大阪カヤック さん プロフィール

  •  
大阪カヤックさん: カヌーの日記 鸛
ハンドル名大阪カヤック さん
ブログタイトルカヌーの日記 鸛
ブログURLhttp://sea.ap.teacup.com/bayern/
サイト紹介文カヌーに乗ってどこまでも。 海、湖、池、川、用水路、噴水・・・ 水さえあれば漕いでます。
自由文鸛はコウノトリという漢字です。
場所も川、海、池、内容ものんびり、ヤバイの、変なとこと盛りだくさん。ではカヌーの日記へ

元カヌーショップのオーナー 現在ガン闘病生活の会社員
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2011/02/15 15:01

大阪カヤック さんのブログ記事

  • さあ、今年もレースで漕ぐぞ!
  • [画像] さあいよいよワイルドウォーターのレース開始だ。男子は8名(大阪3人、和歌山2人、滋賀2人、兵庫1人)、女子2名、その他艇の部8人の合計18人で当日棄権2人。[画像] 今回の私の目標は3分を切る事。このコースは約500mなんだが、500m3分というのは時速10km/hという事。静水で3分切れてたのに流水で切れないとは情けなさ過ぎる。 しかし50歳を越えてからどうしてもワイルド艇で3分がきれない。 [続きを読む]
  • 関西ワイルド スタート前
  • [画像](普段川では見かけない競技艇を積んだ車が並ぶ) いよいよ関西ワイルドウォーター選手権の日、いつものように午前中は関西スラローム選手権があり、昼からワイルドウォーターの試合となる。9:00に合同の開会式があり昼までは練習するなりスラロームの応援・観戦して過ごす。[画像](スラローム男子K1) 今年はスラローム、ワイルドウォーターとも昨年より人数が多い。やはりオリンピックで日本選手がメダルを取って競 [続きを読む]
  • 腹部出血 検査結果
  • [画像] 2月から断続的に続いていた血尿の検査がでた。他にもいろいろ言われた。まず腹部内のあらたな癌はなし。とはいうものの元々の左腎門部や首部のリンパ腫、肺の癌はそのまま。あと胃が変形して伸びてる?らしい。 今回の検査で胃カメラも通らず、管にワイヤー入れて通したのだが、胃にも十二指腸にも通りにくかったそうです。 そして胃の中には2つの陽性の腫瘍と胃の入り口あたりが赤く腫れていてなおかつ亀裂がはいって [続きを読む]
  • リベンジ、七曲がり
  • [画像](国道163号線の笠置トンネル前) それは関西ワイルドの前の週の日曜日、朝から心斎橋まで癌治療にでかけたのだが早く治療が終わり、家に帰ったのはまだ12時前。それならちょっと漕ぎに行こうと考え、まずは試合会場の和知に行こうかと思った。しかしその前に試合までにワイルドでリベンジに行かなければいかない所を思いだす。[画像](トンネル横の瀬) それは木津川の笠置。それというのも前にワイルドで漕いだ時、 [続きを読む]
  • 亀岡から和知への思い出・・・
  •  先日、家から青蓮寺ダムまでが繋がった。繋いでいる時はいつ行けるかなとばかり思うのだが、一度繋がると嬉しいもんだ。そして昨年繋がった川があったのを思い出す。[画像](丹後IC、この横から須知川を漕ぎだした) 練習の為に由良川の和知に車で走っていると、京都縦貫道の亀岡から丹波あたりは昨年繋いだところ、和知から高屋川、須知川で丹後ICまで繋ぎ、分水嶺の観音峠を歩いて園部川に出る。そしてそこから亀岡まで漕 [続きを読む]
  • 試合前練習・・・和知
  • [画像] いよいよ試合が近づいてきた。(4月15日 関西ワイルドウォーター選手権)そこで本番のコースも漕いでおこうと試合会場の由良川の和知までやってきた。今回のイメージとしては苦手なスタートしてすぐの本流真ん中に岩がある瀬をどう行くか?あと全体コースの確認といったところ。[画像] この日は和知ダムが放流しておらず水位が低い。これは本番の時に放流するとコースがまるっきり別になるなと思いながらもまず1本。 [続きを読む]
  • そして家から名張が繋がった!
  • [画像](横に長い堰堤) 青蓮寺川をスタートして直ぐに名張川と合流、名前も名張川となって川は西へ流れる。少し行くと堰堤があった、ここが今回のコースで唯一の堰堤、ただそんなに大きくはなく楽に越えられる。周りはいろんな店や建物が見えて、街中の川という感じ。[画像](近鉄奈良線) そして堰堤の次には近鉄電車をくぐる。名張駅と赤目口駅の間だ。そういえばここんとこ近鉄電車くぐってなかったけ?と考えていると、宇治 [続きを読む]
  • 一人で来る時は自転車積んで!
  • [画像](近鉄 名張駅) 私が始めて名張川を漕いだのは平成6年の11月でコースは大川遺跡から月が瀬梅林、そしてその上流を漕ぎ延ばしたのが翌平成7年3月で葛尾から漕いだ。昔は月が瀬梅林のすぐ上まで瀬になっていたのが、いつの間にかバックウォーターで大川遺跡のすぐ下で瀬がなくなっている。 そしてその葛尾から先を漕いだのが今年の2月の事。実に20年以上が過ぎている。私にとって名張川は特別な川で、始めて自分達 [続きを読む]
  • 春の訪れ
  • [画像](河川公園でも花盛り) インフルエンザで寝込んでようやく久々に川に行けるようになる。試合も近いし早速ワイルド艇を積んで淀川にやってきた。いつのまにか世間は春休みに入り河川公園も人出が多い。花も咲き誇っていてすっかり春の装いだ。[画像] インフルエンザになる前にカヌーに行った時は気温も10度なかったんだがなあ。ほんとうにこの2週間での気温の変化は凄かった。[画像](車もいっぱいいだ) まあ私はいつ [続きを読む]
  • なんで今頃・・・
  •  それは1週間前の事、久々に海に行こうと計画。しかしその前日また血尿というか腹部の回腸導管からの出血。正直この状態で動かすのは怖い。そこで同行のメンバーに中止したい旨を連絡、その時少しのどが痛いなと感じたので年の為に熱を計ると36・3度、これはいつものように花粉症かと思いながら就寝する。[画像] 翌日5時に起床、ああ海に漕ぎに行くのはなくなったのかとボケーとする。早かったので寝直して起きたらなんとな [続きを読む]
  • 紀の川水系高見川水系平野川
  • [画像] さて次は実際に歩くつもりの県道28号線沿いの平野川、ここも道路が狭い上に川まで降りれない所ばかりだが、上の方で比較的集落があり道が広いところがあった。ここも橋があり新橋という名前だ。ではこの橋をくぐるとしよう。[画像](ここも水はきれい) 道路からかなり段差があるがなんとか降りる所を探して出艇する。浅い!とにかく浅く艇が浮くのがやっと。でも谷尻の時よりはましだ。[画像] 当たり前だがここも水が [続きを読む]
  • 県道251号線沿い谷尻
  • [画像] 車で紀の川水系の下見に来てなんとかルートを決定、漕いで下るのは諦め歩いて繋げる決意をする。しかしどこか漕いでおかないと落ち着かないのでまずは県道251号線沿いに走って漕げそうな所を探す。そんな時にふと茶畑と丸木橋が目に入る。あっここ漕いでみたい!ヨシッここに決めた![画像] うまい具合に道幅も広く、車を止めても問題ない。こういうところはやっぱりパックラフトの気分なので早速艇を膨らます。しかし [続きを読む]
  • 右を通るか左を行くか?
  • [画像] ちょっと名張・青蓮寺・高見方面が続きます。ここんとこ川ばかりなので海も行こうと計画してもどうも天気に嫌われる日々、そうなると繋げると決めて気合いが入っているこっち方面に来てしまいますね。もう一つは意外な近さ、いままで下道&名阪国道できてたのを寝屋川市から高速(第2京阪・近畿・西名阪)で来ると青蓮寺ダムまでほぼ2時間なんです。こんなに早くこれるとは思わなかった。そして来馴れて更に早く感じると [続きを読む]
  • 懐かしの分画フェンス!
  • [画像](気に行った写真です。なんか湖らしい??) 青蓮寺川を下りダムのバックウォーターに入る。柱状節理の景色を楽しんで進むと橋がかかっている。香落橋だ。 実は私はしらなかったのだが、この橋の所に公園があり駐車場や湖へのスロープがある。そうなるとここで上がる方が楽。始めの予定ではずっと湖に入って行って、そこの駐車場まで漕ぐつもりだった。しかし回送してくれたNMさんもここで上がる方が楽と電話してきてく [続きを読む]
  • 青蓮寺湖へと至る道
  • [画像](河鹿橋にて。後ろは屏風岩) さて淀川水系の名張川から紀の川水系の高見川へ抜けると決めたので、空いた区間を埋めていこう。空いた区間は2か所、青蓮寺ダムの下から先日行った名張川の新夏秋橋までの6km、そして青蓮寺川の河鹿橋から青蓮寺湖へと至る2kmほどの所だ。今回はNMさんが車で回送してくれるとの事なのでお言葉に甘えさせてもらう。[画像](河鹿橋から天狗岩、沖天岩が見える) この青蓮寺川沿いはと [続きを読む]
  • 淀川水系から紀の川水系に行けるのか?
  • [画像](木津川水系〜紀の川水系ルート かなり大雑把に線を引いてます) 今回、久しぶりに名張川を先に延ばした。そして家に帰って地図を見ているとずっと前に考えたルートが浮かび上がってきた。そのルートというのが木津川水系から分水嶺を越えて紀の川水系まで繋げる事だ。[画像](何故か名張川行ってジターリングしてました) 木津川水系の高山ダムから紀の川水系の高見川まではざっと70km、現在高山ダムから新夏秋橋まで [続きを読む]
  • 意外に楽しい名張川
  • [画像](マスク変わりのネックウォーマー)) 名張川の新夏秋橋は近鉄名張駅から約2、2km、駅の最寄り地点ではないがかなり近い。名張駅というと大阪まで通勤してる人はいるものの通勤圏のかなり端という感じだ。 スタートして感じたのは道路から近いのに人工物が少ない事。そして山間部という感じでもなく空が広い。[画像] まあ渇水期なので流れはそれほどでもないがそれなりに岩場が多い。もし水が増えたらきついかもしれ [続きを読む]
  • 始めての川は出るまでが大変です!
  • [画像] なんとなく川に行こうかと思った週末、あまりきついところは面倒かなと思いながら特に行きたい所が思いつかない。それなら前に行きそびれた名張川の上流部はどうかなと思いつく。名張川は三重県と奈良県の県境の葛尾から下流は全部漕いでいるが、その上流は行こう行こうと思いながらもまだ行けてない。前に車で横を通った時はそれなりに瀬はありそうだ。この始めての川というのは当たり外れが大きく、いいコースならとっく [続きを読む]
  • 回腸導管は体重維持必須
  •  ちょっとやりきれない思いが募っている。[画像](これを組み合わせてお腹に貼って尿をためている) 実は2月はずっと人工膀胱をつかた腹部が痛くて、手術した成人病センター(現 大阪国際がんセンター)で診てもらおうと診察の申し込みをした。しかしそこでの返事は、私の診療は一旦終ってるので紹介状がないとみませんとの事。こちらが手術もそちらなのでカルテもそちらにあるのですがと言っても無理です、さらに紹介状なしだ [続きを読む]
  • ゴール間違えUターン[´Д`][´Д`]
  • [画像](宇治橋を見て) いよいよ漕ぎだそうと艇に乗る。風がきつい!漕がないと上流に風で流される。とにかくしっかりストロークを入れる事を考えて行こう。[画像](さあ行くぞ!) 早速どんどん下っていく。やはり淀川の静水とは感覚が違う。波はそこまで大きくはないので沈することはないのだが、行こうと思ってるラインにうまく乗れない。この辺りが課題ですね。試合は当然流水であるので、流れの中でちゃんとコントロールし [続きを読む]
  • 電車回送は久しぶり・・・
  • [画像](京阪宇治駅近くの堤防に艇を置く) 今年になってワイルドウォーターは淀川ばかり、ちょっと瀬のある所も漕ぎたいなあと思い木津川か宇治川に行こうかと考える。ただ一人なので回送は電車、そうなるとJR関西本線の木津川より、京阪電車宇治線の方が電車の本数が多い。そこは平等院など観光の名所が多い宇治近辺というとこですね。[画像](宇治川沿いの阪神高速の高架下) まず宇治駅まで車で行って堤防の横にカヤックを [続きを読む]
  • 渇水ではドラマが起きる?
  • [画像](私、岩の上を・・) 木津川の高山ダム直下の明神の滝という所は水量がわかりにくい。私は今回で4回目だが、うち1回は渇水で漕ぐこともできなかった。 さて今回全員で降りて下見をする。うーん、所々ひっかかりそうだ。ただ私のサルトなら行けそうな気がする。そこで私がいってみて、みんなはそれを見て判断する事になった。[画像](必死に右に曲げてます) 瀬の前半、引っかかりまくり。浅くて乗り上げたりしてなかな [続きを読む]
  • なぜか伊賀川に・・・
  • [画像](五月橋IC近くの凍りついた名張川) 久々に名張川を下ってみようという事で奈良の山添村までやってきた。そしたらなんという事かゴール地点への道が通行止め。そこが使えないとかなり下流までいかないと上げる所がない。そこで急に比較的近くの伊賀川にコースを変更、移動の途中で名張川と伊賀川の合流したの明神の滝をみるとかなり水量がある。そこでそこを含む島が原駅近くから大河原駅前のコースを漕ぐことになった。 [続きを読む]
  • 小雨降る中静かにゴール
  • [画像](無風で苦労してるウインドサーファー) 北沢沼というサプライズコースを過ぎてここからはゴールへまっしぐら。それまでは岸沿いだったが、もう岬から岬へのショートカットのルートだ。相変わらず風もなく穏やかな水面。そんな中前方にウインドサーフィンのスクールらしきグループを発見。なんとウインドを自力で左右に振ってその推力で進んでいる。無風の練習だろうか?見てるだけで大変そうだ。[画像](空と湖の境界がわ [続きを読む]
  • 湖に繋がる北沢沼
  • [画像](ベタ凪ぎ!顔が水面に映ってる) 冬の琵琶湖というと風がきついというイメージがあるが、我々が行った日はベタ凪ぎ!顔が水面に映るという鏡面の世界、ただもやがひどく水平線がぼやけてわからない。対岸に比良山もはっきり見えない。妙に静かなモノトーンの世界だ。[画像](この奥が北沢沼への水門) 長命寺川からスタートして約1.5km、ようやく白鳥川の河口が見えて来た。そしてその横にあるのが北沢沼への水門だ [続きを読む]