grandeN さん プロフィール

  •  
grandeNさん: Plaisir de Recevoir
ハンドル名grandeN さん
ブログタイトルPlaisir de Recevoir
ブログURLhttps://recevoir.exblog.jp/
サイト紹介文フランス流しまつで温かい暮らし。
自由文フランス家庭料理、居心地の良い家。フランスの地方のゆったりとした生活がお手本です。暮らしを楽しむアールドヴィーヴルを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2011/02/12 09:53

grandeN さんのブログ記事

  • ELLEグルメ フードクリエーター部のメンバーに選ばれました。
  • フランスの雑誌といえばELLEを思い出す方が多いと思いますが、私も大好きなELLE a Tableの日本版、ELLEグルメのフードクリエーター部メンバーに選ばれました。顔合わせも兼ねた説明会に行きましたが、ふだん合わないような料理家の方たちに会えて、キラキラまぶしかったです!割と誰とでも話せる方ですが、皆さんのキラキラパワーに圧倒されました。でも気が合う人と言うのはどこにでもいるみたいで、いつまでも一緒に話せそうな方 [続きを読む]
  • 【フランスの友人と囲む和テーブル】
  • 3月の後半から4月の初めにかけて、嬉しい再会が2回ありました。10年くらい前に日本に駐在で来ていて、とても仲良くしていたフランス人の友人とロシア人の友人が今年また日本に戻って来る事になったそうです。ロシア人の友人は、夏以降本格的に引っ越して来るので、その前の下見(学校や住居を探す)に来ていました。忙しい日程の中でランチをともに。フランス人の友人はすでにご主人はこちらに赴任しているので、仮住まいながら長 [続きを読む]
  • 【今年の復活祭 Paques de cette année】
  • イースターサンデーから2日経ってしまいました。その間、いろいろな事があったのですが、それはまた別の日に。今年のイースターは森の中にいました。森の中に行くと決まってから、「そう言えば、日曜日はイースターだった!」と気付いた訳です。今回の森滞在は夫と下の子二人。下の子と言っても16歳と12歳。イースターエッグハンティングは、もう4年くらいしていません。でも珍しくイースターに森の中にいる訳ですし、非日常 [続きを読む]
  • 【 再び5人で nous voici, 5 de nouveau】
  • 桜が美しい、今週の東京です。天気もカラッと晴れ上がっている。桜の木の下で騒いで酔っぱらい、という風景を見る事は少なくなって来て、節度を持って楽しんでいる人達が増えた気がします。花見のルールも厳しくなってきたしね。私はもっぱら朝散歩の時か、夫とおしゃべりしながらの夜散歩で桜を楽しんでいます。寒くてインフルエンザが流行っていて受験生には辛い、冷たい空気の1〜2月。でも3月になると急に春の気配がして、ソ [続きを読む]
  • 【友人の家のディナー】
  • 友人であるフランス人と日本人のカップルの家に、週末のディナーに呼ばれて行ってきました。何回もいろんなところで一緒になっているのに彼らの家に呼ばれるのは初めて。静かにゆっくり話を聞いてくれるタイプの人達。控えめだけれどしっかりと芯の強い感じ。なんとなく、彼等はシンプル&モダンな、どちらかというと北欧系のインテリアの家に住んでいるのでは?と想像していました。玄関のアンティークの素朴なテーブルの上に大き [続きを読む]
  • 【母校に展示された自分の本】
  • 心がきゅっと固くなるような出来事があった週末が終わり、習慣である月曜午前中のルーティンで、家を一通りきれいにしていた。日差しは明るくて、外で歩きたい気分になった。ふと、母校の大学の広報課の方から、インフォメーションボードに私の著書を展示していると連絡を受けていた事を思い出した。久しぶりに散歩がてら行ってみよう。母校へ。温かい日差しの中で歩いているうちに、ドキドキして来た。まるで合格発表を見に行くみ [続きを読む]
  • 【自然の中でボーッとする時間をつくる】
  • この週末までフレンチスクールは冬休み。子供達が小さいときは、二週間の休みを目一杯使ってフランスの両親の所に帰り、一緒にスキーを楽しんだ。フランシュコンテ地方は、雪が多いのに高い山がないため、国境を越えてすぐ近くのスイスの山までスキーに行くのが夫が小さいときからの習慣でした。フランスに住んでいる頃は、毎年2月の冬休みには、車いっぱいにスキー道具と美味しいものを詰めて高速にのり、一時停止して "Bonjour! [続きを読む]
  • 【ホテル椿山荘東京イベント 3月8日(木)1席ご用意できます。】
  • 今日から3月!気分も春に向かって行っています。久しぶりの投稿ですが、先週は羽を伸ばしに山に行ってきました。スキーは少しだけ。雪の中を散策したり、ボーッとしたり、本を読んだり。Wifiもあまりなく、携帯の電波も悪い所でしたがそれがかえってよかった。さて、東京に帰って来て気持ちを切り替え、来週のイベントに向かって準備中。3月8日(木)、10日(土)とも満席でしたが、3月8日(木)に1席キャンセルがでました。こ [続きを読む]
  • 【Table de N 今年の抱負を語り合うティータイム】
  • 昨年の冬のレッスンで好評だった『今年の抱負、自分のやりたいこと、時間の使い方』をテーマにティータイムレッスンを開催しました。毎年1月に私がやっている今年の目標設定とスケジューリング。これをもとに時間術の本なども参考にしながら、どうすれば自分が一番心地よく幸せに暮らせるのかを考えるレッスンです。一人のメンバーの方が「ゆっくりお茶でも飲みながらお話したいです。」とおっしゃったのをきっかけに、ティータイ [続きを読む]
  • 【おすすめの野菜料理レシピ本】
  • このごろ本当にお野菜が高いですね。それも葉物類はちょっとビックリするような値段でスーパーに並んでいます。ときどき寄っている有機野菜のお店で、有機野菜は値段がいつもと変わらず、スーパーよりむしろ安いくらいでお店の方と苦笑いしてしまいました。昨日、プラチナレポーターをさせていただいている『エッセ』に掲載された野菜料理をまとめた『エッセ別冊 野菜の大評判レシピ204』をいただきました。料理研究家の方達の使 [続きを読む]
  • 【フランス流 自分で考えると言うこと】
  • 今日は東京には珍しく雪。雪の予報を聞いて、家にいてゆっくりしたそうだった娘も朝には何も降っていなかったので、不満そうに出かける準備をしていた。彼女と話していると、今のフランスの高校生たちの考え方がよくわかる。私がフランスに行ったのは大学生のときだったから、フランスの高校の話は新鮮だ。高校生と大学生はかなり違うところもあれば、フランス人として一貫したところもある。子供達の行っている学校はフランス在外 [続きを読む]
  • 【多国籍料理でディナーパーティー】
  • 久しぶりにパーティーのお話を。少し前のことになりますが、親しい友人と親しくなりたい方を招いてディナーパーティーをしました。年始のことだったのですが、急に思い立って招いたので、招待するつもりだった方たちの半分はすでに旅行中でつかまらず。。。それでもある親しい家族と、親しくなりたいと思っていたもう一家族に来てもらえることに。そしてなんと、この二家族はすでに仲良し同士だったと言う、パーティー成功の秘訣で [続きを読む]
  • 【毎日を楽しく暮らす方法:心の持ちようで世界も変わる】
  • 用事で区役所に行って、久しぶりにとても不愉快な思いをした。(詳しくは書きませんが、次回私に会った時、「あれってどんな事だったの?」と聞いてくれたら喜んでお話する!)どこにぶつけたら良いのか、不快な気分を抱えたまま、歩いていたら目に入って来た最初の花屋さんに吸い込まれた。春の花がたくさん。いつもならワクワクしながら歩く花屋さんの店内、それなのになんとなくブスッとしたくなる。不意に「いらっしゃいませ! [続きを読む]
  • 【シンプルな暮らしを心がける】
  • 2018年が始まって、年始の集まりだとかイベントがある中で、やはり大切なのは今年一年の自分についてゆっくり考えること。昨年末にそれまで毎日の様にSNSに投稿していた友達が急に「以前から思う所あって、これから一切投稿しないことにしました。メッセージだけは続けます。」と潔く宣言した。あまりに急で驚いたものの、その気持ちは理解できたし、自分のSNSの使い方についても考える良いきっかけになった。いくつものシステムが [続きを読む]
  • 【Bonne Année 明けましておめでとうございます】
  • すべての人が健康で幸せに過ごせますように。家族で温かい食卓を囲めますように。久しぶりの投稿になりました。忙しくて記事が書けなかったと言うよりも、クリスマスレッスンが終わって、自分の中がまっさらになり、新たにいろんな事を考えています。この年始の休みに今年の願いと目標についてゆっくり考え、2018年も2017年に劣らず素晴らしい年にしたいと思います。皆さまの日常が素敵な瞬間であふれますように。そして少しでも自 [続きを読む]
  • 【Table de N クリスマスレッスン テーブルの様子】
  • クリスマスが近づいてきました。今年のクリスマスレッスンも無事に終える事ができました。どの日も今年一年を振り返り、なんとなく感慨深く、さまざまな思いが交わった良い時間となりました。私自身も今年一年でできた事、できなかった事、来年への決心などを、静かなピアノのクリスマスソングを聴きながら考えました。まずはテーブルの写真を。今年はブルー&シルバー。落ち着いた色でクリスマスを迎えたい気持ちです。これからの [続きを読む]
  • 【フランス人は若いときからホームパーティーが好き】
  • 「フランス人は〜」という題名の本が多いけれど、その中の一冊に十分なり得るタイトル。でもこれは事実だし、最近実感する機会が多い。フランス人と結婚して、フランスの学校に子供を入れて親という立場でフランス人に接する時、自分が学生だった時には気付かなかった、新しいフランスの顔を見る事になる。子供が小さい時はしつけから幼稚園から驚きの連続だけれど、子供が思春期になるとさらに「ふ〜んそうなんだ。」と感心する場 [続きを読む]
  • 【エクレアキッチンショールームでクリスマス装飾】
  • 毎年11月中旬になると、茗荷谷にあるエクレアオーダーキッチンショールームでクリスマス装飾をします。秋になるころ、今年はどんな飾りにしようかと悩むのが実は嬉しい。悩みながらお店や街を歩くのも。3つ違うタイプのキッチンが展示されているにも関わらず、エクレアさんのショールーム全体のイメージは北欧っぽい。だから当然北欧っぽいコーディネートが合う。でも時にはわざとはずして違うスタイルにしたくなったりする。今年 [続きを読む]
  • 【私が家族に愛情を表せるのはやっぱり食卓】
  • 私が持っている様々な役割の中で、もっとも大切なものは、母親であり妻である家庭人としての自分。子供や夫が幸せに毎日を過ごしているか、それを気にするのが一番の仕事だと思っている。子供の話を聞くのは父親でも母親でもどちらでも良いと思う。けれど、子供達は父親に話す事、母親に話す事を分けているようだ。特に女の子は母親にしか言えない事が思春期に入って増えて来た。もちろん、思春期の女の子がすべてを母親に言ってい [続きを読む]
  • 【神戸レッスン:準備から当日へ】
  • 神戸の仲間に元気をもらって次の朝は食料品調達。この部分は普段のサロンでも少し気を使うステップ。もし手に入らないものがあったらどうしよう?特に全くどこにお店があるのかわからない土地だし。でも、たまたまホテルの近くに普通の大きさのスーパーをみつけて、そこでほとんどの物が調達できる事を発見。それに考えてみたら、特別なスーパーに行かなければ材料調達できないような料理のレシピをもらったって、再現する気にはな [続きを読む]