 西郷氏・松平氏・徳川家康・田中吉政 岡崎城は、天文11年(1542)12月26日に徳川家康が誕生して、徳川氏発展の基礎となった城として大変有名な城ですが、現在の城郭は、田中吉政が整備拡張したもので、乙川周辺に大規模な堀を作り近代城郭として生まれ変わりました。田中氏が関ヶ原の戦いの後、筑後柳川へ転封となると三河譜代大名が入 [続きを読む]
  • 【武具】新しい鎧下着
  • 微妙に本シーズンの衣装のマイチェンや補修をしています。本年度は久しぶりに鎧下着を新調しました。いわいる鎧の下に着る衣装でかなり重要ですが、洋裁の得意な手先の器用な方は、自分で型紙制作して造ったりと皆さんいろいろな工夫をされています。私の場合は、着物屋さんに仕立ててもらっています。西尾市の「あづまや」さんにお願いしています。↑新しい鎧下着は、写真だと紺ぽいですが、黒と黄色の二色で織られた生地で仕立 [続きを読む]
  • 【日本100名城】犬山城
  • ■所在地 愛知県犬山市犬山■遺構 天守・石垣・郭・堀■城のタイプ 平山城 ■築城者 織田信康・石川・小笠原・成瀬氏犬山城は、織田信康が城主となり、織田氏の後は文禄4年(1595)に石川光吉が、関ヶ原の合戦の後には小笠原吉次が入封しました。現在の城郭の原型は石川・小笠原氏の手の改修の近世城郭です。その後、尾張藩が成立すると尾張藩の付家老だった成瀬正成が3万石で城主となり幕末まで代々、成瀬氏の城として明治維新 [続きを読む]
  • 【武具】割錣頭形兜(成瀬家だったらいいなぁ)
  • 武具の記事です。修理をしっかりと終わってから掲載しようかと思いましたが、ブログのネタ不足で致し方なく掲載します。頭形兜(ずなりかぶと)をお譲りいただいたので紹介します。この頭形兜は、錣(シコロ)が3つに分離てしているので割錣(わりじころ)という珍しい形式なのが特徴です。頭形兜(ずなりかぶと)文字どおり人の頭の形状に作った鉢という意味の兜で何枚かの鉄板をはぎ合わせたものです。頭形兜は大量生産向きの工程の適し [続きを読む]