もやい さん プロフィール

  •  
もやいさん: 「もやい」の独り言
ハンドル名もやい さん
ブログタイトル「もやい」の独り言
ブログURLhttp://kyo-moyai.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文土や自然素材・古民家をテーマに兵庫県明石市で建築設計活動をしてる事務所のブログです。
自由文○「土」・「木」・「自然素材」がテーマです。
○「古民家」・「古民家再生」がテーマです。
○「リノベーション」・「リフォーム」もテーマです。
○「安全・安心」そして「快適・心地良い空間・すまい」がテーマです。
そんな建築事務所が日々思っている事・感じる事・見た事を「わがまま・気ままに」綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/02/14 11:31

もやい さんのブログ記事

  • 「もやい」の好きな納まり:3
  • 明石の蔵付き古民家が活動の拠点の「もやい建築事務所」 アプローチ回り座敷前の廊下設計・監理する建築で使う納まりを考えてみました。やはり自然素材の「土」棚が(霞棚)が設えの様に・・・群青色の水捏ねの土壁大津磨きの壁(朱)天井は白土・床は研ぎ出し・腰壁も研ぎ出し大津壁・・・浅葱色浅葱色の土が光るまで磨きます。最後はビロードの布で・・・土の外壁・・・掻き落とし仕上げ蛍壁・・・鉄粉が錆びてポツポツと!土の [続きを読む]
  • 「もやい」の入り口
  • 明石の蔵付き古民家の「もやい建築事務所」今、入り口のアプローチは、青から少し紫がかった「蛍蔓」が満開です。色も微妙に変化します。楽しめますね!山野草!「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。一日一度はここを して下さいネ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「もやい」の好きな納まり:2
  • 明石の蔵付き古民家が活動の拠点の「もやい建築事務所」設計・監理する建築で使う納まりを考えてみました。やはり自然素材の「竹」基本的には真竹で晒し竹と言われる油分を抜いた竹です。青竹も使います。床の天井に 和室の天井に 煤竹・・・囲炉裏の煙で長年燻されたもの・・・銘竹の一つを床にありました。 竹の格子竹の格子・・・有楽窓 竹の連子 有楽窓・・・織田信長の弟で茶人でもあった織田有楽が好んで用いたのでこの名前 [続きを読む]
  • 「もやい」の好きな納まり:1
  • 明石の蔵付き古民家が活動の拠点の「もやい建築事務所」設計・監理する建築で使う納まりを考えてみました。先ずは「霰こぼし」京都北村邸自然石を霰がこぼれた様に敷き並べていく手法!職人さんが、石を選びながら目地が4つ目にならない様に形を選び敷き並べていく、手間暇かかる手法です。京都建仁寺の階段北村邸の玄関周りアプローチや露地に使われています。和田山の数寄屋の4畳半茶室の入り口基本的には「和」の納まりですが、 [続きを読む]
  • 座敷の設え
  • 明石の蔵付き古民家が活動の拠点の「もやい建築事務所」燕がそろそろ姿を見せ始めましたね!そこで床の掛け軸を、柳に燕をかけました。雰囲気があり大好きな軸です。竹の花入れに・・・一日花の椿の白「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。一日一度はここを して下さいネ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 裏千家茶道「壺中庵」・・・古いもの
  • 耐震補強工事の相談を受けている裏千家茶道を教えておられる「壺中庵」流石に茶道具を含めて、古いものが沢山所有されています。これを使いたいと・・・先日は書院障子でしたが、今回は松の板・・・なんと大きな扇です。東海道53次の扇!どこかに嵌め込み、考えて・・・とこんな感じかな・・・と大先生のイメージスケッチです。古い杉の鴨居と松の板も預かりました。玉杢柾目楽しい課題と言うか?宿題を頂いています。「もやい」 [続きを読む]
  • ユキモチソウ・・・何とも言えないな!
  • 明石の蔵付き古民家が活動の拠点の「もやい建築事務所」周りの庭は、山野草を中心にして整備しています。春を迎えて・・・あちこちで可憐な姿を見せてくれています。タイツリソウ蛍蔓・・・花の色が変わります。・・・その中で、西の庭の「ユキモチソウ」何とも言えない白い餅白いお餅を抱いたような姿・・・何とも愛らしい!「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。一日一度はここを して下さいネ。にほんブ [続きを読む]
  • 現在の住宅取得・・・???
  • 現在の新築住宅の取得の内容を少し考えてみました。分譲住宅、売り立て住宅、中古住宅、古民家と選択肢は色々ありますが・・・・・今回は新築住宅について・・・とある郊外の地域ビルダーに聞くと・・・30代半ばで住宅取得する場合は予算は約3000万が主流。その中で土地代1500万前後で40坪平均。と言う事は、登記やローン保証料などの諸経費を引くと建築工事にかけられる費用は1200万〜1500万前後自己資金0で [続きを読む]
  • 裏千家茶道「壺中庵」・・・古い書院建具
  • 耐震補強等の工事の依頼を受けている、裏千家茶道を教えられている「壺中庵」先生が実家の古い書院の建具があるので利用して欲しいと・・・依頼を受けて見に行って来ました。三保の松原の構図かな!古い松の板も・・・歪杢かな!これを耐震補強する8畳茶室の一部に組み込んで使いたいという事ですので・・・考えなければ・・・・・「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。一日一度はここを して下さいネ。に [続きを読む]
  • 緑に染まる事務所
  • 明石の蔵付き古民家が活動の拠点の「もやい建築事務所」周囲の庭の新緑が気持ちの良い時期になりましたね! 東の庭の紅葉の新緑 廊下の障子や硝子が緑に染まり大変心地よいです。 分かりにくい写真ですが・・・硝子が緑に染まります。果樹園の梨の花も最終盤街灯に葉脈がすかして見える入り口前のアズキナシ一輪差しは大根草「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。一日一度はここを して下さいネ。にほんブ [続きを読む]
  • 裏千家茶道「壺中庵」・・・耐震補強
  • いつもお世話になっている裏千家茶道を教えておられる「壺中庵」別棟・・・4畳半台目の茶室「壺中庵」今回、耐震補強の為の改修をする事になりお伺いして来ました。茶室が別棟の「壺中庵」を含めて7つあり、かなり改修されています。2畳中板の茶室の躙り口壁を抜き、茶道の為の改修を重ねている事もあり、今回整備する為に依頼を受けました。立礼席8畳広間・・・ここの角に格子の耐震壁を新設します。大炉の間・・・課題は耐震 [続きを読む]
  • 「もやい」の廊下・・・障子
  • 明石の蔵付き古民家が活動の拠点の「もやい建築事務所」縁側の障子・・・癒し担当の「結」・・・猫三才!が虫を追いかけ破って・・・彼女が虫を追いかけて・・・合計・・・40以上の箇所が・・・とりあえず、応急処理!で部分補修!細かく、破れた部分だけを補修真ん中に硝子全体張替は・・・そのうちに!縁側の突き当りに「結」・・・何???と言う感じ!上が元の状態硝子を外して障子紙を貼っていましたが・・・と同時に、一部 [続きを読む]
  • 古民家魅力・・・建具
  • 古民家をリノベーションして、現在のライフスタイルに合わせて「住まう」事が定着しつつあります。奈良桜井市の明治の古民家その古民家の魅力の一つに・・・木製建具があります。解体されれば、産業廃棄物・・・でも材質も良く、加工に手の込んだ建具も多い!今、新調すれば・・・○十万するものもあります。兵庫の古民家の玄関ホール建具西区古民家床の間の書院硝子建具舞良戸杉と竹を使った瀟洒な戸良くある腰板のある障子幅の狭 [続きを読む]
  • 新緑に染まる・・・もやいの事務所
  • 明石の蔵付き古民家の「もやい建築事務所」周囲の庭は山野草を中心に整備しています。春・・・一斉に芽吹きだしました。座敷前の廊下東の障子・・・紅葉の若葉が映るこの時期、座敷・廊下の障子は薄緑に染まり気持ちが良いですよ!写真ではもう一つ感じが出ませんが!前の庭のイカリソウ西の庭のイカリソウヒトリシズカ忘れなぐさ黄色のイカリソウシャガこんな感じで・・・薄茶で休憩「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加して [続きを読む]
  • 「土間のあるfuハウす」のメンテナンス:5
  • 「もやい」が設計・監理した「土間のあるfuハウス」竣工当時メンテナンスの事でお伺いしています。建築後15年近く経っていますが、綺麗に住まわれています。アプローチ見返し地層仕上げの壁と玄関甍賞を受賞しています。玄関ホールから玄関見返し地層仕上げの壁の上下が抜けているのが良いですね。座敷前の土間から玄関を見る。通り土間の上り口座敷前の庭コマ目に補修していく事が大切ですね!「もやい」は日本ブログ村ランキン [続きを読む]
  • 春の設え
  • 明石の蔵付き古民家の「もやい建築事務所」新しい年度がスタートですね!座敷の春の設えです。 国廣さんの書のパネル「春の海 ひねもすのたりのたりかな」・・・与謝野晶子の歌とヤシャブシ清々しい季節です。「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。一日一度はここを して下さいネ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 土・・・たたき土間
  • 明石の蔵付き古民家が活動の拠点の「もやい建築事務所」「もやい」は職人さんの手仕事を大切にした仕上げを提案する場合が多々あります。オンリーワンの仕上げを大切にして、伝統技術を残したいと考えています。その職種の中の「左官」という仕事!「水の職人さん」・「時の職人さん」・「化学・物理の職人さん」とも言われます。ある材料を調合して、水の引き具合をを見ながら仕上げていくからそう呼ばれます。・・・たとえば「た [続きを読む]
  • 「土間のあるfuハウす」のメンテナンス:4
  • 「もやい」が設計・監理した「土間のあるfuハウス」竣工当時メンテナンスの事でお伺いしています。建築後15年近く経ち、布クロス、物置屋根等補修が必要になってきています。アプローチ甍賞を受賞しています。現在の玄関からの見返し現在のトイレなんか、ほっこりする空間です。コマ目に補修していく事が大切ですね!「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。一日一度はここを して下さいネ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 4月・・・春ですね!
  • もう四月!新入、新社会人と・・・新しいスタートが始まりますね!春たけなわ!明石の蔵付き古民家の「もやい建築事務所」前の庭の利休梅果樹園の梨の花西の庭のヤマブキと姫リュウキンカ大好きな・・・イカリソウも見れば見るほど、可憐周りの山野草が芽吹き始めて可憐な花を咲かせてくれています。「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。一日一度はここを して下さいネ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 桜満開・・・みんな花見かな?
  • 絶好の花見日和ですね!「もやい」の事務所がある地域でも・・・今日は「世代交流会」という名の花見が行われます。皆さんも多分・・・播磨灘も穏やか・・・で釣り人、散歩する人が目立ちますね!爽やかな、気持ちの良い季節ですね!「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。一日一度はここを して下さいネ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 左官の研ぎ出し
  • 明石の蔵付き古民家が活動の拠点の「もやい建築事務所」「もやい」は職人さんの手仕事を大切にした仕上げを提案する場合が多々あります。オンリーワンの仕上げを大切にして、伝統技術を残したいと考えています。その職種の中の「左官」という仕事!研ぎ出しの様子「水の職人さん」・「時の職人さん」・「化学・物理の職人さん」とも言われます。ある材料を調合して、水の引き具合をを見ながら仕上げていくからそう呼ばれます。・・ [続きを読む]
  • 春の息吹・・・山野草の庭
  • 明石の蔵付き古民家の「もやい建築事務所」周囲の庭は山野草を中心にして整備しています。蔵の入り口は、明石塩焼き瓦の鬼瓦利休梅もむ咲きますね!白い花冬枯れの庭から春の息吹を感じる庭に変わってきています。東の庭のヒュガミズキ西の庭のサクラソウ忘れな草姫リュキンカユスラウメ大根草の花も可憐「もやい」は日本ブログ村ランキングに参加しています。一日一度はここを して下さいネ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 「もやい」が使う塗料
  • 明石の蔵付き古民家が活動の拠点の「もやい建築事務所」「もやい」が設計する「住まい」で使う塗料高砂の家・・・柿渋オスモやアウロのドイツの自然塗料と日本古来の柿渋が多い!姫路の野趣ある庭を囲む家・・・オスモコストにすればオスモの約3分の1材料費の柿渋防虫・防腐効果もあり優れものです。柿渋は古来から魚網や和傘にも使われていますし、一閑張にも使われています。原液を塗ったり、水で3倍希釈して塗れば、数回塗ら [続きを読む]
  • 内部の仕上げを考える:2
  • 明石の蔵付き古民家が活動の拠点の「もやい建築事務所」「もやい」が設計・監理するする「住まい」の内部の仕上げを考えてみました。基本的には「自然素材」を中心にして考えますが、やはり予算とのバランスもあり、その範囲で最良の選択を心がけています。床:杉にオスモ塗装壁は珪藻土天井はクロス壁は土・珪藻土・漆喰を中心にして、木、練り付け合板(木を薄くスライスして合板にしたもの)床:杉壁は珪藻土床は楢材壁は土天井 [続きを読む]