農場社長 さん プロフィール

  •  
農場社長さん: 筑波農場の常陸小田米づくり
ハンドル名農場社長 さん
ブログタイトル筑波農場の常陸小田米づくり
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/odamai-com
サイト紹介文筑波農場の社長ブログ。 常陸小田米の生産販売をしています。
自由文筑波山麓で米を作る筑波農場の社長ブログ。 常陸小田米の生産販売をしています。米作りの日々とつくばの地域情報を報告します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供537回 / 365日(平均10.3回/週) - 参加 2011/02/17 00:21

農場社長 さんのブログ記事

  • 納涼盆踊りに行ってきました。
  • つくば市商工会青年部の主催による「納涼盆踊り」に行ってきました大万灯を今年も僕が書いたものを使っていただきました多くの地元、屋台・模擬店が出店してイベントを盛り上げるこれまでと場所を変えて秀峰筑波義務教育学校で開催。開会式の終了後は、近年はあまりない上棟式で撒きにて盛り上がりました。すごしやすい天気で楽しいイベントとなりました。貴峰会栗原会長も青年部OBとして射的の担当 [続きを読む]
  • 焼肉えびすにて夕食はいかがでしょう。
  • つくば市研究学園の焼肉えびす夕食はいかがですかもちろん常陸小田米利用店です。【住所】茨城県つくば市研究学園4-2-14 EBISU TOWN-A 1F029-896-8929【定休日】水曜日木札も飾っていただき感謝ですえびすセット、えびすスペシャルセット(2〜3人前)がお得ですよ宮崎牛の極上の味を堪能できますこちらは希少部位のハネシタ。ジャンボマッシュルームの大きさに驚いた石焼ビビンバ980円は常陸小田米ほのかな甘みを堪能ください [続きを読む]
  • 常世の國まつりに開催中です。
  • 第2回の開催となる常世の國まつりに地元市議会議員として参加しました鈴木県議にも開会式から参加いただきご祝辞頂きました僕も地元市議としてご挨拶をさせて頂きました。ありがとうございますつくば市小田にある「小田城跡歴史ひろば」を舞台に、古代より受け継がれてきた常陸・旧筑波の自然や文化、伝統を継承する「常世の國まつり」が開催中です。小田大獅子保存会の皆様をはじめ多くの団体が参加し様々なイベント目白押しです [続きを読む]
  • 小田西地区活動組織にて、水路周辺の除草作業。
  • 多面的機能支払交付金を活用し、土地改良区の維持管理費の軽減につながる活動を行っています。小田西地区活動組織にて、水路周辺の除草作業行政だけに頼らず、自ら地域で農地を守る活動です組織の設立当時にイメージした以上に、立派な組織となりました。小田地区には西地区と東地区に分かれて約300haにて活動しています暑くて暑くて、皆で大汗かいて機械で出来ない場所を片掛け式草刈機にて作業しましたヘトヘト [続きを読む]
  • 白滝ジオパークセンターにて視察研修しました。
  • 北海道遠軽町の白滝ジオパーク交流センターにて行政視察しました【白滝ジオパーク基本情報】エリア遠軽町全域(1332.4K?)推進母体 遠軽町・白滝ジオパーク推進協議会テーマ 自然と文化の融合構想推進と町村合併について背景と経緯について担当者から説明を受けました2006年白滝黒曜石遺跡ジオパーク構想推進協議会が設立され、2009年構想基本計画策定、2010年日本ジオパーク(JGN加盟)2014年日本ジオパーク再認定(条件付き [続きを読む]
  • 八ケ岳中央農業実践大学校の後輩と偶然に。
  • 網走スポーツトレーニングフィールドに視察研修して帰ろうとすると、隣の敷地を大型機械で農作業していたニューホーランドのコンバインで隣の敷地をビール麦の収穫作業中。声を掛けるとなんと偶然にもオペレーターが「あれ小久保さん」と八ケ岳農業実践大学校の後輩だった。あまりの偶然に驚いた。僕の在学時の先輩と卒業後に結婚されたと聞く今後も八農の卒業生が国内の農業者として活躍することを願う [続きを読む]
  • 網走市にて行政視察しました。
  • 網走市にてスポーツ・トレーニングフィールドについて行政視察しました開設は平成2年6月供用開始。事業費36億円(起債27.5億円、道補助金2億円、一般財源6.5億円)用地面積38.7ha。施設概要は、ラグビー場1面、サッカー場2面、多目的広場4面(計7面、ラグビー、サッカーで利用可)テニスコート16面、アーチェリー場14的、ランニングコース、ローラースケート場、ゴーカートコース、おもしろ自転車コース、パークゴルフ場、幼児公園 [続きを読む]
  • 道の駅はなやか小清水に立ち寄りました。
  • 会派行政視察で北海道の根室から網走に移動、長昆布の天日干しがあちこちで見られた。数時間で屋内に取り込み手間かかることが高級昆布となることと伺える。いい香りが漂っていた。道の駅はなやか小清水にて視察。網走国定公園小清水原生花園に隣接したJR釧網本線浜小清水駅に直結し、知床を結ぶオホーツク国道244号沿いに位置しています。ここでは農畜産物の加工体験が出来る他、新鮮な山の幸、海の幸を味わうことができます。 [続きを読む]
  • 北方領土資料館にて視察研修しました。
  • 北方領土資料館にて北方領土問題について視察研修しました納沙布岬にて会派の皆で記念写真早く四島(しま)を返してもらいましょう館長に丁寧に歴史の説明と施設案内いただきました択捉島の単冠湾(ヒトカップ湾)は、日本が戦争に突入した真珠湾攻撃の出撃地でもあり、ロシア側から太平洋に向けた重要なエリアということも認識できる。北方領土問題に対し、今以上に国民世論が喚起され、問題解決に大きな力となることを願いま [続きを読む]
  • 土地改良事業の維持管理。
  • 広い田んぼの地下には、用水管が埋設されていて各田んぼの蛇口から水が出る仕組みになっている維持管理や長寿命化など土地改良事業に対する費用の重要性を感じる本管の漏水が発覚して、緊急工事無事に作業は終わったが、稲が・・・・・。 [続きを読む]
  • 大豆のカルチ掛け作業中です。
  • 大豆のカルチ掛け作業が続いていますこの暑さトラクターはキャビン付きじゃなきゃ作業出来ない。エアコン付きのトラクターは今やあたりまえになりましたね。20年くらい前はそうでもなかったなぁ。大豆栽培の大きな課題である雑草、マルバルコウ、帰化アサガオの退治にはカルチ掛けが一番ですね。 [続きを読む]
  • 霞ヶ浦農業用水推進協議会筑波支部総会に出席
  • 霞ヶ浦農業用水推進協議会筑波支部総会に出席しましたつくば市議会代表として委員となっています。この協議会は用水事業の建設及び関連事業の実施運営に伴う地元協力体制を確立し、もって事業の円滑な推進と事業効果の早期実現をはかることを目的としています霞ヶ浦用水による受益面積は、7,714ヘクタールに用水として通水しています。つくば市内は水田1,687ヘクタール畑9ヘクタールで合計1,696ヘクタール。 [続きを読む]
  • フォーをランチにいただいた。
  • ベトナム料理店でフォーにてランチ提供時間の速さに驚いた。日本の歴史では米を麺で食べることが何故なかったのだろうか。米をご飯以外の食べ方として、米の利用はブンやパッタイ、ライスペーパーなどベトナムの方が、日本より料理が多い様にいつも思っている。米飯食の文化である日本に、米麺は定着するのは難しいのだろうか。小麦は米と比べ加工に容易で活用されている。米は原材料が麦より高い上に、米粉にする為に加工すると [続きを読む]