shinkyudo さん プロフィール

  •  
shinkyudoさん: 大阪市天王寺区の鍼灸院「心休堂」
ハンドル名shinkyudo さん
ブログタイトル大阪市天王寺区の鍼灸院「心休堂」
ブログURLhttps://ameblo.jp/sinkyudo/
サイト紹介文逆子・肩こり・腰痛・坐骨神経痛はお任せください!大阪市天王寺区にある鍼灸院「心休堂」のブログです。
自由文大阪市天王寺区にある鍼灸院「心休堂」のブログです。当院では、痛みのある場所だけでなく、体全体を正常に戻す事をこだわりとして施術しております。逆子・腰痛・肩こり・ぎっくり腰・坐骨神経痛・五十肩などでお悩みの方はもちろん、その他体の不調を感じられる方や体質改善をお考えの方、健康な状態を維持したい方に役立つ記事を分かりやすく更新していければと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2011/02/20 13:34

shinkyudo さんのブログ記事

  • 五十肩のための体操
  • 肩が急に痛くなり、上げるのがつらくなるのが五十肩です。 肩の関節は、腕骨の付け根の部分が丸くなっていて、丸い部分が肩甲骨のくぼみにはまるようになっています。 そして、腕の骨と肩甲骨が接触するところは、袋状の膜がありぴったりとくっついているわけではありません。 このような仕組みで、肩の動きは広く動くようにできているのです。 この膜が硬くなると伸縮しにくくなり、腕の動きが悪くなります。 これが五十 [続きを読む]
  • 心機一転
  • 受付横の水槽の照明器具がずっと故障したままでした。 ずっと照明なしでも問題なかったのですが、小さくても綺麗な水槽を見ていただきたいと思い、新しい照明器具を用意しました。 新しい照明器具は、GEX社のエコリオ・アーム・カラーというLEDライトです。 青、白、赤の3色のLEDが単色でも組み合わせでも使用できるようです。 あまりコロコロ色を変えることはしないと思いますが・・・。 そして、アフリカン・ランプア [続きを読む]
  • 痛みが出て数週間がつらい五十肩
  • 40代ごろから多くの方が悩まされる肩の痛み。 それが五十肩です。 五十肩というのは、ある日突然肩の関節に激痛が起こり、腕が直角くらいまでしか上げられなくなったり、上げることができなくなったりします。 腕が痛むため、服を着たり、頭を洗ったり、高いところのものを取ったりということができなくなります。 この五十肩はだいたい半年から1年ほどで治ります。 でも、自然に治るからといって放置していると、痛みは [続きを読む]
  • 自律神経を整えると疲労も回復
  • 疲労が溜まってくると、頭痛やめまい、ふらつき、耳鳴り、血圧異常といったことが起こります。 これらの症状は、自律神経失調症でも起こります。 自律神経の働きを整えてあげることは、疲労回復につながるというわけです。 では、どのようにして自律神経の働きを整えてあげるといいでしょうか。 自律神経の働きをよくするには、睡眠が一番です。 つまり、疲労回復には睡眠が一番ということになるのです。 睡眠不足や睡眠 [続きを読む]
  • 背筋を伸ばす
  • 肩こりや首こりでお悩みの方は、背筋が丸くなりがちです。 そこで、意識して背筋を伸ばすようにしても、だんだん疲れて続かないことでしょう。 背筋が丸くなってる猫背の方が、意識だけで背筋を伸ばすというのは、なかなか難しいもの。 日々のちょっとした時間で、背筋を伸ばす体操を続けると、意識することなく、背筋は伸びてきます。 では、背筋を伸ばす簡単な体操をご紹介しましょう。 まず、左手の手のひらを後頭部に [続きを読む]
  • お灸しませんか?
  • お灸は、熱いとかあとが残るとか思っていませんか? 確かに、お灸は熱くすることも、あとが残るようにすることもできます。 ただ、やり方によって熱さは加減ができるし、あとも残らないようにできるんですよ。 お灸は、意外と簡単にできるし、燃えるもぐさの香りもなかなか気分が落ち着きます。 お灸をすると、体だけでなく心もほわーっと温かくなり、力が抜けるような感じになることでしょう。 日々お灸をするようになる [続きを読む]
  • 股関節をほぐして腰痛解消
  • 股関節は、同じ姿勢を続けていることで思っているより硬くなっています。 股関節周辺の筋肉をほぐしてあげることで、動きをよくすることができます。 それが、腰痛の解消にもつながるのです。 そんな股関節をほぐすための簡単な体操をご紹介します。 まず、床に寝転がり、左ひざを90度くらいに曲げ、右足の外くるぶしを左の太ももの上にのせます。 右のお尻と股関節が伸びているのを感じてください。 そして、左ひざを [続きを読む]
  • 腰痛のツボ
  • 腰に負担をかける姿勢を続けると、疲労物質がたまり、腰痛となります。 腰痛にはいろいろありますが、筋肉疲労が原因の腰痛は、体を休めて血流を改善させることで、筋肉の疲労を回復させるよう体からの警告です。 でも、生活習慣や運動不足などが影響し、慢性的な腰痛になる場合も多々あります。 そんな、腰痛への対策としては、腰や背中の血流をよくし、腹筋を鍛えることです。 そして、腰痛緩和のツボをご紹介しますので、試 [続きを読む]
  • よく足がこむら返りがする方
  • よく足がこむら返りをするという話を聞きます。 冷えているからこむら返りをすることもありますし、水分が足りなくて起きることもあります。 また、こむら返りをする方は、足がだるいとか、重いといようなこともいわれます。 もし、足に網目状の青黒い血管がみえたり、ぼこぼこ浮き出たふくらみが足にあれば、下肢静脈瘤かもしれません。 下肢静脈瘤というのは、足の静脈に血液がたまる状態です。 静脈にはハの字の弁がつい [続きを読む]
  • 振り向くのがつらい
  • 肩こりの人は、首のこりもあります。 というか、肩こりは首こりだといえます。 なぜなら、肩といわれてる場所は、解剖学では首になるからです。 首のこりがきつくなると、振り向くのがとてもつらくなります。 寝違えなんかは、首のこりが重症化したものといえるでしょう。 寝違えになった方は、振り向こうとすると、肩甲骨の内側が引っ張られるような感じを経験したことが、あるのではないでしょうか。 首のこりは、背中 [続きを読む]
  • ウォーキングで大切なこと
  • ウォーキングはジョギングなどに比べると、体力に自信がない方でもできる、手軽な運動ですよね。 ウォーキングは、足腰の筋肉の強化や維持を目的にすることでしょう。 それが、研究によると認知症の予防にも効果があるという報告があるようです。 ただ、せっかくウォーキングをしてもあまり効果を発揮できない歩き方があります。 それは、視線が下がった状態で、猫背になり、トボトボ歩くことです。 ウォーキングをすると [続きを読む]
  • 眠れないときは気分転換を
  • 健康に過ごすためには、食事と運動そして休憩のバランスを保つことが大切です。 どんなに健康的な食事をしたり、ストレッチをしたりしても、寝なければ疲れは回復しません。 ストレス解消と疲労回復には、睡眠が一番です。 しかし、寝ても疲れが取れないという方は多いようです。 何か悩み事やストレスがあって、眠れないというときは、普段することとは違う何かをしてみると、気分転換ができるかもしれません。 普段と少 [続きを読む]
  • 耳鳴りがあるのですが。。。
  • 特に外部から音がするわけではないのに、耳に音を感じるのが耳鳴りです。 そして、耳鳴りで聞こえる音は、キーンとかガサガサとか、特に意味があるわけではない音です。 耳鳴りを感じる方から時々お問い合わせがあります。 耳鳴りには、良性の腫瘍が原因のものやメニエールといった病気によるもの、また、ある日突然おこる原因不明のものがあります。 耳鳴りを感じたら、まず、耳鼻咽喉科を受診してください。 そして、耳 [続きを読む]
  • ぎっくり腰の前兆
  • 腰痛でお困りの方は、腰に違和感があれば何か対策をすることでしょう。 でも、これまで腰痛と無縁だった方が、腰に違和感があっても寝たら治ると思い、しばらく放置されることがあります。 腰に違和感があっても、最初のうちは数日放置しても、治ることがあります。 治っているうちに、体操や日常生活の見直しなど腰痛予防を心がけていれば問題ありません。 ただ、多くの方は治ったら、腰の違和感などあったことすら忘れて [続きを読む]
  • タオルを使って腰痛改善
  • 腰を痛めると、つい安静にしたくなることでしょう。 急性の腰痛は安静も大切ですが、慢性的な腰痛は、安静にしすぎるとあまりよくありません。 慢性的な腰痛は、日ごろの動作の癖に痛みの原因があります。 ただ、日常の動作を簡単に変えることができれば、腰痛に悩まされることはありませんよね。 腰痛でお困りの方のために、簡単な体操をご紹介します。 今回の体操は、フェイスタオルをしようします。 まず、寝て両膝を [続きを読む]
  • しっかり寝てますか?
  • 健康のことを考えて、運動やストレッチなどを頑張っている方は多いかと思います。 でも、どんなに運動やストレッチを頑張っても、睡眠の質が低いとかえって疲労を蓄積させることになります。 睡眠の質を高めるという話になると、何時間寝ればいいかと聞かれることがあります。 睡眠の質には時間は特に関係ありません。 4時間で十分寝たと感じる人もいれば、8時間でも寝たりないという人もいます。 むしろ、何時間寝なけ [続きを読む]
  • 無理してストレッチしてませんか?
  • 施術をしていると、ストレッチをしたほうがいいですよね?と質問されることが、時々あります。 体の柔軟性が高まるので、ストレッチをするとよいですが、間違えてやると、筋肉や関節を痛めることになります。 体が硬いと、180度の開脚やぺったっと前屈することに、憧れるかもしれません。 そして、ヨガなどを習いに行き、痛みを我慢して無理な姿勢をするかもしれません。 すると、無理した場所に痛みを感じることになる [続きを読む]
  • こむら返りの予防体操
  • 暑い日々ですが、体調崩していませんか? 熱中症の話をたくさん聞きますが、この時期は足がつりやすくもなります。 エアコンで冷え、運動不足で血行が悪くなり、暑さにより発汗でミネラルを失いやすくなるからです。 こむら返りは、ふくらはぎの筋肉がけいれんして痛くなります。 激しく運動した後や寝ている時に起こりがちです。 ふくらはぎの血流をよくする体操をご紹介します。 まず、壁に手をつき、片足を1歩後ろへ [続きを読む]
  • 自力で水が飲めるか
  • 連日の暑さで、熱中症で救急搬送が多くなっています。 夏はいろいろイベントがあり、熱中症対策は、とても大切です。 熱中症は、3つに分類されています。 意識障害がなく応急措置で大丈夫なI度判断力の低下があり医療機関の受診が必要なII度入院が必要なIII度 です。 身近な人が熱中症のような症状があれば、ペットボトルなどを渡して、自分で水が飲めるかを確認してください。 もし、うまく飲めないようであれば、意識 [続きを読む]
  • 疲れをためないようにするには
  • 目が疲れたり、肩が凝ったり足腰がしんどいという方がおられます。 それに、これだけ連日暑ければ、疲れても仕方がありません。 この疲れというのは、これ以上作業すると、ダメージを受けてしまうから、休みましょうという脳からの警告なのです。 疲れを溜めないようにするには、自律神経の働きを整え、回復を早くさせることです。 運動をすることで、体を鍛え疲れにくくしようとか、ストレス解消をしようとする方がおられる [続きを読む]
  • 熱中症予防だけじゃない
  • 連日暑い日が続いていますね。 熱中症予防にこまめな水分補給をしましょうという話を、さまざまなところでされています。 このこまめな水分補給は、熱中症予防だけでなく、脳梗塞を防ぐことにもつながります。 脳梗塞は、脳の血管に血液の塊が詰まって、血流が悪くなり脳の組織が機能しなくなる病気です。 脳梗塞の兆候としては、顔が片側に下がってゆがんだり、片方の腕があがらなかったり、ろれつが回らなくなるというこ [続きを読む]
  • 疲れてると感じる時は
  • 健康のためには、体を動かしましょうとよくいわれています。 当ブログでも、そんな記事を書いていることがあります。 でも、それは身も心も健全な状態のときに行うことです。 疲れが溜まっている状態では、体力を消耗するような運動や、頑張らなければならないことは、控えるようにするといいですよ。 疲れが溜まっている時は、休日は極力予定を減らし、ゆっくり睡眠を取るように心がけてみてください。 健康な状態なら、 [続きを読む]
  • 熱中症を予防
  • 週間天気予報をみていると、この週末は最高気温が37℃ととても高くなっていますね。 気温が高くなると、体温が上昇して脱水にならないよう、こまめな休憩と水分補給が必要になります。 屋外や冷房のない屋内では、こまめな水分補給は、意識されているかもしれません。 ところが、エアコンが効いている部屋でも、脱水状態になることがあります。 エアコンを使用していると、空気が乾燥しやすいうえ、じっとしていても呼 [続きを読む]
  • 疲労の蓄積にご用心
  • なんとなく、些細なことが気になったり、体がだるいなという日が増えていませんか? あるいは、仕事や人間関係のことで、夜遅くまで考えてしまったり、早く目が覚めたりして、しっかり寝たという実感がないなんてことはありませんか? また、胃腸の調子が悪かったり、肩こりや頭痛などの不調を感じていませんか? このような状態は疲れが蓄積され、交感神経が活発になっています。 だから、副交感神経に働いてもらうために、リラ [続きを読む]
  • 痩せる体をつくるには
  • これさえ飲めば、脂肪を燃焼してくれて、痩せることができるというものがあれば嬉しいですよね。 でも、そんなうまい話はありません。 痩せるためには、運動が必要不可欠です。 じゃぁ、走ろう!とか、ウォーキングなら手軽にできるかな、と思うかもしれません。 確かに有酸素運動だけでもある程度は痩せることができます。 しかし、有酸素運動だけではなかなか脂肪が減らない方もいるのです。 それは、筋肉の中に脂肪があると [続きを読む]