管理人D さん プロフィール

  •  
管理人Dさん: 車好きの秘密基地
ハンドル名管理人D さん
ブログタイトル車好きの秘密基地
ブログURLhttp://yaplog.jp/expert-d/
サイト紹介文車検,一般整備,中古車・新車販売,エンジン・足回り・ボディ・チューン 兵庫県"車のエキスパート"
自由文楽しいカーライフのお役に立てるように日々頑張っています。私が感じた内容や、私が思う考え方、パーツの取り付け方、加工など・・・間違いの無いパーツ選び。こだわったパーツ選び。日常作業風景。チューニングカー製作。兵庫県加古郡稲美町六分ー1183-106
"車のエキスパート"
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2011/02/11 11:41

管理人D さんのブログ記事

  • ホンダ フリード 車検 & メンテナンス の巻
  • フリードの車検整備中です車検ではこのようにヘッドライトが曇ってしまってはパス出来ませんなので曇りを取って上げる作業が必要です。そしてその上からコーティングをしますが、3ヶ月〜半年ぐらいしかもたないけどね・・・・   たかーーーーいコーティングすればまたそれは違ってきますが予算もあるでしょうからとりあえず車検に合格することが大事です。まずは、ヘッドライトの水垢を落としてから研磨します。そのあと、コー [続きを読む]
  •   〜コーヒーブレイク〜  良いエンジンとは・・・ 
  • 次のエンジンオーバーホール作業が待つ中! 少し気持ちをリセット中〜ピットがガラガラなのは変な気分だぁ・・・・   レース用Z32のセッティングに向けての作業ですが色々と部品を交換するので部品待ち・・・・ ってことで    〜コーヒーブレイク〜この業界に入りもう30年かぁ!!早いなぁ〜  メカニックとしてまた、ドライバーだった時も重ねて昔と、今! 自分の考え方が変化したのかな?って考えます。昔はひたす [続きを読む]
  • ベンツ S600 オイル交換 & ラジエター交換の巻
  • ベンツって何かと修理が多いのかな 日本車を修理しているとすごく思うなぁ・・・ 壊れる場所も日本車なら10万キロは走行してくらいからトラブルことが多い場所が、少ない走行距離で壊れるケースが多いステータスだし、カッコイイけど修理嫌いな私には無理なのかも・・・・  でも少し持ってみたいのも本音だったり・・・・さて今回はS600 V12気筒のツインターボの凄いやつ! さっそくラジエター修理開始。アンダーカバーを [続きを読む]
  • タント オートマオイル漏れ修理の巻
  • ここ最近!チューニングカーの修理などが多かった中!今回はタントのオートマオイル漏れ修理と言うなんとも楽な仕事が・・・・・ って預かったら大きな間違いだった・・・・・オートマチックケースの隙間から漏れていることが多い車だと言うことが分かった!さっそく確認のためにエンジンルーム内からバッテリー類を外して目視して見たらオイルが溜まっていた。 よく見るとガスケットがはみ出ているではないか恐る恐るつかんで見 [続きを読む]
  • エボⅢ クラッチ オーバーホールの巻
  • レースに参加するためにピットインです。このエボⅢオーナーは昔、ドラックレースで全国大会出場や優勝経験があります。そして久々にサーキットへ行くことになりクラッチの残量が心配と言うことでオーバーホールをします。ちょっとお遊びと言いながらクラッチ変更するかなって!今回はバタバタの忙しさから画像を撮ってる時間が無かったのでご理解を・・・タービンがHKS TO4Z が付いているのでエンジンルーム狭いっちゅーーーー [続きを読む]
  • インプレッサ GVB マフラー交換の巻き
  • いつもマフラー交換で気を使っていることは、テールエンドとバンパーの隙間です。また、タイコ部分の形状とバンパーとのズレ幅修正です。 ただ!ネジを締めてOKってのはどうだかねまずは仮組みして点検します。 次にズレを修正する上でどこを持ち上げたりサイドに振ったりしたら良いかを模索します。 決まれば、その部分に当て物をします。この車の場合では、左右だしなのでバランスは左右で取ります。マフラー釣りゴムが伸びる [続きを読む]
  • インプレッサ GVB プラグ交換の巻き
  • プラグ交換が少し面倒な車がインプレッサですよね作業する前にもう面倒なことが分かった上で入るので慣れってことですよね今回はGVB です。 交換するプラグはHKS製スーパーファイヤーレーシングプラグ 今まで色々なメーカーのプラグを使って来てこのプラグは最高だなぁ!ストリートで重要なことは耐久性もあるけど、どんな環境の中でも着火性はは重要。独自のサーモエッジと補助火花ギャップがカーボンを付きにくくしている [続きを読む]
  • ER34改 オーバーホールの巻き パートⅥ
  • 色々な事情があってヒーターホースがここの場所に移動されています。作り直すことも出来たのですが、本人の事情もあるので今回はこのまま行くことなりました。しかし、この状態だと水のエア抜きがちゃんと出来ないと思いますので本人の了解を得てエア抜き用ボルトを製作しました。ヒーターからのリターン側にアダプターを溶接しここからエア抜きします。何故このようにしないといけないかそれは、エアは水より上側に溜まります。  [続きを読む]
  • ER34改 オーバーホールの巻き パートⅤ
  •  今日はいい天気だぁさてとエンジンを積むとするかなかなかスムーズに進行中〜34ちゃんが速く走らせろ!って言われてるように感じます。この車は早くオーナーの元に戻りたがっていますなもう少しの辛抱だからねミッションを載せますが、レリーズベアリングをATSカーボントリプルに適したものに交換し、レリーズスリーブ内側にはレースで耐えれる温度域のグリスに変更しました。あら! ボルトが折れてままになっています。 こ [続きを読む]
  • ER34改 オーバーホールの巻き パートⅣ
  • ダイナミックバランスとは、フロントプーリーとクランクシャフトとフライホイール(カバー含む)の4点でバランスを取る。 ここで大事なことは、単品単品でも大丈夫なぐらいにバランスを調整します。もし、何かの原因でフロントプーリーだけ交換したり、クラッチ本体を交換したりすることがあった場合でも単体バランスをとれば大丈夫なようにするためです。フロントプーリーは新たに1つバランス穴が追加されています。フライホイー [続きを読む]
  • ER34改 オーバーホールの巻き パートⅢ
  • さて!腰下RB26ブロックは完全に組めました。これにドッキングするのは、 腰上RB25neoヘッド です。neoエンジンはER34から搭載された可変バルタイ付きのヘッドです。元々がER34なので可変システムは使用したいとの希望で前の店で組まれたようですしかし! 分解してびっくりしてしまった部分を発見RB26ブロックの水穴とRB25neoヘッドの水穴とでは一箇所だけまったく形状がことなります。各々のガスケットで比較してみると歴然で [続きを読む]
  • クーラント交換のつもりがまさかの・・・・  BNR32編
  • クーラント(ラジエター水)の全量交換(ラジエター内+エンジン内+ヒーターコア内)の依頼にて預かった作業の開始です いかに当時の新車のままに維持をする!か!!ってぐらいに感じさせる1台です オーナーのこだわりがわかります。  少し緊張しながら作業スタートです目視点検していたところ!  あれれ? ファンベルト類が少し緑がかっているぞもしかしてと思い、リフト下からウォーターポンプを見て見ると!!!やはり的中 [続きを読む]
  • RB26 フューエルデリバリ 取り付けの注意点・・・
  • RB26の社外フューエルデリバリを取り付ける上で気をつける場所があります。それはデリバリの後ろに付けるフィッティングです。 フィッティングの後ろにはヒーターホースが通っているので干渉しないようにしなければいけません。画像で分かるようにヒーターホースに干渉していることが多く見られますので気を付けないといけません。 フィッティングを緩めて少し角度を変更してあげましょう こんな些細なことが寿命に大きく影響し [続きを読む]
  • BNR32 AACバルブ洗浄 
  • アイドリングが低い又はストールするときがあるなど!の原因の1つはAACバルブの故障又はカーボン付着が考えられる  ってことで制御関連はテスターで調べOKだったので故障ではなさそう。 ではカーボン付着かなってな訳で取り外しました。    年式的には新品にすることがベストではありますが故障している訳ではないのでここはオーナーの考え方ひとつとなりお任せポイントになります。ACCバルブを取り外し、反対側のエアチャ [続きを読む]
  • ER34改 オーバーホールの巻き パートⅡ
  • オイル漏れを起こしていたので修理します点検してみると3箇所から漏れていました。 ただ鋳型で製作されている純正オイルパンですが巣穴がやはりあるので溶接するのは難しい! そして割れていたところを埋めているので巣穴がたくさんありました。 アルゴン溶接で埋めていきますが巣穴が中々埋まらない。溶接してある部分を有る程度リューターで落として何度もやり直しました。 どうやらひび割れが色んな方向にあるようです。オ [続きを読む]
  • ER34 オーバーホール&修理 開始
  • さて!そろそろ、ブロックが戻って来るころかなぁっと・・いつも1人で車を押してピットに入れているんだけど、痩せたら筋力が低下して駄目だ・・・捻挫したみたいだぁ   とほほ! なさけなか・・・!本人に、なるべくじっと見ないでください直さないと駄目な部分がたくさん出てくるのでっと言われながらの作業開始でーーーーすまずは、エンジンルームです。 決して綺麗にする作業ではなく、あくまでも今のままでは駄目な部分 [続きを読む]
  • Z31 メンテナンス 
  • 上置きインタークーラーを搭載しているRB20は久々に見たぞ 懐かしくまた少し感動♪室内の3連メーターもこの型で終り、昔からのデザインを意識しながらのボディもここまでやなぁ。。。って言ってもZ32もカッコイイけどね^^ 実際に両方乗って来たしねさてメンテナンス開始だぁまずリフトアップしてオイル漏れ、水漏れの点検タービンのオイルリターン周辺にオイル漏れを発見漏れ方からタービンのインレットからも漏れているもの [続きを読む]
  • BNR32 良い足回り 車高調整式ダンパー リンク類
  •  BNR32と言う車はド アンダーな車だぁ! それを弱アンダーなセッティングにするためにはやはり足回りを交換しなければなりません。 また、ストリートであれば乗り心地も確保することが条件です。 今回もそんなダンパーを製作してみました。【全長調整付き】 【減衰力20段調整式】 【強化ブッシュアッパー仕様】 【HYPERCOサス仕様】アッパーマウントはピロ仕様も選択可能、 サスも数社から選択可能 です。 要はお客さ [続きを読む]
  • Z32チューニング
  • Z32が大好きな方も日本にはまだまだ多いけど、タービンを社外品にする方はめっぽう少ないZ32が搭載されているVG30エンジンは中々良いトルクをしている。しかし、タービンが純正では少し小さすぎかなとも思うなぁ・・・今は社外品のタービンキットはなくなり、悲しい限りで・・・・!また、HKSやトラストが出してくれたら良いのにね^^限定〇〇個のみ販売決定 見たいなね^^私がZ32を乗っていた頃、一番最初に取り付けたのがトラ [続きを読む]
  • インタンク ツインポンプ仕様  JZX90編
  • 車ってやはり長い間放置してしまうと駄目だなぁガソリンタンクもその中の1つである JZX90は鉄製で作られていたのでガソリンタンク内が錆びてしまう。  今回は錆びたタンクを脱着し、程度の良い中古品に交換だぁさっそく降ろしてみると、まずボディ側は湿気で薄っすらとサビが・・・・中を覗くとやはりサビは全体に回っていた。無数に丸い穴があいた斜めの鉄板は、加速時にガソリンが後ろに寄ってしまうことを防ぐものだろう。 [続きを読む]
  • ワンオフ インタークーラー JZX90編
  • JZX90にスカイラインGTR用トラストのL710×H302×W100のコアーをチョイスパイピングからすべてワンオフで作ることになりましたバンパーを外して、前のインタークーラーを外して見るとバンパーフレームがない状態でボディから直接ステーを溶接して取り付けられてた 今回はそれらのステーを切り取ってから脱着できるようにステーを製作してインタークーラーを取り付けるようにしました。デカイ    デカイ    デカイターボ [続きを読む]
  • HA36S 車高調整式ダンパー エキスパートバージョン
  • HA36S用オリジナルダンパー作って見たアルトワークスのオーナーは以前も車種は違いますが、エキスパートオリジナルダンパーキットをチョイスして頂いていましたが 今回も有りがたい事に依頼を頂いて作ることになりました気合入るなぁ出来上がった商品がこれです  色を悩みましたが、出来る限りどこのメーカーも使用していない色が欲しかったので悩みました・・・・   そこで完全なるレースカーの画像から見つけた色がこのス [続きを読む]
  • S660の熱対策
  • S660のエンジンルーム内の熱をどれだけ逃がせるかが重要ですよね  またどれだけ熱を出さないように出来るかってな訳でまずは、リヤバンパーにダクトを取り付け加工しますバンパーを脱着しましたが、バンパー本体の素材のせいか?またまた、塗装なのか?少し疑問に感じる気がしました・・・・    まぁ!そこはさて置き・・・・取り付けるダクトの裏側を見て、取り付け穴をけがける型紙を作ります。これを失敗すると最悪ですか [続きを読む]
  • キャニスター移動 2JZチューニングの巻
  • 当初エンジンルームに取り付けられていたキャニスターをフロントバンパー内に移動することになりました 理由はラジエター電動ファンの回路ボックスの取り付け場所がその場にしかなかったためです。  キャニスターとは、ガソリン自動車で燃料蒸発ガスの排気抑止装置です。燃料蒸発ガスを一度活性炭キャニスターに入れることでエンジン内で燃焼させて出来なかったガスが大気開放となる仕組みなんです。今はクリーン化が進んでいる [続きを読む]