川原kaze さん プロフィール

  •  
川原kazeさん: ヤマセミ(山翡翠)の覗きまど
ハンドル名川原kaze さん
ブログタイトルヤマセミ(山翡翠)の覗きまど
ブログURLhttp://komm1521.blog68.fc2.com/
サイト紹介文ヤマセミ(山翡翠)の写真を中心に、四季折々の野鳥を撮っています。
自由文ヤマセミや山翡翠やああヤマセミやとヤマセミずくしのサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2011/02/14 06:20

川原kaze さんのブログ記事

  • ヤマセミ 晩秋
  •  かなり久しぶりになってしまいました。 新しい写真ですが、撮影してから日にちが経ってしまったので、やはり在庫からになってしまいますね。 何とか晩秋の気配は感じて頂けるでしょうか。 メスのロングステイの場所にオスが飛んできました。 風景は近所の公園とお寺です。ブログランキングに参加しています、ボチッと をお願いします。  にほんブログ村 こちらにも参加しました、よろしければ をお願いしま [続きを読む]
  • ヤマセミ 
  •  ストックしていたのを掲載しないままでいたので、かなり溜まっています。今回まで在庫を掲載して、残りは塩漬けで保存します。距離11mほどです。ブログランキングに参加しています、ボチッと をお願いします。  にほんブログ村 こちらにも参加しました、よろしければ をお願いします。 [続きを読む]
  • ヤマセミ 在庫から
  •  先日来の大雨の影響で、道路は崖崩れ、全面通行止めになっています。 撮影現場に行くには、大きく迂回しなければなりません。 さらに川は未だ増水しています。川原の大半は水没していました。 そこで前回の続きの写真を掲載することにしました。ブログランキングに参加しています、ボチッと をお願いします。  にほんブログ村 こちらにも参加しました、よろしければ をお願いします。 [続きを読む]
  • ヤマセミ 岩から岩へ
  •  先週から野暮用が多く入り、ブログ更新はお休みしていました。メスが飛来、ブラインドを見て慌ててUターン、しばらくして戻って来ました。距離は30〜40m、ちょっと遠いのですが、こういうシーンは久しぶりです。ブログランキングに参加しています、ボチッと をお願いします。  にほんブログ村 こちらにも参加しました、よろしければ をお願いします。 [続きを読む]
  • ヤマセミ 久しぶりです
  •  7/4 以来やっと探し当てました。 あらぬ方向に来てしまい、手持ち撮影です。距離11m、手持ちは辛い。嬉しいようなそうでないような、気分でした。まっ、しかし、やっとブログに上げる事が出来てホッとしています。ブログランキングに参加しています、ボチッと をお願いします。  にほんブログ村 こちらにも参加しました、よろしければ をお願いします。 [続きを読む]
  • ヤマセミ 在庫から
  •  8月は天候不順もあり、撮影は2回だけでした。それもヤマセミは姿も無く徒労に終わりました。 8/19には雷雨激しく、落雷停電でコンピュータが変調をきたし、Netが1週間使えませんでした。ともあれ、新しい写真はないので在庫からの掲載です。ブログランキングに参加しています、ボチッと をお願いします。  にほんブログ村 こちらにも参加しました、よろしければ をお願いします。 [続きを読む]
  • ヤマセミ 姿が無い
  •  8月も半ばを過ぎましたが、天候は不順、梅雨に戻ったような日が続いています。やっと雨がやんでも日差しは有りませんしネ。川は水嵩が増し、川原には入れません。先日、雨の合間に撮影に行きましたが、「全く全然どうにもさっぱり」…でした。合歓の花が咲く頃は何時もヤマセミの姿は稀ですが、一輪だけ残っていました。5か所をチェックしましたが、何処にも姿は無くすごすご帰宅しました。掲載の写真は2年前の今頃撮影のオスの [続きを読む]
  • ヤマセミ  「鳥枯れ」??? 鳥がいない
  •  7/4に撮ったきり、まるでヤマセミがいなくなった様に姿を見せません。所謂「鳥枯れ」と云うやつなのか、合歓の花が咲く頃は探し回っています。原因については2013-07-30の記事を読んでください。掲載写真は 6/29の在庫からです。ブログランキングに参加しています、ボチッと をお願いします。  にほんブログ村 こちらにも参加しました、よろしければ をお願いします。 [続きを読む]
  • ヤマセミ 濃い緑の中
  •  今回もメスだけです。 7月半ばにもなると居場所が変わり、なかなか撮れません。 地域によっては、巣穴周辺にいるのが常態の様な所もあるようです。 しかし、巣穴が渓谷から離れ、不便な場所に仕方なく営巣する地域では、季節によって居場所を変えています。 我がフィールドも季節で変化するので、難しい地域に入ります。ブログランキングに参加しています、ボチッと をお願いします。  にほんブログ村 こちらにも参 [続きを読む]
  • ヤマセミ  飛び出し
  •  6月半ばに巣立ったヒナ達は、間もなくひと月なろうとしています。 私が撮った場所も、あと1週間もすればひと月。独り立ちと言うか親離れをしている幼鳥もいると思います。 以前、繁殖していた頃は3〜4羽、親とは離れて飛来していました。 兄弟姉妹といても嘴を突きあったり引っ張ったりと、自我とテリトリーの芽生えが見られました。 他の流域からか別の個体が見られることもありました。 そうするとフィールドは賑わい、カ [続きを読む]
  • ヤマセミ  ヒナの排泄量
  •  前回と同じく在庫からです。こちらはオスのみ、距離は20mほどで好い感じです。以前(2013-07-08)掲載した巣穴でのヒナの排泄量について、1度に20mlと予想しましたが、どうも間違いではないかと、改めて推測してみました。 撮影をしていると度々排泄物を噴射しますが、ゼリー状の尿酸なので円柱状ではなく板状に押し出されている様に写っています。したがって0.2X0.2X20〜30cm=0.8〜1.2ml 程ではないかと。 1羽のヒナの1度の排泄 [続きを読む]
  • ヤマセミ 在庫から
  •  およそ1カ月前の写真で、雌雄同時に別の枝に飛来し、交互に撮ったものです。残念なことに、今年もまた繁殖はせず、巣立ちは他所へ撮りに行きました。原因は何かといえば、2012年の蛇かイタチにやられたトラウマかも知れません。ブログランキングに参加しています、ボチッと をお願いします。  にほんブログ村 こちらにも参加しました、よろしければ をお願いします。 [続きを読む]
  • ヤマセミ 巣立ち-5
  •  これで巣立ちは終わりです。 今回は第四子と親ですが、何しろ繁みに隠れたままなので、全体像も撮れないまま飛び去って行きました。  この日の親は巣立ったヒナの前に魚を咥えて誘導する、というのではありませんでした。 地域差があるのでしょうか、必死に誘導する所と、ここのようにヒナ任せに近い比較的寛容な態度の親の姿が見受けられました。 川から離れた場所の巣穴や、川の流れが急な場所では危険もそれだけ増すので [続きを読む]
  • ヤマセミ 巣立ち-4
  •  今回と、もう一度だけ巣立ちに関わる写真をアップします。  前回からの続きですが、羽繕いは親のやっている姿を見なくても、遺伝子の中に刷り込まれているようですね。 図らずも水に落ちて仕舞って、羽毛の繕いをしなければ飛行に差し障りがある、のを察知していたかのようでした。 また、長時間同じ場所に留まっているとストレッチの必要もちゃんと分かる。 たぶん狭い巣穴の中では他の雛もいてして出来なかったと想像して [続きを読む]
  • ヤマセミ 巣立ち-3
  •  竹から滑り落ちた後、やっと止まれた垂れ枝です。ここでも止まるのがまだ不安定で、何度も翼を広げて、やっと止まっている状態でした。初めての綱渡りが落ちそうになるのをやっとこらえている、という感じでしょうか。今回初めて見たことがありました。それは羽繕いをし、翼と尾羽を伸ばしストレッチをしたことです。さらに咆哮の格好のもしてくれました。もちろん成鳥では何度も見ていますが、巣立った直後のヒナでは初めてでし [続きを読む]
  • ヤマセミ 巣立ち-2
  •  最後に巣立ったヒナはオスでした。 5:13頃には全てのヒナが巣立ったので、非常に早いですね。まだ飛行コントロールが出来ず、飛ぶ力も弱いため、ふらふらと思わぬ場所に行ってしまいます。一度はボサに降り立った後、メス親が魚を咥えて見える場所に来たためか、今回の竹に止まろうとしました。しかし、竹はツルツルと滑り、首で支え足を踏ん張るも、止まることが出来ません。結局28秒程もがいた挙句、終に水面に落ちてしまいま [続きを読む]
  • ヤマセミ 巣立ち
  •  先日ヤマセミが巣立ちました。この日は3羽、前日は2羽で、計5羽でした。まだ暗い4:22:45に1羽出て、性別不明、約10秒遅れでもう1羽巣立ちましたが、これも性別不明でした。飛び出した雛は翼の裏を確認しないと判別できません。ある本には、オスは巣立ったすぐから首と胸が薄茶斑が識別できる、と書いてあります。しかし多くヒナは私が見た限りでは不明でした。この日の2羽目は撮っていないので、分かりようも無いのですが、3羽目 [続きを読む]
  • ヤマセミ 
  •  他のフィールドでは、巣立ちに立ち会えて、撮影したカメラマンも多いと思います。ここではそれは無く、ただ撮影するだけです。 前回から同じようなのが続きます。 かという私も、6年前から、他のフィールドで孵化後の給餌等と巣立ちを撮影して来ました。今年も遠征して来ましたが、掲載は次回からにしたいと思います。 [続きを読む]
  • ヤマセミ 高枝
  •  待っていたフラインドの方向とは逆に来て、手持ちD300-70〜300mmで撮影しました。最後の写真はブラインドの真上で空抜けしています。まだ十分に明るくなっていなくての手持ち、Rawから現像でやっとこの程度の解像度です。5〜8枚目は2羽いるのですか分かるでしょうか。 最近、他県のフィールドに行って来ましたが、掲載は出来るのか、来週になる予定です。ブログランキングに参加しています、ボチッと をお願いします。 [続きを読む]
  • ヤマセミ 若葉の高枝-2
  •  前回の続きです。メスはさらに戻り、今度はオスが飛んで行ってしまいました。次回からは別の写真を掲載する予定です。ブログランキングに参加しています、ボチッと をお願いします。  にほんブログ村 こちらにも参加しました、よろしければ をお願いします。 [続きを読む]
  • ヤマセミ  若葉の高枝
  •  ヤマセミはもうすでに給餌回数を減らしている、と鳥友から連絡がありました。それに引き換え何とも情けない我がフィールドですが、出来の悪いのが愛おしい。そんなペアです。メスが飛び去った後、再び戻ってきてさらに飛び立ちました。ブログランキングに参加しています、ボチッと をお願いします。  にほんブログ村 こちらにも参加しました、よろしければ をお願いします。 [続きを読む]
  • ヤマセミ ペアで
  •  本来ならこの時期は卵を孵しヒナに餌やリをしているのですが、このペアにその気配は全くありません。 理由の大半は安心して巣作りをする土の崖が無くなって仕舞ったからです。 川沿いの崖は殆どが岩か硬い礫の層で、巣穴を掘れる状態ではありません。 土砂崩れの崖はすぐに修復され、スティール製の網が張られたり、コンクリートやモルタルで固められてしまいます。 川から2kmも離れた場所に巣穴をほり、せっせと魚を運んでいた [続きを読む]
  • ヤマセミ ようやくオスを
  •  あれよあれよという間に5カ月が過ぎてしまい、ついに6月になってしまいました。オスを比較的近くでようやく撮ることが出来ました。ブラインドを見ると灌木の後ろを通り、兎に角避けていました。ブラインドを覚えている、という事は誰か、ヤマセミのいる時に頻繁に出入りしたのでしょうか。しかし、近く時言っても25m、以前は11mでも平気だったのに、と悔やまれます。今回はオスのみを掲載します。他のフィールドではヒナに給餌を [続きを読む]
  • ヤマセミ 若葉の季節
  •  所によっては孵化して、せっせと餌運びをしていると思います。当フィールドは淋しい事に、今年も繁殖の気配はつゆほども無く過ぎています。昨年も撮った場所は、おそらく6月半ば過ぎに巣立つと思われます。そのフィールドでも過去4回巣立ちを撮っているので、出来れば今年も行きたいと考えています。  さて、ブログは前回の残りと、葉かぶりの写真を掲載します。日にちの違う写真を一緒に掲載しています。この後、一度まともな [続きを読む]