itchann さん プロフィール

  •  
itchannさん: 何がなんでもキャンプだし
ハンドル名itchann さん
ブログタイトル何がなんでもキャンプだし
ブログURLhttps://campdaisuki.blog.fc2.com/
サイト紹介文ファミキャン・ソロキャン両方を快適にする情報を日々発信します。コスパの高い道具レポも満載です。
自由文もちろん一年のうち2ヶ月を外で過ごすことを目標にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2011/02/11 17:22

itchann さんのブログ記事

  • 炉内気密性を高めると薪ストの燃え方はこんなにも違う
  • 平成最後の新年一発目キャンプでしたが いつもと同じと言えば同じ… 幕営完了は日没後になりました…(^^ゞ 前回の初使用時 アイアンストーブちび炉内の気密性をスポイルし 収容中はただバッグの中に灰を漏らすだけになっている脚用の孔を 塞ぐ手立てが必要と考えて… 実際 バッグから出した直後は天板がうっすら灰にまみれてるくらい… 炉内のサビ防止に残してある灰が 孔から漏れている明らかな証拠です M12×20 のステンボルトを [続きを読む]
  • 冬の大型ワンポール設営時に用意すべきコンビニで買える装備とは?
  • 2019年のキャンプはじめは1月2日 ワタシのカメラの腕が足りないことが露呈してますが すでに暗くなり始めてしまった… 諸々の事情であまりキャンプに行けなかった前年とくらべたら 上々のスタートですが この日は遅きに失しました 現時点ですでに17時をまわっており こうなると設営の順序を変える必要があります テントを起てるより灯りの確保の方が先決です 大光量のケロシンランタンを2基も点ければ 日没の後でも幕営は可能で [続きを読む]
  • 通年営業中「ソロの聖地」は正月早々も混んでいる?
  • 年末のKBソロ2泊前に飛び石でヒビが入ってしまった デリカのフロントガラスです 100均のUVレジン液を亀裂に流し込むと 正月休みの間はこの状態からこれ以上伸びてしまうことは ありませんでした …が この件については後日談がありますので 別の更新で触れます 年が改まり 今日は2019年1月2日です こちらのホムセンは元旦こそ休業したようですが 正月2日からすでに開店しています 年末のソロで積み残した課題をクリアすべく あ [続きを読む]
  • テント外に5分間出るのが辛い寒さは何度からか?
  • ソロキャンプで初の2泊目の夜 2基めのランタンを予熱しますが 設営当夜のように幕外ではないので 酷いホヤの結露はありません ソレルは暖かいのですが窮屈でもあります 紐を解き 別のトレランシューズに履き替えると 心もほぐれます 11月初旬に酒を断ってから 今も一滴のアルコールを口にしていません 麦の旨味と喉ごしを味わうには 一番搾り製法のノンアルコールビールでも じゅうぶん可能なのです 幕外のルットルプが示す現在 [続きを読む]
  • ソロキャン中って寂しくないの? ソロ初2泊目の正直な感想
  • 道志村には日帰りの天然温泉施設が2つあります そのうちひとつは村営の「道志の湯」カルシウムやナトリウムを含む硫酸塩泉を楽しめます が… こちらはつい最近までメンテナンスクローズしていまして 平成31年1月2日から営業再開 ただし2月中旬までの期間限定営業で 現在も一部設備がメンテナンス中らしいです 場所は道志みちの村役場の近くを 大室山登山口に向かって入ったところ 室久保川沿いにありますが 上記したとおり た [続きを読む]
  • 道具は使いよう・料理を美味しくする「魔法の火加減」が再現可能に♪
  • 12月30日 正午の久保キャンプ場は この時点から完ソロではありません ここからは見えませんが タープのむこうの さらに炊事場のむこうがわ… Cサイトにもう1組 お客さんがいらっしゃり 設営を始められています もちろん事前に管理者様と約束され きちんと予約されたKB薪会員の方です 【お知らせ】3/1ヤマメ解禁日までキャンプ場内には予約者しか入れません会員制の為*必ず連絡する事 を守っていただきたいと思います今後、防犯カ [続きを読む]
  • 冬季会員限定キャンプ場が不法侵入の影響で解放中止に?
  • 本題に入る前に注意換気として 発信しておくべきことがあります 現在の久保キャンプ場は基本 閉鎖中です 元旦までは会員限定で無料解放していましたが 1月2日で状況が変わってしまいました 会員の入場に際し ふたつの条件がありました ひとつはKB薪ソロ会員であること ふたつめは直接管理者様とやりとりして許可を得ること ※ ふたつめの条件は事後でも可能 ただしできる限りすみやかに行うのが常識です このふたつの条件をきち [続きを読む]
  • ノーACキャンプに使えるライトをヤマダ電器で買っちゃった
  • 2019年 あけましておめでとうございます 本年がみなさまにとって良い年でありますように …と 新年の挨拶から始めますが まだ年末冬ソロキャンプレポは終わってません 12月29日 時刻は15時を過ぎましたが 少しずつ 確実に日が傾き始めます 14時半の計測は外気温5度でした 今もまだ氷点下ではないと思いますが 道志川からはさらに冷たい風が吹き上げてます 天気が良くて暖かければ桟敷で読書も良いかと思って 読みかけの本を数冊持 [続きを読む]
  • 18cmの短めエリステをなめんなよ♪ 小が大を兼ねることもあるんだぜ
  • 気持ちいい晴れ空の中 年末休みのソロキャンプを楽しむべく 目的地に到着したのは13時を過ぎた頃 ワタシの場合 ソロの現地着時刻としては異例の早さ これも暮れ正月休みだからでしょう 実はまだ自宅の大掃除は手を付けていないのですが それは帰宅してから頑張ります…(^^ゞ 今回の目的地は …というより今回もここです 道志下の久保キャンプ場 今月初旬にも伺ったのですが 実はデリカ窓が割れていることに気付いた日にも 非キャン [続きを読む]
  • エリステを木の根に打ち込んじゃったらもう大変…
  • これは設営してすぐの画像 テンティピが傾いて起っているように見えますが それはカメラのせいでした 撤収前の画像では 傾きが気のせいだったことが分かります もう少し道志川から離れた場所に 設営しても良かったのですが… 川の流れる音を聞きたいのと サイトに埋まっている構造物から この位置に落ち着いた次第 でもこの位置取りは間違いでした ジルコン15のデフォルトペグは 言ってみれば釘と同じ形状をしているのですが… こ [続きを読む]
  • たった1200円なのにユニフレームを凌駕してました
  • キャンプ用薪ストーブの撤収時は 毎回 炉内の燃え残った薪を除き 灰を濾す作業が欠かせません この事後処理を欠かさず行ってきたことで オガワ ちびストーブは入手以来 8年以上のロングライフで 今も穴があいたりもせず きっちり使えています 薪は炭のかけらに姿を変えましたが まだ赤く火が残り この状態でも数百度の熱を持ちます 撤収に際し これら赤火が残る炭のかけらだけ 取り除く必要かあるのですが そのためには炉内に手を [続きを読む]
  • 薪ストキャンプで一晩に必要な薪は5キロ? 10キロ? それとも…
  • これから冬キャンプで薪ストデビューを考えている方にとって 疑問となる案件の中のひとつに 「一晩でどれくらいの薪が必要なのか」 ということがあると思います これ実は重要な準備情報であるだけでなく 薪ストデビューを果たした後も 常に付きまとう とても大きな問題なのです そこで ひとつの目安になればと思い ワタシの場合の量的な見通しを乗せておきます 12月9日のKBソロキャンプでは そろそろ前日に調達した薪が底を尽き [続きを読む]
  • キャンプで温朝食・目玉焼きトーストの誘惑と楽園プロジェクトと
  • 今回のキャンプで ぜひともやってみたかったことがあります プリムスのフライパンを 薪ストで温めてから いくつかの食材を加熱しました ところで旧型のライテック 新品の頃を思い出すと… ずいぶん歪んだことになりますが 使い始めてからちょうど6年 これまで酷使してきた状況を考えるに よくもまあ この程度の歪みで収まっていると思います …で やってみたかったのはこれ クノールのCMで 「いつもの朝食にプラス温 温朝食 」 [続きを読む]
  • ようやく真のキャンプシーズンイン・止水告知アナウンスは祝福の証
  • この日の夜 道志村で気温を計るのを 忘れてしまいましたが すぐ隣の大月市で夜中0時に記録した最低気温は 1度を切る寒さ… 0.9度だったそうです そんな12月8日は23時過ぎに就寝したのですが やっぱり寒さは微塵も感じませんでした モンベルとナンガのダウンシュラフを2レイヤーで用いて さらにこれです 湯たんぽもインストールしてましたからね もちろん袋カバー付き 広いジルコン15の幕内もポカポカで 熟睡を貪れました 起床 [続きを読む]
  • 安い湯たんぽにご用心・あのオプション有無は必ず確認しよう
  • 漆黒の久保キャンプ場です 場内の照明は灯されておらず 光るのは自販機一台と 設営している方々のともす ランタンのみ あまりに暗いのですが そのおかげで 冬の星座をきれいに観ることができます そんな静寂と漆黒の支配するKBに 1台のワンボックス車が入場してきたのは 21時の少し前… このタイミングは管理者様でした 都内から車でKBに戻られたのを見計らい 支払いのため訪れた管理棟で なぜか自サイトでの待機を命じられます [続きを読む]