itchann さん プロフィール

  •  
itchannさん: 何がなんでもキャンプだし
ハンドル名itchann さん
ブログタイトル何がなんでもキャンプだし
ブログURLhttps://campdaisuki.blog.fc2.com/
サイト紹介文ファミキャン・ソロキャン両方を快適にする情報を日々発信します。コスパの高い道具レポも満載です。
自由文もちろん一年のうち2ヶ月を外で過ごすことを目標にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供265回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2011/02/11 17:22

itchann さんのブログ記事

  • RPG後半に出現するメタル武具っぽいトレラン靴をゲット
  • 年度末にある買い物をする必要があり取り寄せた物があります。ですがまずはそのガワからです。梱包には楽天ラッキーシールが貼られていました。剥がすとURLへのアクセスこういうポイントを得るにも、今や2ファクタ認証は必要ですね (笑)スマホでQRコードを読みとり、アクセスしましたが… こんな感じ。ラッキースタンプを5コ集めると、1泊ぶんの温泉地ペア宿泊券とかソウルへの航空券とか屋形船遊覧券とか1,000〜5,000円の楽天 [続きを読む]
  • キャンプ中の強風が視覚的に伝わるか試してみたら…
  • もうすぐ4月ですが、道志の森の止水期間は継続中。例年4月中旬〜下旬ころに解除されるのですが止水期間中は利用できるサイトも制限されています。どのあたりまで利用制限されるのかはその年によって異なる感じですが、西沢林道から管理棟へ入ると天然プール周辺のサイトしか入らせてもらえません。こんな感じ。ロープが張られておりこれ以上奥には進めません。冬季は管理棟でのキャンプ受付をしないので巡回の手間を省く意味があ [続きを読む]
  • 春先キャンプ・最大最強の障壁との戦い
  • 2月にリペアを済ませ前回キャンプ、KB冬ひとりキャンプに持ち込んでいた今はなき伝説。デザインリコ謹製のホワイトアッシュ卓。修繕後、やっとの実用が適いました。問題が起きていた左右天板を合わせるセンターは… 修繕後1ヶ月経ってますが問題ありません。完全に実用レベルに戻せました。そして完全復帰を果たした伝説のガレージブランドのテーブルでソロにしてはやや贅沢めな朝メシをいただきます。アルファ化米は完全に戻 [続きを読む]
  • 腹が減っては撤収できません
  • 見る間に雲が、自分の目の高さの近いところで動いて行きます。道志の森の一帯は雲海に包まれ幻想的な眺めをもたらしていました。キャンプ場の敷地を貫く東沢林道を上っていったら雲の中で散策が適うかもしれませんが現実に自分が置かれた状況が妄想を打ち砕きました。あーそうだった。薪の残りが僅かしかないのです。もはや開き直って、ちびスト吸気口は全開状態での運用。自宅から持ち込んだ広葉樹薪はガラ袋1つ分のみで往路道中 [続きを読む]
  • 道志の森で雲海キャンプが適う
  • 今回訪れたキャンプ場とは異なるところのトピックですが同じ道志村で同じように人気のある場所なので掲載します。久保キャンプ場: KB の新しいサイト区画が公開されましたね。新しいサイトがアップされました2018年はこちらを参考にご予約をお願いします。ソロキャンプ桟敷エリア2300円、その他1800円(繁忙期は通常サイトの通常料金でネット予約でソロ数人のご予約がお得です)ソロ薪会員料金1600円こちらの詳細管理人まで080-3356 [続きを読む]
  • 春の嵐に濡れた薪を薪ストで燃やすのにかかった時間は…
  • まさに漆黒の闇。その中に沈んだ道志の森。3月はまだ場内止水期間中であり照明も少ないので、自前の灯りに頼るしかありません。こんな状況でも不安なく過ごせるのでこの強力な光量のランタンにして本当に良かったと感じます。コールマン639C700。ケロシンランタンは白ガスはおろかキャンガスを燃料とする物よりまた近年進化が著しいLEDのランタンより、はるかに強力です。このランタンの稼働状況を直写するにはワタシの技量では… [続きを読む]
  • KBは営業開始したけど「森」はまだ冬だった
  • 気がつけばもう3月中旬。まだ寒さに凍える日もありますが春めいた陽気になる時もあります。先の土曜日は後者でした。暖かい晴れ間に恵まれ、日々の忙しさに疲れた心を癒しにやっと今年2回目のキャンプに出られたのです。いつものスーパーアルプスで買い出し。津久井広域道路。この道が根小屋まで開通した後、我が家から道志方面へのアクセスは劇的に改善されました。青根の手前で片側交互通行。道路工事の多さに年度末を感じます [続きを読む]
  • いよいよ渓流釣り解禁・本当の春はまだ先だけど
  • 10時半過ぎてまだ日が差さず…。それから少し経ち… やっと渓谷底のキャンプ場におひさまが光を届けてくれたと思っていたのですが… 画像のタイムスタンプを見たら13時35分。もう太陽が山影に沈み始めてます。冬の道志渓谷の日没は、この時間すでに始まっているのかもしれません。悠久の時を経て道志川が刻んだ谷底の地形が残された場所です。時間の流れを日照とともにダイレクトに感じることができます。うかうかしてはいられま [続きを読む]
  • 冬サバイバル完ソロ、最大の危機は正午過ぎて突然に…
  • 気が付けば2月もあと数日。半月ほど前に訪れた道志の久保キャンプ場。まだまだ雪が融けず、サイトは真っ白でした。道志村には30近くものキャンプ場がありますがさすがに冬季も営業している場所は少ないのです。それはこんな地形状況が関与する部分も大きいと思います。道志渓谷に沿う立地のキャンプ場が少なくありませんからね。サイトへの日照時間が短い場所が多いのです。そんな道志渓谷底に立地する代表格である久保キャンプ場 [続きを読む]
  • ホントならあり得ない現実・雪見な沖縄そばと谷底キャンプ場の電波現況
  • こんな寒々とした景色が眼下に広がっているのです。久保キャンプ場には自分以外誰一人として人間はいません。でもそれが心地良い。静かに、誰とも喋る必要がない時間。軋轢や摩擦を気にする必要のないというのは日常生活ではあり得ません。贅沢な時間と空間なのです。がしかし、お腹は減るのでして… (笑) これを求めてありました。沖縄そば。往路買い出しでなく先日自宅近くのスーパーで求めてあったものなのですがこれ最近は、 [続きを読む]
  • こんなに締まるなんて初経験でした
  • 2月12日 振替休日の朝現在の時刻は8時を過ぎました。空は晴れているのですが渓谷の底にある久保キャンプ場の隅々まで陽光が差すのはもう少し経ってからです。昨年オープンした新しいログハウス。敷地斜面の高い位置にあるので、この時間でも日照に包まれていますが… Cサイト、つまり道志川に近い側はまだ寒々しい山影の中に沈んでいます。久保キャンプ場がそんな地勢であることは一度でも訪れたことがある方なら分かることで [続きを読む]
  • 雪中キャンプに3季用ダウンシュラフで安眠する方法
  • 2018年冬、道志。久保キャンプ場は表向き冬季休業中ですがソロ薪会員に向けての門戸は開かれています。この雪原の中で幕営したら別世界が見られるのかもしれません。今年度最後の2月三連休に初日から出られたとしたらそれも適いましたが諸事情により中日からしか出られずでした。撤収翌日は仕事ですから、無理はできません。屋根の下、BBQ棟のコンクリ上の無雪ゾーンに幕営してソロ薪会員にのみ許されたサバイバルなキャンプを楽 [続きを読む]
  • 昨冬サバイバルキャンプの失敗と同じ轍は踏みません
  • これは2018年、今年の2月で… そしてこちらは2017年、去年の画。だいたい同じ位置から撮った久保キャンプ場サイトの画像ふたつ。道志川対岸の積雪や桟敷の埋まり方などが比較できます。去年の方が雪深い印象を受けますがそう見えるのは大雪が降った時点からすぐに訪れたか20日程後に訪れたかの違い。1月の大雪から半月以上経っている筈ですが標高400メートルを超えた道志川沿いに立地するキャンプ場です。氷点下の冷たい川風に [続きを読む]
  • スントに絶望… と思いきや実は勘違いだった話
  • 道志川の岩塊に雪が残りますが暦の上ではすでに春。日が長くなったことを感じるこの頃です。久保キャンプ地に到着したのは17時でその30分後はまだ陽光が残っていましたがさすがに18時半を過ぎると真っ暗闇。冬季サバイバルキャンプ場内には電灯もありません。実は道志の2月中旬の日没は、もう17時20分頃には始まっています。完全に日が暮れる前、幕営する前にランタンを点灯させておいたのは正解でした。こんなサバイバルな状況の [続きを読む]
  • KB雪中ソロに行く前にぜひ読んで欲しい記事
  • 冬季の久保キャンプ場はソロ薪会員になっていれば管理者様にツイッターDM等で連絡して許可をいただければサバイバルキャンプを楽しめます。ただし冬サバイバルキャンプにあたり管理者様に連絡しなければなりません。そのタイミングは宿泊前の予約時と帰宅時の最低でも2回。冬場キャンプ場利用の皆様へ2月28日までは会員制登録の方のみ利用可能とさせていただいています。料金が発生した場合は春払いとなります。安全確認の為、ご [続きを読む]
  • 今年も雪中ソロ・サバイバルぼっちキャンプの季節がやってきた
  • 今年度最後の連休です。平地では暖かくなりました。仕事や子供たちのインフル罹患も落ち着いて2月になってやっと今年の初キャンプ。しかし暖かいのは自宅近辺のみ。目的地にたどり着くまで、相模原市や町田市に先月降った大雪の痕跡が未だにあることに驚かされます。相模原市内で見た新聞屋さんには配達バイク用のチェーンを干す光景。半月前の降雪は道志みちに入るとなおのこと残っています。飲み水調達のため立ち寄った大渡の水 [続きを読む]
  • あの伝説のガレージブランドのテーブルをリペアしてみた
  • 昨秋以来ずっと使えなかった道具があります。2017年10月、ソロで久保キャンプ場に伺った際その不具合に気付きました。伝説のガレージブランド、デザインリコさんから頒布いただいたホワイトウアッシュの二つ折りテーブルです。経年劣化というか… 乾燥により天板の木材が歪んでしまったのでしょう。2枚の天板を、それらの下部フレームをアーム材でロックすることでテーブルとして機能する仕組みですが… 天板の合わせ目がぴった [続きを読む]
  • レインボー芯交換・第3話完結編にて完全復活を果たす
  • 寒い時期のキャンプでも、条件を整えて使用すれば信頼が置ける灯油ストーブです。数年前、ふもとっぱらでグルキャンした際このストーブの暖かさに救われた時がありました。トヨトミ レインボー。今は自宅用の暖房になってますが再び野営地に持っていくこともあり得ます。しかし燃費が激しく劣化し、芯がヘタってしまったらしいので芯の交換を進めているところ… 何とか蝶ネジ3つを外してヘタった芯を取り外せましたが… 芯調整 [続きを読む]
  • トヨトミレインボー・芯の交換は意外と大変だった?
  • 最近、このブログの更新頻度はだいぶん落ちています。その理由は明白。これは昨年末のモビ。実は今年に入ってから、まだ一度もキャンプに行けていないからです。というのも、先々週から続いてこの2人がインフルに罹患。まずは兄がA型になり、登校許可証をもらった翌々日に今度は末子が発熱してB型との診断。2週末続けて、ことごとくソロキャンプの予定を押し流してくれました。時期的に仕方ないので諦めは付きましたがそうなる [続きを読む]
  • モンベルと三菱がアクティブギアなコラボをしていた?
  • 2018年の年始、こちらに行く必要が生じました。モンベルです。すったもんだを経て何とか所望するプロダクトを入手できたのです。が、その「すったもんだ」とは… こちらです。東急電鉄 南町田駅。かつてはグランベリーモールという大型商業施設がありその中にモンベルのストアがあったのです。しかし… その何度もお世話になったモンベルもろとも2017年2月、グランベリーモールは南町田駅再開発のため長期休業に入ってしまったの [続きを読む]