さと さん プロフィール

  •  
さとさん: アンチエイジングをカスタマイズ
ハンドル名さと さん
ブログタイトルアンチエイジングをカスタマイズ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kokkaku-kokkaku/
サイト紹介文アンチエイジングは考えますが、現在は豊かさを目指すビヨンドエイジングの方が大事かなと思っています。
自由文アンチエイジングが気になり、いろいろと調べましたが、その人によって合うものが違うのですよね。現在はビヨンドエイジングを重視しています。健康には筋トレ、ファッションはミニマムワードローブと目標を立てました。心身ともに豊かな生活が根底にある人生を目指しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供310回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2011/02/12 14:23

さと さんのブログ記事

  • 自転車もシェアできる
  • レンタカーがあるのだから、自転車だって借りたい。わざわざ買うほどでもないけれど、(駐輪場は毎月費用が発生しますし。200円とか300円だけど。。。) でてきています、そういう制度が。観光地の貸し自転車ではなく、普通の生活に使えそう。「ノリスケ」というんですね。https://www.hellocycling.jp/ 電動アシスト付き自転車で、15分60円。ということは1時間で240円。1日なら1000円。もっと、ステーションができれば、便利 [続きを読む]
  • メルカリでブツブツ交換
  • NHKで特集されていました。メルカリ、、、使ったことはありませんでしたが、本当に人気なんですね。 ある程度着たら売却。もはや、衣類は皆で共有するもの。送料などは、そのためのコストに過ぎないのでしょう。若い世代にとっては、お店で買うのと変わらない感覚のようで。。。。 しかし、年齢が高いほど、それは面倒と感じてしまうものかもしれない。とりあえず買ったものは、自分で着倒そう、と思うわけですから。 インスタ映え [続きを読む]
  • 食材を使いきると気持ちがいい
  • 冷蔵庫の中の食材が無くなると実に気持ちがいい。冷凍庫の中には何かしらあるし、冷蔵庫と言っても、調味料類はありますし、卵と牛乳ぐらいは残っていたりしますが。。。。 野菜もお魚もお肉もなくなるというのはなかなかなくて、とりあえず、残ったものがあれば、それを使う料理を考えます。しかし、何もないとなると、かなり自由。安くなっているものを存分に買うことが可能!って、嬉しいのはそこなんです。(笑) と言っても、卵 [続きを読む]
  • システマティックな管理によって、無駄にしない
  • 食材はシステマティックに管理すれば、無駄なく使えます。たぶん、洋服も同じだと思う。 とある一着が「もうそろそろ処分時?」などと感じられても、それに合わせるものがあり、組み合わせで素敵に見えるなら、まだ処分時ではないのだと思う。 服装というのは、新しければある程度良く見えるものです。それと同時に「組み合わせ」で素敵に見えれば、多少は古くても、やはり素敵なのです。当然それは程度問題ではありますが、まずは [続きを読む]
  • ワードローブをシステマティックに管理する
  • 洋服の数が少なくなってくると、組み合わせはある程度決まってきます。無制限に考えることは可能ですが、自分が「良い」と思える組み合わせは何度でも着た方がいいと思う。無理に「イマイチ。。。」と思う組み合わせを着る必要はないと思うのですね。 加えて、、、少なくなったアイテムであっても、その年に全部着るわけではない、、、というか、、、、。クリーニングも大変だし。なので、一つのアイテムが全て2,3通り着られれ [続きを読む]
  • 色とりどりのワードローブ
  • ワードローブ構築に「自分の基本色を決めて」というアドバイスをよく見かけます。しかし、好きな色を着たい。なので、相変わらずワードローブにはありとあらゆる色が。赤、オレンジ、黄色、緑、青、紫、黒、白、茶、グレー。それぞれに濃淡があり、柄物があり、、、、。案外それでも組み合わせは効くものなのです。 色は調和。調和の中に色が存在している、というか。だから、大丈夫なのです。 絵を描く代わりに、洋服の組み合わせ [続きを読む]
  • ストールは実に役に立つ
  • 今着ているコートはチャコールグレーの中綿入りコート。(トレンチの後、オーバーコートの前の段階です。)フード付きでたっぷりしていて、動きやすくて暖かい。確かダウンも多少は入っていたと思うんですが。フードは取り外し可能なので(しかも僅かながらファー付き)本当はフードを取り外して着たほうが良い時期かも。そして途中からフードを付ける、というようにして。 さて、そのコートはストールでずいぶんと変化します。以 [続きを読む]
  • 図書館の隣に住みたいなあ
  • 友人が引っ越しを考えているようです。今スグではないけれど、と。単身の引っ越しなんだから、早めに調べればいいのに。 もし私だったら、次に引っ越しがあり、好きに選べるのなら図書館の隣がいいな、と思っている。(今も近くにありますけどね。規模が小さくて。) そして、その図書館が大きいもので中央図書館として様々な機能を備えているのがいいと思っております。 勉強もできて、本も視聴覚教材も借りられて、そこに行けば [続きを読む]
  • コート類の適正数は?
  • コートというのは、寒さ対策という目的がありますから、トレンチコート系、オーバーコート系、の2着がまずは必要でしょう。 そして、極寒期のための一着、人によってはダウンコートかもしれないですが、たまたま伯母からもらったミンクのコートがあるので、それでいい。もうデザインはどうでもいいのです。(手持ちの物は極ありふれたデザインです。)ファーは寒いときには風を通さないから最高。重いのが難点らしいですが、まだ [続きを読む]
  • 冬の部屋着のボアパンツ
  • 暖房費が増えないように、なるべく暖かい恰好の部屋着、ということで、以前裏起毛のパンツを買ったらとても暖かかったんでまた買うことに。 今回は1000円オフのセールだったので、ユニクロで購入。部屋着として処分して良いパンツは他にもあります。その場合は、厚手のタイツを合わせたりします。が、パンツそのものが暖かいほうが、楽は楽です。部屋着は基本買わずにあるもので過ごす、、、とは言っても、傍観対策は必要、ですね [続きを読む]
  • 着る頻度が低いお洋服もありますね。
  • 洋服を減らしている状況なので、まだまだ減る予定。その中で、ある程度「高級」と自分の中で位置づけているものは、なるべく長持ちさせたいと思っています。なので、着用頻度が低くなります。毎年着るとも限らないし、「今年は着る」と思ってもヘビロテはしない。 今までは、多すぎる洋服のために、結構多くのアイテムがそうなっていた、ということなんでしょうが、今は違います。長持ちさせることが可能なオーソドックスさを持ち [続きを読む]
  • 形見となった母の洋服
  • 断捨離中でありながら、母は妹のところで介護を受けていましたので、母の家を片付けていて、ずいぶんもらってきてしまいました。主に衣類ですが、その他、タオルとかハンカチの新しいものや、バッグと帽子を一点ずつ。 おかげでずいぶんと増えてしまい、それをどうするかがまた大変だった。一部はリサイクルショップで格安で販売。無駄にしたくないもので、そういうことに手間をかけ。。。。 自分で着てもいいかなと思ったものとし [続きを読む]
  • 移動販売の車が来るなら、免許証は返納できる
  • https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00005462-gifuweb-l21 辺鄙なところにお住まいの高齢者は日々の生活に買い物が不便であることが想像できます。そのために免許証返納が進まないというのであれば、移動販売の車を、自治体でも民間でも、走らせれば良いのですね。 もちろん、他にもいろいろとあることでしょう。郵便物(この場合は週に一回郵便局に来てもらうとか)病院(この場合はタクシーとか)近隣の集まりとか(迎 [続きを読む]
  • 10年前なんてまだまだ新しい
  • 持っている洋服は、2000年から2009年の間に買ったものが半分ぐらいかな?もっと多いかもしれない。90年代のものは、、、無いかもしれない。(もしあるとしたら、母からもらったものがそうであるかも??)なぜか80年代のものが2,3着はあります。 おそらく、ずっと好んで購入しているブランドのものは品質的に大きく変わっていないと思われます。(メイドインチャイナが増えた?)あと、、、価格帯が上がったかもね。(笑)だ [続きを読む]
  • 子供がエナジードリンクを飲むなんて。。。。
  • 大人だって、控えるべきでしょう。それなのに、子供がエナジードリンクを飲むなんて、刺激が強すぎる。https://news.yahoo.co.jp/feature/814 本来は食べ物から栄養をとるのが自然であり、サプリメントや栄養食品、そしてえねじードリンクのようなものは、大人になって、体調がすぐれない時に摂取するもの。または年齢が高くなってきて、栄養の摂取があまりできない人が飲むもの。 子供のとき、若い時には、そのようなものに頼ると [続きを読む]
  • 1年半前に買ったワンピースを初めて着たわけ
  • 某ブランドが撤退する、ということで、慌ててワンピースを4着も購入してしまいました。セールにもなっていたし、まあいいか、と。 しかし、いきなり新しいワンピースが4着増えても、全部着る、、、、わけにはいかず。(他にもワンピースがあるし。)なので、徐々に下すことにしました。今2着目。たぶん来年の6月あたりに3着目。4着目は、、、来年秋にするか、再来年の秋にするか、というところ。 極端に流行のもの、というわけでは [続きを読む]
  • 長く持たせるべき洋服のセット
  • 徐々に減らしていきたいとは思っていますが、その中で、わざわざ買い替える必要はないから、なるべく長く持たせたいものもあります。 いざというときの「スーツ」がそれです。スーツが望ましい、というときには、上下のスーツが良い。今の仕事で常にスーツである必要はないので、たまに着ますが、決してヘビロテはせず、少しでも長持ちさせたい。 スーツは買うとなると高額ではありますが、かと言って頻繁に着る必要は無いのです。 [続きを読む]
  • ストールを合わせる楽しみ
  • コートに合わせて、ストールを選ぶわけですが、これが他のコートにも絶妙に色が合うこともあります。以外な組み合わせが楽しめますね。 冬はロングブーツで良い、と思っているのは、例えば、スカート、タイツ、靴、コート、時にストール、、、とそれら全ての色に合う靴を選ぶのは至難の業だからです。 そういう意味では、冬の方が、はるかに色合わせに気を遣う季節。でも、それはあまりに負担の多い作業とも言えます。 ロングコー [続きを読む]
  • 生活に喜びを感じられるように
  • 毎日の日々というのは、皆同じ24時間なんでしょう。しかし、何にエネルギーを向けるか、というのは、異なるのですよね。 生活の部分、特に家事を行うことをなるべくしないですむように、そんなことしたくない、、、という気持ちが強かったような気がする。衣食住について、なんとなく、やりすごす、という感じでいたような気がする。 洋服もなるべく減らして管理しやすいように、食事もなるべく食材をきちんと管理して、自分で作 [続きを読む]
  • 冷蔵庫には食材がほとんどない状態に
  • 1日30種類の食材を、そして毎日違うものを食べましょう。そういうことを信じていたような気がする。もちろん、毎日同じものを食べ続けたら、さすがに栄養は偏るでしょうが、そこまで気にすることも無いと思う。 買ってきたものは、なるべく早く調理して、基本翌日までには食べるようにしております。冷凍をすることはありますが、いつもというわけでもないです。多すぎたときには、冷凍して後日いただきますが、基本はその時の [続きを読む]
  • 20歳から介護保険を納めるのはひどすぎないか?
  • https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171107-00000008-pseven-soci 高齢者の割合が高くなり、その分の負担をどうすべきか、という問題ですが。。。若い世代まで介護保険を収めるというのは、あまりにひどい話ではないのでしょうか? 介護制度は制度そのものに問題が多すぎると思います。介護保険値上がりを若い世代に負担させる前に、介護とは何かの議論を国民も含めて行うべきでしょう。 あまりにも世代間搾取がひどすぎる [続きを読む]
  • お買い得と勘違いしてお洋服をかわないために
  • 通販のサイトをつい覗いてしまうんですよね。買わないつもりですが、つい。。。。それで、底値のセーターとかパンツとか部屋着にしようか、なんて考えてしまう。 しかし、今着ているセーターとかパンツを長持ちさせればいいだけの話。これらをしっかり着倒してから、買うことを考えればいいだけなのに、「あ、お買い得」「買った方がお得?」と反応してしまう。(それも、出費になるから、と瞬時に否定しますけどね。) 部屋着候補 [続きを読む]
  • ストックを無くすという作業
  • 断捨離は不要なものを処分していく作業でもありますが、ストックを無くすという作業も合わせて行うべきなんでしょう。 ストックは「いざというときのため」、多めに保管しているもの。それが少ない状態の方が、ものの管理はしやすい。 特に食品の場合、鮮度が重要な食材は当然としても、賞味期限があるものであっても、なるべく早めに使いきるべきだし。ストックはごく一部とするのがいいと思うので、私の場合は、災害時用の「保存 [続きを読む]
  • 処分しにくい衣類の場合
  • 6年も断捨離をしていると、処分しやすい衣類と、そうでないもの、がわかるようになる。 ジャケットの中に着るトップスは比較的処分がしやすいです。場合によってはパジャマにできるものもあり、しかも、1年中なんらかのトップスが必要なので、部屋着にして処分という道筋がつけやすいのですね。 スカートは、、、ポリエステルだったりすると、実に耐用年数が長いように思います。そういうものもとりあえず部屋着にして毎日使えば [続きを読む]
  • 健康保険が破たんする前に
  • 健康保険はこのままでは破綻することになりますよね。それは避けたいと誰もが考えるでしょうが、負担が少ない状態で、高い医療を受けることは本来不可能。若い世代や働く世代の割合が低下するのですから、それを負担させるのは申し訳ない話です。 国民皆保険、これは素晴らしい制度です。しかし、破綻してはどうしようもありません。 国民皆保険がカバーする領域を減らすしかないと思う。それ以上は、民間の保険に頼るのがいいのだ [続きを読む]