Pikku Myy さん プロフィール

  •  
Pikku Myyさん: いいかげんで☆いい塩梅
ハンドル名Pikku Myy さん
ブログタイトルいいかげんで☆いい塩梅
ブログURLhttp://rouvapikkumyy.blog100.fc2.com/
サイト紹介文世羅町でワイマラナーと暮らしています。ラボ・パーティ、マクロビ、シュタイナー、ジャザサイズ、大好き!
自由文頑張りすぎずに自分を磨いていきたい、四十前女です。
ラボパーティ、マクロビ、シュタイナー、ジャザサイズ、好きなことをいいとこ取りで楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/02/12 12:38

Pikku Myy さんのブログ記事

  • りんご、ドライブ
  • 私は「ついでに」をついしてしまう。今日も用をこなす足で「ついでに」ドライブ。友人のFB記事に誘われてりんごを求めて広島県北部へ。6年前?かな。連泊キャンプして近くの道後山に登った。夫が2日目夜からの合流だったから。5歳の子も歩ける山を選んだ。その帰り道に寄ったりんご園のりんごが美味しかった。私は生のりんごはあまり好きじゃない。(煮たりんごは大好き?なのに。)思い入れのせいかも雰囲気のせいかもしれないけ [続きを読む]
  • 優しい世界
  • 「お手紙を書く。」私の好きなことのひとつ。中学高校の6年間文通していた。月に1度のやりとり。たわいもない日常を書いて送って彼も(小学校の同級生だったのだ)下宿のことやら書いて送ってくれてた。文通が終わったのは彼が東大に合格し私が浪人が決まって地元で6年ぶりに会ったことが、多分きっかけ。あとで聞くと彼は小学校の同級生の女子数名とやりとりしていたらしく、ただの女好きだったのかとも思えるフシもあるのだが。も [続きを読む]
  • 好きなこと
  • 「ナウシカになりたかった」わたし。と同じくらいなりたかったのは「文章をかく人」。小学5年生くらいから父のゴーストライターをしていた。とある会に所属していた父。ただでさえ口下手。なのに投稿の機会を与えられた父。父の書く文章はてにをはもひどいしですますも急に言い切りになったり文法も無視でとにかく読みにくかった。なので子どもの私でも間違いだとわかるところから校正をしていたら父は文章の上手な人としてその会 [続きを読む]
  • わたしはしあわせ
  • 昨日3泊4日の京都研修からみむら姉さんが帰ってきた。昨日は毎週帰宅が遅くなるお惣菜デーの木曜日。今日は余裕がある日なのでみむら姉さんに聞いてみた「食べたいものある?」「ママが作ったものを食べたい。」とおっしゃる。これは嫌味ではない。素直に喜ぼう!昨日も帰ってきてからずっと「うちがいい〜。」って。何度も「ラクシーを見てたい、ラクシーにあいたかった。」って。安心できる場所や人は必要。それがうちである事に [続きを読む]
  • 大切にしてもらってる梅干し
  • 「ねぇ。梅干し食べていい?」14歳のみむら姉さんが言う。もちろん。清潔なお箸でとってね。この連休中部活が少し大変で。今朝クマができてたのだけど。今日もよく学校に行けたなぁと。みむら姉さんは自分の身体によく耳を傾けられるようになったと思う。去年の毎日嘔吐していた時期から、貧血だと納得したところからの。身体との付き合い方が上手くなってきている。すなふきんの身体のだるさは思春期特有のものなのか?ビタミンB [続きを読む]
  • 愛着
  • ラクシーの私へのstork がつおい。気づけば後ろにいる。私がいないベッドに上がっていたり私の瞑想用のクッションに勝手に座ってたり私の服をどこからか持ってきてその上で寝ていたり。ラクシーだからそのべったり感は許せる、というか愛おしくもなる。もしラクシーじゃない何者かがそんなことしていたら?うっとうしいかなぁ?でも結構嬉しいかも?想う存在からなら、か。でも、どこから誰から?わからない、はっきりしない。同情 [続きを読む]
  • 秋だ
  • 秋は好きな季節だ。稲刈り栗仕事マツタケ土を整えるその反面。秋は耳がつまる、めまいがする。胃腸が痛くてウンチが黒くなる。今年はその上に「見えにくい」がやってきた。経過観察中だった緑内障が悪化。検診で左目の視野が狭くなっていた。網膜も薄くなって所見が一致。治療に入る。といっても点眼だけなのだけど副作用が「目の周りの毛が濃くなります。皮膚が黒ずみます。」とな。まつげが長くなるだけなら良いのだけどね。目の [続きを読む]
  • へんてこな時間
  • 今日は午後の仕事を少しだけ抜けて小学校の理事会にでた。「少し抜ける」ために2週間調整をしていて。おかげさまで仕事もPTA 活動もスムーズに事運び。いつもより2時間早く帰宅してしまった。ちびのみぃはいつも通り、塾。今夜は塾弁当の日。すなふきんは明後日からの文化祭でのバンド練習をうちでしていて…すまんの、予定外に早く帰ってきて。そのまま、他のメンバーと合流すべくお出かけ。みむら姉さんもいつも通りの部活で帰宅 [続きを読む]
  • アジアごはんの第2弾
  • 先週に続いてトルコ料理の「マントゥ」生地からこねこね。98個。ソースはヨーグルトとトマト。誰もトルコ料理を食べたことがないので正解はわからないのだけど美味しい、ありあり。生地に卵を入れるあたりはラビオリ?子どもたちにはクリームソースだと馴染みがあって食べやすかったかも。ヨーグルトソースでさっぱりしていてつるっとしていて暑くてもたくさん食べられる。今日は急に寒くなったからいつもの餃子でもよかったのかな [続きを読む]
  • 想い、のこる日
  • 大阪でオイリュトミーのクラスに参加してきた。美しい動きに導かれる私の動きを感じた。空間芸術のおかげ。意思の芸術。心地よく。とても未熟ながさつな私の動きが心地悪く感じられた方があるなら申し訳ないのですが?うーん。あの時空の中では許されていると言える。その空間をつくってくださった先生に皆さんにありがたく感謝の気持ちに満たされて帰宅した。そして嬉しいお知らせまでプレゼントされた。小さな一歩。けれどとても [続きを読む]
  • アジアごはんにはまる
  • アルバイトはほぼ午後からなので平日の午前中はぽんやりぼつぼつだらだら家事をしたりしなかったり。2週間前たまたまNHK総合で再放送されていた「趣味どきっ」を観た。ベトナム料理。全部自分で作れる!ってわかったらもう作りたくて仕方なくなり即座にテキスト購入。NHK 出版 趣味どきっぐっと身近に!アジアごはんで週末作る。フォー・ガーの出汁をとる。ライスペーパーもフォーも作らなかったのだけど、作った感に満足。テーブ [続きを読む]
  • コマンドが
  • 帰宅が遅くて(月末は書く書類が多くて想定内で)7時半からの晩ごはん準備。お米をちびのみぃが炊いてくれてる、助かる。すなふきんは期末テスト中。災害で伸びてしまった分。おっかけ、みむら姉さん帰宅。普通に休み明けていつもの部活モード。今晩はこんぶのきんぴら、サラダ、豚肉ソテー、穴子照り焼き、茹でとうもろこし、じゃがいもアオサラクシーの好物が含まれております。穴子の頭。こちらは食べた子がコマンドと遊びとの後 [続きを読む]
  • もやもや
  • なんだかもやもやなのですっきりしていようと心がける。火星のせいかも。お盆休みのお土産で頂いたしおりは早速星読みの本に挟む。気遣って下さる人たちがいて。ありがとうございます。ほかにもたくさんの愛をもらってるのに…なのに何故私はこんなに哀しいのか?もやもや。とすっきりを行ったり来たり。もやもやに埋もれている方がよいのかな。もやもやの根源は知ってるけど、わかりたくないのか、私がおバカさんで本気でわからな [続きを読む]
  • お盆休みがおわり
  • 夫むーみんには申し訳なく思ったのだががっつりアルバイトを丸1週間お休みすることにした。お墓参りからスタート。坂町での砂かき、サンスターホール。みむらねえさんの宿題兼ねて美しきホワイトライオン。ラクシーを洗い。本棚の整理。また坂町へ砂かき。いつかいつか戻れる平静。に。ひとかき。ひとかき。進んでるようで進んでなくて。でも季節は変わり、忘れられる現状。まだまだしないといけない事がある。のんびり待てないの [続きを読む]
  • 大人の利害関係って?
  • 世羅でむーみんが拾ってくれたコクワ♂スタイルが美しいのでお酒のお供にぴったりです。飼い方が甘いのでちょくちょく脱走なさり朝、リビングで発見されるくらい元気な♂です。そこへあらたにむーみんが見つけた♀コクワ。缶ビールにダイビング。でます?出ました? この後コクワが浸かったビールをいただきます。−−−−−−−−−−−−−−−、家族ってなんだろ?今日、すなふきんの三者面談。話すタイミングやきっかけが難し [続きを読む]
  • 星が動いている
  • 広島の土砂災害が私の身近にある。毎日、報道されているけどほんとは報道されていない被害の方が多くて。それだけ広範囲で生活に支障が出ている。そんな中私を慈しんでくれた人が彼岸にいった。私は「嘘つき」になった…。叶わなかったのは私の怠慢だ。しなかった後悔はした後悔より私が、わたしを責める。わたしが、私を責める?なんだか星のせいにしておきたい。月と木星。水害が起きると夜中に目がさめる。ガルベストンでのIKE [続きを読む]
  • ボランティアではなくて
  • 今日初めて災害ボランティアに参加した。本意としては私の4分の1のルーツであるその場所に何かしたくて。母の近しい親戚がいるので朝5時出発で個人的な希望される品々を持っていく。しかしそれは個人的なことなので町についていてというと。ということですなふきんを連れて一般ボランティアとして、町に入った。ものすごい奇跡で同じ班に小学校の後輩がいて彼が立派にリーダーを務めてくれて本当に助かった。何よりボラセンの方が [続きを読む]
  • 大変なことです
  • 1週間たった。先週は大雨降る中ジェラシックパーク3を観ていた。こんな大災害になっているとは知らず。今日の夕暮れ。今日よりオレンジ色。希望の色から意志の色へ。そして先週と同じようにジェラシックワールドを4人で観てる。あっ、プラス1匹。多分金曜日が一番穏やかな夜なのだ。気づかなかった。土曜日も子どもたちの学校があるしお弁当もいるし朝としては同じなのだけど。仕事?歯科医師としての?テューターとしての?何が [続きを読む]
  • お誕生日
  • 七夕みむら姉さん14歳のお誕生日。朝、母が来てみむら姉さんが生まれた日のことを涙目で話してた。 持って来てくれたのはチーズタルト。広島駅南口で行列のお店でみむら姉さんのリクエスト。20分並んで持って来てくれた。 「お父さんがすなふきんと貝掘りに行ったよね。」私が陣痛を待っている間のこと(予定日から14日過ぎてしまい促進剤を点滴していたのだ)。父の仕事が午後お休みの水曜日。気が短い父は座って待てないから。そし [続きを読む]
  • 7月のお惣菜からの豪雨
  • すなふきんの好物で毎年、梅雨時期に探す。この数年見つけられなくて…。久しぶりだ。ライチ。スーパーマーケットで見つけた。好きな味に再会すると素直に嬉しい。これは世羅四季園でお勧めされたモロッコ豆。牛肉とのオイスターソース炒め。すぐに柔らかくなりくせなく食べやすい、豆。7月の美味しいもの。初めましての食材は調理が楽しみ。ーーーーーーーーーーー今日は朝から大雨。仕事はない金曜日。学校まで8?を自転車こぐの [続きを読む]
  • 梅雨の満月
  • 蒸し暑くて寝苦しくなった。寝入りばなにラクシーがクレートで「フンフン」トイレなのかと思い、促したけど用は出さずに部屋中を駆け回る。なぜ?暑いから?いや、暑かったら走らんじゃろ?よくわからないままクレートへ。それから今朝、4時前に強い風で目が覚めた。ラクシーも「キューキュー」怖かったのね。空は満月だから雲の速い流れがよく見える。5時30分定時に起床。意外とスッキリ目覚めた。眠い眠い眠たいのはいつもだった [続きを読む]
  • PTA のおかげさまで
  • 今年はちびのみぃのとこでクラス活動委員になり副委員長になりPTA の、理事会に出席する役を仰せつかり。仕事。休んだ。正直なところアルバイトなので休むと収入は無くなるのだけど火曜の仕事に行きたくない気持ちがややあるので。口実として 休むためにはちょうどいい。もともと午後からの仕事なのですけど普段は仕事に備えて体力温存、段取り。仕事無いとなれば犬を洗おう!まだ交換期なので乾かした後もどんどん抜ける。本犬も [続きを読む]
  • やさしい
  • ひとりの大切な一人についての関係者会議。訪問診療専門の病院の医師、PTさん、Ns.さん。と身の回りのヘルパーさん寝具介護用品さん。ご家族さん。ケアマネージャーさん司会。当事者さん。歯医者の私、はアウェーだけど当事者さんとの繋がり、は有ると思う。だから昨日、当事者さんが呼んでくれた、のだと思っている。担当医が大学の同級生。友人。ずっと遠くで仕事してると思ってたから、奇跡的、ここで会えるって、20年ぶりに会 [続きを読む]
  • そして夏至
  • 「訪問診療」にも色々あるわけで。ざっくり入院中の病院に行くのか施設に行くのかおうちに行くのか。おうちに伺うほうがその方の領域というか生活というか人生に関わらせてもらっている雰囲気が強い。今日のALS の方。今年の1月から担当させていただいている、紳士さん。明るさと軽さの隙間に見える寂しさ…。きっと私の仕事の分野ではないのだけど…。やはり関わらせていただくからには、ね。そんなこんなで急きょ呼ばれてもない [続きを読む]
  • 夏至を前に
  • 晩ご飯の調理中キッチンから見える空のかけら梅雨時期の夕焼けはグラマラスだ。憧れる。晩ご飯を出し終えて移ろう西の空。あっという間に太陽は沈み私の憧れは静けさへ引き戻される。穏やかに。朝日も夕日もめくるめく感情を呼び起こし私をここにないものにしがちだ。夜と朝昼と夜その間に生まれる無意識の中の記憶がささやかに私に語る。私のわたし。私の世界について。 [続きを読む]