諸星くると さん プロフィール

  •  
諸星くるとさん: 聖霊とともに?メシヤの涙
ハンドル名諸星くると さん
ブログタイトル聖霊とともに?メシヤの涙
ブログURLhttps://ameblo.jp/hosizoralove/
サイト紹介文真のお父様指揮の天一国天軍地上部隊として誰でも自由参加のブログ。真のお父様の手足になろう!
自由文霊肉界共同作戦と叫びながらも、天一国実現に向けて再臨復活を試みた絶対善霊の動きも感知できず、また回心したと言われる天使長ルーシェルの動向も把握できていなかった。
彼らは充分に再臨復活の環境を整えられずに、真のお父様を基元節前に聖和せざるを得なくしてしまったことを悔い改めている。彼らの全面的な再臨復活の道を開くための、一助となることを願って、このブログを公開する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供233回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2011/02/17 16:44

諸星くると さんのブログ記事

  • 何故に諸星くるとは澤田地平氏の「行き過ぎた抗議活動」に反対するのか!
  • 松本昌昭教会長がブログ「九州有明サンクチュアリ 福岡」において、澤田地平氏の日本サンクチュアリ協会からの独立について、「澤田地平氏の独立の真相」と題し、とても分かりやすく書かれています。 ぜひ、読まれてください。   ***** 何故に諸星くるとが「行き過ぎた抗議活動」に反対するのかと言えば、叫んでいる言葉に聖霊が働けないからです。 「小山田秀生と徳野英治を追放せよ!!!」というスローガンに、神様が関 [続きを読む]
  • 東京を見晴るかす天空の部屋で夜の神様と相まみえる!
  • 中央やや左に聳えているタワーが、高さ634メートルのスカイツリーです。 「お父様と亨進様が辿られた真実の道(第一巻)」の原稿が、今度こそ完成したと思っていましたが、東京を見晴るかす部屋で、摂理の奥に隠れている深い意味を秘めた事柄が明かされました。 夜の神様が、暗闇の中に道を照らしだしてくれます。お父様が辿ってこられた涙の道・・・。 私は噛みしめて、言葉にします。 根本に迫りたい方は、 をお願い [続きを読む]
  • 原理本体論のなかの矛盾!
  • 先々回記事重要み言 原理本体論:第一章創造原理91ページより 神様は創造性を持ち、直接ご自身を創造してきました。神様にも心情の完成期間があったということです。「神様が心情の本体としていらっしゃる」という話だけでは「神様が成長していく、神様がご自身を創造する」という話を理解するのは困難です。神様の心情がいかなるものかを知らなければなりません。 神様にも子女の愛・兄弟の愛・夫婦の愛・父母の心情があります [続きを読む]
  • 容易に判別できず誤解されやすい霊現象と聖霊現象の違い!
  • 一さんがとてもありがたいコメントを入れてくれました。 「直接主管圏現象(私が名付けた言葉)と、霊現象を区別することが大切だと思います。これを混同するとサタンの餌食になります。」 私自身は霊的感性は、ほとんどないと自覚しています。霊を見ることも出来ませんし、霊の声を聴くことも出来ませんし、霊界を直接に感知する能力は全くないと自覚しています。 でも、霊界を整理するとか、霊界を動かす・・・、霊界の働きを感 [続きを読む]
  • 夜の神様のあまりに切ない恋愛状態!
  • 先回記事末部(重要部分)より 神様が愛を中心とするという事は、愛に対する「絶対信仰・絶対愛・絶対服従」で一体となるという事です。 「絶対信仰・絶対愛・絶対服従」とは、ただの服従とは意味が違います。自分の心情の動機から込み上げる衝動で、行動に移すことです。それでも、説明は充分ではありません。四大心情圏、つまり、子女の心情・兄弟姉妹の心情・夫婦の心情・父母の心情を体恤して、生心に形成される親の心情です。 [続きを読む]
  • 夜の神様とお父様の背後に忍び寄りワッとビックリ仰天させるための心得!
  • T.Kさんが私の記事を批判するために、ブログ「原理講論を読む」の記事を紹介してくれていました。 私の批判された記事を掲載した後に、ブログ「原理講論を読む」から抜粋引用します。  **私の記事からの引用** 私たちは神様について、原理講論で次のように学んできました。 「神は性相的な男性格主体であられるので、我々は神を父と呼んで、その格位を表示するのである。上述した内容を要約すれば、神は本性相と本形状の二性 [続きを読む]